ノウハウ:第二新卒

第二新卒でも住友商事に転職できる? 転職を成功させるポイントを徹底解説!

第二新卒でも住友商事に転職できる? 転職を成功させるポイントを徹底解説!

住友商事は、住友グループの大手総合商社だ。第二新卒の方たちの中にも、住友商事への転職を希望する方もいるだろう。しかし、第二新卒から転職できるか不安に感じる方もいるかもしれない。

そこで今回は、第二新卒の方でも住友商事への転職ができるのかについて解説していこうと思う。転職するために必要な様々な情報をまとめているので、ぜひ最後までチェックしていただきたいと思う。

ほとんどの第二新卒の方は転職活動に慣れていない方がほとんどだろう。そのため、転職活動を成功に導くためには、転職サイトや転職エージェントへの登録が必須といえるだろう。

特にビズリーチは、国内の優良企業や大手上場企業などのハイキャリアな求人情報を多く提供してくれることで人気の転職サイトだ。

年収1,000万円以上の求人が3割を越えていることからも、今よりも年収をあげたい方にぜひ利用していただきたい。

そのほかにも、ビズリーチは多くの非公開案件の情報もあるため、登録するだけで企業からスカウトされることも魅力だ。そのため、転職初心者にはとても心強い存在となるだろう。

また、ビズリーチ以外にもおすすめの転職サイトは、ハイクラスの求人情報が豊富なキャリアカーバーだ。

レジュメを登録するだけ、非公開求人を検索することができるのが最大の魅力だ。ビズリーチと併せて活用していくことで、魅力的な求人情報を逃すことなく収集することができるだろう。

また、より確実に転職活動を成功させたいと考える方は、自分に合った転職エージェントを併用していくこともおすすめだ。

確実にキャリアアップを目指したいとお考えの方にはリクルートエージェントに登録しよう。完全無料で利用できる上、キャリアアドバイザーによる心強いサポートと業界屈指の求人数の多さを誇る魅力的なエージェントだ。

転職市場におけるあなたの価値を知るためにも、転職サイトや転職エージェントのサービスを利用することはとても有効的といえるだろう。記事の後半で、それらの具体的な活用方法をご紹介していくので、ぜひチェックしていただきたいと思う。

また、グローバルな環境で活躍していきたいと考えているが、英語に自信がないという方におすすめしたいのがプログリットだ。科学的なカリキュラムと専属コンサルタントのフォローで、短時間で英語力がアップすると今注目の英語コーチングサービスだ。

住友商事への第二新卒での転職はできる?

第二新卒のような社会人経験が浅い方でも、住友商事のような大手総合商社へ転職することができるのだろうか?

結論から申し上げると、第二新卒の方でも住友商事への転職は可能だ。

しかし、住友商事は転職先として大変人気の企業であるため、その選考はかなりの激戦が予想される。

ここからは、住友商事へ転職するためにどのように立ち回っていけばよいかについて詳しくみていこう。

住友商事への応募方法

こちらの章では、住友商事への応募方法について詳しくみていこうと思う。

第二新卒を含む中途採用の応募方法は、以下の3つがある。

  1. コーポレートサイトからエントリーする
  2. 転職サイトからエントリーする
  3. 転職エージェントの紹介からエントリーする

それぞれのメリット、デメリットも含めて詳しくみていこうと思う。

コーポレートサイトからエントリーする

はじめにご紹介するには、住友商事の中途採用専用サイトからエントリーする方法だ。

住友商事では、以下の2種類の方法で応募することが可能だ。

  • キャリア登録制度を使い、適した職種へ応募する
  • 募集職種に直接エントリーする

キャリア登録制度とは、ご自分のキャリアやスキルを登録することで、適する職種やポジションがあった場合に企業から案内が届く仕組みだ。住友商事の場合、登録してから1年間有効だ。この方法は、長期スパンでの転職を考えている方におすすめだ。

住友商事の中途採用専用ウェブサイトでは、募集職種に関する掲載ページがある。気になる職種を見つけた場合、直接エントリーすることも可能なのだ。

しかし、これらの方法の場合は多くの転職希望者が殺到する可能性も高く、書類選考を突破するだけでもかなりの難関といえるだろう。そのため、この方法は住友商事へ転職するためにはあまりおすすめできない方法だ。

転職サイトからエントリーする

次にご紹介するのは転職サイトからエントリーする方法だ。転職活動を進めていく中で、採用や企業に関する情報などを発信してくれる転職サイトは必要不可欠な存在だ。競合他社の情報はもちろん、異業界の情報なども収集できるため大変役に立つだろう。

しかし、転職サイトを利用することのデメリットは「非公開求人情報」を収集しにくいということだ。住友商事のような大企業の場合、非公開求人として採用活動を進めていくケースが非常に多い。

そのため、一般的な転職サイトを利用した場合、非公開の求人情報を得ることが難しい。しかし、転職サイトの中にも非公開求人情報を提供しているものもあるので、後ほど詳しくご紹介していく。

転職エージェントの紹介からエントリーする

最後にご紹介するのが転職エージェントの紹介からエントリーする方法だ。実は、この方法が一番選考の通過率が高く、内定率も一番高いため、筆者が一番おすすめしたい方法なのだ。

転職エージェントを利用することのメリットは以下の通りだ。

  • キャリアアドバイザーによる丁寧なサポートを受けることができる
  • 非公開求人情報を収集することができる

転職に関する知識やノウハウを熟知したキャリアアドバイザーによる手厚いサポートが受けられるのがとても魅力だといえる。

実際にキャリアアドバイザーから受けることができるサポート内容は以下の通りだ。

  • 職務経歴書やエントリーシートなどの書類の書き方の指導、ならびに添削
  • 模擬面接などの面接指導
  • 面接日程などの調整や内定後の給与面などの交渉

第二新卒の方たちのほとんどが転職未経験の方だろう。そのため、具体的にどのように転職活動を進めていくべきかわからない方も多いはずだ。書類や面接に関しても手厚くフォローしてくれるため、自信を持って選考に挑んでいけるだろう。

新卒採用の際と同じようなスタイルで選考に進んでしまうと、失敗してしまうケースも多い。経験が浅いといえども、具体的にどのような業務を経験したかなど、前職での経歴も問われてくる。

また、社会人としての経験があるからこそ、一般的な社会人としてのマナーや立ち居振る舞いなど細かなところまでチェックされるので注意が必要だ。

ご自分の魅力を最大限アピールしていくためには、転職のプロである転職エージェントの力を借りていくべきだといえるだろう。

住友商事へ第二新卒で転職するメリット 

こちらの章では住友商事に転職するメリットについてみていこう。

筆者が考えるメリットは以下の3つだ。

  1. グローバルな環境で成長できる
  2. ワークライフバランスを重視した社風
  3. スケールの大きな案件に関わりやりがいを感じられる

グローバルな環境で成長できる

住友商事は、世の中で起こっている変化にいち早く気づき、新たな価値を創造していくことで、幅広く社会に貢献していくグローバルな企業を目指している。

日本だけにとどまらず、世界中に拠点を持ち、グローバルな環境で業務にあたっていけることは、とても貴重な経験といえるだろう。

ワークライフバランスを重視した社風

住友商事は、ワークライフバランスを重要としている。繁忙期でなければ、定時退社できる上、毎週水曜日は定時退社日として設定されている。

営業職など職種によっては、まだ残業時間が多いものもあるが、社内全体ではかなり残業時間数が短い傾向にある。

住友商事は、東洋経済オンラインの調査にて「残業時間が少なく年収が高い企業として第一位」に輝いたこともある企業なのだ。住友商事の平均残業時間数は9.9時間と、同業他社と比較してもかなり少ないといえる。

残業時間以外にも、働きやすい環境が整っている。有給はもちろん、育休や時短勤務なども取得しやすいのだ。有給に関していえば、平均取得日数は16.9日と、かなりの日数を取得できていることがわかるだろう。

スケールの大きな案件に関わりやりがいを感じられる

住友商事は巨大総合商社であることから、入社して間もない若手であったとしても大きなプロジェクトを任される機会が多く、やりがいを感じやすい企業といわれている。

国内での業務にとどまらず、海外での取引も任されることもあるだろう。そして、一度に動くお金がかなりの金額になるため、責任も大きく正確性も求められるが、その分やりがいも一塩なはずだ。

住友商事の事業内容 

住友商事の事業内容

住友商事は、1919年に設立された住友グループの大手総合商社だ。国内22カ所、海外113カ所、66の国と地域に拠点を持つグローバルに活躍する日本を代表する総合商社だ。

主に、金属・機械・化学品の仲介で収益を上げており、様々な企業との取引を行っている。

住友商事では、2015年度に多額の投資をした資源分野で大きな損失を出したことを踏まえ、自動車や社会インフラなど成長性の高い分野に力を注いでいく経営戦略を立てている。

住友商事は、大きく分けて6つの事業分野でビジネスを展開している。

  1. 金属事業
    …鋼材・鋼管からアルミまで様々な金属製品のグローバルなバリューチェーンの構築によって地域と産業の発展に貢献している
  2. 輸送機・建機事業
    …輸送機および建機ビジネスを通じて、世界的に需要が高まっている社会インフラの構築、技術革新で広がる新たな価値創造に取り組む
  3. インフラ事業
    …国や地域、そして社会のニーズに応えたグローバルなインフラ事業を通じて、地球環境との共生および地域社会・産業の発展に貢献している
  4. メディア・デジタル事業
    …メディア・デジタルビジネス・スマートプラットフォーム分野における、ハイクオリティな商品やサービスを提供することで、快適で毎日の暮らしに喜びや感動を与える基盤づくりと様々なアクセスの構築をしている
  5. 生活・不動産事業
    …ライフスタイル・リテイル、食料、生活資材・不動産など様々な分野における、環境に配慮したビジネス、そしてハイクオリティな商品やサービスの提供を通じて、地球環境との共生や快適な暮らしの基盤づくりに貢献している
  6. 資源・化学品事業
    …資源・エネルギー、化学品・エレクトロニクスの安定供給をしていくことで、地球環境の保全および地域と産業の豊かで持続的な発展に貢献している

…資源・エネルギー、化学品・エレクトロニクスの安定供給をしていくことで、地球環境の保全および地域と産業の豊かで持続的な発展に貢献している

住友商事の職種

住友商事では、総合職と一般職に分けて採用が行われている。

具体的な職種は以下の通りだ。

  • 営業系
  • 企画・事務・管理系
  • IT系エンジニア
  • 医療・化学・素材・食品系専門職
  • 運輸・物流・設備系

現在募集中の求人内容

この記事を執筆中(2020年9月現在)に確認ができた、第二新卒でも応募が可能な求人についてご紹介していく。

法務

会社が締結する国内・海外の契約の検討、取引に係わる法律相談及びこれらに関する紛争(訴訟・仲裁を含む。)の解決を担当する職種だ。

東京都中心に、世界各地に駐在員を派遣しているため、海外赴任の可能性もあるポジションだ。海外では現地in-houseと協働して、広域の法務を担当する。

必要学歴大学院、大学卒以上
必須条件・企業法務の経験
・英語力TOEIC730点以上
歓迎条件・国内外 弁護士資格保有
・即戦力として、実用に足る十分な英語力(TOEIC860点以上相当)を備えていること
給与<新卒初任給>
院了 290,000円 / 大卒 255,000円

デジタル事業本部

営業部門として、国内・海外における全社デジタルトランスフォーメーション(DX)案件を推進・支援をしていく職種だ。SCSKとの連携、並びに海外・国内先端技術ベンチャー発掘・実証含む事業開発の推進やその他ICT領域の新規事業開発推進も担う。

必要学歴大学院、大学卒以上
必須条件・各種産業分野における営業や、顧客への事業提案などのビジネス実務経験を有すること
・ITを活用したビジネス経験を有すること
・高いコミュニケーション能力と周囲を巻き込む力を有すること
・英語力TOEIC730点以上
歓迎条件・事業会社において新規事業開発・立ち上げ経験や会社経営経験を有すること。
・ITプロジェクト案件のプロジェクトマネジメント経験を有すること。
・ユーザ企業、先端技術ソリューションベンダー、若しくはコンサルティングファームにおいて、先端技術を活用した複数のデジタルトランスフォーメーション案件の経験を有すること。
・即戦力として、実用に足る十分な英語力(TOEIC800点以上相当)を備えていること。
給与<新卒初任給>
院了 290,000円 / 大卒 255,000円

IT企画推進部

営業部門として、以下の業務を遂行していく職種だ。

  • 各種IT施策の企画立案、執行コーディネーション
  • グローバル標準システム(営業支援/経理/財務/連結決算システム、基幹ITインフラ、サイバーセキュリティ対策)の企画、導入、運用管理、プロジェクトマネジメント
  • グループ営業部門の新規ビジネス構築/既存ビジネスの高度化に寄与するデジタルトランスフォーメーション(DX)支援
必要学歴大学院、大学卒以上
必須条件・ITシステムの導入に関わる複数のプロジェクト経験を有し、プロジェクトマネージャーあるいはそれに相当する実務経験2年以上
・ユーザー企業IT部門におけるITマネージャーとして、またはコンサルテーションファームにて5年以上の実務経験
・英語力TOEIC730点以上
歓迎条件・アプリケーション、ITインフラ両方における実務経験。
・大規模基幹システム導入における上流工程(業務要件定義等)の実務経験。
・システム分野で強い専門領域を持ちながらも、全社(可能であればグローバルレベルでの)IT戦略策定、施策推進経験を有すること。
・海外におけるIT関連業務従事経験。
・即戦力として、実用に足る十分な英語力(TOEIC800点以上相当)を備えていること。
給与<新卒初任給>
院了 290,000円 / 大卒 255,000円

第二新卒の方の転職は、経験年数の多い社会人と対等な立場で戦っていく必要がある。そのため、転職サイトや転職エージェントの力を借りて選考を進めていくことが必須といえるだろう。

特にビズリーチは、国内の数多くの優良企業や大手上場企業などのハイキャリア向けの求人情報を提供していることで人気の転職サイトだ。年収1,000万円以上の求人が約3割を占めており、年収を上げていきたいと考える方におすすめだ

また、非公開求人の情報も提供しており、登録するだけで企業からのスカウトが受けられるのだ。転職初心者にはとても心強い存在となるだろう。

また、ビズリーチ以外にもハイクラスの求人が集まることで今話題なのが転職サイトのキャリアカーバーだ。

レジュメを登録するだけで非公開求人の検索ができるのが魅力だ。ビズリーチと併用していくことで、魅力的な求人情報を確実にキャッチしていくことができるだろう。

また、転職をさらに有利に進めたいのであれば、ご自分のスタイルに合った転職エージェントを併用していくこともおすすめだ。

確実にキャリアを上げていきたい方はリクルートエージェントの登録がおすすめだ。完全無料で利用できる上、キャリアアドバイザーによる手厚いサポートと求人数の多さが魅力のエージェントだ。登録しておいて損はないはずだ。

住友商事への転職で受かりやすい人は? 

住友商事への転職で受かりやすい人は?

こちらの章では、住友商事へ転職しやすい人材についてみていこうと思う。転職に有利な業界や職種をはじめ、住友商事が求める人物像などについても触れていく。転職を考えている方はぜひチェックしてほしい。

住友商事への転職で有利な業界・職種は?

住友商事へ転職する際に有利な業界や職種についてみていこう。

同じ業界である総合商社からの転職者も多いのは事実だが、異業界からの転職者もかなり多いのが実態だ。

大切なことは、どの業界からの転職するかということではなく、前職でどのような経験を積んできたかということだ。

中途採用者の場合は即戦力で活躍できることが第一条件だ。そのため、採用されるためには、前職での経歴や職歴をいかに活かしていけるかをアピールしていく必要があるといえるだろう。

エントリーする際にも、前職での経験を活かしていける分野の職種に応募していこう。

未経験からでも転職できる?

未経験の方であっても、住友商事のような総合商社への転職は可能だ。

未経験から転職する際には、年齢が大きなポイントとなってくる。具体的には、25歳を目安に転職していくことをおすすめする。第二新卒を含むその年代の場合、ポテンシャル採用をしてくれる企業が多く存在するためだ。

そのため、商社への転職を考えている方はなるべく早く行動にうつしてくことをおすすめする。

住友商事が求める人物像は?

住友商事の求める人物像は以下の通りだ。

  • 独創的な思考ができる人
  • 常に相手を第一に考えられる人
  • やり抜く覚悟がある人

住友商事は「他社とは違うことをやる会社」と考えている。そのため、柔軟的で独創的な考え方ができる人を求めているようだ。

また、自分たちの利益のことを考えるのではなく、取引先や営業先など相手のことをまず考えて行動できる人材を求めている。

そして住友商事は、自分の行動や言動にきちんと責任と覚悟を持つことも重要としている。そのため、自分で選択した道を最後まで責任を持ってやり抜く姿勢を持った人材も、住友商事にマッチすると考えられる。

持っていると有利なスキル・資格は?

住友商事へ転職する際に有利なスキルは以下の通りだ。

  • 専門性の高い知識
  • 英語力

住友商事のような総合商社は、様々な事業を取り扱っているため、専門性が育ちにくいともいわれている。そのため、特定の分野において専門的な知識を持ち合わせ、高度な業務を一任できる人材を求めているのだ。

住友商事のようなグローバルな企業はある程度の英語力がないと、入社後に立ち回っていくことが難しいだろう。海外の販売元との交渉や、販売先と契約を結ぶ際に必要な語学力を身につけていくことが必要といえる。

TOEICなどのスコアももちろんアピールポイントにはなるが、企業が求めているのは実践的な英語力だ。そのため、海外での生活経験や前職での英語を使用した経験など、具体的に英語を使ってきた経験を語っていくことが重要だ。

それ以外にも、以下のような資格の保有者も転職に有利だろう。

  • 貿易系の資格(貿易事務や通関士など)
  • 金融分野の資格(公認会計士やファイナンシャルプランナーなど)
  • IT系の資格(SEやプログラマーなど)

これらの資格を所有しているだけでなく、前職でどれだけ実務のなかで活用してきたかが重要なポイントだ。

住友商事の選考内容

こちらの章では、住友商事の選考内容やその流れについて解説していこうと思う。

住友商事の具体的な選考の流れは以下だ。

  1. 書類選考
  2. 筆記試験
  3. 面接(4回)
  4. 内定

書類選考・筆記試験

住友商事の筆記試験は、テストセンターにてSPIの試験が行われる。

難易度に関していえば、他の競合商社に比べてさほど高くないようだ。

試験の内容は以下の通りだ。

  • 言語
  • 計数
  • 構造把握
  • 英語

また、2次面接では小論文の試験も行われる。

住友商事の選考は、「人格重視」の傾向があるため、いくら筆記試験の結果がよくても不採用になるケースもあるため注意が必要だ。

面接

住友商事の面接は、合計で4回予定されている。

1次面接から3次面接まではグループ面接、そして最終面接のみ個人面接のスタイルで選考が進んでいく。

一般的な面接であれば、エントリーシートに記入された内容を掘り下げていくパターンが多いのだが、住友商事の場合はそのような質問をされることはあまりないようだ。

面接に要する時間、それぞれ30分程度と短めのようだ。そのため、限られた時間の中でいかにご自分の魅力をアピールしていけるかが重要なポイントとなってくる。

住友商事の面接では「素の自分であること」が求められいるため、ご自分の実体験を盛り込むことで、ありのままの自分を表現していくことができるだろう。

面接の中で実際に質問された内容は以下だ。

  • 自己PR
  • 学生時代に注力したことは?
  • 住友商事でやってみたいことは?
  • 住友商事の抱えている課題とは何か?
  • 社内で不祥事がでた際にどのように対応していくか?

大学時代のことに限らず、幼少期からの経験も含めて質問されることがあるため、様々なエピソードを掘り起こす作業もしておこう。

面接が進んでいくにつれて、回答に困る質問が増えていく傾向にあるようだ。ネガティブな物事に対してどのように対処していくかという問題解決能力を見られているのだろう。

住友商事へ転職するには転職エージェントがおすすめ

こちらでは、住友商事に転職を考える第二新卒の方におすすめの転職サイト・転職エージェントについて紹介していく。これらのサービスは、転職活動の情報収集をしていくためになくてはならない存在となるだろう。

それぞれの特徴やどのような方におすすめなのかについても解説していくのでぜひチェックしていただければと思う。

転職サイトのおすすめその1 ビズリーチ

BIZREACH

先ほども少し述べたが、転職サイトでおすすめしたいのはビズリーチだ。

3500人以上のヘッドハンターや人事担当者から直接スカウトを受けられる転職サイトである。

レジュメを登録しておけばスカウトを受け取ることができ、魅力的な求人にのみ反応すればよいため、早い方で数週間で転職が決まることも多い。そのため、忙しい方や、すぐに転職したいとお考えの方にぜひ利用していただきたい。

サービスの質も高いので信頼が置ける。ハイクラスな転職を希望している方にはぜひ登録していただきたい転職サイトだ。

公式サイトはこちら

転職サイトのおすすめその2 キャリアカーバー

CAREER CARVER

転職活動をまず始める方にはビズリーチがおすすめだが、よりハイクラスな転職を望む方にはキャリアカーバーもおすすめだ。

次のような職種に特化しているため、その転職成功率の高さにも定評がある。

  • 金融系
  • マーケティング関係
  • 機械・エンジニア系
  • 各業種に特化したコンサルタント
  • 経営・事業企画全般

また、レジュメを登録するだけでも非公開求人を検索することができることも大きなポイントだ。ビズリーチと併用することで、優良求人情報を見逃すことなく転職活動を進めていけるだろう。

公式サイトはこちら

転職エージェントのおすすめ リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、完全無料の転職エージェントとして人気だ。無料といっても、かなり質の高いサービスが受けられるとあって多くの転職者が利用しているエージェントなのだ。

リクルートエージェントの魅力は以下だ。

  • 業界トップクラスの圧倒的な求人数の多さ
  • 面接対策など手厚いサポートが充実
  • エージェントの交渉力の高さ
  • 内定率の高さ

転職活動がはじめての方や、まだエージェントに登録していない方などにおすすめしたい。

公式サイトはこちら

住友商事の企業情報

住友商事の企業情報についてまとめてみた。住友商事の平均年収や残業時間、そして気になる福利厚生の詳細なども触れているため、ぜひチェックしていただきたいと思う。

業績(売上・営業利益)

(単位:億円)

2017年2018年2019年
売上48,273 53,39252,998
営業利益9,5659,2328,737

従業員数

5,435人(海外支店・事務所が雇用する従業員168人を含む)

連結ベース 67,384人

平均年齢

42.5歳

平均勤続年数

17.0年

平均年収

1437万円

【役職ごとの平均年収】

部長クラス2656万円
課長クラス2121万円
係長クラス1580万円

平均残業時間

9.9時間

住友商事の福利厚生

制度全社でフレックスタイム制度導入
(コアタイムなし、標準勤務時間7時間15分)
終身年金制度
従業員持株会制度
選択型福利厚生制度(カフェテリアプラン)
産前産後欠勤制度(産前6週間、産後8週間)
育児休職制度
介護休職制度
高度医療見舞金制度 など

社員一人ひとりの、仕事を含めた生活全体の充実に資するようなワークライフマネジメント施策を推進している。
保険健康保険
厚生年金保険
雇用保険
労災保険など
施設独身寮
社宅
研修所
諸手当通勤費(原則として全額支給)
時間外勤務手当など
休日休暇完全週休2日制(土・日)
祝日年次有給休暇20日
リフレッシュ休暇
ボランティア休暇 など

まとめ

第二新卒の方が住友商事に転職できるか解説してきた。第二新卒でも転職できる可能性を十分に秘めていることがわかったと思う。

しかし、内定を獲得するにはそれ相応の準備と対策が必要となってくる。具体的なエピソードを語っていくためにも、徹底的な自己分析と過去の出来事の掘り起こしをしていこう。併せて転職を成功させるための以下のポイントにも留意していただきたい。

  • 住友商事の求める人物像にマッチしていることを実体験を用いてアピールすること
  • 英語力と専門的な知識やスキルを持ち合わせていること
  • 転職サイトや転職エージェントを活用すること

住友商事への転職を成功させていくために最も重要なポイントは、転職サイトや転職エージェントに登録をすることだ。住友商事のコーポレートサイトと併用していくことで、様々な角度からの情報収集を進めていっていただきたい。

特にビズリーチは、国内の数多くの優良企業や大手上場企業などのハイキャリア向けの求人情報を提供していることで人気の転職サイトだ。年収1,000万円以上の求人が3割を占めているため、年収を上げていきたいとお考えの方におすすめだ

非公開案件も多数抱えているため、登録しておくだけで企業からスカウトが受けられるのもうれしいポイントだ。転職初心者にはとても心強い存在となるだろう。

また、ビズリーチ以外にもハイクラスの求人が集まることで今話題なのが転職サイトのキャリアカーバーだ。

レジュメを登録するだけで非公開求人を検索することができるのが魅力だ。ビズリーチと併用していくことで、魅力的な求人情報を逃さずキャッチしていくことができるだろう。

また、転職をさらに有利に進めたいのであれば、ご自分のスタイルに合った転職エージェントを併用していくこともおすすめだ。

確実にキャリアを上げていきたい方にはリクルートエージェントへの登録をおすすめしたい。完全無料で利用できる上、キャリアアドバイザーによる献身的なサポートと求人数の多さが魅力のエージェントだ。登録しておいて損はないといえるだろう。

今一度この記事を読み直していくとともに、転職サイトや転職エージェントの力を借りながら、選考に向けての準備や対策を進めていってほしい。住友商事への転職が成功することを心より願っている。

筆者のお勧め転職サービス

ビズリーチ
キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

リクルート キャリアカーバー
ハイクラス・エグゼクティブ限定の転職サイトである。年収800〜2,000万円の求人が多数あり、レジュメ登録するとスカウトを受けることができる。ビズリーチと合わせて使うことで、それぞれの優良求人や非公開求人を逃さず収集できるのでおすすめだ。

リクルートエージェント
日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

アクシスコンサルティング
創業から17年間で約5000人の現役コンサルタントを支援、77%が非公開求人という圧倒的な数字を誇る。平均3年の長期サポートでキャリアアップを支援してくれるので、未経験からコンサル業界に挑戦したい方はまずは挑戦してほしい。