業界研究:外資

P&G元社員が語る、人材輩出企業P&G

今回、P&Gに新卒で入社し、数ヶ月前まで在籍していた方にインタビューを行った。直近まで在籍していた方だからこそわかるリアルな情報が詰まったインタビューとなっている。基礎情報は知っているという方も、ぜひお目通しいただきたい。

はじめに

卒業生の自分がいうのも変な話ですが、P&Gは人材輩出企業としてとても有名です。私は新卒就活時代には、色々な企業にエントリーしました。しかし、クレバーな印象はもちろん、いい意味で一癖も二癖もある人間的に面白い人間が多くいると感じたのは、P&Gだけでした。

以下ではP&Gへの転職を考えている皆様向けに参考になるであろう情報を、元々内部にいた人間目線でまとめたので、参考にしていただければ幸いです。

P&Gへの転職に興味がある方はビズリーチに登録するのがいいと思います。P&G以外にも様々な外資系企業や、FMCG企業のリクルーターから直接連絡がきます。

ご自分の今までの経験がどのように評価されるか直接聞くことができることは大きなメリットになります。

転職エージェントであれば、グローバル・高年収帯の転職に強いJACリクルートメントというエージェントを介して、情報を入手することをお勧めします。エージェントに関しては、編集後記にて再度フォローします。

P&Gジャパン株式会社の事業内容

P&Gは世界で180カ国以上に展開している、アメリカが本社の消費財メーカーです。

プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)は、世界180カ国にて48億人以上に製品を提供している世界最大の一般消費財メーカーであり、「世界中のお客様の暮らしをよりよいものにする」を企業理念としている。

プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)グループ全体での総従業員数は約95,000人、2017年度の総売上高は651億ドル、営業利益は140億ドルだ。

プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)のアメリカでの創業は、日本がまだ江戸時代の1837年までさかのぼる。

蝋燭製造業のウィリアム・プロクターと、石鹸製造業のジェームズ・ギャンブルがオハイオ州で創業した。ちなみに、プロクター・アンド・ギャンブルという社名は創業者2人の姓を並べたものである。

日本では、1972年に、ザ・プロクター・アンド・ギャンブル・カンパニー(米P&G)、日本サンホーム株式会社、伊藤忠商事が、プロクター・アンド・ギャンブル・サンホーム株式会社を共同出資で設立し、1973年に営業を開始したのが始まりだ。

その後、事業の合併・譲渡・撤退等や社名の変更を経て、2006年に現在のプロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社(P&Gジャパン株式会社)となった。

P&Gのブランド

P&Gが正式に取り扱っているものは以下の通りです。

  • ランドリーケアのアリエール・ボールド・さらさ・レノア
  • ホームケアのジョイ・ファブリーズ
  • フェミニンケアのパンパース・ウィスパー
  • ヘアケアのパンテーン・ハーバルエッセンス・h&s・ヘアレシピ・ヴィダルサスーン
  • 化粧品のSK-II
  • シェーバー・美容家電のブラウン・ヴィーナス・オーラルB

が日本での代表的な取り扱いブランドになります。

アメリカ取り扱いのブランドが輸入され、日本向けに発売されているブランドもあります。(ダウニーなど)

P&Gジャパン株式会社の卒業生のキャリア

P&G卒業者は世間ではP&Gマフィアと呼ばれ、様々な企業の経営層で活躍しています。

以下の方はメディアでよく見かけると思います。

  • USJ再建の立役者、森岡 毅さん(元株式会社ユー・エス・ジェイ チーフマーケティングオフィサー 執行役員)
  • マクドナルドの業績悪化の中でマーケティングを手がけた足立光さん(元日本マクドナルドチーフ・マーケティング・オフィサー)
  • 綾鷹ブランドの立て直し、檸檬堂など新ブランド育成を成功させた和佐高志さん(日本コカ・コーラ株式会社 CMO(最高マーケティング責任者)/元P&G Japan and Korea化粧品、パーソナル&フェミニンケア担当ジェネラルマネージャー)

所属ファンクション問わず、P&Gで活躍していた方は転職してからも重要なポストにつき、結果を残す方が多い印象があります。

P&Gジャパン株式会社の組織体系と年収相場

P&Gの組織体系はブランドやファンクションによって異なりますが、ここでは営業の例をとって説明します。

基本的に営業はカスタマー(得意先)毎にチームが組まれており、大きなカスタマーであればあるほど、そのチームが大きくなります。

例えば、全国に拠点がある大きなスーパーがカスタマーである場合、カスタマーの本部を担当するチーム、その本部からカスケードされる地方拠点をもつグループ、店舗担当をユニットで分けるといった組織形態になります。

それぞれポジション的にはチームリーダー、グループマネージャー、ユニットマネージャーなどがあり、この役職によって給料が変わってきます。

そのほかにもP&Gはband制度と呼ばれる職位を測る指標があり、このbandを上げていくことで給料・仕事スコープが大きくなります。

感覚値では、

  • 〜5年目で、小さなカスタマー本部と店舗を持っている営業=band1で年収500〜700万
  • 5〜10年目で大きなカスタマー本部をもつor本部の営業企画などに配属された営業=band2で年収700〜1000万
  • 複数のユニットや部下を持ち始めた営業=band3(グループマネージャーレベル)で年収800〜1500万
  • チームレベルでの統率を行う営業=band4(チームリーダー・事業代表レベル)になると年収1000万〜

といった具合です。

ちなみにP&G JapanのCEOは営業出身のband6職です。

P&Gジャパン株式会社の募集職種と、各職種の詳細

P&Gが募集している職種は全部で9職種あります。

P&Gは職種別採用を行っているので、ジョブローテーションなどは基本的にはなく、採用の段階から9職種を選択し、それぞれの職種の採用フローに進んでいくことになります。

年によっては募集していない職種、採用人数がかなり少ない職種はありますが、以下の9職種に配属されます。

なお、2020年2月時点で中途採用職種は、HR・Sales・PS・F&A・R&D・MKTの6職種です。

MKT(マーケティング)

言わずもがな有名・花形であるMKTです。P&Gの中枢を担うファンクションであり、消費者の生活を向上させるブランドづくり・ブランド経営のリーダーとしての役割を求められます。

世の中でP&Gマフィアと呼ばれている人たちもMKT出身者が多いです。ブランドづくりはもちろんのこと、経営面では複数ファンクションの人間を巻き込みながら担当ブランドのビジネスをドライブしている感覚が味わえるかと思います。

海外配属になるスピードもかなり早く、2年目の段階でMKTに配属された10人のうち半分はシンガポールで働いていました。P&G APACのHQはシンガポールにあるので、海外駐在はシンガポールがほとんどです。採用人数は毎年〜10名程度です。

F&A(経営管理)

通称ファイナンスと呼ばれるこのファンクションは、株主・経営者視点で、収益性の高いビジネスモデルの構築を求められます。各ブランドに3人程度ファイナンスがいるイメージです。

私の同期の事例だと、ブランドに配属になり、そのブランドの営業費用全般の管理、ビジネスに関わる費用全般のマネジメント、セービングコストの検討、などお金周りのことを全て任されていました。

P&GはMKTが花型であるとよく言われますが、社内においてもっともクレバーなファンクションはF&Aなんではないか、という印象があります。採用人数は毎年1〜5人程度です。

Sales(営業統括)

営業の配属先は大きく3つに分かれます。雑貨(消費財全般)・化粧品(SKーII)・電化製品(Braun・oralB)です。8割の人間は雑貨チーム配属です。

得意先(スーパー・ホームセンター・ドラッグストアなど)に陳列されているP&G商品の売上を如何にドライブしていくか、ひいてはカテゴリー自体をどう牽引していくかが、Sales の役割になります。

大体は、得意先チェーンの本部とのいくつかの店舗を担当することになり、店舗ではP&G商品、ひいては担当カテゴリーの売上を如何に上げていくか、本部ではそのチェーン店舗全体の販促企画や棚陳列などをどのようにすることで売上が上がるを考える・交渉する役割になります。

また、営業でも色々な役職があり、ある程度現場での経験を積むと、マルチファンクションで働く営業企画や、担当店を持たずに特定カテゴリーに付き、売上等の分析をする役職に就くというキャリアパスもあります。採用人数は毎年〜40人程度です。

PS(生産統括)

消費財メーカーであるP&Gのものづくりに関わる仕事がPSの役割です。サプライチェーンの川上から川下まで、全てに関わります。

工場勤務が大多数を占めますが、原料調達などを行うPurchase担当や、工場から卸店までの効率的な商品運搬などを策定するLogistics担当は神戸本社や東京配属になります。

また、P&Gといえば商品のCMを大量に流しておりますが、メディア枠のバイイングなどもPSが担当しています。採用人数は毎年〜30人程度です。

CMK(消費者・市場戦略本部)

CMKはConsumer & Market Knowledgeの略で、文字通り消費者と市場から得られる知見を元にビジネスの戦略を組み立てるファンクションになります。

他の会社ではなかなか見ることのない立ち位置かもしれませんが、P&Gの”Consumer is boss”というカルチャーを直で感じることができる役職かもしれません。配属もかなり特徴的で、複数のブランドにまたがる形で携わります。

ただし各チームに所属するCMKの人間は1人なので、様々なファンクションのトップマネジメント層とday1から共にビジネス戦略の立案・実行できるのがCMKの特徴です。採用人数は毎年0〜3人程度です。

 HR(人事統括)

世界有数の人材輩出企業と名高いP&Gですが、その根幹を担うのがHRです。優秀な人材の獲得はもちろん、獲得した優秀な人材を如何に効率的に回すかとうシステム・カルチャーづくりが大きな仕事になります。

P&Gで働いていると”人員がとても流動的である”と感じます。上司が変わる・チームが変わることは日常茶飯事です。私はP&Gに2年在籍して、2チーム、上司は3人経験しました。

現状を惰性で続けていくという文化はまるでないため、常に最高のアウトプットが出せるよう、組織もどんどん変わっていきます。HRとしてP&Gに関わると、そのような変革をリードする攻めの人事としての経験ができると思います。採用人数は毎年0〜4名程度です。

 IT(情報戦略本部)

消費財というと、あまり革新的な変化が起きない業界であると思われがちですが、消費者の感覚は日々アップデートされています。

”Consumer is boss”と掲げるP&Gにとって、IT人材は、消費者にキャッチアップしていく上で、とても重要なファンクションです。

上記のように未来を見据えたビジネスモデルの構築という役割もありますが、日々得意先から得られる膨大な売上データを活用し、消費者のニーズを探り、特定のペルソナに販促を打つなど、ショートタームで見たときのビジネスへの影響も多大に持っているのがITです。採用人数は毎年0ー5名程度です。

R&D(研究開発)

P&Gの各ブランドの新商品・商品改良などに携わるファンクションになります。アリエールジェルボール の開発・SK-IIの美白成分の研究など、その役職は配属されたブランドによって異なります。

商品の研究だけでなく、消費者の購買体験をどのように向上させていくかなど、店舗周りの研究が最近増えているような気がします。採用人数は毎年0〜5人程度です。

COMMUNICATIONS(広報・渉外)

COMMUNICATIONSは製品広報・企業広報・お客様相談室の3つの配属先があります。社内外問わず、コミュニケーションの最前線に立ち、広報・渉外活動をしていく部隊です。

例えば、製品広報担当になるとインフルエンサーなど外部の人間とのコニュニケーションをリードすることになり、ビジネスの伸張・ブランドの構築に大きく寄与していくことが求められます。採用人数は毎年0〜2人程度です。

P&Gジャパン株式会社のカルチャー、働き方

P&G社内にいると当たり前のように感じていましたが、転職した後に振り返ってみるとかなり色濃くカルチャーは浸透していたなと思うことがあります。その中でも在籍中特に強く感じた2点を下記に示します。

リーダーシップ

P&Gといえばリーダーシップです。これでもかというくらいリーダーシップを求められます。リーダーシップ研修だけで何個あるかわからないくらいです。

リーダーシップが求められるわかりやすい例として、P&Gは他のメーカーと比べて若手からかなり大きな仕事を任される、という例があります。

他メーカー担当がベテランなのに、P&Gはほぼ入社したての若者という状況がざらにあります。その状況に臆せず、社内・社外の人間を巻き込んで仕事を推進していくことを求められます。

よくあるリクルートの”君は何したいの?”に似ていると感じます。後述しますが、採用段階でも、リーダーシップに関しては確認されます。

ストレートトーク

これは要するに、上司部下ファンクション関係なく、自分の意見を発言しろということです。これはかなり徹底されていたように感じます。

会議の後・プレゼンの後の質問タイムは、様々な議論は交わされることが多く、よくある”だんまり”という状況は起きません。これは会議の後だけではなく、上司との1on1や人事評価など、人と人がコミュニケーションをとる場全てにおいて徹底されていました。

自分の成果を社内にアピールすることも重要になるので、ストレートトークができるかどうかは昇格のスピードにも関わってきます。

P&Gジャパン株式会社の労働環境・労働時間

一言で言うと長い、且つ濃密です。いわゆる事務職と呼ばれる人が各ブランド2ー3人しかおらず、全ての仕事をP&G社員で回している、且つ他メーカーと比べ少数精鋭で運営していると言う所に起因するものだと思われます。

ファンクションにもよりますが、本社勤務のMKT・F&A・Salesなどは9〜10時に出社し、20〜22時に帰宅するイメージでしょうか。上司が帰らないと帰ることができないと言う状況は全くないですが、純粋に仕事量が多いです。

Salesに関して特筆すると、直行直帰制度をとっているため、オフィスにいく必要がなく、好きな場所で働くことができるので、そこは好きな点でした。

ファンクションによっては残業代が出ますが、基本的に年俸制なので、効率的に働いた方が時給は上がります。

P&Gは福利厚生も整っており、働きやすい企業としても有名です。これまでに、数多くの表彰を受けています。

2018年には、世界的なビジネスリーダーのためのメディア「Forbes JAPAN」が主催する、日本最大規模の女性アワードの 「JAPAN WOMEN AWARD 2018多様性推進部門 グランプリ」 (多様なバックグラウンドや価値観を持つ社員が能力を十分に活かせる職場環境づくりを推進し、社内変革や社会への働きかけをしている企業を表彰)を受賞しています。

各個人の働き方が尊重され、ワークライフバランスがとりやすい、以下のような様々な働き方が認められています。

  • ロケーション・フリー・デー(勤務場所を自宅以外でも柔軟に選べる制度)
  • フレックスワークアワー制度
  • セールス部門の直行直帰制度

また、会社の将来を担う人材は内部で育てるという”Build From Within(内部昇進制)”という考えのもと、組織をあげてより早く人が育つ環境作りをしているため、トレーニングは質も量も充実しています。

P&Gジャパン株式会社の中途採用の選考

採用文化

特有の文化ですが、P&Gは内部昇進制をとっており、未来のリーダーを社内から育てていくと言う文化があります。転職後に幹部職で入るということはほぼなく、中途採用でも基本的にはエントリーポジションから入ることになります。(新卒と変わらない)

採用フロー

全ファンクションだいたい共通で、エントリーから内定までは1ヶ月程度です。

フローとしては3ステップあり、ES・オンラインテスト→2ー3回面接→内定になります。

面接官がみているところ

P&Gが採用する人間に求めることは明確で、大きく3つの項目が面接で見られます。それはリーダーシップ・オーナーシップ・ストラテジックシンキングです。

  • リーダーシップ=人を巻き込んで成果を出せるか
  • オーナーシップ=最後まで責任も持ってやりきることができるか
  • ストラテジックシンキング=ゴールから逆算して必要なリソースを配分し、結果を出せるか

以上の3点を深掘りされるような面接になります。自分の過去の経験や、現職の役職から結びつけて自分の能力をアピールできる練習をしておくと良いでしょう。

余談ですが、上記項目以外にも面接官のシートには”この人物と一緒に働きたいか”という項目がセットされており、その項目から1人でもチェックが外れると落ちるという情報もありました。

P&Gに向いていない人

上記3項目のスキル・経験・マインドがない方は、正直入ってからとても苦労すると思いますし、向いていないと思います。もちろん、入社後にはそれらを補うような研修制度が揃っていますが、もともとそれらを持ち合わせている人が多い印象です。

中途で入る人の経歴・スキル

中途で入社する人の経歴も様々ですが、1番のボリューム層は消費財・食品系メーカーになります。

スキルに関しては、総合職採用をしていないので、それぞれのファンクションに紐付くスキル・経験をしているかが重要です。例えば営業であれば、前職でも営業をやっていた人がほとんどになります。

その他ネガティブな側面

ネガティブな側面としては基本的に、入社後はファンクションの変更ができないところでしょうか。採用段階から職種別採用をしているので、ジョブローテーションなどのシステムはなく、基本的に入社したファンクションでキャリアアップを目指すパスしかありません。

かなり役職が上がったあとだと、稀に数年他ファンクションで経験を積ませ、元いた所に戻す、と言うようなパスもあるようです。

必要な英語力のレベル

営業以外、日常的に英語を使う環境にあります。上司が外国人であることは当たりまえ、会議もJapanese speaker以外の人間が1人でも入れば全て英語になります。

営業職であっても、MKT teamとのコミュニケーション、カスタマーが外資であることもあるので、ある程度の素養がないと難しいと思います。採用段階で英語面接があるかないかは、ファンクションによりますが、日常会話レベルの英語力は必須です。

P&Gからの転職先

P&G自体が消費財メーカーということで、やはり周りの先輩などを見ていると消費財周りへ転職する人が一番のボリューム層であると感じました。具体的に企業名を出すと、Jhonson&Jhonson、Coca-Cola、FAST RETAILINGなどが多かった印象です。

もちろんGAFAやベンチャーにいく人もいたので、一概には言えないですが、特に強みを発揮できるのはやはり小売業界であると思われます。

P&Gへの転職にオススメのサイト・エージェント

P&Gへの転職を目指すのであれば、加えて最新の情報を、適切な転職エージェントからヒアリングした方が良いです。最近ではSalesやPSなどで採用を拡大しているようですが、正確な詳細情報は、エージェントから仕入れることがベターです。

転職のためのファーストチョイスでお勧めなのはビズリーチです。表には出てない非公開求人が多く存在し、またP&Gへの転職支援の経験豊富な転職エージェントからスカウトが多くくるでしょう。

また、ビズリーチと同時に、いくつかの転職エージェントに直接登録すると良いと思います。ハイキャリアの方であれば、ハイキャリア層の転職支援に実績のあるJACリクルートメントに登録すると良いでしょう。

案件数やサポート体制の充実度を求める方は、リクルートエージェントが心強いです。実際に筆者も使用したことがありますが、横流しの転職エージェントではなく、自らのキャリア形成から相談に乗ってくれます。

1つに絞らず、様々なソースから情報を集めることを強くお勧めします。皆様の転職がうまくいきますように。

筆者のお勧め転職サービス

ビズリーチ
キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

リクルート キャリアカーバー
ハイクラス・エグゼクティブ限定の転職サイトである。年収800〜2,000万円の求人が多数あり、レジュメ登録するとスカウトを受けることができる。ビズリーチと合わせて使うことで、それぞれの優良求人や非公開求人を逃さず収集できるのでおすすめだ。

リクルートエージェント
日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

アクシスコンサルティング
創業から17年間で約5000人の現役コンサルタントを支援、77%が非公開求人という圧倒的な数字を誇る。平均3年の長期サポートでキャリアアップを支援してくれるので、未経験からコンサル業界に挑戦したい方はまずは挑戦してほしい。