ノウハウ:第二新卒

第二新卒を採用する大手優良企業

新入社員の約三割が三年以内に退社している現状のなか、第二新卒として就活をする人はとても多い。企業においても第二新卒を受け入れているところも多々あるのだが、新卒に比べてその情報が圧倒的に少ないのが現状だ。

そこで、第二新卒を積極採用する大手優良企業を業種別に紹介させていただく。今回は、主に自社の公式HP上にて第二新卒採用を明記している企業を中心にまとめてみた。

なお、第二新卒の方は、まずはビズリーチに登録すべきだ。 優良企業の求人を確認したり、企業からのスカウトを受けたりできるだろう。自分の市場価値を知ることができるため、転職に興味がある方は勿論、転職に興味が無い方も登録すると良い。

また、キャリアアップを実現したい方は、キャリアカーバーもあわせて利用してほしい。レジュメを登録するだけで、ハイクラス専門のヘッドハンターから連絡がもらえる。

余裕のある方は、転職が初めてなら日本一の転職支援実績を持つリクルートエージェント、コンサルに興味があるならコンサル未経験者の支援に定評があるアクシスコンサルティングにも相談してみよう。

まとめると、転職の際にはビズリーチキャリアカーバーは必ず登録し、その上でいくつかのサービスを併用していただくのが最も良い。

コンサルティング企業

コンサルティング業界は第二新卒を積極的に採用している業界であり、多くの第二新卒者が活躍している。

アクセンチュアなどでは特に、コンサル未経験の第二新卒者も積極採用しており、社内で多数ご活躍している。

企業職種公式採用HP
ベインアンドカンパニー 戦略・ビジネス・ソリューションエンジニア https://www.bain.com/ja/careers/explore-roles/working-professionals/
アクセンチュア 経営戦略コンサルタント https://www.accenture.com/jp-ja/careers/local/daini?src=PSEARCH&c=car_jp_entrylevelprogr_11100405
ATカーニー経営戦略コンサルタント https://jp.kearney.com/working-here/mid-career
CDI 経営戦略コンサルタント https://www.cdi-japan.co.jp/recruit/career/e_contact

コンサルに興味があるなら、アクシスコンサルティングにも相談してみよう。コンサルへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。

特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評があり、コンサルに入社する前だけでなく、入社してからも活躍出来るような支援を行ってくれる。

IT系企業

近年の産業界への急速なIT進出に伴って、人材不足が顕著なIT業界においても第二新卒への求人は多い。特に人材不足であるプログラマーやシステムエンジニアについては、需要は高く、今後もより高まってくるだろう。

市場価値を高めたいと考えているのであれば、確実におすすめできる業界だ。

企業職種公式採用HP
ヤフー エンジニア・IT戦略スペシャリスト・データベースエンジニア https://about.yahoo.co.jp/hr/job-info/
サイボウズエンジニア職・ビジネス職 https://cybozu.co.jp/company/job/recruitment/list/
cookpad エンジニア職・ビジネス職・デザイナー・コーポレート https://info.cookpad.com/careers/jobs/
日本オラクル 営業職・マーケティング職 https://www.oracle.com/jp/corporate/careers/professional-development.html
ミクシィ エンジニア・デザイナー・総合職 https://mixi.co.jp/recruit/

具体的に気になる企業がある方は、以下の記事も合わせて確認してほしい。

金融(銀行・証券会社・保険など)

企業職種公式採用HP
野村信託銀行総合職https://www.nomura-trust.co.jp/recruit/daini.html
三井住友銀行総合職https://www.smbc-careers.com/
SMBC日興証券 https://www.smbcnikko.co.jp/recruit/index.html

工業系企業

大手メーカーでは第二新卒を採用するイメージはあまりない印象だ。しかし、ソニーが第二新卒を新卒枠として採用することを発表するなどしている。

JAXAについては、第二新卒を募集するものの、高度な専門的能力を必要とされる特殊な業種と言えるだろう。
表内のシャープは、二年前の経営危機のイメージが強いだろうが、ここ2年で業績を大幅に回復させている。

機械、エンジニア系は、キャリアカーバーが特に転職成功率が高いので、レジュメを登録しておこう。非公開求人を含むスカウトが受けられる。

企業職種公式採用HP
ソニー技術系(ソフト・ハードウェアなど多種)、事務系(セールス、ビジネスマネジメントなど)Sony Japan | 採用情報 | 新卒採用 | 選考 | 募集要項
※2021年採用ページはまだ開示されていない(2020/1/27現在)
シャープ技術系・ビジネス系各種採用情報 新卒採用/第二新卒|採用情報:シャープ
三菱電機事務系・技術系総合職https://www.mitsubishielectric.co.jp/saiyo/career/index.html
JAXA技術系(人工衛星・ロケットの開発・打上げなど多種)・事務系(プロジェクト業務など)http://www.jaxa.jp/about/employ/career_j.html
日本航空業務企画職https://www.job-jal.com/entry/career.html

その他の企業

以上の業界以外にも、ユニクロをてがけるファーストリテイリングや、スターバックスなども募集を載せている。

募集がまだ始まっていないため載せていないが、博報堂は第二新卒募集を昨年の2倍とすることを発表している。

企業職種公式採用HP
ファーストリテイリング LIFE at FR | ファーストリテイリンググループ採用情報
スターバックス総合職第二新卒採用|スターバックス コーヒー ジャパン
カルビー https://www.job-jal.com/entry/career.html

まとめ

今回調査してみたところ、大手人気企業のなかで、自社の公式HP上に第二新卒の募集をかけている企業はそれほど多くはない。

もちろん、第二新卒として募集をかけてはいないものの、受け入れている企業も多いため、気になる企業には直接調べてみるのがよいだろう。何度も言わせてもらうが、第二新卒についての情報はなかなか入っては来ないものである。もし友人がその会社に勤めていれば、直接聞くのが一番正確な情報を得られる。

とはいえ、いきたい企業に知り合いがいることの方がレアなので、ネットやエージェントを駆使することをおすすめする。正直、求人サイトとエージェントがあれば、企業調査を入念に行うことは十分可能だ。

ビズリーチは、大手企業も多数利用しており、登録している会員に対してスカウトがくる。まずはビズリーチに登録しておこう。

また、キャリアアップを実現したい方は、キャリアカーバーもあわせて利用してほしい。レジュメを登録するだけで、ハイクラス専門のヘッドハンターから連絡がもらえる。

余裕のある方は、転職が初めてなら日本一の転職支援実績を持つリクルートエージェント、コンサルに興味があるならコンサル未経験者の支援に定評があるアクシスコンサルティングにも相談してみよう。

まとめると、転職の際にはビズリーチキャリアカーバーは必ず登録し、その上でいくつかのサービスを併用していただくのが最も良い。

第二新卒の募集は、不定期で募集を出す企業もあるため、頻繁に企業の公式HPや転職サイトをチェックしておきたい。

今日は以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

ビズリーチ
キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

リクルート キャリアカーバー
ハイクラス・エグゼクティブ限定の転職サイトである。年収800〜2,000万円の求人が多数あり、レジュメ登録するとスカウトを受けることができる。ビズリーチと合わせて使うことで、それぞれの優良求人や非公開求人を逃さず収集できるのでおすすめだ。

リクルートエージェント
日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

アクシスコンサルティング
創業から17年間で約5000人の現役コンサルタントを支援、77%が非公開求人という圧倒的な数字を誇る。平均3年の長期サポートでキャリアアップを支援してくれるので、未経験からコンサル業界に挑戦したい方はまずは挑戦してほしい。