企業研究

第二新卒でキーエンスへの転職は可能か?【2020年最新版】

キーエンスといえば、平均年収ランキングの常連としても有名だ。年収UPを目的に第二新卒での転職を考えている人ならば、高年収のキーエンスへのチャレンジを考えたことが一度はあるのではないか?

この記事では、第二新卒でのキーエンスへの転職の可否や方法、選考情報について述べる。

  • 転職で年収をあげたい
  • 営業職として、キャリアアップを実現したい

といった志向のある第二新卒の方には、キーエンスへの転職はおすすめだ。転職を検討する足がかりとなる情報をまとめたので、ぜひ一読してほしい。

キーエンスをはじめとする人気企業への転職を検討する方は、まずはビズリーチに登録しよう。企業の人事や、経験豊富な人材エージェントから、直接スカウトが届く。

ビズリーチと併用してほしいのは、自分にあった転職エージェントだ。現在力を入れて募集している職種や、各職種に求められるスキルや経験などの情報は、転職エージェントが圧倒的に詳しい。

高年収や、グローバルでの活躍を希望する方は、JACリクルートメントに登録すれば間違いない。

コンサル業界への転職も考えているなら、アクシスコンサルティングに登録しよう。

エージェントによって扱う案件は異なるので、自分の志向に合ういくつかのエージェントを併用しながら転職活動を進めて行くことをお勧めする。

Contents

キーエンスへ第二新卒で転職はできるか?

第二新卒でのキーエンスへの転職は、ハードルは高いが可能だ。コーポレートサイトの採用ページを見ると、第二新卒専用枠での中途採用はないため、第二新卒の場合は、キャリア採用からの応募となる。

応募に必要な必須スキル・経験の必要年数が2〜3年以上のものや、年数の記載のない職種へは、他の条件を満たしていれば応募可能だ。ただし、第二新卒よりも経験豊富な応募者と同じ選考条件で、これまでに身につけた経験やスキルを評価されることとなる。

キーエンスへの応募方法

企業HPから応募する

冒頭に述べたように、キーエンスのコーポレートサイトの採用ページの「キャリア採用」から直接応募することができる。

直接応募する場合は、応募書類の準備や面接対策、日程調整等、自分自身で行う必要がある。また、コーポレートサイトに記載されていること以上の情報を得ることができないのが難点だ。

また、キーエンスは「営業」が特徴的だが、現時点では、営業職はコーポレートサイトでは募集していない。

転職サイトの求人から応募する

転職サイトに掲載されているキーエンスの求人へ応募する方法も可能だ。転職サイトはコーポレートサイトに掲載されていない非公開の求人が掲載されている場合もある。また、キーエンスに限らず他社の求人も併せて確認出来るので比較したい際に活用できる。

ただし、転職サイトを通じての応募も、結局は自分で応募することになるため、コーポレートサイトから応募する場合と同様、応募書類の準備や面接対策、日程調整等、自分自身で行う必要がある。

転職エージェントの紹介で応募する

転職エージェントに登録をし、エージェントを通じて応募することも可能だ。転職エージェントは、キーエンスの中途採用の担当者と直接やりとりをしているため、コーポレートサイトや転職サイトに掲載されていない、リアルタイムで詳細な情報を多く持っている。

そのため、選考に関わるスケジュール管理だけでなく、書類の添削や面接の対策等、キーエンスの中途採用担当者に近い視点から支援してもらえる。また、エージェントにのみ特別に依頼されている非公開求人を持っている場合もある。

さらに、採用の緊急度や実際の選考の難易度も把握しているため、採用される可能性の低い求人への無駄な応募を避けることも可能だ。

なお、一度応募してしまったら別の手段での応募は不可であるため、注意が必要だ。つまり、コーポレートサイトから直接応募して一次面接で落ちてしまったからといって、エージェントを通して応募し直すことはできない。

キーエンスへ第二新卒で転職するメリット

年収が高い

なんといっても、キーエンスは年収が高いのが魅力だ。20代から平均年収が1000万円を超えている企業は少ない。とにかくがむしゃらに働いてお金を稼ぎたいという人にはうってつけだ。

早い成長スピード

限られた時間の中で、密度の濃い働き方をするのがキーエンス流といわれており、業務に求められるレベルはかなり高い。

20代のうちに、その環境に慣れたキーエンスの社員と一緒に働き切磋琢磨することで、かなりのスキルアップと経験を得ることが可能だ。

公正な評価

キーエンスは実力主義・成果主義であるため、評価制度も公平だ。

新卒採用の人だけが優遇されるということはない。新卒入社でも中途入社でも、男性でも女性でも、とにかく結果を出した人が正しく評価される会社だ。

世界中にクライアントを持つグローバル企業

キーエンスは海外拠点を多く持つグローバル企業だ。そのため、海外赴任のチャンスも多い。海外赴任時の年齢は、約8割が20~30歳代で、これまでの最短では入社3年目で海外赴任した人がいる。

キーエンスの事業内容

キーエンスは、ファクトリー・オートメーション総合メーカーだ。ファクトリー・オートメーション(以下、FA)とは、生産性向上を追求するために、受注、生産、出荷といった工場での一連の作業工程を、ロボットやセンサ、情報システムなどを使って自動化する流れのことだ。

キーエンスは1974年の会社設立以来、FA用センサをはじめとする高付加価値製品を通じて、生産現場の生産性・品質向上に貢献してきた。

自動車、半導体、電子・電気機器、通信、機械、化学、薬品、食品など、製造業のあらゆる分野において25万社以上の顧客との取引がある。

また、海外においても1985年のアメリカ現地法人設立をはじめ、現在では46ヵ国210拠点で事業を展開している。

キーエンスの求人内容(職種・年収など)

第二新卒でも応募可能な求人をコーポレートサイトより抜粋した。

マーケティング関連職

  • Webクリエイティブ・ディレクター 勤務地:新大阪 年収:1,000万円~1,400万円
  • データ集計・分析担当(BIツールを用いた分析のスペシャリスト)勤務地:新大阪 年収:600万円~1,000万円

データ分析関連職

  • データサイエンティスト(全社データを活用した分析・戦略立案)勤務地:新大阪 年収:500万円~1200万円
  • データサイエンティスト(機械学習を用いたサービスの顧客への提案・コンサルティング業務)勤務地:東京 年収:1,000万円~

ソフトウェア関連(技術)職

社内SE(ITインフラ運用領域)勤務地:新大阪 年収:1,000万円~1,400万円

以下に、各職種の職務内容、必須要件について記載する。

Webクリエイティブ・ディレクター職

自社Webサイト(国内・海外サイト等)の企画・運用、新商品のWeb制作・広告等のプロモーションを担当する。各事業部の要望を具現化したWebサイトを制作する重要なポジションだ。

応募必須要件は下記のいずれかだ。

・3年以上の製造メーカーの販売促進、広告宣伝部門等でWebサイトの運用経験

・3年以上の広告代理店、Web制作会社でメーカ商品のWebサイト制作の経験

データ集計・分析担当職

Webや販促活動を中心としたデータの集計・分析業務を担当。分析環境の構築、分析業務の標準化、効率化が求められる。

具体的には依頼された集計や分析内容を検討し、最適なデータの準備・レポーティング設計・各種自動化の推進を担う。データ分析のスペシャリストとしてキャリアが積めるポジションだ。

応募必須要件は下記の通りだ。

  • 2年以上のSQLを使ったデータ集計の経験
  • セルフサービス型BIツールを用いたデータ集計・分析の経験

データサイエンティスト(全社データを活用した分析・戦略立案)

全社に影響を及ぼす事業・営業戦略につながる重要なポジションだ。キーエンスが積み上げてきたビッグデータを分析し、全社の事業戦略を立案、施策化していくプロジェクトで、ビッグデータ活用のためのあるべき姿を考え、創り上げていく役割を担う。

産業界で注目の高い「AI」「クラウド」「分散処理」などの技術開発に取り組むことができ、技術のスキルを磨くことが可能だ。

応募必須要件は下記の通りだ。

  • Python/Rなど、スクリプト言語を自由に扱えること。
  • 大規模ファイルやデータベースにアクセスし、大量の構造化データから分析に必要なデータフォーマットを設計、データ加工(クレンジング)ができること。

機械学習、統計解析によるデータ分析経験があり、分析モデルを作成できる人材を求めている。

データサイエンティスト(機械学習を用いたサービスの顧客への提案・コンサルティング業務)

キーエンスの高収益の源泉である「データをもとに合理的な意思決定を行い、生産性を高める」ノウハウを型にしたソリューションサービスにおける、コンサルティングデータサイエンティスト。

コンサルティングセールス担当とペアになり、顧客が自律的にデータ活用ができる状態を目指して、データサイエンティストとしての技術的知見を活かして提案活動をする。

応募必須要件は下記の通りだ。

  • 機械学習を用いた分析を実務としており、分析モデルを作成できること。
  • 3年程度のデータサイエンティストとしての実務経験、顧客折衝・対応の経験がある、もしくは抵抗がないこと。

社内SE(ITインフラ運用領域)

キーエンスのグローバル全体でのITインフラ運用を担う。ITインフラの運用が中心だが、課題抽出からの改善企画、設計、構築も幅広く担当する。

また、経験によっては海外現地法人などのITインフラ支援業務に従事する可能性もある。

応募必須要件は下記の通りだ。

  • ネットワーク機器のパラメータ設計・構築実務経験、サーバー機器のパラメータ設計・構築実務経験
  • 中級レベルの英語スキル

内製化と外注化のバランスを重視し、自ら手が動き、インフラ設計ができ、ベンダー管理ができる人材を求めている。

キーエンスへの転職で受かりやすい人は?

キーエンスへの転職で有利な業界・職種は?

多くの職種で同職種での実績を求められているため、競合の同業種や、同職種からの転職が有利だ。

未経験からでも転職できる?

コーポレートサイトで募集をしている職種については、業務に関連する経験を応募の必須要件にしている求人しかないため、未経験での転職は難しいだろう。

ただし、エージェントのみに公開されている非公開の求人では、ポテンシャル採用の職種がある可能性もある。

また、求人票には経験必須とあっても、採用を急いでいるポジションであれば、他にそれをしのぐ経験や魅力のある人物であれば、必須要件を満たしていなくても応募可能な場合もある。未経験職種に挑戦したい場合には、まずはエージェントに登録をし、相談することを勧める。

キーエンスが求める人物像は?

キーエンスは、コーポレートサイトに記載されている「私たちの考え方」にある、

  • 最小の資本と人で、最大の付加価値をあげる
  • 目的意識を持って主体的に行動する
  • 市場原理・経済原則で考える

の3つをキーエンス全社員で共有している考え方としている。

そのため、この考え方に即した下記のような人物が求められているといえる。

  • 常に顧客に対して最大の付加価値を考えて行動できる人
  • 目的を持って自ら考え、行動できる人
  • 物事を論理的に検討する人

また、社員を徹底的に画一化し無駄のない会社運営を行っていく社風であるため、自分の個性を活かす自由なやり方ではなく、このキーエンス流の中でやっていける人が求められる。

持っていると有利なスキル・資格は?

学歴は、基本的に、大学院・大学卒以上となっている。

必要とされる主な条件は、大学院・大学卒以上の学歴だ。

また、世界に拠点を多く持つグローバル企業のため、英語をはじめとする語学力があると有利だ。

キーエンスの選考内容

中途採用の選考プロセスは、エントリー、セミナー、適性検査、面接(複数回)だ。

エントリー

コーポレートサイトのエントリー項目は、個人情報(氏名、生年月日、住所、メールアドレス等)、最終学歴、職務経歴、志望動機等だ。

セミナー

まずは、セミナーに参加し、キーエンスの理解を深めることが必須となっている。

適性検査

適性検査は、テストセンターでのSPIとされている。

面接

キーエンスの面接の特徴として、説得面接というものがある。説得面接とは、面接官からお題を提示され、3分程度の制限時間内で面接官を説得する面接だ。

たとえば、「私は●●を好んでいるが、○○を好むように説得してください。」というようなシンプルなお題だ。

説得に必要な、面接官の好んでいる理由や課題としていることを聞き出せるような質問をし、それを元に新しい視点を与え、論理的に説得できる提案ができるかどうかがポイントとなる。

また、キーエンスの面接では応募者本来の姿を見極めることを重要視しているため、付け焼刃の受け答えは即見抜かれるだろう。自分自身の言葉で受け答えができないと話にならない。

キーエンスへの転職には転職エージェントがおすすめ

キーエンスへの転職難易度は非常に高いため、書類や面接対策等、万全な準備が必要だ。そのため、コーポレートサイトや転職サイトに掲載されていない、リアルタイムで詳細な情報を多く持っている転職エージェントからの応募を勧める。

キーエンスの面接で実際に聞かれた内容や、面接を通過した人の共通点など、求人票には掲載されていない情報を豊富に持っているのが転職エージェントだ。

ただし、様々な転職エージェントがいるため、キーエンスの採用状況の実態をよく知っているエージェントを見極め、そこからの支援を受けるのがベストだ。

キーエンスの企業情報

業績(売上・営業利益)

キーエンスの業績は売上高は5000億円以上、ここ数年連続で増益となっている。

さらに、利益率も54.1%と高い水準だ。

従業員数

連結従業員数 7,941名だ。(2019年3月現在)

平均年齢

平均年齢は35.8歳と、一般的と言われている上場企業の平均年齢の40歳前後と比較するとやや若いといえる。

平均勤続年数

平均勤続年数は12.1年と、一般的に言われている上場企業の平均勤続年数の約15年と比べてやや短めだ。

離職率はおよそ3〜4%前後で、高くはない。

平均年収

キーエンスの平均年収は、2019年3月期で2,110万円だ。

この高額の年収を支えているのは、年4回(3月・6月・9月・12月)のボーナス支給だ。

年代別の平均年収(推定)は以下の通りだ。

  • 20代 1,500万~1,800万円
  • 30代 1,800万~2,300万円
  • 40代 2,300万~3,000万円
  • 50代 3,000万円~

役職別の平均年収(推定)は以下の通りだ。

  • メンバークラス 1,500万円~
  • 主任クラス   2,000万円~
  • 課長クラス   2,500万円~
  • 部長クラス   3,000万円~

平均残業時間

平均残業時間は、63~76時間/月と少なくないが、21時30分以降の残業や接待が禁じられている。平日は残業もありかなり忙しいが、土日は休むことができる。情報管理が厳しく仕事の持ち帰りが出来ないため、オンオフがはっきりしている。

職種

キーエンスの職種には、ビジネス職、エンジニア職、S職(事務職)の3職種がある。

それぞれの職種には下記のような職が含まれる。

ビジネス職

営業、販売促進、商品企画、Webマーケティング、人事、海外事業など

エンジニア職

商品開発、生産技術、コンサルティングエンジニア

S職(事務職)

所属グループ例

営業事務、販売促進、人事、総務、経理、購買、販促推進など

キーエンスの福利厚生

下記の通り、一般的な上場企業の水準の福利厚生といえる。

  • 借上住宅
  • 地域住宅補助
  • 社員持株会
  • 慶弔金(結婚・出産祝い金など)
  • 退職金(確定拠出年金など)
  • キーエンスグループ健康保険組合(人間ドック補助など)
  • 自己啓発支援(語学レッスン受講など)

まとめ

キーエンスは、非常に高年収であり、成長する機会にも恵まれる環境である。その分求められるレベルも高い。そのため、実力主義の中でガツガツ働きたい人にとっては、かなり魅力的な企業と言える。

非公開求人の可能性もあるため、タイムリーで詳細な情報を持っている転職エージェントを活用しての転職活動を強く勧める。

ぜひ登録して、キャリアアドバイザーと相談しながら転職活動を成功させよう。

【おすすめの転職サイト・エージェント】

①ビズリーチ:ハイキャリアを目指している方におすすめ

ハイキャリアの求人に特に強い転職サイトであるため、まずは登録しておきたい。

優良求人の割合が高いため、年収アップ・キャリアアップを望むなら、ぜひ活用しよう。

ビズリーチには「スカウト機能」があり、企業やヘッドハンター(転職エージェント)からスカウトメールが送られて来る。

どのくらいのスカウトメールが来るのかで、現在の自分の転職市場価値がわかるのがおすすめだ。

非公開求人の数も他のサイトと比べてかなり多いので、登録しておいて後はスカウトを待つのみだ。

公式サイトはこちら

②アクシスコンサルティング:コンサル業界志望者向け

アクシスコンサルティングはコンサル業界に特化したエージェントだ。コンサル業界に転職すると、年収UPを叶えられる可能性がかなり高い。コンサル業界を併願する方は登録しておこう。

受かるための対策はもちろん、コンサル業界の働き方やキャリアなどの「コンサルの内情」にも精通している

未経験からコンサルティング業界への転職実績もあるエージェントなので、コンサルタント志望の人はぜひ登録しておきたい。

公式サイトはこちら

③JACリクルートメント:年収UPを目指したい方におすすめ

JACリクルートメントは、グローバルのハイキャリア案件に強い転職エージェントだ。高収入を目指すなら登録しておきたい。

現年収が500万以上あり、さらに年収アップを目指すならおすすめだ。

担当コンサルタントは少数精鋭で、質の高いサポートが期待できる。

また他のエージェントとは違って、各企業ごとに担当のキャリアアドバイザーがつくのが特徴だ。

一人のアドバイザーが求職者と企業の両方とやりとりするため、求職者には役立つ情報を、企業側には求めているぴったりな人材を紹介できるので、マッチングの精度が高いと言われている。

企業の内情を深く理解した上でアドバイスをくれるので非常に為になるだろう。

公式サイトはこちら

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 アクシスコンサルティング コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。