ノウハウ:年収アップ

手取り15万円の生活とは? 生活シミュレーションを通した実態を徹底解剖!

これから転職を考える人にとって、転職後の収入は転職先を決める上でとても重要な要素となってくる。特に社会人になってから間もない方たちの場合は、経験やスキルなども未熟のため、高収入の職種への転職が難しいケースが多いようだ。

そこで、今回は手取り15万円という収入にフォーカスを当てて、その暮らしぶりや生活水準、そして手取り15万円が可能な仕事について徹底解説していこうと思う。

  • 手取り15万円で生活していくことができるのか?
  • 一人暮らしはできるのか?その場合の家賃はどのくらいか?

このような疑問を持たれている方にはぜひチェックしていただき、今後のご自分のキャリアを考える上での参考にしていただければと思う。

手取り15万円の月収と年収とは?

こちらの章では、手取り15万円の気になる月収や年収の内訳について詳しく解説していこうと思う。

手取りとは、額面金額(総支給額)から税金や社会保険などを抜いたもので、実際に毎月手元に支払われる金額だ。 社会保険料や税金は、家族構成や住んでいる地域によっても異なる。

一般的に手取りの収入は額面の収入の約8割となるため、実際の手取りを確認したい場合は、額面の金額に0.8をかけると算出することができる。

手取り15万円の場合の月収の総額は約19万円、ボーナスの有無にもよるが、年収にすると240〜288万円程度と考えられる。

果たして手取り15万円は、実際のところ平均よりも低いのだろうか?結論から申し上げると、手取り15万円は20代前半の平均収入と同程度だ。20代後半以降であれば、平均より低い。

20代の方の平均収入を20代前半・後半、そして男女別に比較した数字は以下の通りだ。

【20年代別の平均手取り額】

20代前半185,040円
20代後半217,360円

男性

20代前半19,3840円
20代後半231,120円

女性

20代前半175,520円
20代後半197,760円

上記の数字を見てみると、同じ20代でも、20代前半と20代後半で差があることや、男女別でも差があることがわかる。

20代前半の手取り額と比較すると、手取り15万円は特段低い数字ではないものの、高い水準ではないことが理解できるだろう。

特に年齢を重ねていくごとに、手取り15万円という数字は生活を送っていく上で厳しいものとなっていく。

結婚や子育てをしていくためには、手取り15万円では生活が立ち行かなくなってしまうだろう。そのため、ベースアップを実現できるような仕事に転職していくことを考えていく必要があるだろう。

手取り額が低い=年収が低いではないので要注意

手取り額が平均よりも低い場合であっても、年収が低いというわけではない。なぜなら、ボーナスなどの臨時収入が大きく影響してくるからだ。そのため転職をする際には、企業の募集要項をきちんと確認をしておくべきだ。

ボーナスの支給額などはその年度の業績によって異なってくる。ボーナスの有無と支給金額と併せて、近年のボーナスの支給実績も確認しておくと安心といえるだろう。

手取り15万円で一人暮らしはできる?

手取り15万円で一人暮らしはできる?

先ほどの章で、手取り15万円は20代前半の平均収入と同レベル程度の水準ということがわかったが、実際の生活を送っていく中での家賃等の出費額、そして貯金をしていけるのかというのが気になるポイントだろう。

そこで、こちらの章では手取り15万円の方の生活シミュレーションをしながら、実際に一人暮らしをしていけるかについて考えていこうと思う。

結論から言うと、手取り15万円は贅沢をしなければ一人暮らしをしていくことはできる金額だ。

しかし、出費を抑えたい方や、貯蓄をしていきたいと考えている方の場合は実家で生活することをおすすめしたい。

ここからは、実家から通勤することが現実的ではない場合など、一人暮らしが必要な方たちに向けて、具体的な出費や家賃の相場についてみていこうと思う。

家賃の目安は5万円前後

まず、家賃を負担するケースについてお話ししていこう。

家賃の目安は、一般的に手取り金額の3分の1程度とされている。手取りの3分の1以上の家賃を支払っていく場合は、食費や娯楽費などの出費を削っていく必要がある。貯蓄や保険にお金をかけていく余裕がなくなってしまうため注意が必要だ。

つまり、手取り15万円の方の家賃の目安は、手取りの3分の1である5万円前後の物件だ。

都内23区内の場合、管理費込みで5万円代で住める物件は、15〜20㎡程度のワンルームだ。しかしその家賃の場合は、かなり築古の物件や駅から距離のある物件など、条件があまりよくないことが多い。

そのため、5万円という条件から考えてみると、東京23区内にこだわらず、範囲を広げて物件を探していってほしい。

手取り15万円の理想的な生活費の内訳とは?

では、手取り15万円の収入の場合、どのようにお金のやりくりをしていくのが理想なのだろうか? 

こちらでは、手取り15万円の生活シミュレーションをしていこうと思う。その内訳は以下だ。

家賃50,000円
食費23,000〜30,000円
水道光熱費10,000円
通信費7,000円
交際費・娯楽費15,000円
日用品・衣料品25,000円
貯金・予備費23,000〜30,000円

先ほども述べた通り、家賃は、手取り額の3分の1に抑えることがポイントとなる。そして、出費を抑えていくためには食費などの固定費を節約していく必要も出てくる。

【節約のポイント】
  • 食事はなるべく自炊を心がける
  • ペットボトルの飲料をやめ、お茶を煮出すなどしてマイボトルで持ち歩く
  • 水道・ガス・電気代は、プランの見直しをした上で、無駄遣いしないよう心がける
  • 携帯代などの通信費も、格安SIMなどに切り替える
  • 1日に使うお金や、友人などと出かける日数を決めておく
  • 不用品をフリマアプリなどで販売する

あまり切り詰めてしまうと気持ちに余裕がなくなってしまうので、できる範囲で節約を心がけていってほしい。

貯蓄をすることで急な出費があった時でも安心

月々の固定費や貯蓄とは別に、冠婚葬祭や病気などの急な出費に対する備えも必要となっ

てくる。

特に、若い世代の方たちは結婚式などに参列する機会がとても多い。

一回の出席で3〜5万円程度のご祝儀代や参列する際の洋服代など、ある程度まとまった金額が必要となってくる。結婚式が重なると、祝福したい気持ちは山々だが、憂鬱な気分になる方も多いのではないだろうか?

冠婚葬祭以外にも、急な病気や怪我で入院したり、長期間仕事ができないことも可能性としてはあり得る。そのような事態に陥ったとき、ある程度の貯蓄があることで安心できるだろう。

月々の貯蓄が難しい場合は、ボーナス月にこのような臨時支出費用をまとめて貯金しておくのもよいだろう。

旅行代などの娯楽だけではなく、結婚する際などにもまとまったお金が必要となってくる。将来のために無理のない範囲で貯蓄をしていくことをおすすめする。

節約だけでなく、収入をアップしていくことも視野に入れて

生活していく上で節約はとても大切なことだが、節約にも限界がある。そのため、もっとお金を使いたい方や貯蓄をしたい方は、ぜひ収入をアップさせる方法を考えてみてほしい。

【収入をアップさせる方法】

1.現職で昇進や昇格を目指す

【メリット】転職する必要がない

【デメリット】転職する必要がない

2.副業をする

【メリット】隙間時間で行うことができる

【デメリット】ダブルワークのため体力的に厳しい・勤務先によっては副業NG

3.資格を取得する

【メリット】職種によってはベースアップが可能

【デメリット】短期間での給与アップは難しい

3つの方法はそれぞれにメリット・デメリットが存在するが、確実に収入を上げていきたいと感じている方におすすめなのが、転職エージェントを活用した転職活動だ。

  • 非公開求人の情報を得ることができる
  • ご自分の市場価値を確認することができる
  • キャリアアドバイザーによる手厚いサポートが受けられる

慣れない転職活動を有利に進めていくために、とても心強い存在となっていくだろう。これから転職活動をスタートされる方は、ぜひ転職エージェントへの登録をすることからはじめていってほしい。

手取り15万円以上の仕事を目指すためには?

手取り15万円でも生活をしていくことはできる。しかし、今後のキャリアを考えていった際に、少しでも不安に感じることがあった場合は、よりよい条件の職場への転職を視野に動いてみてはいかがだろうか?

20代でも高収入が目指せる業界や職種、そして転職する際のポイントについて詳しくみていこうと思う。

20代でも高収入が見込める職種や業界

20代の方たちの中でも、かなりの高収入を得ている人たちがいる。職種別・業界別のトップ5の収入は以下の通りだ。

【職種別】

専門職(コンサル・専門事務所・監査法人)475万円
企画・管理系391万円
技術系(電気・電子・機械)383万円
営業系375万円
技術系(IT・通信系)373万円

【業界別】

総合商社370万円
メーカー370万円
IT・通信368万円
金融366万円
建設・プラント・不動産364万円

20代の平均年収である345万円以上の収入を目指したい場合、上記のような職種や業界に着目して転職活動を行っていくとよいだろう。

また、20代の平均年収以上の年収400万円を目指した場合、手取りにすると約22万円ほどになる。手取り15万円と比較しても、かなり生活にも余裕が出てくる収入といえるだろう。

このように、職種や業界によってかなり給与の待遇の差があることがわかる。上を見ればキリがないが、同じ年代の中でもかなりの差が生まれてきてしまう現実を受け止め、今後のご自分のキャリアについて考えていってほしいと思う。

転職をするなら20代のうちに

転職をするのであれば、20代の若いうちにしておくべきだ。その理由は以下だ。

  • 合わない会社はなるべく早くやめるべき
  • 転職に失敗した場合でも、やり直しがきく
  • ポテンシャル採用してくれる企業が多い

たとえ未経験の業界や職種であっても、応募者のポテンシャルを買って採用してくれるケースがとても多いのが、20代の転職の大きな特徴だ。若さとやる気が強力な武器となってくるため、早めに転職に踏み切ったほうがよいのだ。

また、万が一転職に失敗してしまった場合であっても、軌道修正ができるのもポイントだ。また、今いる会社が合わないと感じている場合も同様だ。

時間と若さは有限だ。そのため、何かしら不安要素を抱えている場合は早めに動き出すことをおすすめしたい。

手取り15万円からの転職で考慮すべきこと

手取り15万円からの転職で考慮すべきこと

手取り15万円からの転職で考慮すべきことについてみていこう。

同業種へ転職する場合

現在の職種で手取り15万円よりもよい条件での転職がを目指せるのであれば、より専門性を高めるためにも同職種内での転職をしていこう。そして転職する際には、今よりも条件のよい企業への転職を目指していってほしい。

中途採用の場合は、即戦力としてすぐに現場で活躍していける人材を求めている。そのため、前職での実績や経験をきちんとアピールすることができれば、相手先の企業にもきちんと評価してもらえるだろう。

自分の持つ魅力を最大限に伝えていけるように、徹底した自己分析をはじめ、業界分析や企業研究を行っていってほしい。

未経験職種へ転職する場合

今後のキャリアを考えていった時に、現在の職種とは異なる分野での転職を目指したいと考えている方も多いだろう。しかし、全くの未経験分野での転職活動には注意してほしいポイントがいくつかある。

  • 年齢的な問題
  • 転職がキャリアダウンになってしまう可能性
  • ブラック企業に入社してしまう可能性

まず注意してほしいポイントは「年齢」だ。

先ほどもお伝えした通り、転職において年齢はとても重要なポイントだ。20代までであれば、どの業界においてもポテンシャル採用されるケースが多くある。

しかし、年齢を重ねるほどに未経験での挑戦が難しくなってくるのが現状だ。そのため、異業種への転職はできれば20代のうちに、遅くても30代前半までに済ませておいた方がよいだろう。

次に注意してほしいのは、転職によるキャリアダウンを防いでいく必要があることだ。転職することによって、逆に年収などの待遇が悪くなってしまったという方もいるようだ。そのため、以下の点に注意して転職活動を行っていってほしい。

  • 転職後の昇格などのキャリア形成
  • ボーナスを含めた給与体系や昇給の有無
  • 福利厚生

最後に、注意してほしいのはブラック企業に関することだ。実際の内容と異なる募集要項を出す、いわゆるブラック企業も少なからず存在する。

そのためには、転職エージェントを活用する必要がある。転職エージェントは、応募先企業だけでなく、実際に転職した人がどうだったかという情報も多く有しているので、しっかりと相談しよう。

事前のリサーチはもちろん、実際の面接などを通して、ご自分で判断していく必要があるのは言うまでもない。

決して転職をすることでキャリアダウンしてしまわないように、ご自分の持つスキルや経歴を存分に生かすことのできる職種でチャレンジしていこう。そして、確実に年収をあげていくためにも、転職エージェントを活用した転職活動を進めていってほしい。

筆者のお勧め転職サービス

ビズリーチ
キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

リクルート キャリアカーバー
ハイクラス・エグゼクティブ限定の転職サイトである。年収800〜2,000万円の求人が多数あり、レジュメ登録するとスカウトを受けることができる。ビズリーチと合わせて使うことで、それぞれの優良求人や非公開求人を逃さず収集できるのでおすすめだ。

リクルートエージェント
日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

アクシスコンサルティング
創業から17年間で約5000人の現役コンサルタントを支援、77%が非公開求人という圧倒的な数字を誇る。平均3年の長期サポートでキャリアアップを支援してくれるので、未経験からコンサル業界に挑戦したい方はまずは挑戦してほしい。