ノウハウ:スキルアップ

一生モノの英語学習習慣が身につく 今話題の英語コーチング・プログリットとは?

コロナの影響から、ご自分の今後に対して漠然と不安に思っている方も多いはず。これからの時代を生き抜いていくためにも、身につけておきたいのが「英語力」だろう。

しかし、社会人になってから何かを学ぶのはそう簡単なことではない。時間的な理由から、諦めてしまう人も多いだろう。特に英語は言葉のため明確なゴールがない。そのため目標設定などがしにくく、学習習慣が定着しにくいのだ。

こんな人におすすめ

・英語学習をしたいがやり方がわからない
・英語学習をしてきたが継続しなかった
・英語学習をしてきたが結果が出なかった
・英語学習をしていないがこれから頑張りたい

英語学習をしてきた方で上記のように感じている方にぜひおすすめしたいのが、今多くのビジネスパーソンから注目を集めている英語コーチングサービスプログリットだ。

プログリット受講者数の推移

プログリットは、2016年にサービスを開始してからわずか3年で受講者は6000人、現在ではなんと7000人を突破し、多くのビジネスパーソンから支持されている。

今回は、プログリットのサービス内容やその特徴、そしておすすめする理由などを徹底解説していく。英語学習のやり方やご自分の英語力にお悩みの方にぜひご一読いただきたいので、最後までお付き合いいただければと思う。

Contents

どんな時に英語が必要?

では社会人は、具体的にどのようなシーンで英語を活用しているのだろうか?

プログリットの調査によると、英語を使う多くが以下のような場面で英語を使うと答えている。

  • 会議やメール対応
  • 資料作成
  • プレゼンテーション

このように、仕事のシーンだということがわかった。

実際に仕事で使える英語を必要とし、多くの人たちがプログリットを選び受講しているのだ。

英語を用いて活躍することで仕事の成果を出すことができ、結果的に自分の評価にダイレクトに繋がっていく。英語を身につけているかどうかで、今後のキャリアにも大きく影響してくるといっての過言ではないのだ。

プログリットの考える英会話習得の理論

世の中の英語習得法のほとんどが、個人の経験の中から生まれたものであり、そのほとんどが科学的に立証されているものではない。また、たくさんある習得方法の中から自分に合ったものを探すのはとても困難なことだ。

第二言語習得理論という学問では「どのようなステップを踏んで英語を習得していくか」というロジックがきちんと立証されているため、しっかりと根拠のある学習をすることができるのだ。

プログリットでは、このような科学的な見地から、ひとりひとりに最適な英語学習方法を選択し、学習していくためのあらゆるサポートをしてくれるのだ。

プログリット紹介動画

プログリットのサービス内容やコンサルタントの声、そして実際に受講者の声などがまとめられている。なぜプログリットが多くの人たちに選ばれているかがわかるので、ぜひご覧いただきたい。

代表取締役が語る「プログリットを起業した理由」

代表取締役が語る「プログリットを起業した理由」とは?

「英語学習に楽な道はない」と語るのは、プログリットを創設した代表取締役の岡田祥吾氏だ。

彼がプログリットを創業した理由は「英語力不足による自分自身が経験した葛藤」にあると語る。

大学進学後、専攻していた電子情報工学にも行き詰まりを感じ、さらに自分の英語力の乏しさにも嫌気がさしていたという岡田氏。英語力だけでも向上させたいという思いで、アメリカ・シアトルに1年間の留学をしたという。

その後、新卒でマッキンゼー・アンド・カンパニーに入社することになり、さらなる英語力の向上が求められたため、英会話スクールなどにも通ったがほとんど上達しなかったという。その時に課題となったのが英語の自己学習だったのだ。

この時の経験がプログリットを立ち上げるきっかけとなり、自分と同じように英語ができないために活躍しきれない人たちのために、英語が本当に伸びるサービスを作りたいと考えたのだという。

このように、プログリットは世界で自由に活躍できる人を増やすをモットーに、手厚いサポートとサービスを通じて多くの人たちにスキルや自信を提供しているのだ。

無料オンラインカウンセリングについて

プログリットでは、ひとりでも多くの人たちに一生モノの英語学習を体験してもらうために無料のオンラインカウンセリングを実施している。カウンセリングの具体的な内容や、筆者が実際にカウンセリングを体験した感想についてまとめてみた。

オンラインカウンセリングの内容とは?

オンラインカウンセリングの内容は以下だ。

  1. 「なりたい姿」について徹底したヒアリング
  2. 英語力テストを実施し、個人の課題を明確化
  3. 課題を踏まえた学習カリキュラムの作成

「なりたい姿」について徹底したヒアリング

ヒアリングでは、それまでの英語の学習状況や留学経験などに関する質問はもちろんのこと、「なぜプログリットを選んだのか?」という動機の確認、そして英語上達の明確な目標についての擦り合わせが行われる。

英語力テストを実施し、個人の課題を明確化

その後の英語力テストでは、以下の内容で実際の英語力を診断していく。

  • リスニング
  • 語彙力チェック
  • 文法チェック
  • 1分間スピーチ

約20分のテストだが、その中身はかなり濃いものだ。特に最後の1分間スピーチは、ひとつの質問に対して自分の意見を英語で述べていくスタイルのチェック方法で、英語力がそのままダイレクトに反映されるテストである。

課題を踏まえた学習カリキュラムの作成

英語力テストの結果から課題を見つけ出し、それを解決していくためのコースや学習方法などを提案してくれる。想像以上に具体的に問題点を示してくれるため、自分が持つ課題についてしっかりと向き合うことができる。

カリキュラムについても、1日の中でどのような学習をどの程度していくかについての具体的な説明がある。仕事をしながら受講する人がほとんどのため、時間を捻出していくことが大きな課題といえるだろう。

生活習慣など1日の流れを確認しながら、どのタイミングで学習を進めていけばよいかを具体的に教えてくれるのだ。

無料オンラインカウンセリングまでの流れ

無料オンラインカウンセリングは、公式ホームページより申し込みが可能だ。

直接来校しなくてもオンラインでカウンセリングが受けられるのは、忙しい方にとっても、そしてコロナの影響でなかなか外出に前向きになれない人にとってもうれしいサービスだ。

無料オンラインカウンセリングの申し込みはこちら

言語学のプロフェッショナルが監修したカリキュラム

言語学のプロフェッショナルが監修したカリキュラム

出典元:プログリット公式サイトより監修に携わる吉田教授

プログリットは、英語力を最も効率的に伸ばすための科学的な根拠のあるトレーニング方法を提供していくことができるよう、上智大学言語教育センター長 吉田研作教授監修のもと、定期的にカリキュラムの再編成・見直しを行っている。

吉田教授は、言語を習得していくために最も重要なことは、一人ひとりにカスタマイズされた学習をすることだと語る。

プログリットのカリキュラム設計に携わることを決定づけたのも、プログリットがそれぞれの受講者に合った学習方法をコーチングで提案しているからだ。

言語学の第一人者にも認められたメソッドで英語学習ができることは、とても魅力的だ。

プログリットの3つの特徴

プログリットは、英語学習として一般的な英会話教室とは全く異なるサービスを提供している。プログリットは、英語を伸ばしたいと強く思う人たちのために作られた英語コーチングサービスを提供しているのだ。

プログリットならではの特徴は以下の3つだ。

プログリットの3つの特徴

出典元:プログリット公式サイト

これらの内容について具体的にみていこう。

理論に裏付けされた効果的なカリキュラム

プログリットでは、短期的に効率よく英語を習得するために正しい学習方法を知り、それを実践していくことがとても重要としている。

プログリットでは、英語学習におけるその人の課題を明確にし、適切な教材を選択していく。科学的に効果が実証されたトレーニング方法によって、無理なくそして無駄なく継続していくことができるのだ。

以下の方法で効果的なカリキュラムを提案していく。

  • 課題チェックテスト
  • 課題解決手法に基づいたヒアリング
  • 最適なカリキュラムを提案

課題チェックテストは、一般的な英語力を測るテストとは異なり、どこに課題があるのかを発見するために設計されたテストなのだ。

またヒアリングでは、現在の英語の使用状況やそれまでの英語学習歴を確認していく中で、長期的・短期的な目標を決定していく。

「できない」からトレーニングをしていくという訳ではなく、「なぜできないのか?」について深く掘り下げることで、具体的な課題を明確にしていくのだ。

特定された課題に対して、応用言語学をベースに考えられた最適なカリキュラムを提案していく。このようにプログリットは科学的に効果を立証できないトレーニングを実施しないのだ。

必ず学習を継続させる徹底した仕組み

英語に限らず、学習を継続していくことはとても難しい。ましてやたったひとりで自己学習学習を進めていくということは、学習することだけではなく以下のこともマネジメントしていく必要がある。

  • 学習時間や学習場所の確保
  • 学習内容の決定
  • 継続していくためのモチベーションの維持

プログリットには、継続した学習をサポートするための徹底した仕組みがある。

  • 徹底したスケジュール管理
  • 週に1回開催される専属コンサルタントとの面談
  • チャットサービスを活用した英語コーチング

忙しい社会人にとって、短期間で成果を出すことはとても大切なポイントだ。限りある時間を効率よく利用して学習していかなくてはならない。

また、受講者のレベルと最終的な目標によって、1日の学習時間や継続期間を専属のコンサルタントとともに決定していく。

受講者の多くがビジネスパーソンのため、多忙を極める人ばかりだ。一人ひとりの生活習慣やタイムマネジメントをコンサルタントとともに見直し、英語学習の時間を捻出していく。

その上で、学習に関する細かなスケジューリングを行ってくれるため、いつどこで何を学習すればよいかがわかるのだ。

受講者によって異なってくるが、1日3時間程度の時間を英語学習に投資していくことになる。コンサルタントによる細かなスケジューリングとモチベーションを維持するためのチャットサポートなど、英語学習のためのバックアップ体制が充実しているのも特徴だ。

また、英語学習を継続していくための習慣づくりをサポートしてくれる。専属のコンサルタントが、あなたの生活習慣はもちろん、時間の使い方についても徹底的に見直し、アドバイスをしてくれるので、時間を有効的に使うことができるのだ。

また、学習している中で出てくる問題を、チャットサービスを用いて解決することもできるのだ。わからないことをわからないままにしないことが、学習をしていく上でとても重要なことのため、とてもうれしいポイントといえる。

モチベーションの維持にも専属コンサルタントとの交流はとても有効的なため、ぜひ活用してほしいサービスだ。

問題解決能力を有する 優秀なコンサルタント陣

問題解決能力を有する 優秀なコンサルタント陣

プログリットの専属コンサルタントは、留学経験や英語に携わる仕事につくなど、各方面で経験を積んだ英語のプロフェッショナルだ。

プログリットのコンサルタントの特徴は以下の3つだ。

  • 厳しい採用基準
  • 一流コンサルタントを育成するための充実した研修制度
  • ナレッジを共有する仕組み

プログリットのコンサルタントは、英語力があるだけでは採用されない。高い英語力はもちろんのこと、高度な問題解決能力や、グローバルな環境での経験の持ち主であることが条件なのだ。

研修では、語学に関する専門的な知識や、問題解決をしていくためのノウハウを身につけていく。厳しい社内テストを合格したものだけが、専属コンサルタントとして活躍できるのだ。

また、プログリットでは、全社員がコーチングに関するナレッジを共有しているため、すべてのコンサルタントが最高の英語コーチングを提供することができるのだ。

優秀なコンサルタントたちが、客観的にあなたの英語に関する問題点を割り出し、そしてそれらを解決するための方法を提案してくれるので、安心して英語学習に取り組むことができるのだ。

充実したカリキュラム内容

プログリットのカリキュラムについて気になる方も多いだろう。

こちらの章では、具体的なカリキュラムの内容やおすすめのポイントなどを解説していく。

実際の学習スケジュールの例

実際のスケジュールの一例は以下の通りだ。すきま時間を有効的に活用し、無駄な時間を無くしていくことが重要だ。

学習スケジュールカスタマイズ例

出典元:プログリット公式サイト

電車での移動中やお風呂の中など、普段の生活の中にはすきま時間が多く存在している。それらをうまく活用していけるように、専属コンサルタントと共に生活習慣の見直しをしながら、カリキュラムを実行していくのだ。

コンサルタントとの面談の実施

プログリットでは、専属コンサルタントとの面談を週に1度、約1時間行う。面談の内容は以下だ。

  • 英語チェックテスト(約20〜30分)
  • 学習に対する悩みや困り感をコンサルタントと共有
  • 翌週の学習プランとスケジュールの調整

チェックテストについては次の項目で詳しくみていく。

週に1回の面談だけでは正直物足りなく感じる方もいるだろう。しかし、そのペースがモチベーションを維持していくためにも最も最適なタイミングとされており、効率的に英語を勉強していくことができるのだ。

基本的に面談の曜日や時間帯は固定されている。基本的に日程を変更することはできないため、都合のよい曜日や時間帯を選ぶことが大切だ。

面談中に行う英語力チェックテスト

面談時に毎回実施される英語力チェックテストは、日々のカリキュラムにきちんと取り組めているのかを確認するためにとても重要な役割を果たすのだ。

チェックテストの内容は主にこの2つだ。

  • 英単語
  • 瞬間英作文

語彙力がついているかを測るためには、英単語のチェックがとても有効的だ。そして、瞬間英作文という日本語から英語に変換させるトレーニング方法を用いて、瞬発性や文章の構成する力を高めていくことができるのだ。

チャットを用いた日々のコーチング

プログリットでは、LINEを活用したチャットサービスを展開している。基本的に24時間いつでも好きなタイミングで発言することができる。その発言に対して専属のコンサルタントから24時間以内にレスポンスがあるという仕組みだ。

何か学習を始めるタイミングや終了したタイミングなどに発言することで、学習に対する意識が高まり、達成感を味わうことができる。また、学習に行き詰まった際などは、専属コンサルタントから直接アドバイスを受けることもできるのだ。

気軽にコンタクトが取れるため、来校せずに自宅にいながら英語コーチングを受けることができる素晴らしいシステムなのだ。

シャドーイング添削

シャドーイング添削

プログリットが一番力を入れているサービスが、このシャドーイング添削だ。

シャドーイングとは、英語を聞きながらそれらの音を真似して発音していく英語のトレーニング方法だ。シャドーイングを行うことで、リスニング力スピーキング力を同時に訓練できるとあって、今とても注目されている学習方法だ。

しかし、ほとんどの人たちがこのフィードバックを受けることなくシャドーイングを行っている。しかし、このフィードバックなしでは正しい方法でトレーニングすることはできない上、間違った英語を覚えてしまう可能性が非常に高いため注意が必要だ。

そうならないためにも、プロによるきちんとしたフィードバックを受けることがとても肝心なのだ。プログリットでは、音声データを用いることで、専属コンサルタントからのフィードバックを受けることができるのだ。

シャドーイングはすべての受講者のカリキュラムに含まれている。200〜300語ほどの長文を毎日30〜60分程度の時間をかけ、繰り返し発音練習をしていく。終了時間になったら音声を録音し、その音声データを専属コンサルタントに送るという仕組みだ。

その音声データをもとに、専属コンサルタントは課題を見つけ出し、それをフィードバックしてくれる。この添削を毎日行っていくことで、正しい発音や英語特有のリズムを身に付けることができるのだ。

パーソナルシートやアプリを用いたスケジュール管理

プログリットの強みとして、徹底したスケジュール管理がある。

googleのスプレッドシートを用いたスケジュールシートで、その日の学習内容や学習場所、そして学習時間などを徹底的に管理していく。もちろんその内容は専属コンサルタントと共有されており、あなたの学習状況を常に把握することができる仕組みなのだ。

報告がなかった場合は、コンサルタントから適宜連絡が入る。万が一仕事や家庭の事情で学習内容が進まない場合もきちんと報告する必要があり、学習できなかった内容をどのように補填していくかを共に考えていく。

個々人に適した教材の提供

プログリットはカウンセリングやチェックテストを通して明確になった課題を解決していくために、それぞれの受講者にとって最適な教材を選定し、自主学習を継続していくためのサポートを行っているのだ。

VERSANT(R)またはTOEIC(R)IPテスト受験

プログリットのプログラム受講者は、ビジネス英語のレベルを測るためのテストであるVERSANT(R)や、TOEIC(R)IPテストを適宜受験していく。

学習した内容をアウトプットする手段としてとても有効的であるため、ぜひ活用してほしい。申し込むコースによっては、これらのテストを無料で受験することもできる。

プログリットが英会話レッスンを提供しない理由とは?

プログリットでは、実践練習として「オンライン英会話」をプログラムに取り入れているが、英会話レッスン自体の提供はしていない。その理由とはいったいなぜなのだろうか?

一見、英会話は英語を習得するための近道と感じてしまうが、英会話レッスンの間違った使い方をする方が多いという。プログリットでは英会話レッスンはインプットではなく、あくまでもアウトプットの手段と考えている。<

スポーツに例えてみてほしい。日々の学習はいわゆる「練習」であり、英会話は「練習試合」だとする。日々の地道な練習をこなしてない人は、練習試合でよい結果を残すことはできないだろう。

そのため英会話のレッスンを受けているだけでは英語力の向上に繋がらないのだ。日々の学習、すなわち練習をしっかりとこなしていくことで、自ずとスピーキング力も身に付くというのがプログリットの考えだ。

もちろん、英会話レッスンを受けることのメリットはある。具体的な内容は以下の通りだ。

  • 学習してきたことがきちんとアウトプットできるかを確認できる
  • どういったポイントで詰まってしまうのかという課題を確認する

特に、英語を話している中でどういったポイントで詰まってしまうのかという課題を確認するためのツールとしてとても有効なのだ。

また、会話が詰まってしまう原因としては以下のことが考えられる。

  • 語彙力の不足
  • 文章の構成力の不足
  • 発音がマスターできていない

上記のように人によって様々な原因があり、その原因を明らかにすることでフォーカスすべき課題が自ずと見えてくるのだ。そのため実践練習としてオンライン英会話を活用することは大きな意味があるといえるのだ。

料金体系

プログリットの気になる料金体系は以下の通りだ。

2ヶ月プラン
  • 受講期間:8週間
  • 面談回数:8回
  • 学習時間:168時間
  • 入会金:50,000円
  • 料金(税別):328,000円
3ヶ月プラン
  • 受講期間:12週間
  • 面談回数:12回
  • 学習時間:252時間
  • 入会金:50,000円
  • 料金(税別):468,000円

6ヶ月プラン
  • 受講期間:24週間
  • 面談回数:24回
  • 学習時間:504時間
  • 入会金:50,000円
  • 料金(税別):894,000円

上記の料金以外に実践練習で用いる<strong>オンライン英会話</strong>の授業料(4,000〜5,000円/月)が別途必要となる。

コース紹介

プログリットが提案するコースは以下の3種類だ。

コース名 期間
ビジネス英会話コース 2ヶ月〜
TOEIC® L&R TESTコース
TOEFL iBT® TEST / IELTS コース

一般教育訓練給付制度対象のコースとは?

プログリットには、受講料の20%(最大10万円)がハローワークから支給される厚生労働大臣指定講座「一般教育訓練給付制度対象コース」があるのだ。

プログリットの「一般教育訓練給付制度対象コース」は以下の2つだ。

ビジネス英会話コース TOEIC(R) L&R TESTコース
3ヶ月プラン 6ヶ月プラン 3ヶ月プラン 6ヶ月プラン

そして、その受給条件は以下の通りだ。

初めて利用する場合 2回目以降利用の場合
雇用保険加入期間

1年以上

雇用保険加入期間が前回の受講開始日から3年以上

(※前回の支給決定日から3年以上)

どちらかに該当すると…

入会金+受講料の20%が支給される
(最大10万円)

そのほかにも、出席率が80%であることと、ハローワークにて所定の手続きを済ませることが条件となるため、該当する場合は利用することをおすすめする。

ビジネス英会話コース

Business English

出典元:プログリット公式サイト

実践的なビジネス英会話やビジネス英語のスキル向上を目指すコースで、短期間で満足のいく成長を実感できると今人気のコースだ。

ネイティブレベルの英語を聞き取ることができるリスニング力に併せて、瞬間的に文章を構成しアウトプットできるスピーキング力を身に付けることを目標に、日々の学習に取り組んでいく。

専属コンサルタントが、ビジネスシーンで起こり得る場面を想定し、あらゆる問題に対応し、解決していくための英語力を身に付けるためにサポートしてくれるのだ。

VERSANT(R)

出典元:プログリット公式サイト

このコースを受講した人の特典として、ビジネス英語の力を測るテストであるVERSANT®を2回無料で受験することができる。(6ヶ月プランの場合は3回、12ヶ月プランの場合は5回受験可能)

こんな方におすすめ

ビジネス英会話コースをおすすめしたい人は以下のタイプだ。

  • 会議や交渉などのビジネスシーンで英語を活用したいとお考えの方
  • 海外駐在や出張に備えて、短期間に英語力のブラッシュアップが必要な方
  • 英語を用いて幅広い業務を担当したい方
  • 英語を用いてキャリアアップをしたい方

TOEIC(R) L&R TESTコース

TOEIC(R) L&R

出典元:プログリット公式サイト

こちらのコースでは、語彙力や文法知識はもちろんのこと、リスニングや速読のスキルなど、TOEIC(R) で必要な能力を総合的に底上げしていくことを目的としている。

また、TOEIC(R) の出題傾向をもとにした対策を入念に行っていくため、短期間でのスコアアップを実現できるとビジネスパーソンにも人気のコースだ。

現状の英語力と目指すスコアに応じたカリキュラムの設計することで、初級者から上級者まであらゆるニーズに対応することができる。

また各校舎にはTOEIC(R)の専門コンサルタントを配置しているため、模試の結果を徹底的に分析した上で、常に最善の対策を行っていくことができるのだ。

初級者
中級者
上級者

出典元:プログリット公式サイト

このコースを受講した人の特典として、TOEIC(R) IPテストを2回無料で受験することができる。(12ヶ月プランの場合は3回受験可能)

こんな方におすすめ

TOEIC(R) L&R TESTコースをおすすめしたい人は以下の通りだ。

  • TOEIC(R)でハイスコアを取得し、就職や転職活動に活かしていきたい方
  • 海外赴任や出張者に選ばれたいと考える方
  • さらなるキャリアアップのためにTOEIC(R)のハイスコアが必要な方
  • 大学受験でTOEIC(R)を活用していきたい方

TOEIC iBT(R)TEST/IELTS コース

TOEFL iBT(R) IELTS

出典元:プログリット公式サイト

こちらのコースでは、海外大学や大学院に留学・進学する際に必要なTOEIC iBT(R)TEST/IELTSの対策をしていき、スコア向上することを主な目的としている。4技能を総合的にバランスよく向上させていくことで、スコアアップだけでなく本質的な英語力を身に付けることができるのだ。

こんな方におすすめ

TOEIC iBT(R)TEST/IELTS コースをおすすめしたい人は以下の通りだ。

  • 海外大学や大学院への留学・進学のためにTOEIC iBT(R)TEST/IELTSのスコアが必要な方
  • TOEIC iBT(R)TEST/IELTSの対策方法がわからない方
  • TOEIC iBT(R)TEST/IELTSのスコアに伸び悩んでいる方
  • 4技能をバランスよく向上したいと考えている方

安心の全額返金保障制度

プログリットでは、受講者が安心して利用できるように全額返金保証制度を設けている。万が一サービスに満足できなかった場合、受講開始後30日間であれば全額返金をしてくれるのだ。

サービスに満足してもらえるという自信があるからこそのサービスといえるだろう。

プログリットならオンライン受講も可能

プログリットは、オンライン受講をすることもできる。直接来校しなくても、通常と同様のサービスが受けられるため、忙しい方はもちろん、校舎に通うことが物理的にできない方にとっても朗報だ。移動時間の節約にもなるため、その分英語学習の時間に投資できるのはうれしいポイントといえるだろう。

プログリットでは、受講生とスタッフの安全と健康を第一に考え、施設内のアルコール消毒はもちろん、室内換気のための工夫、そして来校ではなくオンラインでの面談を選択できるなどのコロナ対策も実施している。

徹底した対策をとっているため、直接コンサルタントと会って話したいという場合であっても安心して来校できるのだ。

プログリットのメリットとデメリット

プログリットを利用する際のメリットやデメリットはどのようなことが考えられるだろうか? 具体的な項目についてみていこう。

メリットは?

プログリットを受講するメリットは以下の通りだ。

  1. 学習習慣が身につく
  2. 非常に優秀なコンサルタントがサポートしてくれる
  3. 課題に合わせたカリキュラムで弱点を克服することができる
  4. スケジュール管理がしっかりしている

プログリットを受講する最大のメリットは、学習習慣が身につくことだ。自分で課題を見つけ、解決していくスキルを身につけることは、英語学習に限らず、その後の人生に大きく役立つだろう。

また徹底したスケジュール管理はもちろん、それぞれの課題に合わせたカリキュラムによって弱点を克服することができることもプログリットだからこそ受けられるサービスだ。

デメリットは?

プログリットを受講するデメリットは以下のことが考えられる。

  1. 勉強する時間を捻出することがストレスになることも
  2. スケジュール管理がかなり厳しい
  3. 受講料が割高である
  4. レッスンではなく自習しなければいけない

プログリットでは、ほとんどの受講者が1日3時間程度の勉強時間を確保しなければならない。仕事をしながら学習時間を確保することはそう簡単なことではない。

仕事でイレギュラーが発生したり、家庭の都合などで学習ができないこともあるだろう。しかし、それをキャッチアップするための相当な努力が必要なのだ。そうした厳しいスケジュール管理がよい影響を及ぼすだけでなく、時としてストレスに感じてしまうこともあるのだ。

プログリットではレッスン型のスクールではないため、自主的な学習が求められる。そのため自分から進んで学習をしていかないと全く意味がないのだ。「レッスン代でないのに割高だ」と感じる人もいるかもしれない。

しかし、プログリットの目標は受講者が卒業した後も自主学習ができるシステムを作ることだ。一生モノの学習習慣が身につくと考えると一見高額に見える受講料金もそう高くはないといえるだろう。

卒業生の声をご紹介

卒業生の声をご紹介

実際にプログリットを受講した生徒の方たちの声をまとめてみたのでご紹介していく。

ちなみに表中にある「毎週行われる面談の感想」部分の面談とは、オンラインや校舎に出向いて毎週行われる面談である。現在の英語学習の状況を都度ヒアリングし、時には生活習慣や仕事の状況などもヒアリングしながら総合的に学習内容や教材を提案してくれるものだ。

プログリットを勧めたい理由〜30代・女性

コース名 TOEICコース
受講校舎 有楽町
プログリットを勧めたい理由 確実に自分の目標に向けて最適な解決策を提案してくれるから
毎週行われる面談の感想

私の目標に対し、その場その場で必要な対策を明確にしてくれました。こちらは信頼してその課題をこなすだけで目に見えて効果を感じることができたので、モチベーションを維持したまま2ヶ月間続けることができました。

プログリットを勧めたい理由〜40代・男性

コース名 ビジネス英会話コース
受講校舎 新宿
プログリットを勧めたい理由 英語学習ではじめて成長を実感できたから
毎週行われる面談の感想 目的が明確で迷いがなかった。実際に海外に行き英語を拒否する感覚がなくなったことを実感した。

プログリットを勧めたい理由〜30代・男性

コース名 ビジネス英会話コース
受講校舎 赤坂見附
プログリットを勧めたい理由 本気で英語を学習したい人に。プログラムとアドバイザーがよいから。
毎週行われる面談の感想 私の目標に応じて様々なトレーニングプランやアドバイスをしてもらったから。

プログリットを勧めたい理由〜30代・女性

コース名 ビジネス英会話コース
受講校舎 渋谷
プログリットを勧めたい理由 集中的に英語を勉強することにより、英語力が短期間であがるため。
毎週行われる面談の感想 英語のモチベーションがあがりづらい時期や仕事が異常に忙しくて辛い時期もありましたが、日々、笑顔でコンサルタントしていただき、英語力が大分上がったように感じました。

名だたる起業家も実は卒業生〜家入一真

株式会社CAMPFIRE 代表取締役の家入一真氏もプログリットの受講生の一人だ。

家入氏がプログリットを選んだ理由は、様々な経営者層の仲間からのすすめからだったという。

英語に苦手意識があったため英会話教室などに通った経験もあったが、どれも長続きせずに定着しなかったそうだ。

しかし、プログリットのコーチングの手法や学習の進め方が肌に合っており、学び方を教えてくれるスタンスがフィットしたそうだ。もともと苦手だった単語勉強も日々の学習を通して定着していくことを実感し、自信につながっていった。

「手っ取り早く話せるようになりたいという虫のいい話はない」という家入氏の言葉にとても説得力を感じた。

名だたる起業家も実は卒業生〜篠塚孝哉

宿泊予約サイトReluxを運営する株式会社Loco Partners創業者・元・代表取締役社長、篠塚孝哉氏もプログリットの卒業生だ。

篠塚氏は昔から英語の学習に課題を感じ、自己流で自主学習をしてきたが結局どれも続かなかったそうだ。

プログリットのコンサルタントが、篠塚氏が長年感じてきた課題感を科学的にアプローチしてくれたという。また様々なメソッドを知ることができ、英語力の向上につながったと話す。

効率よく成果を上げることができるプログリットのスタイルはまさに篠塚氏が追い求めていたものだったのだ。最後のVERSANTのテストでは9点もアップし、受講後はビジネスシーンでの英語の意味理解ができるようになったと実感していると話す。

プログリットのSNS上での評判は?

こちらの章では、SNS上で発信されているプログリットの評判についてご紹介していこうと思う。

終了後にきちんと数値として結果が出ているのはとても素晴らしい成果だ。

私のカウンセリングを担当してくれたコンサルタントさんによると、この方のように、コースを修了後も継続して利用する割合は7割ほどいるのだとか。かなりのリピート率からも、サービスの良さをうかがい知ることができる。

1日に3時間以上英語学習に費やす努力は本当に素晴らしく、その姿勢を見習いたいと感じる投稿だ。

校舎一覧

校舎一覧

プログリットは全国に12の校舎を構えている。現在ではオンライン受講もできるため、校舎に直接通わなくとも、全国各地から申し込むことができる。

それぞれの校舎情報は以下の通りだ。

有楽町校

【営業時間】

平日/祝日:12:30〜21:00
土日:9:30〜18:00
※GW・お盆・年末年始休みあり

【住所】

〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館ビル5階

【TEL】

03-6259-1370

【最寄駅】

有楽町駅より徒歩1分
銀座駅より徒歩3分
都営三田線 日比谷駅より徒歩5分

新橋校

【営業時間】

平日/祝日:12:30〜21:00
土日:9:30〜18:00
※GW・お盆・年末年始休みあり

【住所】

〒105-0004
東京都港区新橋2丁目12−17 INビル3階

【TEL】

03-6550-9277

【最寄駅】

新橋駅 西口より徒歩4分
内幸町駅 A1出口より徒歩1分
虎ノ門駅 1番出口より徒歩6分

新宿校

【営業時間】

平日/祝日:12:30〜21:00
土日:9:30〜18:00
※GW・お盆・年末年始休みあり

【住所】
〒160-0023

東京都新宿区西新宿1丁目19番6号 山手新宿ビル12階

【TEL】

03-6258-0884

【最寄駅】

JR線 新宿駅 南口より徒歩5分
都営新宿線 新宿駅 7番出口より徒歩1分
都営大江戸線 新宿駅 7番出口より徒歩1分

渋谷校

【営業時間】

平日/祝日:12:30〜21:00
土日:9:30〜18:00
※GW・お盆・年末年始休みあり

【住所】
〒150-0002

東京都渋谷区渋谷1丁目10-1 八千代ビル6階

【TEL】

03-6803-8925

【最寄駅】
東京メトロ・JR・東急線各線「渋谷」駅
20a出口から徒歩4分

赤坂見附校

【営業時間】

平日/祝日:12:30〜21:00
土日:9:30〜18:00
※GW・お盆・年末年始休みあり

【住所】

〒107-0052
東京都港区赤坂3丁目17-1 いちご赤坂317ビル4階

【TEL】

03-6441-0595

【最寄駅】

東京メトロ銀座線・丸の内線「赤坂見附」駅
10番出口から徒歩3分

東京メトロ千代田線「赤坂」駅 1番出口から徒歩6分

東京メトロ半蔵門線・有楽町線「永田町」駅
8番出口から徒歩8分

東京メトロ南北線「溜池山王」駅7番出口から徒歩8分

神田秋葉原校

【営業時間】

平日/祝日:12:30〜21:00
土日:9:30〜18:00
※GW・お盆・年末年始休みあり

【住所】
〒101-0041
東京都千代田区神田須田町1-14-1
ヒューリック神田須田町ビル6階

【TEL】
03-6206-9800

【最寄駅】

神田駅 北口より徒歩4分
秋葉原駅 電気街口より徒歩8分
淡路町駅 A1出口より徒歩3分
小川町駅 A1出口より徒歩3分

池袋校

【営業時間】

平日/祝日:12:30〜21:00
土日:9:30〜18:00
※GW・お盆・年末年始休みあり

【住所】
〒171-0022
東京都豊島区南池袋三丁目13番5号 池袋サザンプレイス2階

【TEL】
03-5904-8010

【最寄駅】

西武池袋線 池袋駅徒歩10分
東京メトロ丸ノ内線 池袋駅徒歩4分
JR山手線 池袋駅徒歩6分
東武東上線 池袋駅徒歩8分
東京メトロ有楽町線 東池袋駅徒歩10分

六本木校

【営業時間】

平日/祝日:12:30〜21:00
土日:9:30〜18:00
※GW・お盆・年末年始休みあり

【住所】
〒106-0032
東京都港区六本木7-15-7 新六本木ビル5階 (SENQ ROPPONGI内)

【TEL】
03-6434-5484

【最寄駅】
東京メトロ日比谷線
都営地下鉄大江戸線「六本木」駅
4b出口より徒歩1分

横浜校

【営業時間】

平日/祝日:12:30〜21:00
土日:9:30〜18:00
※GW・お盆・年末年始休みあり

【住所】
〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸2-1-22 ナガオカビル7階A室

【TEL】
045-548-8450

【最寄駅】
横浜駅西口より徒歩4分

名古屋校

【営業時間】

平日/祝日:12:30〜21:00
土日:9:30〜18:00
※GW・お盆・年末年始休みあり

【住所】
〒453-0015
愛知県名古屋市中村区椿町1-16 井門名古屋ビル6階

【TEL】
052-462-8380

【最寄駅】

JR線「名古屋」駅 太閤通口 徒歩3分
名古屋市営地下鉄「名古屋」駅 徒歩5分
近鉄線「近鉄名古屋」駅 徒歩5分
名鉄線「名鉄名古屋」駅 徒歩5分

阪急梅田校

【営業時間】

平日/祝日:12:30〜21:00
土日:9:30〜18:00
※GW・お盆・年末年始休みあり

【住所】
〒530-0014
大阪市北区鶴野町1-9 梅田ゲートタワー11階 1号室

【TEL】
06-4256-5690

【最寄駅】

阪急「大阪梅田」駅 茶屋町口改札口より徒歩3分
大阪メトロ御堂筋線「梅田」駅 北改札口より徒歩6分
JR線「大阪」駅 御堂筋北口より徒歩7分

西梅田校

【営業時間】

平日/祝日:12:30〜21:00
土日:9:30〜18:00
※GW・お盆・年末年始休みあり

【住所】
〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地1丁目4-20 桜橋IMビル9階

【TEL】
06-6484-5621

【最寄駅】

JR線 大阪駅 中央口より徒歩6分
JR線 北新地駅 11-5出口より徒歩1分
大阪市営四つ橋線 西梅田駅 10番出口より徒歩3分
阪神本線 梅田駅 D-28番出口より徒歩5分

プログリットのよくある質問

プログリットに関する質問についてまとめてみた。

Q1. 外国人スタッフは在籍しているのか?

外国人スタッフは在籍していないと考えてよい。英語を教えるのではなく、あくまでも自主的な学習をしっかりすすめていくためのコーチングを行うのがプログリットのやり方だ。

実践練習としてオンライン英会話も受講していくため、スピーキング力に関する心配は必要ない。また日本人スタッフだからこそできるきめ細かな対応や細かなニュアンスのやりとりができることはとても大きなメリットだ。

Q2. 科学的な学習方法とはどのようなものか?

第二言語習得論や応用言語学を用いたカリキュラムのことをいう。できない理由を明確にし、そのためには何が必要かを論理的に考察し、最適な学習方法を提案してくれるのだ。

短期集中的に英語力を向上させることにより、その後の英語力をブラッシュアップさせるための基盤を作っていけるのだ。

Q3. 本当に短期間で英語を身に付けることができるのか?

その人の持つレベルや到達目標によって一概には言えないのが正直なところだ。しかし、万が一、コンサルタントによってカリキュラムがあっていないと判断された場合は、その都度あなたに最適なカリキュラムを再提案してくれる。

日々の学習の積み重ねを真面目に行っていくことで、着実に英語力は身についていく。継続することこそが英語習得のための一番の近道なのだ。

Q4. コンサルタントのスキルは?

プログリットでは、コンサルタントのクオリティーにとてもこだわっている。

第二言語習得研究に関する知識だけでなく、コンサルタント全員が英語習得に関する専門的なナレッジを持っている。また論理的思考を大切にしており、受講者の方たちに対して満足のいくコーチングサービスを提供できるよう日々訓練されているのだ。

プログリットのコンサルタントは留学経験や英語に関係のある職業についた経験の持ち主であり、英語力にも定評がある。しかし、それ以上に大切にしているのが人間性だ。受講生に信頼してもらえる存在であることもコンサルタントとしてとても重要な要素なのだ。

Q5. 英語初級者でも受講できるか?

プログリットでは、一人ひとりに合わせたカリキュラムを作成していくため、英語力に自信のない方でも受講することはもちろんできる。

英語の基礎に課題がある場合は、中学英語の内容からスタートしていくため、しっかりとした基礎を身につけていくことができるため安心して学習に取り組んでもらいたい。

Q6. チャット対応はどの程度してくれるのか?

チャットはLINEを活用しており、24時間いつでも好きなタイミングで発信してOKだ。基本的に24時間以内に返信をしてくれる上、万が一担当のコンサルタントが不在の場合は、他のスタッフが対応してくれるので、困ったことがあっても解決することができる。

Q7. 思うような結果が出なかった場合は?

プログリットでは、はじめて面談をした日から30日以内であれば全額返金保証のサービスが適用される。時間の確保が難しかったり、学習内容が合わないケースでも返金されるため安心だ。

まとめ

今大注目の英語コーチングサービス「プログリット」について徹底解説してきた。

留学に行きたいけれど物理的に不可能という方の望みを叶えてくれるのがプログリットだ。留学とは異なり、国内にいながら英語をマスターできる方法としてビジネスパーソンを中心に今注目されているサービスなのだ。

料金も一見高額に見えるが、長期的なスパンで見てみるととてもよい自己投資ではないだろうか。自己学習を定着させることで、あなたの人生が大きく変わることだろう。

英語力をさらにスキルアップしたい方も、英語に自信のない方も、この機会に無料オンラインカウンセリングを受けていただきたい。カウンセリングを通して、あなたの課題を発見し、それらに対するアプローチ方法を一緒に考えてくれる素晴らしい機会だからだ。

コロナの関係で受講希望者が増えてきているとのことなので、なるべく早めに申し込むことをおすすめする。場合によっては予約待ちになることもあるので注意してほしい。

無料オンラインカウンセリングの申し込みはこちら

この記事が、あなたのこれからの英語学習のヒントになればとてもうれしく思う。

筆者のお勧め転職サービス

ビズリーチ
キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

リクルート キャリアカーバー
ハイクラス・エグゼクティブ限定の転職サイトである。年収800〜2,000万円の求人が多数あり、レジュメ登録するとスカウトを受けることができる。ビズリーチと合わせて使うことで、それぞれの優良求人や非公開求人を逃さず収集できるのでおすすめだ。

リクルートエージェント
日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

アクシスコンサルティング
創業から17年間で約5000人の現役コンサルタントを支援、77%が非公開求人という圧倒的な数字を誇る。平均3年の長期サポートでキャリアアップを支援してくれるので、未経験からコンサル業界に挑戦したい方はまずは挑戦してほしい。