業界研究:コンサルティング

未経験からコンサルに転職して後悔する、長続きしない人の特徴

高年収やキャリアアップ実現のために、とりあえず未経験からコンサルへの転職を希望する人は多い。

近年、コンサルへ中途で入社するハードルはかなり下がっているので無事入社できても、活躍できずに短期間の在籍で去る人もいる。

下記の記事は、本サイトでももっとも読まれている記事のひとつである。

この記事の読者から

  • 実際にどんな人が、未経験からコンサルに転職して長続きしないのか?
  • 自分はコンサルに転職しても長続きできそうか?
  • もしコンサルが合わずに退職したら、その先のキャリアはどうすればいいのか?

という質問がよく寄せられるので、コンサルティングファームでマネジメント経験のある複数の方にヒアリングを行ったうえでまとめた。未経験からコンサルへの転職を経験している人は一読してほしい。

この記事を読んだ上で、実際に自分がコンサルに転職して後悔するか、未経験でも転職して活躍できるか知りたい場合は、単刀直入に経験あるエージェントに聞いてみると良い。

コンサルに興味のある方がまず登録するべきなのはビズリーチだ。コンサルファームをはじめとする大手優良企業からのスカウトが直接届く。

また、コンサルへの転職支援で国内最大級の実績を持つアクシスコンサルティングにも相談すべきだろう。コンサルの面談の合格率をあげるためのテクニックや情報を教えてくれる。

年収アップにこだわりたい方はJACリクルートメント、より多くの求人情報を仕入れたい方はリクルートエージェントに登録すべきだ。まずはビズリーチに登録しながら、いくつかのエージェントを併用してほしい。

自分の前職の経歴を過大評価している

コンサルティングファームに転職する前に事業会社で得たスキルや知識を過大評価して、「自分はクライアントと十分に対峙できる」と自負して入社した結果、まったく戦えずに挫折するパターンである。

コンサルティングファームに転職する人のほとんどは、30才前後か、それよりも若いだろう。とすると、転職前の経験は、長くても10年だ。

一方で、コンサルタントの派遣先のクライアント企業には、その業界・領域一本だけで長年やってきた社員が多い。特に、コンサルタントと接する社員は経営層以上が多いので、20年、30年選手もごろごろいるので、専門知識で打ち勝つことはまず無理だ。

もちろん、前職の経験がまったく生きないと言っているわけではない。ただ、いざというときのちょっとした武器のつもりで持っていくべきである。

最大の武器だと勘違いして、「自分は前職で〇〇領域専門でやっていました!」と意気揚々と振りかざして乗り込んでも、残念ながらクライアントの信頼を得るには程遠い。

それどころか、「その領域は未経験だが、地頭がいい同僚」が専門知識をキャッチアップした頃には、あっという間に抜かされてしまう。

前職での経験にこだわるのは、百害あって一利なしである。クライアントの方が専門知識は豊富であるという謙虚さと、前職に在籍していた時よりも広く深く学ぶ姿勢を見せよう。

戦略への憧れが強く、戦略以外のことをやりたくない

主に、戦略コンサルティングファームへの憧れを抱いていた人が陥りがちな罠である。

ストラテジーに関する業務しかイメージしておらず、「御社の戦略は…」という仕事を毎日やると思っていないだろうか。

いざ入社後にアサインされてみると、戦略策定の次の階層の、より業務改善寄りな仕事が含まれていて、「こんなはずではなかった」と感じることもあるだろう。

プロジェクトの途中からジョインすることになり0から戦略を作れないこともある。毎回白紙から戦略を描けると言うわけではないのだ。

また、クライアントの中での意見の対立をまとめていったり、合意形成に導いたりしていくこともコンサルタントの仕事に含まれていることは、おそらく入社してみないと気付かないだろう。

プロジェクトを推進するためのことは、全てコンサルタントの仕事なのである。戦略を0から綺麗に作って「これが御社の戦略です」と言うのをイメージしている人は、リアルな業務について事前に情報収集した方が良いだろう。

コンサルに関する情報を幅広く集めるために、まず登録するべきなのはビズリーチだ。コンサルファームからのスカウトが直接届く。

また、コンサルへの転職支援で国内最大級の実績を持つアクシスコンサルティングにも相談すべきだろう。コンサルのリアルな業務の実態や、各ファームの情報について教えてくれる。

まずはビズリーチに登録しながら、いくつかのエージェントを併用してほしい。

コンサルのベーススキルを0から学ぶ姿勢がない

未経験からコンサルに転職するビジネスパーソンならば、前職の会社のレベルも実績も申し分ないだろうから、自分のスキルに一定の自負もあるはずだ。

それでも、事業会社からコンサル業界に未経験で転職するのであれば、第二新卒でなくても、事業会社での経験はすべて一度忘れて0から学ぶ覚悟が必要だ。

コンサル業界では、日々の仕事のスピード感から、ExcelやPowerPointなどのツールの使い方、果ては議事録の取り方まで、全てが事業会社とは異なる。

議事録の取り方を、自分よりはるかに若い新卒入社数年めのコンサルタントに指導されるのは気分が良くないだろう。

つまらないことでも、「0から学ばないとだめだな」と初日から吸収するのか。それとも「自分は30才だが、議事録レベルから指摘されないといけないのか?」と斜に構えるのか。このスタンスの違いが、あとあとの伸び代に反映されてくる。

最初はきついかもしれないが、コンサルタントが備えるべきベーススキルも、担当領域・業界の専門知識も、スピーディーにキャッチアップする意欲を持ってほしい。

コンサルへの転職支援で国内最大級の実績を持つアクシスコンサルティングに相談すれば、入社後にどういったスキルセットが求められるか、コンサル未経験者にも詳細に教えてくれる。

まずはビズリーチに登録しながら、コンサルに強いエージェントを併用してほしい。

クライアントに敬意を持てない

不思議なことだが、「事業会社よりコンサルの方が偉い」という思い込みを持っている人が、現役のコンサルタントにも、コンサル志望者にも一定数存在する。

コンサルティングファームに晴れて転職すると、なぜか突然「私、コンサルですから」という謎の自尊心の肥大化を起こしてしまう方がいる。

そうなると、クライアントとのコミュニケーションもうまくいかず、結果としてプロジェクト内でのパフォーマンスが芳しくなくなる。

ひいてはコンサル社内でも評価が上がらず、なかなか新規のプロジェクトの声がかからなくなり、アサインされない、という負のスパイラルに陥ってしまう。

コンサルティングファームのマネージャーには、「『コンサル』は要らないから、現場と話せる人を寄越してほしい」とクライアントからメンバーチェンジを求められた経験がある人が多い。

だからこそ、「コンサルタントになりたい人」ではなく、コンサルティングファームでキャリアを作りたい人は採用されやすく、どんなプロジェンクトに入っても成長することができる。

そしてマネージャーはそういうコンサルタントが好きなので、どんどん良いプロジェクトにアサインされ、活躍するという好循環に入れるのである。

編集後記

いかがだっただろうか。自分がコンサルティングファームに転職して後悔するか、未経験なのに転職して活躍できるかどうかは、単刀直入に経験あるエージェントに聞いてみると良い。

転職活動をすでにしている人もそうだが、検討している人も含めてエージェントに相談した方が良い。

コンサルに関する情報を幅広く集めるために、まず登録するべきなのはビズリーチだ。コンサルファームからのスカウトが直接届く。

また、コンサルへの転職支援で国内最大級の実績を持つアクシスコンサルティングにも相談すべきだろう。コンサルのリアルな業務の実態や、各ファームの情報について教えてくれる。

まずはビズリーチに登録しながら、いくつかのエージェントを併用してほしい。

今日は以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

ビズリーチ
キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

リクルート キャリアカーバー
ハイクラス・エグゼクティブ限定の転職サイトである。年収800〜2,000万円の求人が多数あり、レジュメ登録するとスカウトを受けることができる。ビズリーチと合わせて使うことで、それぞれの優良求人や非公開求人を逃さず収集できるのでおすすめだ。

リクルートエージェント
日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

アクシスコンサルティング
創業から17年間で約5000人の現役コンサルタントを支援、77%が非公開求人という圧倒的な数字を誇る。平均3年の長期サポートでキャリアアップを支援してくれるので、未経験からコンサル業界に挑戦したい方はまずは挑戦してほしい。