キャリア相談室

転職をめんどくさいと言ってる暇があるなら、すぐに動くべき

転職をめんどくさがって、いつまでも動かない人が一定数いる。面倒だと言いながら、現状維持を続けているつもりでも、状況は悪化しているのだ。

スキルがつかない会社に数か月長くいれば、その数か月成長できずに機会損失をしたことと同義である。

もし転職したいという意思があるのならば、すぐに動いてほしい。最初の一歩目としては求人サイトとエージェントに登録することがおすすめだ。

ビズリーチに登録して企業からスカウトを受けられるようになれば、自分の意識も変わるだろうし、エージェントに直接相談できれば転職を積極的に進めるようにサポートしてくれる。

ぜひ、行動に移してほしい。

なお、おすすめのエージェントは、いくつかある。転職先の業界をまだ絞っていない人は、日本最大級のエージェント、リクルートエージェントが良い。

一方で、あなたがコンサル出身の場合は、アクシスコンサルティング年収をさらにアップさせたい場合はJACリクルートメントが良いだろう。

行動に移せれば、きっと上手くいく。時間を無駄にせず動こう。

この記事でわかること

  • 転職活動は確かに面倒だが、実際に始めてみるとただタスクをこなしていくだけ
  • 面倒なタスクを最大限省略しながら転職活動する方法がある
  • 転職を先延ばしすると、なぜよけい面倒なことになるのか

転職はそもそも面倒なもの

転職をめんどくさいと感じること自体は特別なことではない。転職はそもそもやることも多く、考えることも多いのだ。

自己分析~面接、退職手続きと事務作業、全てが面倒

転職先を検討し、実際に面接に行くまでも大変だ。

どんな企業が良いのか、学生時代のように自己分析をし、企業候補を上げる。その上で、面接の準備をし、合否に応じてさらに受ける企業を増やしたり、スケジュール調整したりする。

それだけでは終わらず、転職先が決まれば次は退職手続き、入社手続きが必要になる。

意思決定だけでも大変な上、事務手続きも多く発生するので、億劫になってしまう人が多いのも仕方ないだろう。

考えなければいけないことが多い

転職は、自分のキャリアに向き合わなければならないので、じっくりと考える時間が必要になる。

考えなければならないことも多く、日々の本業に追われながら転職を進めるのはかなり大変だ。近頃だと、退職してからじっくり転職活動する人も多く、それだけ考えることに労力も時間も必要だといえる。

引き止めにあうのが面倒

ある程度のポジションについている人だと、会社から引き止めにあうことも多い。

年収交渉だったり、役職の交渉だったりと、会社側が粘ることも多い。関係者が増え、引き止められるほど、転職できる時期も先延ばしになってしまう。

結果を出している人ほど、転職を切り出すのは大変なことだ。

新しい環境に行くのは疲れる

今の環境に疲れていたとしても、そのまま現状維持する方が楽なのではないかと考える人も多いだろう。実際、新しい環境に慣れるまで時間がかかるし、疲れてしまうのは事実だ。

特に初めての転職だと不安への妄想も広がり、なかなか踏み出せない人が多い。

それでも動くべき理由

転職をめんどくさいと感じることは仕方ないし、筆者も納得だ。しかし、それでもだらだらと現状維持せず、動き出すことをおすすめする。

年齢を重ねれば重ねるほど、求められる要件が高くなる

年齢が上がるにつれて、単なるスキルだけでなく、マネジメント経験まで求められることが増える。

後ろ倒しになればなるほど、転職市場で評価されづらくなり、求められる基準が上がっていくので、転職はできるだけ早い方が良い。

また、いつか転職しようしようとだらだらしている期間は、大してスキルも経験も向上せずに現状維持を続けてしまう傾向にあるので、早めに抜け出した方が良い。

動いてみれば、意外とスムーズに進む

転職活動を始めるまでは、漠然とやるべきことが多くごたついてしまうのでは、と不安に思う人が多いが、実際に転職活動を始めてみるとやることは明確で、タスクをこなしていくだけになる。

特に転職エージェントに登録すれば、書類選考などの手間は省くことができ、面接の日程調整も向こうが行ってくれるので、事務作業を最大限省略することができる。

を選び、効率的な転職を進めてほしい。

今すぐ転職エージェントを使って動こう。動かない方がもっと面倒だ

いかがだったろうか。転職を面倒だと思ってしまう気持ちはよくわかるが、転職を後ろ倒しにしてズルズルと現状維持をしている方が、転職のハードルがどんどん上がり、かえって面倒になってしまうものだ。

エージェントを使いながら転職活動を進めれば、多くの事務作業を肩代わりしてくれるので、安心して一歩を踏み出してほしい。

なお、エージェントは先述の通り、自分と合うエージェントを選んでほしい。

業界問わず広く見てみたい人はリクルートエージェント、コンサルからの転職はアクシスコンサルティング、ハイクラス向けの転職はJACリクルートメントがおすすめだ。

追加で、求人サイトのビズリーチにも登録すると良い。ビズリーチは自分の経歴を踏まえてスカウトを受けられるので、評価してくれる企業を効率的に知ることができる。

ぜひ、活用してほしい。

今日は以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 アクシスコンサルティング コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。