キャリア相談室

地方銀行から転職を決意する理由とベストなタイミングは?

地方銀行からの転職を考えたことがあるのなら、一度、具体的に情報収集をしてみるとよい。客観的に現在の自分の置かれている状況を見つめ、地銀で働くメリット・デメリットを改めて考えることができるだろう。

すでに地方銀行からの転職を考えているのであれば、まずはビズリーチに登録してほしい。優良企業の求人を確認したり、企業や転職エージェントからのスカウトを受けたりできるからだ。まだ転職するかどうか決めていない人も、ビズリーチに登録して自分の市場価値を知ることが何よりも重要だ。

加えて、日本一の転職支援実績を持つリクルートエージェントか、優秀層に強いJACリクルートメントのキャリアアドバイザーに相談するのが良い。

ただし、コンサルに興味があるなら、アクシスコンサルティングもお勧めだ。アクシスコンサルティングは転職決定者の7割超が年収1000万円以上を達成している。

複数のサービスを活用することで相対的な視野を得ることができる。ビズリーチには必ず登録し、その上でいくつかのサービスを併用するのが成功の秘訣だ。

地方銀行からの転職を決意する理由

地方銀行を取り巻く環境は変化しているが、地方金融の主たるプレイヤーとして、地方銀行員の活躍の場はあるだろう。

それでも地方銀行からの転職を望む人は、どんな理由で転職という選択をするのだろうか?
地方銀行から転職する理由を以下に列挙する。

地方銀行の将来性への不安

現在、地方銀行を取り巻く環境は決して順風満帆とはいえない。地方銀行の経営状況は、地方経済の失速とマイナス金利政策の影響を受け、厳しさを増している。また、都市銀行と、地域密着の信用金庫や信用組合に挟まれることも多い状況だ。

また、横浜銀行と東日本銀行、常陽銀行と足利銀行などをはじめとする経営統合が地銀の破綻を未然に防ぐために進んでおり、このような現状で、安定志向で就職した銀行員が、不安になっているケースも散見される。

昔ながらの企業体質への反発

終身雇用が崩れたとはいえ、昔ながらの年功序列の社風が根強く残っている地方銀行も多い。

社内での根回しや、支店内のローカルルール、頻繁な飲み会などといったカルチャーを不満に思う若手行員は少なくない。

ただ、これは地方銀行に限った話ではない。日系の大手企業や金融機関ではよく見られることなので、これだけを理由に転職したいと思っているならば、転職先についてはよくリサーチしないと後悔するだろう。

営業ノルマについていかれない

残業や、昼休憩も満足に取れないといったような、物理的なオーバーワークは、向き不向きがある。

また、がむしゃらに仕事を覚える時期を超えた2年目以降に、金融商品という差別化が難しい商品を営業しなくてはならない難しさを感じ、精神的なストレスが重くのしかかってくるという人も多い。

元銀行員は市場価値が高い

これまで「地銀を辞めたい」と思うよくある理由について述べてきたが、一方で、実は銀行員は社会的評価が高い。お金を扱ってきた信頼性、ビジネスマナー、金融の知識等があるからだ。

また、元銀行員を欲しがる企業が多いのも事実だ。フィンテック企業や金融事業に参入する大手IT企業など様々な企業からの需要が高い。

なので、すでに地銀からの転職を決めているならば、具体的な行動に移すのがよい。

地方銀行からの転職に踏みとどまる理由

このような状況ではあるが、転職に踏み切れない人が多くいるのが地方銀行だ。特に、20代後半以降で転職活動をし内定を得ていたとしても、実際は転職をやめる人が多いのが現実だ。

転職を断念する大きな要因は下記の3点だ。

銀行員の肩書を捨てられない

地元での地方銀行の行員のステータスはかなり高い。地方銀行の行員というだけで、絶大な信頼を得ることができる。

周りからの大きな信頼を得られる職場で働いている、ということに誇りを持ち、転職に踏み出す決意がなかなかつかないという若い候補者の方は多い。

家族の反対

地元での地方銀行のステータスの高さは、家族にとっても同様だ。社会や経済の状況が日々変化しているとはいえ、地方銀行への絶対的な安心感は根強い。

上の世代の両親や祖父母にいたっては、さらにその考えが強い。かつ、転職そのものにあまり良くない印象を持つ人も、上の世代には多いだろう。

また、「嫁ブロック」と言われる配偶者の反対も無下にはできない。配偶者の納得が得られなければ転職は難しい。実際に、「嫁に反対されて……」と転職をあきらめた人は多数いる。

配偶者や両親に誠意をもって説得にあたるには、自分の意思がブレていては到底無理だ。

説得できるほどの決意ができていないならば、改めて今の職場で活躍できる方法を探るのも一手だ。

年収や待遇

地方銀行から転職する際は、年収が下がってしまう場合もある。また、退職の意思を表明した際に、希望のポジションや年収UPを提示され引き止めに合うケースも少なくない。

「元々どうして転職しようと思ったのか」を忘れてしまい、転職をやめてしまう人が多い。

地方銀行からの転職を成功させるコツ

地方銀行で働き続けることに疑問を持っているなら、まずは転職に向けて具体的に動いてみることを勧める。

成功するためのコツは、地方銀行での十分な実績を携え、タイミングを逃さず、在職中に転職先を決めることだ。その際に、転職エージェントを積極的に活用することが必須だ。

まずは、ビズリーチに登録し、数ある転職エージェントとの接点を持つことを勧める。あなたの地方銀行での実績を見て、金融業界に通じたエージェントからスカウトが届くこともあるだろう。その中で、自分が望むスタイルでの支援を得られる転職エージェントを数社選び、継続して転職の支援をしてもらうのがよい。

加えて、日本一の転職支援実績を持つリクルートエージェントか、優秀層に強いJACリクルートメントのキャリアアドバイザーに相談するのが良い。

ただし、コンサルに興味があるなら、アクシスコンサルティングもお勧めだ。アクシスコンサルティングは転職決定者の7割超が年収1000万円以上を達成している。

複数のサービスを活用することで相対的な視野を得ることができる。ビズリーチには必ず登録し、その上でいくつかのサービスを併用するのが成功の秘訣だ。

以下に、地方銀行からの転職での成功のコツを一つずつ見ていこう。

タイミングを逸しない

銀行員は基本的なビジネススキルが高いと評価されることが多く、ポテンシャル採用でのタイミングが最も転職しやすい。

年次が上がれば上がるほど、転職に踏み切れずに断念するケースが多い。詳しいタイミングについては後述する。

地方銀行での実績は必須

具体的かつ客観的な数値にもとづくエピソードで実績を語れることが必須だ。現在勤務している環境で結果を出せていない人は、他の金融機関や他業種で必要とされることはまずないと思ってよい。

「とにかく辞めたい」のではなく、「地方銀行での実績をもとに、次のチャレンジをしたい」と長期的な自分自身のキャリアプランのための転職であると、具体的な実績と共に語ることができることが必要だ。

勤務地の変更を伴う転職の注意点

同じ地域での転職なら問題ないが、地方から首都圏や関西圏等の異なる地域で転職を考えている場合には、特に転職エージェントを活用するのが効果的だ。

地方では手に入りにくいタイムリーで正確な情報を得たり、伝えるべきことを伝えられる書類を作成したり、選考でのスケジュール管理を効率よくするには、転職エージェントを積極的に利用するのが確実だ。

勤務したい地域まで移動する時間がないという悩みは無用である。キャリアアドバイザーとの面談は、電話やWeb面談等で可能だ。

また、実際に企業の選考を受ける際にも、リモートでの面接の設定や、上京しての面接の場合に同日に複数の企業の面接をタイミングよく設定してくれる。さらに聞きづらい交通費や宿泊費等の支給の有無の確認も代わりに行ってくれるので安心だ。

地銀からの転職にベストなタイミングは?

第二新卒の場合

先にも述べたが、第二新卒は一番転職しやすい時期だ。

基本的なビジネススキルを身につけていることはもちろん、さらに営業として必要な、現実の数字とノルマとのギャップを理解して、そこを埋めるための行動を取ることが身についている。

一方で、若手銀行員は「自分で発信する力」が弱く、指示待ち人間と見られることが少なくない。職場の慣習や上司の指示に従って、タスクとして業務を遂行しているだけでは評価してもらいにくい。

20代後半だとタイミング的に厳しくなる

銀行員は5年目ぐらいを境に転職のハードルが一気に高くなる。年収が上がるため、転職すると年収が下がるケースが多くなるのも大きな要因だ。

また、銀行員を5年続けてしまうと「役職があがる」「退職金が上がる」タイミングが現実的に見えてきて、転職したい気持ちが揺らぐ。

また、20代後半の銀行員は結婚しているケースも多く、配偶者が収入面の安定や世間体の良さを手放せず、転職に反対することも多く、転職を断念するケースも少なくない。

さらに、銀行員ならではのノルマの厳しさや、難しいルールに、良くも悪くも慣れてしまうのもこのタイミングといえる。

30代前半はさらに辞めにくい

20代後半とほぼ同じ状況だが、年次がより上がることで、「銀行員であること」を手放すには、よほどの意志の強さと家族の理解が必要となる。

また、30歳前後が昇進のタイミングとなっている銀行が多いので、逆に出世コースに乗れなかった人が居心地が悪くなり転職を考えるケースもある。

だが、特に第一地銀では他の業界と比較して年収が高い。すでに家庭を持っている人も少なくなく、給与水準を落としたくないため、転職に踏み切るのは相当な覚悟が必要だ。

給与水準を落とさないとなると外資系金融機関ぐらいしか選択肢がない。十分に高年収、高待遇なので、無理に転職することは決して勧めない。

ただし、20代後半~30代前半の人でも、長期的なキャリアを考えて、一時的に年収を落としてでも転職にチャレンジした結果、ポジションを上げ、最終的に満足のいく年収と仕事のやりがいを手に入れ、さらに次の目標に向けてキャリアを歩んでいった人もいる。

自分自身の長期的なキャリアプランに基づき、「何のために、今、地方銀行から転職するのか」という軸をブレずに持ち続けていることが、家族からの理解を得ることや、転職そのものを決断する際に最も大切だ。

地銀から転職するのにおすすめの業界 

20代では異業種への転職を成功させている人も多くいるため、異業種への転職も含めて検討するのがよい。

同業の金融業界で転職を考える人は、外資系金融に挑戦したり、M&A業界、コンサルティング業界にチャレンジしたりする人もいる。

地方銀行からのお勧めの転職先は以下の通りだ。

金融参入を目指すIT企業

金融参入に力を入れているIT企業では、金融知識があり社会人スキルが身についている若手銀行員を欲している。ベテランの銀行員は給与が高く手が出ないが、若手層は大歓迎だ。

新しいチャレンジが少なく物足りなさを感じている若手の銀行員には、勢いのあるIT企業は魅力的に映るだろう。

営業職(業種問わず)

地方銀行の営業は着実にノルマを遂行しているケースが多く、目標に向かってゴリゴリと行動できる営業力、周りを巻き込む力がある等、評価されることが多い。

地方銀行の営業からの転職先としては、無形商材の営業が多い。年収UPを狙って、外資の金融の営業職を希望する人も多いが、なかなか難易度は高い。

なお、目先の年収UPばかりに気を取られてしまい、年収以外の転職理由を叶えられるかの吟味を忘れてはならない。

経理・財務部門

金融の知識やお金を扱ってきた経験から、管理部門の経理や財務のポジションへの転職もありだ。ただし、経理や財務の仕事は未経験の職種になるため、地方銀行での実績をベースに経理や財務の実務がこなせるポテンシャルがあると判断されなければ採用されない。

編集後記

地方銀行からの転職を成功させるためには、企業の経営層や採用担当者と密に連携をとり、状況のアップデートを図っている転職エージェントを積極的に活用することをお勧めする。

ビズリーチは、ハイクラス向けのサービスなため、地方銀行で総合職として勤務している方は登録すべきだ。地方銀行での実績を具体的に職務経歴書に記載しておくと、その情報を見た転職エージェントからスカウトがくるだろう。

プロフィールを見た上でスカウトを受けられるので、地方銀行の経験と今後の希望を考慮した提案をもらえる確率が高い。個別に連絡がきた複数の転職エージェントとコンタクトを取り、信頼できる転職エージェントを見極めたうえで積極的に利用してほしい。

あわせて登録する人材会社として、JACリクルートメントはグローバルでの活躍を視野に入れる方にお勧めできる。

コンサルティングファームへのチャレンジを視野に入れている方は、コンサルの転職支援に強いアクシスコンサルティングを使ってほしい。アクシスコンサルティングは転職決定者の7割超が年収1000万円以上を達成している。

いずれにせよビズリーチにまず登録してから、さまざまなアクションを起こそう。転職活動は、戦略的に進めた者勝ちである。明るい未来が来ることを信じている。

今日は以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 リクルート キャリアカーバー ハイクラス・エグゼクティブ限定の転職サイトである。年収800〜2,000万円の求人が多数あり、レジュメ登録するとスカウトを受けることができる。ビズリーチと合わせて使うことで、それぞれの優良求人や非公開求人を逃さず収集できるのでおすすめだ。

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。