業界研究:コンサルティング

KPMGの年収とBIG4内での立ち位置について解説

こんな人におすすめ
  • KPMGへの転職を検討している人
  • BIG4の中で転職を迷っているが、違いがわかっていない人
  • コンサルに関する情報収集を行なっている人

KPMGといえば、BIG4の一角として有名だ。デロイト、EY、PwCと比較して、転職先で迷っている人も多いのではないだろうか。

KPMGは、他のファームに比べて、会社のトップが日系の監査法人出身ということも影響してか、比較的長時間労働といった日本的な働き方が多いと言われている。

とはいえ、コンサルという業界自体が激務になりがちなので、他のファームと比較して顕著に厳しい労働条件という訳ではない。アビームもそうだが、労働時間の改善に向けて動き出しているファームも多いので、ひと昔前に比べたらだいぶ働きやすい環境だと言える。

この記事でわかること
  • KPMGは、他ファームに比べて人数が少なく、少数精鋭な組織
  • 他のファームより、年収は低い傾向社風にマッチしたり、得意領域が重なったりする人におすすめ

今回のブログでは、KPMGの基本情報や、KPMGと相性の良い人材に関して整理した。

簡単な情報は今回のブログでもれなくまとめているが、さらに詳細な情報を知りたい場合には、エージェントや求人サイトに登録することをおすすめする。

アクシスコンサルティングなど、コンサルに強いエージェントは、各社と信頼関係を築けているため、ネットにはない非公開求人を多く保有している。一人で転職活動をしていたら出会えないような優良な求人を紹介してもらうことができるので、ぜひ活用してほしい。

あるいは、JACリクルートメントなどハイクラス層の転職に強いエージェントだと、年収交渉に長けているため、年収アップを確実に実現することができるだろう。

なお、コンサルに興味があるものの、まだまだ広く見たいと考えている人は、ビズリーチリクルートエージェントに登録することをおすすめする。

ビズリーチは企業側からスカウトを受けられるため、自分の経歴やスキルを評価してくれる企業を効率的に見つけることができる。コンサルに限らず、自分が活躍できそうな企業を知る機会になるので、ぜひ登録してみよう。

KPMGの基本情報

まずはKPMGの基本的な知識を整理した。ぜひ参考にしてほしい。

沿革

KPMGジャパンは、KPMGインターナショナルの日本におけるメンバーファームの総称であり、監査、税務、アドバイザリーの3つの分野にわたる8つのプロフェッショナルファームによって構成されている。

日本におけるメンバーファームは下記の通りだ。

  • 有限責任 あずさ監査法人
  • KPMG税理士法人
  • KPMGコンサルティング株式会社
  • 株式会社KPMG FAS
  • KPMGあずさサステナビリティ株式会社
  • KPMGヘルスケアジャパン株式会社
  • KPMG BRM 株式会社
  • KPMG社会保険労務士法人

(※KPMG公式サイトより引用)

KPMGコンサルティングはKPMGジャパンのメンバーファームの1社である。なお、2014年7月にKPMGマネジメントコンサルティング株式会社とKPMGビジネスアドバイザリーを統合して誕生しており、コンサルティング単体ではまだ若い会社だ。

事業内容

  • 事業変革
  • テクノロジートランスフォーメーション
  • リスク、コンプライアンス

を主な事業領域としている。

中でも強化しているのは、RPAとセキュリティ・リスク分野だ。デジタル化の波を受けて需要が高まっている領域を押さえ、提供しているのがKPMGの特徴である。

最近では、国内の大学では初めて、早稲田大学でRPAを導入したことが話題になっていたが、これもKPMGの案件である。

また、あずさ監査法人との協力体制も整っているなど、他のファームと協力しながら案件を進めることも多い。少数精鋭の組織だからこそ、臨機応変に他のファームと連携できるところにおもしろさを感じる人も多いだろう。

採用情報

新卒採用では、毎年コンサルタント職として11〜15名程度が採用されている。

中途採用と異なる点は、原則として、入社後18ヶ月間は育成期間となっていることだ。中途採用は基本的に即戦力として現場に入ることになるが、新卒の場合は研修や実務経験で基礎力を身につけた後、適性や志望に応じて各専門チームへと配属される。

また、配属先は

  • 戦略(Strategy)
  • オペレーション(Operation)
  • IT(Information Technology)
  • リスク&コンプライアンス(Risk & Compliance)

などがあるが、どこに配属されるかは入社後に決定する。

KPMGの年収

採用情報に掲載されている額と口コミを比較

採用ページを見ると、基本給は月額39万円程度となっている。中途の年収は前職を踏まえて決定されるとのことなので、それ以上の人も多いだろう。

シニアマネージャーまで昇進できれば、年収1,000万円を超えるが、最初の頃は、460万〜550万円程度に留まると思った方が良い。

また、ネットでの口コミを見ると、同じ役職内での昇給はあまり期待できず、役職がアップするタイミングでようやく大幅な昇給が望めるようだ。そのため、入社してからの年収アップよりも、入社時の年収交渉が重要になる。

なお、年収交渉の際には、エージェントと求人サイトをフル活用することをおすすめする。

自分の市場価値を客観的に把握してから交渉に挑むために、まずはビズリーチに登録しよう。ビズリーチで受けたスカウトから、自分の市場価値およびマックスでもらえる年収の見当がつく。

コンサル業界の転職活動に強いアクシスコンサルティングや、ハイクラス層の転職に強いJACリクルートメントは、年収交渉にも長けている。

闇雲に転職活動するよりも、あらかじめ情報を集めたり、交渉してくれるエージェントを見つけておくことがおすすめだ。ぜひ参考にしてほしい。

BIG4との比較

KPMGに入社してから数年の年収を比較すると、入社時から他のファームよりもベースが低い傾向がある。

  • デロイト 550万円~630万円
  • KPMG 460万円〜500万円
  • PwC 500万円~800万円
  • EYアドバイザリー 480万円〜500万円

なお、シニアコンサルタントの年収は、他ファームが850万円〜950万円ほどまで伸びるのに対し、600万円台に留まると言われている。そのためか、経験を積んで昇進したのち、他のファームに転職する人が多い。

KPMGに転職すべき人

今年収が低い人

他のファームよりも年収が低いとはいえ、コンサルという業界柄、ベースの給与は高い。

今、年収が低いファームにいる人や、事業会社で伸び悩んでいる人であれば、KPMGに転職することで年収アップが望めるかもしれない。

BIG4の中では比較的ハードルは高くない方なので、コンサルに挑戦する第一歩目としては良いだろう。

KPMGの社風や事業内容と相性の良い人

KPMGは、他ファームに比べて人数が少なく、少数精鋭の組織である。その分、一人一人に課される業務は多く、激務になりがちではあるが、そういった組織や働き方が好きという人には相性が良いだろう。

また、KPMGの事業内容と関連のある業界にいる人もおすすめだ。近年、強化しているRPAとセキュリティ・リスク分野に知見があれば、企業側からも歓迎されるので、年収交渉もしやすいだろう。

KPMGへの転職は情報収集が肝

今回は、KPMGに転職を検討している人向けに情報をまとめた。

結論としては、KPMGは年収の低さが他ファームと比較した時の懸念点なので、入社時の年収交渉が肝になる。また、入社してからの昇給はなかなか見込めないので、あらかじめ社員やエージェントに情報を確認しておいた方が良いだろう。

入ってから予想と違っていた、では遅い。

なお、おすすめなのは、エージェントと求人サイトを併用することだ。

アクシスコンサルティングなど、コンサルに強いエージェントだと、KPMGをはじめする各ファームと信頼関係を築けているため、ネットにはない非公開求人を多く保有している。一人で転職活動をしていたら提示されないような条件での求人が手に入るかもしれない。

また、JACリクルートメントなどハイクラス層の転職に強いエージェントだと、年収交渉に長けているため、年収アップを確実に実現することができるだろう。

なお、コンサルに興味があるものの、まだまだ広く見たいと考えている人は、ビズリーチリクルートエージェントに登録することをおすすめする。

ビズリーチは企業側からスカウトを受けられるため、自分の経歴やスキルを評価してくれる企業を効率的に見つけることができる。コンサルに限らず、自分が活躍できそうな企業を知る機会になるので、ぜひ登録してみよう。

この記事を参考にして、より良い転職活動が実現することを祈っている。

今日は以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

ビズリーチ
キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

リクルート キャリアカーバー
ハイクラス・エグゼクティブ限定の転職サイトである。年収800〜2,000万円の求人が多数あり、レジュメ登録するとスカウトを受けることができる。ビズリーチと合わせて使うことで、それぞれの優良求人や非公開求人を逃さず収集できるのでおすすめだ。

リクルートエージェント
日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

アクシスコンサルティング
創業から17年間で約5000人の現役コンサルタントを支援、77%が非公開求人という圧倒的な数字を誇る。平均3年の長期サポートでキャリアアップを支援してくれるので、未経験からコンサル業界に挑戦したい方はまずは挑戦してほしい。