ノウハウ:年収アップ

手取り14万円でできる暮らしとは? 生活費や家賃などを徹底解説!

手取り14万円でできる暮らしとは? 生活費や家賃などを徹底解説!

「手取り14万円で生活していくことはできるのか?」

「手取り14万円の収入の内訳が気になる」

「一人暮らしの場合の家賃の相場はいくらくらい?」

このようにご自分の収入に対して不安に感じている方もいるのではないだろうか?

そこで、今回は「手取り14万円」という収入について徹底解剖していこうと思う。手取り14万円の具体的な支出例や、やりくりのポイントなどを詳しくみていくので、最後までぜひお付き合いいただければと思う。

手取り14万円の月収と年収とは?

手取りとは、額面金額(総支給額)から税金や社会保険などを抜いたもので、実際に毎月手元に支払われる金額だ。 社会保険料や税金は、家族構成や住んでいる地域によっても異なる。

手取り14万円は、年収にすると、ボーナスがある場合は230万、ボーナスがなければ168万程度の収入だ。

気になるのが、一般的な平均手取り額だろう。そこで、こちらでは20代の平均手取りがくをご紹介していこうと思う。

【20年代別の平均手取り額】

20代前半185,040円
20代後半217,360円

男性

20代前半19,3840円
20代後半231,120円

女性

20代前半175,520円
20代後半197,760円

上記の数字を見てお分かりいただけるように、同じ20代の中でも年代によって差があることが理解できるはずだ。手取り14万円は、新卒入社まもない20代前半の平均手取り額よりもかなり低い水準であることがわかる。

若手のうちは、手取り14万円でも多少目をつむるべきなのかもしれない。しかし、その後着実に昇給や昇格をしていける環境なのかによって、考え方は大きく変わってくる。

特に年齢を重ねていくごとに、手取り14万円では生活が立ち行かなくなってしまうだろう。結婚や子育てをしていくためには、その手取りでは生活していくことがとても厳しいのが現状だ。

そのため、将来性を見出すことができない場合は、ベースアップを実現できるような仕事に転職していくことを考えていく必要があるだろう。

手取り額が低い=年収が低いではない

手取り額が少ない場合であっても、必ずしも年収が低いということではない。なぜなら、ボーナスなどの金額が大きく影響してくるからだ。そのため転職をする際には、企業の募集要項の賞与の項目をきちんと確認をしておこう。

ボーナスの支給の有無やその金額などは、その年度の業績によって大きく異なってくる。賞与額や支給回数はもちろんのこと、直近のボーナスの支給実績も確認しておくと安心といえるだろう。

手取り14万円の生活シミュレーション

手取り14万円は、20代前半の平均的な収入よりも低いことがわかった。

では、実際の生活を送っていく上で、家賃等の出費額や貯金ができる余裕があるのかなど、気になるポイントを考えてみる。

【手取り14万円で生活していくポイント】

  • 実家暮らしの場合は、多少余裕のある生活が望める
  • 都市部に住む場合は、節約が必須。節約中心の生活のため趣味などにお金を使いにくい
  • 地方に住む場合は、贅沢はできないが生活していけるレベル

実家暮らしの場合は、実家に生活費を入れた場合であっても多少余裕のある生活を送ることができるだろう。しかし、問題は一人暮らしをするケースだ。特に家賃を負担しなければならない方の場合は注意が必要だ。

そこで、こちらの章では手取り14万円で家賃を負担していくケースについてみていこうと思う。出費例などの生活シミュレーションを交えながらご紹介していくので、イメージを膨らませてもらいたい。

家賃の目安は4万2,000円前後

まず、家賃を負担するケースについてお話ししていこう。

家賃の目安は一般的に手取り金額の30%程度といわれている。その割合以上の家賃を支払う場合は、食費や娯楽費などの出費を削っていく必要があり、貯金や保険などをする金銭的な余裕がなくなってくるため注意が必要だ。

つまり、手取り14万円の方の家賃の目安は、手取りの30%である4万2,000円前後の物件だ。

都心の物件の場合、4万2,000円の物件はユニットバス付き、もしくは風呂なしの1Rの間取りがほとんどだろう。多少都心から離れたエリアの場合は、1Kや1DKの物件も見つけることができるかもしれないが、そのほとんどが築古物件なはずだ。

しかし、管理費込みで4万2,000円程度の物件を探すのは至難の技といえるだろう。不動産会社の方とうまくコミュニケーションをとっていき、よい物件を見つけていけるように頑張っていただきたい。

一人暮らしの場合の生活シミュレーション

ここからは、手取り14万円の方の出費例や、実際の生活レベルについてみていこうと思う。

管理費込みの家賃負担を4万2,000円とした場合、使える金額は10万円弱だ。

一人暮らしの月々にかかる出費は、どのような生活スタイルを送るのかによって大きく影響してくる。そこで今回は貯金をしたい場合とそうでない場合に分け、それぞれの出費額についてシミュレーションをしていこうと思う。

貯金する場合貯金しない場合
家賃42,000円47,000円
食費25,000円35,000円
水道光熱費10,000円10,000円
スマホ代3,000円6,000円
交通費5,000円8,000円
雑費10,000円13,000円
交際費10,000円20,000円
貯金35,000円0円

手取り14万円の場合、節約は必須条件だ。そのため、自炊はもちろん、その他交際費などを削っていく必要がある。

節約のポイントは以下の通りだ。

  • 家計簿をつけて出費を把握する
  • 固定費の出費を抑える(電気・ガスなどのプランの見直し)
  • 食事は基本自炊を心がける
  • 格安スマホに切り替える
  • 水道光熱費も地道にコツコツと節約を
  • 体調管理をしっかりと行い、医療費の削減
  • 1日に使えるお金や、友人との出かける日数を予め決めておく
  • 不用品をフリマアプリなどで売っていく

どれも小さな行動かもしれないが、チリも積もれば大きな金額となってくる。そのため、地道な努力が必要なのだ。

しかし、残念なことに節約にも限度がある。そのため、場合によっては収入を多くするための工夫も必要になってくるだろう。

収入を増やす3つの方法は以下の通りだ。

  1. 現職で昇進や昇格を目指す

【メリット】転職する必要がない

【デメリット】転職する必要がない

  1. 副業をする

【メリット】隙間時間で行うことができる

【デメリット】ダブルワークのため、体力的に厳しい・勤務先によっては副業NG

  1. 資格を取得する

【メリット】職種によってはベースアップが可能

【デメリット】短期間での給与アップは難しい

これらの方法のほとんどが、実際に収入をアップさせるためにかなりの時間を要するものばかりだ。そこで筆者がおすすめしたいのが、転職をすることによるベースアップだ。

  • 高待遇な職場への転職
  • 転職エージェントを使った転職

両者ともに転職をしていくという目的は同じだが、そのプロセスは大きく異なる。

自分ひとりで転職活動を行う場合、情報収集をはじめ、面接対策など全てひとりで行っていく必要がある。仕事をしながら転職活動をする方がほとんどかと思うが、忙しい状況でこれらのタスクをこなしていくのは難しいといえるだろう。

筆者が一番おすすめしたい転職の方法は、転職エージェントを活用することだ。確実に収入をあげていくことができる上、キャリアアップもしやすい方法といえるだろう。

転職エージェントを活用するメリットは以下だ。

  • 非公開求人の情報を得ることができる
  • 自分の市場価値を確認することができる
  • キャリアアドバイザーによる手厚いサポートが受けられる

不慣れな転職活動を効率よく進めていくためにも、転職エージェントの存在はとても心強いものとなるだろう。特に、これから転職活動をスタートされる方は、ぜひ転職エージェントに登録することからはじめていっていただきたい。

急な出費への備えや将来についての蓄えが必要

急な出費への備えや将来についての蓄えが必要

手取り14万円の方の場合、毎月決まった金額を貯蓄に回すのはかなりの努力が必要となってくることは先ほどご説明した。しかし、冠婚葬祭や病気などの急な出費に対する備えもとても重要となってくるため、ある程度の貯蓄は必要不可欠といえるだろう。

特に、20〜30代の方の場合は、結婚式に参列する機会がとても多い世代である。一回の参列で3〜5万円程度のご祝儀代、そしてそれに加えて洋服代などの出費もかかってくるため、ある程度まとまった金額が必要となるのだ。

それ以外にも、急な病気や怪我で入院などをすることによって、長期間仕事ができないことも考えられる。そのような最悪の事態に陥った時でも、ある程度の蓄えがあることで安心することができるだろう。

また、独身のうちは問題ないかもしれないが、将来家庭を持つことを考えた場合はより一層まとまったお金が必要になってくる。あまり現実味がないかもしれないが、少しずつでも構わないので将来に向けて貯蓄をはじめていくことは賢明といえるだろう。

毎月の貯蓄が難しい場合は、ボーナス月にまとめて臨時支出費用を貯金しておくのもひとつの手だ。社会人たるもの、不測の事態に備えた蓄えをしてこう。

手取り14万円からキャリアアップしたいと考える方は

将来のことを見据えて、手取り14 万円よりも好条件の仕事に就きたいと考えている方も多いはずだ。そこでこちらの章では、どのようにキャリアアップをしていけばよいかについて考えていこうと思う。

20代の職種別・業界別の収入

若い世代の方の中でも、高収入を得ている方もいるのだ。そこで、20代の方たちの職種別・業界別のトップ5の収入についてみていこうと思う。

【職種別】

  1. 専門職(コンサル・専門事務所・監査法人)
  2. 企画・管理系
  3. 技術系(電気・電子・機械)
  4. 営業系
  5. 技術系(IT・通信系)

これらの職種は、年収350〜450万円を稼ぐことができるとされている。

【業界別】

  1. 総合商社
  2. メーカー
  3. IT・通信
  4. 金融
  5. 建設・プラント・不動産

業界別にみた年収のトップ5は上記の通りだ。どの業界も350万円以上の年収を見込むことができるとされている。

20代全体の中で年収500万円以上が占める割合は、上位10%とされている。20代の平均年収である345万円と比較してもその差は歴然だ。スキルや能力、資格によってはこのような高収入を得ていくことができるのだ。

しかし、いきなり上位10%の水準まであげていくことは正直難しい。そこで手取り14万円から年収を確実にあげていくには、スモールステップを踏んでいく必要がある。

まず目標としてほしいのは、20代の40%近くの割合を占める年収300〜400万円だ。年収でいうと100万円前後アップすることになるため、生活水準もかなり上がっていくだろう。

年収300〜400万円を目指すために気をつけたいポイントとは?

20代の転職で考えた場合、年収が350〜450万円であればその転職は成功したといえるだろう。なぜなら、その後のキャリアアップやジョブチェンジもしやすい環境だといえるからだ。

では、具体的にどのようなポイントに注意して転職活動を進めていけばよいのだろうか?

以下の3つのポイントについて詳しくみていこうと思う。

  • 規模の大きな企業への転職
  • 年収水準が平均よりも高い企業や業界への転職
  • ご自分のキャリアを活かせる同職種への転職

規模の大きな企業への転職

より確実に年収をアップさせるためには、今在籍している企業よりも大手の企業への転職をすることが重要なポイントとなってくる。

大企業の場合、しっかりとした給与体制はもちろんのこと、福利厚生や教育体制も整っているところがほとんどだ。働きやすい環境でキャリアアップしていくためにも、大企業への転職はおすすめだ。

また残業代がきちんと支給されるかどうかもチェックしておきたいポイントだ。「みなし残業」という文言が募集要項に書かれていた場合は要注意だ。みなし残業が認められていた場合、いくら残業をしても同額の残業代しか支払われないということになる。

労務管理をしっかりと行っている企業の場合、みなし残業はしないはずなので、募集要項をはじめ面接の際などにも、残業代についてきちんと確認をしておこう。

また、大企業になればなるほど歳を重ねるごとに転職が難しくなっていく傾向にある。そのため、なるべく20代のうちに転身しておくことが大切だ。

年収水準が平均よりも高い企業や業界への転職

先ほどご紹介した若手の人材でも高収入を目指すことのできる業界や職種への転職は、収入アップをしていくために有効は手段だろう。

業界によっては、年収水準の低い場合がある。そのような業界に転職をした場合、いくらスキルや経験があったとしても、一定の収入までいくとその先昇給が難しいケースは多くあるので注意が必要だ。

ご自分のキャリアを活かせる同職種への転職

ご自分のキャリアを活かせる同職種への転職

未経験の職種や業界への転職によってキャリアアップするケースももちろんあるが、着実にベースアップしていくためにはそれまでの同じジャンルの職種での転職をおすすめする。

それまでの経験やスキルを存分に活かしていくことができるため、転職先でも即戦力として活躍していくことができるだろう。

また実力主義の企業へ転職した場合、社歴や経歴が浅くてもその人材のスキルや能力に応じた給与やインセンティブがもらえる可能性がとても高い。転職する際は、ご自分の能力を存分に生かすことのできる企業を選んでいこう。

転職で確実にキャリアアップしていこう

今回は、手取り14万円の生活水準を中心に解説してきた。20代前半の方の場合は地域や業界によっては考えられる収入だが、それ以上の年代の場合はよりよい条件の企業への転職は必須といえるだろう。

しかし、転職することで年収などの条件が悪くなってしまうケースをよく耳にする。そのため、転職する際には、以下の点に注意して職選びをしていってほしい。

  • ご自分が希望するキャリアパスについてきちんと考えること
  • ボーナスを含めた給与体系や昇給の有無
  • 福利厚生

転職をすることでキャリアダウンしてしまうことが決してないよう、これまでご説明してきたポイントに留意して転職活動を進めていってほしいと思う。

筆者のお勧め転職サービス

ビズリーチ
キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

リクルート キャリアカーバー
ハイクラス・エグゼクティブ限定の転職サイトである。年収800〜2,000万円の求人が多数あり、レジュメ登録するとスカウトを受けることができる。ビズリーチと合わせて使うことで、それぞれの優良求人や非公開求人を逃さず収集できるのでおすすめだ。

リクルートエージェント
日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

アクシスコンサルティング
創業から17年間で約5000人の現役コンサルタントを支援、77%が非公開求人という圧倒的な数字を誇る。平均3年の長期サポートでキャリアアップを支援してくれるので、未経験からコンサル業界に挑戦したい方はまずは挑戦してほしい。