ノウハウ:その他

地方銀行を辞めたいと思ったら知っておくべきこと

地方銀行といえば、メガバンクに次ぐ規模を持つ金融機関である。地元での知名度は抜群であり、地域顧客からの信頼度も高く、就職時に指名で入社を決める人も少なくない。

しかし、そんな地銀を辞めたいとあなたが思っているなら、転職に踏み出す前に知っておくべきことをまとめた。地方銀行からの転職について考える際の参考にしてほしい。

なお、転職活動については、知識やスキルなどにも増して、タイミングが一番重要だ。そのタイミングを失わないよう、まずはビズリーチといった転職エージェントに事前に登録してほしい。

さらに、日本一の転職実績があるリクルートエージェント、ハイキャリア求人に強いJACリクルートメントなど、いくつかの転職エージェントを併用してほしい。超優良求人に出会えるはずだ。

地方銀行を辞めて転職するという道をぼんやりとでも考えている状況なら、今のうちから登録しよう。

「辞める、辞めない」考え始めるタイミングとは

仕事を辞めるべきか、続けるべきかというのは、人生において割と大きな決断だろう。本当に辞めてもいいのか、失敗したらどうするのか、といった悩みも多いに違いない。

まして、地銀に入社して、「銀行員」としてのステータスを持つと、「せっかく入社したから」といった使命感に駆られ、余計に考えこむだろう。

地方銀行は、地元では実力もあり、長く在籍すればするほど、この環境に慣れ、違和感にすら気づかなくなる。しかし、若くて入社歴が浅いほど、地銀の環境に対する違和感を感じやすい。その違和感のタイミングこそ、辞める選択をするサインの一つだ。

最近の地銀を取り巻く環境は甘くはない

地銀は、地元の主要企業や自治体のメインバンクとして、圧倒的なシェアを誇っている。一方、地方は大都市圏以上に人口が減少し、高齢化が進んでいる。

高齢化によって住宅購入世代が減り、地銀が元来得意としている住宅ローンの貸付も縮小している。あわせて、相続といった個人資産が大都市圏方面に吸収され、地銀の貸付先が減少傾向にある。

金融庁が公表した「地域銀行の平成30年3月期決算の概要」を見ても、純利益の合計額は減少している。日銀のマイナス金利政策が長期化する中で、収益の柱である貸出金利回りが下がり続け、2018年3月期と比べて、第二地銀を含む全104行のうち、半数の57行のコア業務純益がマイナスであった。

地方銀行を取り巻く環境は、厳しいと言わざるを得ない。地域産業の低迷もあり、地銀も対策を重ね、合併再建など模索している。

地銀をやめたい人に共通する理由

一般的に、知名度、収入共に高く、安定職と思われている地銀の社員。そのステータスを捨ててまで転職を希望する人の理由は何か。

外部的要因と内部的要因、辞めたいと思う人に共通している理由を探ろう。

旧態依然とした体質

地銀の多くは長い歴史を有している。組織体制は昔から変わらないため、年功序列の風土は未だに強い職場も多い。

地銀に限った話でもないが、上司からのお誘いや接待による休日出勤など、人間関係のトラブルに悩んで退職を決意するケースは多い。

厳しいノルマ

加えて、辞めたい理由に多くあげられるのがノルマだ。地銀でも、保険や投資信託といった、過去には取り扱わなかった商品が増えている。

それぞれの商品に対してノルマがあるため、地銀の行員は保険や投資信託を勧める必要がある。厳しいノルマを達成してやろうと発奮するタイプの人は向いているが、過大なプレッシャーを感じてしまう人はノルマを理由にやめたいと言うことが多い。

異動・転勤の多さ

もう一つ、辞めたい理由に共通するのが異動、転勤だ。

一般職であっても、転勤の可能性があるのが銀行。その認識を持っていても、異動頻度は極めて多く、異動内示からの期間の短さに戸惑ったという人は多い。

転勤に伴う仕事が増え、加えて家族との問題なども発生する。どんな仕事であっても転勤や異動はあるが、地銀でも同様に頻繁に行われる異動辞令が、強いストレスとなり、辞めたい理由になっているのも現実だ。

これらの理由は地銀に限った話ではないが、仕事には向き不向きがある。キャリアチェンジをするタイミングをしっかりと見極めてほしい。

転職エージェントに多く会い、情報をたくさん得て欲しい。転職サイトはビズリーチはじめ、リクルートエージェントなどを利用して、応募しよう。

元銀行員に聞いた、地銀をやめて後悔したこと

では逆に、地銀で良かったことは何か。辞めて後悔したことはないか。これらを調べたところ、地銀で良かったことの回答の多くに、お客様とのコミュニケーションがあった。

規模が都市銀行と比べて小さい分、地域密着型でお客様との距離が近い。人とのつながり、コミュニケーションは、仕事をする上で常にモチベーションに影響している。人を結ぶ大切なツールである分、良くも悪くも影響度は大きい。

金銭面の待遇も悪くはない。むしろ良いほうだ。ボーナスはもちろん、福利厚生もとても手厚い。家賃補助や家族手当など、高額に設定されていることが多いので、別の会社に転職したとき、物足りなさを感じることも少なくない。辞めたことを後悔する一つの理由として納得ができる。

市場が伸び悩むなか、赤字であってもボーナスがそこまで減額されることもないので、こうした面で地銀は良かったと思うのだろう。

業務面において、銀行はいろいろなことが規定やマニュアルで定められ、細かく面倒な部分が多いが、常に正確さが求められる分、それが今後の強みになる。

また仕事柄、取得必須の資格があるので、専門的な金融知識が必ず手に入る今後のライフプランが立てやすくなり、将来大いに役立つはずだ。

どんな仕事であっても、メリットとデメリットが存在する。正しい情報を得て、しっかりと理解したうえで、自分にとってメリットを見出せたなら、転職をしなくても後悔はしないはずだ。

意外に多い、地銀から転職できる業界

銀行員からの転職で成功するには、今持つスキルや知識を最大限に生かすことが必須だ。銀行員は、金融や財務といった専門的スキルが多い分、年収等、今と変わらない条件での転職がしやすい。

戦略コンサルティングファームや、外資系IT企業といった異なる業界への転職者も、実際に少なくない。

また銀行員に抱く世の中のイメージが良い。社会人基礎力が高く、身元も堅い。資金調達や交渉に強いこと、細かい書類業務にも長けていることで、デメリットはほぼ無いに等しい。融資業務の経験があれば、さらに歳を重ねても通用する。

地銀の一般職では、業務の正確さや連携する力、対人能力といった評価が高く、転職の際の選択肢の幅は広い。営業職であれば、他業界の同年代と比べてノルマがある分、行動力や遂行力が高く、さまざまな企業が欲しがる傾向にある。

管理本部の経験者は、知識が豊富で、業務全般を把握する力があると判断され、海外転勤や新しい職種へのチャレンジなど、チャンスが一段と多い。

結果的に、どの職種をとっても、元銀行員の転職市場価値は非常に高い。

地銀から転職する際にやるべき6つのこと

地銀からの転職は、比較的やりやすく優良企業にも入りやすい。逆に言えば、失敗はできないという事。そのためにも、転職の準備は大切だ。

また、なぜあえて地銀から転職したいのか、自分は今後どうなりたいのか、そして今、何をすべきなのか、自分を客観視して考えることも必要である。

その結果、転職しないリスクの方が、転職するリスクより自分にとって大きいと判断した場合は、転職に向けて行動あるのみである。市場価値が高い時期を見逃してはならない。

筆者が考える転職の際にやるべきことは、

  1. 自分を客観視 
  2. 辞める、辞めないの決断 
  3. 転職エージェントに登録 
  4. 職務経歴書、履歴書の作成 
  5. 面接対策 
  6. 退職、入社の準備 

の6つである。しかし、この6つを現職を続けながら自分自身で全て成し遂げるのは容易ではない。そこで転職エージェントを利用することを強くお勧めする。

後悔しない転職のために

その道のプロである転職エージェントを活用して、たくさんの情報を得てほしい。エージェントは、あなたの銀行での経験を元に、転職先や他業界を希望する場合の転職活動のポイントなど、具体的な成功事例を交えて教えてくれる。

あなたが転職活動を始める際に、最初に登録して欲しいのは、ビズリーチだ。個別面談を通じて、キャリアアドバイザーが現状の強みや弱みをしっかりと把握し、適切なアドバイスをする。

次に、転職経験者の大半が利用したことがあるというほど人気の転職エージェントがリクルートエージェントだ。希望に合った優良な非公開求人を逃さないためにも、リクルートエージェントにも早めに登録しよう。

他にもマッチング重視の転職活動を希望するなら、JACリクルートメントアクシスコンサルティングにも登録してほしい。

編集後記

転職は、自分らしく幸せに働くための一つの手段だ。地銀を辞めなくても、自分の人生が満足するのであれば、それは正しい選択である。

だがもし地銀を辞めて、転職することを少しでも考えているのであれば、活動だけは早めにしてほしい。もし、今動かないのであれば、1週間後も1ヶ月後も、1年後だって動くことはない。

転職するのであれば、自分の人生が満足するように、今この瞬間を無駄にすることなく、最大限に能力を使って欲しい。

今日は以上だ。

編集部のおすすめ転職サービスランキング