ノウハウ:第二新卒

第二新卒は丸紅へ転職できる? 選考内容や採用情報まで徹底分析!

第二新卒は丸紅へ転職できる? 選考内容や採用情報まで徹底分析!

第二新卒は丸紅へ転職できる? 選考内容や採用情報まで徹底分析!

商社は、言うまでもなく転職希望者に人気の業界だ。

  • グローバルに活躍できる
  • 大規模な仕事に携われる
  • 働きやすい、待遇が良い

特に大手商社に対してこのような華やかなイメージを持つ方も少ないはずだ。なかには、第二新卒の方たちの中にも、商社への転職を考えている方もいるだろう。

そこで今回は、国内の5大商社の中でも転職先として人気の企業である丸紅について詳しくみていこうと思う。

第二新卒から転職できるのかどうかについて触れていくとともに、商社に転職すべきかどうか、そして丸紅の選考を突破するためのポイントについて解説していくので、最後までぜひお付き合いいただければと思う。

慣れない転職活動を着実にそして効率的に進めていくためにおすすめなのが、転職サイトや転職エージェントを活用した転職活動だ。

特にビズリーチは、国内の数多くの優良企業や大手上場企業などのハイキャリア向けの求人情報を提供していることで人気の転職サイトだ。年収1,000万円以上の求人が約3割りを占めていることでも有名だ。そのため、年収を上げていきたいと考える方におすすめだ

非公開案件も多数抱えているため、登録しておくだけで企業からスカウトが受けられるのもうれしいポイントだ。転職初心者にはとても心強い存在となるだろう。

また、ビズリーチ以外にもハイクラスの求人が集まることで今話題なのが転職サイトのキャリアカーバーだ。

レジュメを登録するだけでも非公開求人を検索することができることも大きなポイントだ。ビズリーチと併用していくことで、魅力的な求人情報を逃すことなくキャッチしていくことができるだろう。

また、転職をさらに有利に進めたいのであれば、ご自分のスタイルに合った転職エージェントを併用していくこともおすすめだ。

確実にキャリアを上げていきたい方にはリクルートエージェントへの登録をおすすめしたい。完全無料で利用できる上、キャリアアドバイザーによる献身的なサポートと求人数の多さが魅力のエージェントだ。登録しておいて損はないといえるだろう。

転職市場におけるあなたの価値を知るために、転職サイトや転職エージェントをうまく活用していくことはとても重要だ。記事の後半で、それらの活用方法なども詳しくご紹介していくので、ぜひ最後までご一読いただければと思う。

また、転職後にグローバルに活躍していきたいと考えているが、英語力にあまり自信がないという方にまずおすすめなのがプログリットだ。科学的なカリキュラムと専属コンサルタントのフォローで、短期間で英語力が改善すると今注目の英語コーチングサービスだ。

丸紅へ第二新卒での転職はできる?

丸紅へ第二新卒での転職はできる?

丸紅のような大手商社に第二新卒として転職ができるのか、多くの方が疑問に思うことだろう。

結論から申し上げると、第二新卒でも丸紅への転職は可能だ。

丸紅は、業界内でも中途採用を通年行っている企業のひとつだ。そのため、タイミングさえ合えば、ご自分の経歴やスキルとマッチした職種への応募が可能である。

丸紅への応募方法

丸紅の中途採用募集への応募方法は以下の3つがある。

  1. コーポレートサイトからエントリーする
  2. 転職サイトからエントリーする
  3. 転職エージェントを経由してエントリーする

コーポレートサイトからエントリーする

まずひとつめに紹介するのが、企業のホームページからエントリーをする方法だ。一番スタンダードな応募方法といえるだろう。

丸紅の採用ページの「キャリアエントリー」への登録が必要で、応募方法も2通り存在する。

  • 基本情報を登録して、採用担当者からの連絡を待つ方法
  • 希望する職種へ直接エントリーする方法

しかし、この方法の場合は応募者が多数エントリーするため、書類選考を突破するのもかなり厳しいとされているため、あまりおすすめできない方法だ。

転職サイトからエントリーする

次にご紹介するのが「転職サイトからエントリーする」方法だ。転職活動をされる方たちにとって、転職サイトは情報収集するために必須のサービスといえるだろう。

丸紅だけでなく、他の企業や異業界の情報などを一気に知ることができるので、ぜひ活用していくべきだ。

しかし、転職サイトのみを使って転職活動することはあまりおすすめできない。その理由は、丸紅のような大手優良企業の中途採用の場合、転職サイトには掲載されない非公開求人が多く存在するからだ。

そのため、すべての情報を収集することが難しいため、こちらの方法もあまりおすすめできないのだ。

転職エージェントを経由してエントリーする

筆者が一番おすすめしたいのは、転職エージェントを経由したエントリー方法だ。その理由は以下の通りだ。

  1. 非公開求人の情報を知ることができる
  2. 転職に関する知識を熟知したキャリアアドバイザーの手厚いサポートが受けられる
  3. 内定率が一番高い方法

転職エージェントは、他の方法とは異なり多くの非公開求人の情報を持っている。また、キャリアアドバイザーによるサポートを受けることができるため、選考の通過率も一番高く、結果内定率が非常に高い方法なのだ。

アドバイザーのフォロー体制がしっかりと整っているため、社会人経験が少ない第二新卒の方でも、自信を持って転職活動を進めていくことが可能だ。そのため、慣れない転職活動も安心して進めていくことができるといえるだろう。

丸紅へ第二新卒で転職するメリット 

第二新卒の方たちが丸紅に転職する際に得られるメリットとはどのようなものが考えられるだろうか? 以下の3つのポイントに絞って解説していく。

  1. 若手が挑戦・活躍しやすい
  2. グローバルな環境で活躍できるチャンスがある
  3. 給与や福利厚生が充実している

若手が挑戦・活躍しやすい

丸紅は、大手5大商社の中でも若手が活躍しやすい風土が整っている企業として有名だ。そのため、第二新卒の方が転職したときに、活躍が期待できる企業といえるだろう。

風通しがよく、上司が部下をサポートしたり、関係部署と連携しながら協力し合う風土で、働きやすい環境が整っているため、転職者に対しても寛容な姿勢を示しているといえるだろう。

グローバルな環境で活躍できるチャンスがある

丸紅は、日本だけでなく、全世界で様々な事業を展開している。世界の66の国と地域に131拠点があり、多くの駐在員や現地社員を抱えている。

主に事業展開している地域は以下の通りだ。

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • 欧州
  • CIS
  • 中東
  • アフリカ
  • アジア
  • オセアニア

どの職種においても、海外への出張や駐在のチャンスがある。特に営業職に関しては、海外出張の機会も多い。そのため、グローバルな環境に身を投じ、キャリアを積んでいきたいと考える方におすすめしたい企業といえるだろう。

そのほかにも、大規模案件に携わるチャンスが多くあるため、やりがいを実感しやすく、着実にスキルアップしていけるため、その後のキャリア形成もしやすいのも魅力的なポイントといえるだろう。

給与や福利厚生が充実している

丸紅は、給与や福利厚生が充実していることでも有名だ。

商社業界は、一般的なサラリーマンの年収と比較してもかなりの高水準の年収であることで知られている。

企業平均年収は30歳までに約1000万円とされており、若手でもかなりの高収入を目指すことができるのだ。

丸紅も例外ではなく、高待遇を得られる企業といえるだろう。

しかし、入社9年目ともなると管理職扱いとなり、残業手当なども発生しなくなる。そのため、中堅クラス以降の給与の伸びは競合他社に比べていまいちのようだ。

福利厚生もとても充実している。なかでも産休・育休の取得率が増加している。特に男性の育休取得率が上昇傾向にあり、子育て世代の社員たちにとって働きやすい環境が整っているということがわかる。

丸紅の事業内容 

丸紅は、日本の5大商社のうちのひとつとして1949年に設立され、業界を牽引し続けている。

丸紅の事業内容は、以下の6つのカテゴリーで展開されている。

生活産業グループライフスタイル本部情報・不動産本部フォレストプロダクツ本部
食料・アグリ・化学品グループ食料本部アグリ事業本部化学品本部
エネルギー・金属グループエネルギー本部金属本部
電力・インフラグループ電力本部インフラプロジェクト本部
社会産業・インフラグループ航空・船舶本部金融・リース事業本部建機・産機・モビリティ本部
CDIO次世代事業開発本部

幅広い分野で活躍している丸紅は、多くのグループ会社を抱えている。主要なグループ会社は全世界で238社、国内において94社を展開している。

主なグループ企業は以下だ。

  • 日清オイリオグループ株式会社
  • 日清丸紅飼料株式会社
  • 株式会社ウェルファムフーズ
  • 株式会社山星屋
  • 丸紅ファッションリンク株式会社
  • 丸紅インテックス株式会社
  • MXモバイリング株式会社
  • 丸紅ロジスティクス株式会社
  • ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス株式会社

丸紅の今後の成長戦略

丸紅は、今後の成長戦略として以下の6つの領域への投資を掲げている。

  1. スペシャリティライフサイエンス
  2. 5G・デジタル技術
  3. 次世代金融サービス
  4. 低酸素社会
  5. 分散電源
  6. 地域密着ユーティリティ

近年新設されたCDIO(次世代事業開発本部)にて上記の領域での取り組みが推進されていくとされている。

企業研究をしていく際には、業界研究と、競合他社との比較は必須だ。そこで、5大商社と呼ばれる他の企業を中心に、他社研究を進めていってほしい。

社風強み
三菱商事組織の三菱金属・資源
三井物産人の三井資源
伊藤忠商事野武士集団・体育会系繊維・食料
住友商事石橋を叩いても渡らないメディア
丸紅若手が挑戦しやすい電力・食料

丸紅の職種と現在募集中の求人内容

丸紅は、通年で中途採用を積極的に行っている。基本的に専門職としての求人がほとんどだ。

丸紅の職種

丸紅の職種は、大きく分けて営業部門とコーポレート部門に分かれる。

営業部門
コーポレート部門

この記事を執筆現在、第二新卒の方でもエントリー可能な職種についてご紹介していく。ご自分の経歴やスキルにマッチした職種があった場合は、ぜひ応募していただければと思う。

ブランドマーケティング部

国内外のアパレル及び小売向けのアパレル製品・雑貨の営業や企画開発、製品管理などの業務を担う職種だ。

商社やメーカーでの営業経験者にはぴったりの職種といえるだろう。営業や企画提案の他にも、新規顧客や新規生産工場の開拓なども担当していく。

必須条件◆商社やOEM/ODMメーカーでの国内大手客先に対する営業経験
◆中国・アセアン等の海外工場におけるアパレル製品・雑貨生産管理の経験
◆チームマネジメント能力
◆英語による交渉能力
歓迎条件◆アパレル製品・雑貨の原料、生産工程などの幅広い知識
◆中国・アセアン等の生産国での駐在経験 

物流企画営業部

丸紅の持つ独自の商流・物流・金融サービスのデジタル化を図り、グローバルな企業に向けたサプライチェーンやロジクティクスを最適化するサービスを提案をしていく職種だ。

顧客のニーズをもとに分析をし、企画提案をしていくコンサルティング営業を軸とし、ソリューションの構築・提供、ならびにシステム設計・構築までを担当する。

必須条件◆サプライチェーン・物流におけるソリューション営業の経験(3年以上)
◆Excel、Access等を使った基礎的なデータ分析能力
歓迎条件◆オペレーションプロセス改善のコンサルティング経験
◆システム構築におけるプロジェクトマネジメント経験
◆物流ソリューション(特に4PLサービス)の営業経験 

保険事業部

丸紅の保険事業部は、以下のように構成されている。

仲介事業課◆ 保険代理店事業国内の企業に対する保険の手配やリスクマネジメント機能の提供
◆保険ブローカー事業(日本、英国、シンガポール)丸紅グループの海外事業に対し、再保険や海外プロジェクト保険の組成、そして貨物海上保険の手配を行う
保険事業開発課◆ キャプティブ保険事業(ミクロネシア、米国)二拠点で丸紅グループの保険の一部を自家保険で引き受ける

入社後は、本社からの事業会社業務管理・事業推進を担当し、経営指標の管理やサポートを行っていく。

必須条件◆保険会社・保険ブローカーでの専門的な保険業務への従事経験
◆高度なビジネス遂行能力(コミュニケーション能力および実行力、交渉スキル、ビジネス文書の作成、プレゼンテーションスキル、等)
◆英語力TOEIC730点以上
歓迎条件◆オペレーションプロセス改善のコンサルティング経験
◆システム構築におけるプロジェクトマネジメント経験
◆物流ソリューション(特に4PLサービス)の営業経験 

石油・ガス開発第一部

石油・ガスの探鉱・開発・生産に関わる技術評価や、既存の石油・ガス・プロジェクトの管理を行う職種だ。

必須条件◆大学または大学院で石油地質あるいはそれに準じた学科を修了された方
◆専門分野のみならず石油・ガス開発全般に関わる幅広く豊富な業務経験を有する方
歓迎条件◆コミュニケーション能力の高い方 

デジタル・イノベーション室

丸紅グループ内の既存・新規ビジネスの課題整理を行いながら、デジタルマーケティングの活用が有効な案件の特定と課題解決の推進を行う職種だ。また、最新の技術動向、ユースケース等を調査し、ビジネス領域での活用を提案、実行していくことが求められる。

必須条件◆マーケティング領域の広範な専門知識
◆デジタルマーケティングの各手法に関する専門知識
◆コンサルテーションスキル(課題抽出・解決スキル、分析スキル、ファシリテーション等)
◆デジタルマーケティングに関するプロジェクトの立ち上げ・ディレクション経験
◆2年以上の実務経験
歓迎条件◆自身によるデジタルマーケティング施策の運用経験
◆マーケティング観点からの新規プロジェクト立上げの実務経験
◆UI・UXのクリエイティブに関する経験、各種プログラミング言語・AIに関する知識
◆システム構築に関する知識・経験
◆ビジネスレベル以上の英語力 

営業部門・コーポレート部門ともに、数多くの中途採用向けの求人募集がされていた。しかし、コーポレート部門の求人は、その職種の経験年数がより問われる特性があるため、第二新卒の方が応募できるものは残念ながらなかった。

しかし、営業部門においては、多くの職種でエントリーすることができる。経験の浅い場合であっても、どうか恐れることなく挑戦していってほしいと思う。

第二新卒の方の転職は、経験年数の多い社会人とともに対等な立場で戦っていく必要がある。そのため、転職サイトや転職エージェントの力を借りて選考を進めていくことが必須といえるだろう。

特にビズリーチは、国内の数多くの優良企業や大手上場企業などのハイキャリア向けの求人情報を提供していることで人気の転職サイトだ。年収1,000万円以上の求人が約3割りを占めていることでも有名だ。そのため、年収を上げていきたいと考える方におすすめだ

非公開案件も多数抱えているため、登録しておくだけで企業からスカウトが受けられるのもうれしいポイントだ。転職初心者にはとても心強い存在となるだろう。

また、ビズリーチ以外にもハイクラスの求人が集まることで今話題なのが転職サイトのキャリアカーバーだ。

レジュメを登録するだけでも非公開求人を検索することができることも大きなポイントだ。ビズリーチと併用していくことで、魅力的な求人情報を逃すことなくキャッチしていくことができるだろう。

また、転職をさらに有利に進めたいのであれば、ご自分のスタイルに合った転職エージェントを併用していくこともおすすめだ。

確実にキャリアを上げていきたい方にはリクルートエージェントへの登録をおすすめしたい。完全無料で利用できる上、キャリアアドバイザーによる献身的なサポートと求人数の多さが魅力のエージェントだ。登録しておいて損はないといえるだろう。

丸紅のような大手かつ人気企業の場合、非公開求人として採用を行うことが多くある。通年を通して中途採用の募集はあるが、ご自分に合った職種の募集が常にあるわけではないため、アンテナを高く張って転職活動を進めていっていただきたい。

丸紅への転職で受かりやすい人は? 

丸紅への転職で受かりやすい人は?

こちらの章では、丸紅に受かりやすい人材について詳しくみていこうと思う。有利な職種や業界、そして丸紅が求める人物像についても触れていくので、転職をお考えの方はぜひチェックしていただきたい。

丸紅への転職で有利な業界・職種は?

丸紅のような総合商社への転職は、もちろん同業界内での成功者が多く存在する。しかし、近年では異業界からの転職を成功させている方たちが増えてきているようだ。

なかでも、以下の業界や職種からの転身者が多くみられる。

  • 外資系投資銀行
  • 弁護士
  • 米国公認会計士
  • 資源関係企業
  • 経理
  • 人事

未経験からでも転職できる?

丸紅の中途採用の場合、専門的なポジションでの採用がほとんどだ。

そのため、異業界からの転職の場合は、前職での経験やスキルがとても重要になってくるのだ。ご自分のスキルを発揮できる職種へのエントリーをしていくことが成功のカギといえるだろう。

丸紅が求める人物像は?

丸紅の経営理念から、丸紅が求める人物像を紐解いてみよう

出典元:丸紅

【丸紅の経営理念】

丸紅は、社是「正・新・和」の精神に則り、公正明朗な企業活動を通じ、経済・社会の発展、地球環境の保全に貢献する、誇りある企業グループを目指します。

出典元:丸紅

この丸紅の経営理念をそれぞれの社員の行動にきちんと反映していくためにと、2013年には「丸紅スピリット」を掲げた。

【丸紅スピリット】

  1. 志…大きな志で未来を築け
  2. 挑…挑戦者たれ
  3. 論…自由闊達に議論を尽くせ
  4. 強…困難を強かに突破せよ
  5. 正…常に迷わず正義を貫け

経営理念と丸紅スピリットの内容を踏まえ、丸紅は以下のような人材を求めていると公表している。

  • 高い志と好奇心を持ち、常にチャレンジとイノベーションを追求する人材
  • 自らのミッションを高いレベルで達成するプロフェッショナル人材
  • 自ら考え、行動し、実行する主体性を持った人材

選考を進めていく中で、これらの3つのポイントを踏まえた上で自己アピールをしていくことが必須といえるだろう。

持っていると有利なスキル・資格は?

丸紅への転職を考える際に、有利なスキルや資格はどのようなものが考えられるだろうか?

大手総合商社という特性上、以下のスキルや資格を持っているとライバルとの差がつくだろう。

  • 英語力は必須条件(TOEIC800点以上は最低限必要なスキル)
  • 中国語やフランス語、ロシア語、ポルトガル語などができるとなお良し
  • 日商簿記や、公認会計士、ファイナンシャルプランナーなどの金融関連の資格
  • 貿易事務や通関士などの、貿易分野の資格
  • IT関連の資格

取り扱う事業がとても幅広く多岐にわたるため、上記のようなスキルや資格、知識が求められる。資格を持っているだけではアピールポイントとして不十分だ。その資格やスキルをどのように業務に活かしていけるかを上手にアピールしていってほしい。

丸紅の選考内容

丸紅の中途採用における選考の流れは以下の通りだ。

  1. 書類選考
  2. 面接(3回)
  3. 内定

書類選考

選考の第一関門は、この書類選考だ。丸紅のような大手企業の場合、多くの転職希望者が殺到するため、半分以上の応募者がこの段階で足切りされるといわれているため、ライバルとの差をいかにつけていくかが重要となってくる。

そのため、以下の3つのポイントに注意して書類を仕上げていってほしい。

  • 丸紅の求める人物像に近い人材であることを最大限アピールする
  • 前職での経歴や実績を定量化して示す
  • 面接で掘り下げてほしい内容を記入する

そのほか、WEB版のSPI試験があるため、ある程度の対策をしておく必要があるといえる。

面接

丸紅の面接は、合計3回の面接が設けられている。

一次面接:現場社員の課長クラス

二次面接:人事担当者と現場社員の管理職

最終面接:役員

丸紅は、6つの営業部門とコーポレート部門で構成されている。募集職種は、各グループごとに設定されており、勤務地や職務内容も様々だ。そのため、「なぜその職種にエントリーしたのか」という明確な志望動機を述べることがとても重要になってくる。

そして、面接を突破していくためのポイントは以下の2つだ。

  • 丸紅スピリットを解釈した上での徹底的な自己分析
  • なぜ丸紅なのかを語るための徹底的な他社研究

丸紅の面接での質問の傾向は、一般的な大手企業の質問内容とさほど変わりはないと考えてよいだろう。実際に質問された内容は以下の通りだ。

  • どの業界を中心に転職活動をしているか?
  • 前職で最も力を入れて取り組んだこととは?
  • 5大商社の中で、丸紅を選んだ理由とは?
  • あなたが一番努力したこととは?
  • 飲み会の席が多いが、やっていけるか?

ポイントとなるのは、商社という業界を選んだ理由と、なぜ丸紅なのかということ、そして前職での経歴をどのように活かしていくかということだ。

ひとつの質問に対して深く掘り下げていく可能性も非常に高い。そのため、より具体的に話をしていけるように念入りな事前準備をしていく必要がある。また、質問に対してのレスポンスの速さも求められるため、あらゆる質問のケースを想定しておくことも重要だ。

また、業界的に個性的な人材を好む傾向があるため、ユーモアで柔軟性のある発想をアピールしていくのもひとつの手だろう。

丸紅へ転職するには転職エージェントがおすすめ

こちらでは、丸紅に転職を考える第二新卒の方におすすめの転職サイト・転職エージェントについて紹介していく。転職活動を進めていく上で、様々な情報を提供してくれるとともに、あらゆるサポートをしてくれるため、頼りになる存在となるはずだ。

より充実した転職活動にしていくためにも、これらのサービスを最大限に活用していくことが成功のカギといえるだろう。

それぞれのサイトやエージェントの特徴や、おすすめしたい方についても触れていくので、どのサービスがご自分に合っているかを見極めながらお読みいただければと思う。

転職サイトのおすすめその1 ビズリーチ

BIZREACH

転職サイトのなかで筆者がおすすめしたいのはビズリーチだ。3500人以上のヘッドハンターや人事担当者から直接スカウトを受けられる転職サイトとして人気だ。

レジュメを登録しておくだけでスカウトを受け取ることができ、魅力的な求人にだけレスポンスをすればよいのだ。そのため、早い方で数週間で内定をもらうことができると合って、忙しい方やすぐに転職したいとお考えの方にぜひ活用していただきたい。

サービスの質もとても高いため信頼が置ける。ハイクラスな転職を希望している方にはぜひ登録していただきたい転職サイトだ。

公式サイトはこちら

転職サイトのおすすめその2 キャリアカーバー

CAREER CARVER

これから転職活動をスタートしていく方には先ほどご紹介したビズリーチがおすすめだが、よりハイクラスな転職を望む方にはキャリアカーバーもおすすめだ。

次のような職種に特化していることでも有名であり、転職成功率の高さにも定評がある転職サイトだ。

  • 金融系
  • マーケティング関係
  • 機械・エンジニア系
  • 各業種に特化したコンサルタント
  • 経営・事業企画全般

また、レジュメを登録するだけでも非公開求人を検索することができることも大きなポイントだ。ビズリーチと併用していくことで、魅力的な求人情報を見逃すことなく転職活動を進めていけるだろう。

公式サイトはこちら

転職エージェントのおすすめ リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、完全無料の転職エージェントだ。無料というと、サービスの質に対して疑問を抱く方もいるかもしれない。しかし、リクルートエージェントは無料でありながらも質の高いサービスが受けられるとあって人気のエージェントなのだ。

リクルートエージェントをおすすめしたい理由は以下だ。

  • 業界トップクラスの圧倒的な求人数の多さ
  • 面接対策など手厚いサポートが充実
  • エージェントの交渉力の高さ
  • 内定率の高さ

転職活動をはじめて間もない方や、まだエージェントに登録をしたことがない方などにおすすめしたい。

公式サイトはこちら

丸紅の企業情報

丸紅の企業情報についてまとめてみた。丸紅の平均年収や残業時間、そして気になる福利厚生の詳細なども触れているため、ぜひチェックしていただきたいと思う。

業績(売上・営業利益)

売上

2017年度7兆1289億円
2018年度7兆5404億円
2019年度7兆4013億円

営業利益
2017年度916億円
2018年度1181億円
2019年度1731億円

従業員数

4,404人

※国内出向者632人、海外店勤務者・海外出向者・海外研修生864名を含む

※上記4,404名以外にも、海外現地法人1,487名、海外支店・現地出張所の現地社員が434名在籍

平均年齢

42.1歳(2019年度)

平均勤続年数

17.3年

平均年収

1452万円

【役職ごとの平均年収】

部長クラス2685万円
課長クラス2144万円
係長クラス1597万円

平均残業時間

19時間

丸紅の福利厚生

休日・休暇週休2日制(土・日)
祝祭日
年末年始
年次有給休暇
その他(慶弔休暇、リチャージ休暇、ファミリーサポート休暇、介護休暇、ボランティア休暇)
各種社会保険雇用保険
労災保険
健康保険
厚生年金保険
企業年金基金完備
諸手当通勤費
時間外勤務手当
別居手当
出向手当
その他健康診断
従業員持株会
財形貯蓄(一般・住宅・年金)
確定給付型及び確定拠出型企業年金
社員食堂(東京本社)
社宅・独身寮(一部制限有り)
研修センター・社内診療所完備
ベネフィットステーション導入
クラブ活動
ポジティブオフ運動の実施
くるみん子育てサポート

まとめ

今回は第二新卒が5大商社の丸紅に転職できるかについて解説してきた。

職種によるが、営業部門において第二新卒の方でも応募が可能な職種もある。そのため、経験が浅い若手の世代でも十分転職できる可能性を秘めているため、ぜひ諦めずにエントリーをしていただければと思う。

丸紅への転職を成功させていくためは、丸紅のコーポレートサイトへの登録と同時に、転職サイトや転職エージェントへの登録をし、様々な角度からの情報収集を進めていっていただきたい。

特にビズリーチは、国内の数多くの優良企業や大手上場企業などのハイキャリア向けの求人情報を提供していることで人気の転職サイトだ。年収1,000万円以上の求人が約3割りを占めていることでも有名だ。そのため、年収を上げていきたいと考える方におすすめだ

非公開案件も多数抱えているため、登録しておくだけで企業からスカウトが受けられるのもうれしいポイントだ。転職初心者にはとても心強い存在となるだろう。

また、ビズリーチ以外にもハイクラスの求人が集まることで今話題なのが転職サイトのキャリアカーバーだ。

レジュメを登録するだけでも非公開求人を検索することができることも大きなポイントだ。ビズリーチと併用していくことで、魅力的な求人情報を逃すことなくキャッチしていくことができるだろう。

また、転職をさらに有利に進めたいのであれば、ご自分のスタイルに合った転職エージェントを併用していくこともおすすめだ。

確実にキャリアを上げていきたい方にはリクルートエージェントへの登録をおすすめしたい。完全無料で利用できる上、キャリアアドバイザーによる献身的なサポートと求人数の多さが魅力のエージェントだ。登録しておいて損はないといえるだろう。

今一度この記事を読み直していくとともに、転職サイトや転職エージェントの力を借りながら、選考に向けての準備や対策を進めていってほしい。丸紅への転職を成功させていってほしいと心から願っている。

筆者のお勧め転職サービス

ビズリーチ
キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

リクルート キャリアカーバー
ハイクラス・エグゼクティブ限定の転職サイトである。年収800〜2,000万円の求人が多数あり、レジュメ登録するとスカウトを受けることができる。ビズリーチと合わせて使うことで、それぞれの優良求人や非公開求人を逃さず収集できるのでおすすめだ。

リクルートエージェント
日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

アクシスコンサルティング
創業から17年間で約5000人の現役コンサルタントを支援、77%が非公開求人という圧倒的な数字を誇る。平均3年の長期サポートでキャリアアップを支援してくれるので、未経験からコンサル業界に挑戦したい方はまずは挑戦してほしい。