キャリア相談室

仕事を干された20代は逆転可能なのか

こんな人におすすめ
  • 仕事で干されている自覚がある、20代のビジネスパーソン
  • これまで活躍できていなかったが、どうにか挽回して地位を回復したい方
  • 部下が活躍できないまま終わりそうな状況を改善したい管理職の方

仕事を干されている人は、どの会社にも存在する。

活躍できないまま数年がたち、どんどん役割が小さくなっていく。仕事内容は非正規社員とほぼ変わらない単調なものになっていき、やる気が無くなっていく悪循環だ。

会社に所属していれば、たいてい、活躍している同期もいる。同じ時期に入社したのに、自分だけ与えられる仕事が小さく、出勤しても虚しく過ごしている人が多いのではないだろうか。

多くの人が、そういった状況に陥ると、無思考のまま転職を考える。しかし、干されている状況だからこそ、一発逆転のチャンスは十分にあるのだ。転職よりも先に、社内で生き残る術がないかを考えてみてほしい。
今回のブログでは、仕事を干される原因とその対策をまとめた。社内で逆転を図れないか、この機会に確認してみてほしい。

もし、社内で挑戦するのは厳しく、転職しか術がないと感じた場合は、早めに行動を起こそう。社内で実績が作れない時間がずるずる長引くと、結果を出せない癖がついてしまうので、切り替えるチャンスを作った方が良い。

転職活動の肝は求人サイトとエージェントを使いこなすことなので、早めに登録して情報を集めよう。

求人サイトであればビズリーチがおすすめだ。あなたの経歴やスキルを踏まえて、企業からスカウトを受けることができるので、あなたが評価される企業を効率的に見つけることができる。

またエージェントにも登録必須だ。あなたの状況を口頭で相談できる相手がいると、より理解された状態で企業を紹介してもらえるので、マッチ度の高い企業を見つけられる。

エージェントにはいくつかタイプがあるため、自分にあったエージェントに登録してほしい。コンサルに強いアクシスコンサルティングや、ハイクラス向けの転職支援に長けているJACリクルートメントならば、レベルの高い企業を紹介してくれるので、キャリアアップが狙えるはずだ。

あるいは、まだ業界や企業のレベルを問わず広く転職活動したい人は、リクルートエージェントが良いだろう。業界最大級のエージェントなので、広くアドバイスや情報提供をもらえる。

転職することを決意できたら、とにかく行動に移そう。

この記事でわかること
  • 仕事を干される人は、仕事のスピードと精密さに課題がある
  • 干された理由を第三者から聞き、改善策を考えられるうちは残って努力した方が良い
  • 改善できる見込みがないならば、干される感覚に慣れる前に環境を変えるべきだ

仕事を干されるとは

今回テーマに上げている「仕事を干される」ことの定義をまとめてみた。

なんとなく自分が干されている意識はあれども、本当にその枠に当てはまってしまうのかは曖昧だろう。今回は、「仕事を干される」状態を整理したので、チェックしてほしい。

自分だけ仕事の量が少ないorレベルが低い状態

同期と自分の仕事内容を比べてみてほしい。

同期があるプロジェクトの立ち上げから全て担当している中、あなたは営業の1メンバーで、売上が立っているわけでもなく、新しい商材を任せられるわけでもない。

同期の他のメンバーよりも明らかに単調な仕事が多かったりしないだろうか。あるいは、後輩が自分よりも明らかに裁量権の多い仕事を任せられていないだろうか。

仕事はできる人に集まっていく。

できる人にしか裁量権は与えられない。

もしあなたが、仕事の量でも裁量権でも同期より劣っているのであれば、干されている可能性が非常に高い。

異動などの変化が起きない

仕事で干されると、とにかく変化が少なくなる。

仕事ができない人間は、異動や部署内で仕事内容が少しずつ調整されるのだが、ある一定の段階をすぎると会社側も妥協する。

簡単に言えば、この部署でこの商材を担当してもらうのが一番ましというラインが見つかった状態なのだ。会社としては、仕事ができない人間のポジションを変に動かしてさらにパフォーマンスが落ちては困るので、とにかく現状維持を心がける。

干されるまでは変化が多く、干されてからはとにかく変化がない。

  • 仕事の量でも裁量権でも同期より劣っている
  • 仕事の変化がない

この2つに当てはまったら、間違いなくあなたは干されている。

なぜ仕事を干されるのか

そもそも、なぜ仕事を干されてしまうのだろうか。

理由はいたってシンプルだ。

仕事が遅い

新卒でも中途でも、入社して、はじめはスピードが命だ。

7割の出来だったとしても、早く提出する方が評価が高い。そもそも入社してすぐの時期に、完璧なアウトプットを出せる人間はいない。

その企業特有のルールだったり、考え方があるので、世間一般的な正解を網羅したとしても必ず修正点が存在する。

そんな状況で、自分なりの100点を目指していつまでもアウトプットを出せずにいるのは意味がない。その上、上司を待たせれば待たせるほどハードルが上がってしまうので、「そのクオリティでこんなに時間がかかったのか」という印象を持たれ、さらに損だ。

仕事の精度が低い

ここであえて、「質」ではなく「精度」と表現する。

入社してすぐは、仕事に質が伴わなくてもある程度は仕方ない。事業理解含め、知識量が足りないため、理想のアウトプットが出なくてもやむを得ないだろう。

しかし、それに関係なく、取り出すべき数字がずれていたりとか、提出する内容が見にくかったりとかすることが問題なのだ。具体的に言えば、Slackで送ったアウトプットがたらたらと長く、結論がどこかも分からず読み手の時間を割いてしまう、などだ。

そもそもこういったアウトプットをする人は大抵、アウトプットの提出も遅く質も低いので、受け手に数多くのマイナス印象を与えてしまう。

上司との関係性が悪い

この点は、本人の仕事のクオリティと相関しないケースもあるので、少し別の観点として読んでほしい。

上司と信頼関係を築けていないと、重要な仕事は一切振られず、簡単なタスクだけが依頼される。あるいは、新しくインプットしなくて良いように、既存の業務を継続させられる。

原因は、先述したあなたの仕事方法が原因かもしれないが、場合によっては単なる相性の悪さかもしれない。前者であれば、改善を試みるべきだが、後者だと断言できる場合は早めに転職するのが良いだろう

どちらなのか自分では判断できない場合もあるだろう。他の部署の上長など客観的に判断してくれる人に相談できるのがベストだが、なかなか難しい場合は、転職エージェントに相談するのも一手だ。

もし、あなた自身のパフォーマンスに問題はないのなら、よりレベルの高い仕事を任せてくれる企業に移った方が良い。

ビズリーチに登録すれば、あなたの経歴やスキルを評価してくれる企業からスカウトを受けることができるので、効率的にキャリアアップできるだろう。

あるいは、コンサルに強いアクシスコンサルティングや、年収アップに長けているJACリクルートメントに登録することで、今よりもむしろレベルの高い企業に移れるかもしれない。可能性はいくらでもあるので、早めに行動に移そう。

https://careerhigh.recme.jp/entry/tensyokuchance

仕事を干された時の対策

仕事を干された場合、どのように逆転を狙えば良いのだろうか。社内で評価を一新する方法をまとめたので、実現可能か検討してみてほしい。

率直に、干されていることを上司に相談する

なぜ干されているのか、を自覚することがとにかく大切だ。

結局のところ、干されるまでどの部署でも活躍できなかったということなので、あなたの仕事のやり方に確実に問題がある。そして、その点を気づけていないのだから、早めに誰かから教えてもらおう。

実際、いろいろなビジネスパーソンと話していると、実力のある人ほど自分の欠点を理解し、改善しようと努力している。自分に明確な強みがある人ほど、出来ないことも自覚しているのだ。

まずは、自分の弱みを自覚するところから始めよう。

改善出来そうなことはすぐに取り組む

上司や周りからフィードバックをもらった中で、自分が明日からでも改善できそうなことはすぐに行動に移そう。

例えば、「仕事への積極性が足りない」と言われたら、MTGの議事録は自分が必ず書くと宣言したり、週に1回は企画案を提案したりと改善策を実施しよう。

ここでの注意点は、改善といってもすぐに直るわけではないので、100点を目指さないことだ。普段の業務同様、70点での出来で構わないので、とにかく努力していることを周りに示すように心がけてほしい。

企業に残るべきパターンの人

転職してゼロから仕切り直したいという人も一定数いるだろうが、下記に当てはまる人は改善策を講じて社内に残る方が良い。

干されている理由を特定できて、改善の見込みを感じた場合

先ほど、上司に干されている理由を率直に聞くようにアドバイスした。

そうした関係性すら築けていないことが多いだろうが、もし聞ける関係なのであれば絶対に残った方が良い。

干されてしまったと聞くと、キャリアとしてとてつもなくマイナスに聞こえるが、実際は違う。一度干されて期待値0になった人間だと、少しの成果で周りの目は一気に変わる。

頑張っている人が100の成果を出すのと、一度干された人が100の成果を出すのとでは、後者が圧倒的に評価される。一度落ちぶれてしまったことすらも、後々自分のストーリーとして語れる上に、部下のマネジメントにも生きる経験なので、プラスに働く。

干されたところから挽回できれば、その反動で大きな成功を手に入れることができる。そのチャンスがあるのならば、絶対に残ろう。

もちろん、課題が自分では解決できないのならば、職種を変えるために転職するなど別の案を考える必要がある。

具体的には、人柄が会社の求める人材とマッチしていない場合など、なかなか自分では解決しにくいものだ。まずは上司から自分の欠点を聞き出し、残って努力すべきか転職すべきかを見極めよう。

改善できる見込みがないなら、早急に転職を

今回のブログでは、仕事を干される原因と対策についてまとめた。

結論としては、自分の欠点を第三者から聞き、自分の力で解決できる場合にのみ残るべきだ。もし、指摘してくれる第三者がいなかったり、自分では解決できないと判断したりする場合は、早めに転職活動した方が良い。

なお、転職活動を始める際は、求人サイトとエージェントに登録しよう。スムーズな転職をするのに必須だ。

具体的には、求人サイトならビズリーチがおすすめだ。あなたの経歴やスキルを踏まえて、企業からスカウトを受けることができるので、あなたが評価されやすい企業を効率的に見つけることができる。

またエージェントにも登録必須だ。あなたの状況を口頭で説明して相談できるので、よりマッチ度の高い企業を見つけ出してくれる。

エージェントにはいくつかタイプがあるため、自分に合ったエージェントに登録してほしい。コンサルに強いアクシスコンサルティングや、ハイクラス向けの転職支援に長けているJACリクルートメントならば、レベルの高い企業を紹介してくれるので、キャリアアップが狙えるはずだ。

あるいは、まだ業界や企業のレベルを問わず広く転職活動したい人は、リクルートエージェントが良いだろう。業界最大級のエージェントなので、広くアドバイスや情報提供をもらえる。

まずは行動に移して、今の状況を変えられるように努力しよう。

今日は以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

ビズリーチ
キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

リクルート キャリアカーバー
ハイクラス・エグゼクティブ限定の転職サイトである。年収800〜2,000万円の求人が多数あり、レジュメ登録するとスカウトを受けることができる。ビズリーチと合わせて使うことで、それぞれの優良求人や非公開求人を逃さず収集できるのでおすすめだ。

リクルートエージェント
日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

アクシスコンサルティング
創業から17年間で約5000人の現役コンサルタントを支援、77%が非公開求人という圧倒的な数字を誇る。平均3年の長期サポートでキャリアアップを支援してくれるので、未経験からコンサル業界に挑戦したい方はまずは挑戦してほしい。