ノウハウ:その他

日東駒専クラス大学卒の転職活動の実態

転職活動における学歴に関する質問を多く受けるので書かせていただきたい。

以前にMARCH卒の方の転職活動について書いたが、今回はより直近の事情を踏まえ、日東駒専卒の方の転職活動について書いていきたい。

就活では学歴によって、有利、不利が出ることもあるが、転職では学歴よりも、社会に出てから積み上げた実績や即戦力になれる方が大切だ。

あくまで筆者がヒアリングさせていただいた上での主観の記事になるが、きれいごとだけではない部分もきちんと書いていくつもりなのでご了承いただきたい。

学歴が気になり、転職がうまくいかないのではないかという不安を感じている人はまず、ビズリーチに登録しておこう。自分の市場価値を知ることもできるし、スカウトメールを受け取ることもできるので利用して欲しい。

転職エージェントの質であれば、リクルートエージェントが高いので使って欲しい。求人数も多く、親身に相談に乗ってもらえる。

外資系求人でハイキャリアでの転職にチャレンジしてみたいという人であればJACリクルートメントを、コンサルへの転職にチャレンジしたい人はアクシスコンサルティングに登録しよう。日東駒専卒で、活躍している層に関する情報も教えてくれるはずだ。

日東駒専とは

今回日東駒専とさしているが、日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学だ。また、それに準じる偏差値及び、知名度を誇る大学だと思ってよい。

関西の企業だと、日東駒専とならぶ大学ととらえているのは産近甲龍だろう。特に近畿大学に関しては、大学が改革を推し進めマグロのみならずホリエモンこと堀江貴文氏を卒業のスピーチに呼ぶなど積極的な改革に取り組んでいるのが印象的だ。

今回の記事では、主に、日東駒専と呼ばれる4校をメインで扱うがそれに近い大学であれば自分にもあてはまると考えてよんでよい。

旧帝大、早慶、MARCH、日東駒専といった形で入学時の偏差値でくくられることも多いだろう。

日東駒専は転職活動に不利と言われる理由

さて、日東駒専卒の若手社会人の方にお会いすると、転職活動が圧倒的に不利だとおっしゃることがある。

たしかに、東大卒の方と比べると、日東駒専卒の方は書類落ちることは多いかもしれない。

ただし、それ以上に日東駒専卒の方が転職活動に不利だと外から見ていて感じるのは、マインドだ。「どうせ自分は学歴を強みにしづらい…」というマインドが強く、最初からあきらめてしまっている人が少なくない。

たとえば慶應卒の方を見てみると、偏差値では大きく差がある東大学卒の人に対して負けている感情を抱くことなくビジネスでは勝てるだろうという強い意識をもって転職活動に臨んでいる印象を受ける。

大事なのは卒業した大学の偏差値ではなく、勝負に臨む前のマインドであるとお伝えしておきたい。

学歴にコンプレックスをもち、学歴で不利で勝負のステージにも上れないのだと、そう思った地点で勝負は決まってしまう。

まずは、マインドを変えてほしいと感じる。マインドを変えると、最も不利な要素が取り除かれると考える。もちろん学歴によって差がある点はあるので具体的な点は後述する。

日東駒専卒は、新卒よりも転職では大きなチャンスが存在

日東駒専卒の方は、新卒の時はエントリーシートがなかなか通りにくいと感じたことがあるかもしれない。一般的に、入社希望者が殺到する人気企業においては、偏差値によってエントリーシートを判断せざるを得ない状況がある。

一方、転職はというと、学歴はもちろん見ないことはないのだが、職歴を優先する。また、エントリーシートではなく、職務経歴書を見て面接に呼ぶか呼ばないかをきめることが多いので、いわゆる「学歴フィルター」を感じることは減るだろう。

転職は、全員一斉のタイミングに動くわけではないのでチャンスである。

サラリーマンで億単位を稼ぐ日東駒専のOBが多数存在

実は日東駒専卒で、サラリーマンで億単位稼いでいる方々がいる。

日本大学卒から社長になる人は多いため、そもそも収入が高い人は多いのだが、社長ではなくサラリーマンという形で稼いでいる人がいるのだ。

具体的にはヘッジファンド等でたまに見かける。かつてヘッジファンドは東大、海外MBAのようないわゆる高学歴の人ばかりだったわけではなかった。証券会社、それも中小の証券会社からヘッジファンドに転職し、どんどん地位や収入をあげていった方々がいるのだ。

よってヘッジファンド業界には、日東駒専卒で圧倒的に成果を出し、億単位の年収を得ている人がいる。事実、筆者の周りでは、金融業界でとび抜けて優秀だという人は、日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学の全ての出身者で聞いたことがある。

現在のヘッジファンド業界は高学歴が比較的増えたが、未来の成長業界を見越して転職をしておけば将来億単位の収入を得ることが可能である。いずれにしても挑戦するというマインドと人一倍努力することが必要なのは間違いないが。

先んじて伸びる業界に行くことが重要

仮想通貨のときもそうだったが、人が動き始めてみんなが買ったから買うという姿勢では儲からなかっただろう。転職の時も同様で、自分から先んじて動き、ヤマを張る形になっても動こうとし、結果として動くことができた人にだけよい結果が訪れるのである。

最初に述べたIT分野に先に飛び込んだ人たちはいたし、ここ数年だとフィンテック業界に先に飛び込んだ日東駒専卒の人はおり、会社で出世し高い年収を得ている人がいた。

ベンチャーの採用は意外と学歴主義

ベンチャー業界は学歴を気にしないと思いがちだが、資金調達をして名前が知られているベンチャー企業で、かつ社員が100人以上のベンチャーは学歴をよく見ていることが多い。

特にベンチャーの幹部候補として採用される若者は、高学歴な方が多い。

理由はベンチャーはリスクをとるとはいえ、人材に関しては、ある程度学歴が保証され優秀である可能性が高い人を大企業よりも採りたいと考えるし、また、新卒採用の理由と同じで、ベンチャーはリソース不足であまり多くの面接をする時間がないことが挙げられるだろう。

よってベンチャーに行く場合は、社員番号一桁のような、新興スタートアップだと採用される確率が高いので検討してみるとよいだろう。ただし本当にベンチャーに行きたいという熱い思いがないと続かないので基本的にはおすすめしない。

きちんと給料を払ってくれて急成長をしているベンチャーであれば比較的リスクヘッジした転職ができるだろう。

自分の大学以外の人とのコネクションを大切にしてほしい

慶應義塾大学の人たちは大学内での友人とのコネクションが社会に出てからも活きるので転職の際も紹介される形で色々な企業に送り込まれている。

大学のつながりは高校のつながりのように深い絆で結ばれることが多く、忖度のある人事がなされることもある。

さて、ここで何がいいたいかというと、自分の大学以外の人とのコネクションを大切にしてほしいのだ。

どうしても自分の大学以外の人と交流することが少ないように日東駒専クラスの大学卒の方を見ていると感じる。

他大学の卒業生と交流が薄いせいもあり情報収集で遅れているように感じる。

転職活動は新卒のときよりも学歴の重要度が下がることを考えよう

転職活動は新卒のときよりも学歴がより重視されにくい。転職活動は、どの会社にいてどのスキルが見られるかがチャンスである。もし就職活動で有名企業に入れているなら、よりステップアップのチャンスがあると考えておこう。

リクルートやアクセンチュアは日東駒専卒の採用も多い

リクルートやアクセンチュアは高学歴出身者しかいない会社だと思っている人もいるのではないだろうか。

しかし、最近はリクルート、特にリクルートキャリアやアクセンチュアの非戦略部門は、大量採用の影響もあり、日東駒専卒の方の採用を多く見かける。また活躍の場と成長の機会を手にしている方も多い。

チャンスが開けておりその後のキャリアにもプラスになるのでぜひとも検討してほしい。

アクセンチュアになると、MARCH卒の方でも受からないと思い最初から転職活動で受けないことがあるが、全くそんなことはないのでチャレンジしていこう。

転職活動で自分を売り込む書類づくりから

書類選考通過の鍵は、学歴よりも、内容に表れる。当たり前のフォーマットを守れない、誤字脱字が多いといったミスが多くチャンスを最初から逸している人が少なくない。

よってお金を払ってでも書類チェックはしてもらったほうがいい。友人知人で転職活動を経験したことがある人に細かく見てもらおう。お願いする相手が思い当たらないという方は、転職エージェントにお願いしよう。

転職サイトで売り込もう

さて、転職サイトへの登録をはじめ、まずは自分にどういったスカウトがくるか見てみよう。思わぬお宝企業がでてくることもある。まずは行動をはじめてほしい。

特に、ビズリーチは良いオファーが多数くるので積極的に使ってほしい。ビズリーチは高年収のオファーがくる。直近でも外資系企業に転職した日東駒専卒の知人がいる。

外資系企業のハイキャリア案件はJACリクルートメントも豊富に保有しているので利用すると良いだろう。

コンサルへの転職にチャレンジしたい人であれば、アクシスコンサルティングを利用しよう。

チャンスを逃さぬように行動しておこう。また、英語ができないことは不利になるので、転職サイトの登録と同時に英語の勉強もはじめよう。

スタディサプリ ENGLISHはTOEICの点数がすぐにあがるので利用しよう。使いやすい。

まずは転職サイトのビズリーチに登録し転職市場を覗くところから始めてみよう。

今日は以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 アクシスコンサルティング コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。