キャリア相談室

新しい職場への不安や緊張を解消し、早く馴染む方法

こんな人におすすめ
  • 新しい職場に馴染めるか不安な人
  • 新しい職場の不安や緊張を解消したい人
  • 新しい職場で好印象を抱かれたい人

新しい職場に不安や緊張、ストレスを抱える人は多い。今回は、期待と不安をうまくコントロールするコツを解説し、新しい職場に早く、上手に馴染む方法をまとめた。ストレスを抱えず自分らしく働ける方法を追求し、それでも新しい職場に馴染めない場合は何度でも転職にチャレンジすることをおすすめする。

その際は、まず転職エージェントや企業からのスカウトが得られるビズリーチなどの転職サイトを利用するのが良い。大手企業の特別求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。

できるだけ自分に合う職場を見つけるには、転職エージェントへの登録も必須だ。日本一の転職実績をもつリクルートエージェントは、直接プロの意見が聞けるため有意義な情報を得ることができる。

ハイキャリア求人に強いJACリクルートメント、コンサル転職に強いアクシスコンサルティングなど、複数の転職エージェントに登録し、情報収集をすることをおすすめする。

先を見越して準備すると、不安や緊張も和らいで心の余裕が生まれるだろう。今のうちから登録することをおすすめする。

新しい職場は誰でも不安である

就職や転職などで新しい環境で仕事を始めることは、誰にとっても多少の不安やストレスがある。仕事も分からず、人間関係すら構築されていない新しい職場に、自ら進んで行きたい!と思う人は少ないのではないだろうか。むしろ、気が向かないと感じる方が当たり前である。

また、私たちは期待と現実の違いが大きければ大きいほど、不安やストレスを感じやすい。入社前に、「新しい職場ではもっと充実した日々を過ごせるだろう」といった期待がある分、現実とのギャップが大きいと、なかなか慣れずに不安な日々を過ごすことになる。

しかしどんな仕事や職場環境であっても、社会人として慣れるための努力は必要だ。慣れるまでに時間がかかるときは、慣れるためにどうすればいいのか、新しい職場で早く自分らしく働けるように解決策を見出してほしい。

新しい職場にすぐに馴染める人と馴染めない人の特徴

今後のキャリアを考えると、新しい職場に早く馴染むことは重要だ。職場へ行くのが憂鬱にならないためにも、初動の人間関係を上手に構築してほしい。早く馴染める人と馴染めない人の特徴をまとめたので参考にしてほしい。

新しい職場にすぐに馴染める人の特徴

  • 元気よく挨拶ができる
  • コミュニケーションを積極的に取ろうとする
  • 明るく話しかけやすい雰囲気である
  • 仕事を学ぶ意欲が常に感じられる
  • アドバイスなどを素直に受け入れられる

新しい職場に上手く馴染めない人の特徴

  • 挨拶ができない
  • 自分のやり方が正しいとずっと思い込んでいる
  • 人と関わろうとしない
  • やる気を感じられない
  • 話を最後まで聞かない

基本の挨拶も、相手に聞こえなければしていないのと同じである。1人で仕事をするわけではないので、コミュニケーションは大事にしてほしい。

また、仕事に対する意欲が、新しい職場に馴染めるかどうかを大きく左右する。自分から積極的に仕事に向き合い、コミュニケーションをとって、良い人間関係を築くことが大切である。好印象を与えるための立ち居振る舞いなど、事前に確認しておきたい。

職場に馴染むためにすべきこと

新しい職場で良い人間関係を築き、仕事に少しでも早く慣れるためのコツを紹介する。 

明るく、コミュニケーションをしっかり取る

まずは、明るい笑顔と大きな声でコミュニケーションを取るように心がけることだ。誰でも無愛想で声が小さい人には、近寄り難く敬遠しがちになる。ハキハキと元気に話すなど、初対面の相手には好印象を与えることが大切だ。

また、早く名前を覚え、名前で呼ぶと相手からも好感や関心を持ってもらえるだろう。上司とのコミュニケーションは最も大切になるので、ホウレンソウ(報告・連絡・相談)は必ず行ってほしい。

素直に話を聞き、会社方針やルールに従う

素直な心で職場のルールに従うことが大切だ。上司や同僚のアドバイスを素直に聞き、その職場のやり方に合わせることで相手にも安心感を与え、仕事を任せてもらえるようになるだろう。

許可なく独自のやり方で仕事を進めてしまうのは、たとえ自分に合っていても協調性に欠けると思われて心証が悪くなる可能性があるので、最初は避けるべきだ。新しい職場なりのやり方やルール、仕事の進め方など、分からない場合は聞く習慣を身につけてほしい。

自発的に仕事を学ぶ姿勢を見せる

新しい職場では、知らないことばかりで当然だ。その分仕事では、どんなことでも自ら積極的に学ぶ姿勢が大切だ。前向きで意欲的な様子は、信頼を早く得ることができ、周りの社員にも良い影響を与える。知らないという理由で何もせずにいると、成長できないだけでなく良い人間関係も作れない。

一方で、培った知識やマネジメント手法などを上手に伝え即戦力となるならば、評価も上がるだろう。ただし、前職の考え方などに固執しすぎて、現職の批判にならないように気をつけることも忘れてはいけない。

新しい職場に早く馴染むためには、コミュニケーション、素直さ、そして自発的な姿勢が大切である。

さらに仕事を覚えることと、慣れることは違うことも理解しておきたい。仕事は教えてもらうと覚えられるが、単に覚えただけの状態では応用するまでに時間がかかる。その仕事を自分のものにするには、何度も繰り返し実践することが必要である。その仕事を積み重ねることで自信が芽生え、不安は解消されていくのである。

新しい職場で簡単にできる不安解消とは

人間関係は良好か、仕事を覚えられるか、上司から正当に評価してもらえるか、また有給休暇などの休みは取りやすい環境であるか、など新しい職場への不安は尽きない。少しでも早く不安を解消するために、簡単なことから自主的に行うことが大切だ。

まずは仕事にいつまでに慣れるか、期間の目標を定めて取り組むことをおすすめする。期間の目安は、仕事の難易度や過去の経験に左右されるが、自分なりに目標を設定することで前向きになれるだろう。

また、人間関係や仕事内容を早く覚えることも大切だが、道具や手段を優先して覚えることも重要だ。具体策の一つとして、社内のコミュニケーションツールや業務管理システムなど、その会社の仕組みに慣れると仕事のスピードも格段に上がる。

仕事を覚えたり人間関係の構築といった不安材料は、ある程度自分の努力次第で解消できる。しかし上司からの評価や休みの取得などといった企業の環境に関する不安は、入社してからではどうにもできないことがある。そのような情報は、ぜひ事前にしっかりと調べておいてほしい。

転職活動ではリサーチ量が鍵となるため、1人でやるよりもプロの力を借りるのがはるかに良い。キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトがビズリーチだ。

理想の転職先に出会うために、プロの目線で調べてくれる転職エージェントも同時に活用してほしい。日本一の転職実績があるリクルートエージェントは、キャリアエージェントの質も高く安心して支援を受けることができるだろう。ハイキャリア求人に強いJACリクルートメント、コンサルに強いアクシスコンサルティングなど、いくつかを併用することで、効率的に対策を進めることができる。

新しい職場でストレスを溜めないために

新しい職場に慣れるまでは心も体もいつも以上に疲れるはずだ。この時期は疲れをしっかり回復するようにしたい。

余計なストレスを溜めないためにも、まずは睡眠や休養を十分に取ることが大切である。規則正しい生活と食事を心がけて、普段は行かないマッサージなどを受けても良いだろう。たまには自分自身にとことん優しく過ごしてほしい。

また、休みの日や仕事帰りのプライベートな時間を充実させることも、ストレス解消につながる。家族や友人と食事をしたり、自分の趣味などに時間を使って気持ちをリフレッシュさせてほしい。

慣れない職場で研修や指導を受けると、ストレスは自然にたまるものだ。多少は仕方ないことではあるが、少しでも軽減してストレスを溜めずに、翌日気分良く出勤できるように工夫をすべきである。

いつまでも馴染めないなら転職も考えよう

工夫や努力を続けたとしても、新しい職場にどうしても慣れない、人間関係に馴染めないという場合は、仕事そのものについて考え直してみたほうが良いだろう。仕事に慣れない状態が続くことは大きなストレスになる。長くその状態が続くのであれば、良いタイミングで見切りをつけることも大事だ。

会社によっては、新たに入ってきた人の受け入れ環境が良くない場合もある。こちらがどう頑張ろうとも改善されない時は、固執せずに、また新たな環境に身を置く決断も必要だ。

転職は、不満を解消できた人の割合が多く、年収アップも難しいものではない。しかも現在は、かなりの売り手市場なので転職で成功する可能性が高い。新しい職場で長くストレスをためるくらいなら、一度リセットして新たなチャンスを掴めば良い。転職活動を始めてから考えるのも1つの道である。

新しい職場でストレスにさらされるのは万人共通だが、そこでどう動くかが今後のキャリアステージを変える一歩になる。

転職サイトで最初に登録すべきサイトは、ビズリーチだ。自分の経歴を登録することで、企業やエージェント側からスカウトを受けられるため、効率的に企業やエージェントとコンタクトが取れる。

また、個別にプロのアドバイスを受けられる転職エージェントも同時に活用してほしい。業界を問わず、転職経験者の大半が利用したことがあるリクルートエージェントの登録は必須だ。

また年収など高水準を狙うキャリアアップ志向の人はJACリクルートメントがおすすめである。コンサルに興味がある人は、アクシスコンサルティングにもぜひ登録してほしい。新しい職場で成功するためにも、幅広い経験談や育成システムを熟知したプロの力を頼るべきである。

筆者のお勧め転職サービス

ビズリーチ
キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

リクルート キャリアカーバー
ハイクラス・エグゼクティブ限定の転職サイトである。年収800〜2,000万円の求人が多数あり、レジュメ登録するとスカウトを受けることができる。ビズリーチと合わせて使うことで、それぞれの優良求人や非公開求人を逃さず収集できるのでおすすめだ。

リクルートエージェント
日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

アクシスコンサルティング
創業から17年間で約5000人の現役コンサルタントを支援、77%が非公開求人という圧倒的な数字を誇る。平均3年の長期サポートでキャリアアップを支援してくれるので、未経験からコンサル業界に挑戦したい方はまずは挑戦してほしい。