キャリア相談室

仕事が苦痛だと思ったときにまず考えるべきこと

誰にでも、仕事が苦痛で逃げたくなるときはあるだろう。

社会人になると、

  • 一時的に辛いだけ
  • 成長を伴う辛さ
  • 我慢する価値のない理不尽な辛さ

など、様々な苦痛が考えられる。

社会人だと、何もかも我慢しようとする人が出てくるが、苦痛の原因を紐解いていくと、転職すべきだと判断できる時がある。

転職=逃げだと思い込み、いつまでも環境を変えられない人は気を付けてほしい。原因を正しく理解して、自分が居続けるべき環境なのかを見極めてほしい。

なお、普段の仕事が辛く、すでに転職を決意している人は、求人サイトとエージェントに登録し、転職活動を始めるべきだ。

苦痛が続くと、最適な判断がどんどん出来なくなっていってしまう。

なお、おすすめの求人サイトはビズリーチだ。企業やエージェント側からスカウトを受けられるので、待っていれば自分の経歴を評価してくれる企業に出会うことが出来る。

また、同時にエージェントにも登録しよう。エージェントは、フラットな立場で転職相談を聞いてくれる。あなたの環境を冷静に判断し、アドバイスをくれるはずだ。

エージェントは、自分の特徴に合ったところを選ぶことがおすすめだ。例えば、コンサル出身の人は、アクシスコンサルティング、年収がすでに高く、さらなるアップを狙っている人はJACリクルートメントだ。

あるいは、全く転職に関して知識がなく、一から業界を見ていきたい人は、リクルートエージェントに登録するのが良い。

きっとあなたの相談を親身になって聞いてくれ、冷静なアドバイスをしてくれるだろう。ぜひ行動に移してほしい。

仕事が苦痛な時の考え方

自分で変えられることとそうでないこと

結果が出ず、仕事にモチベーションが持てないなど、自分の仕事のやり方を変えれば解決できる可能性のあるものもあれば、上司とそりが合わず、なかなか解決策が見いだせないものもある。

もしあなたの努力でその苦痛から逃れることができなければ、無理せず転職することを選ぼう。いやな思いをし続けながら働けるほど、人生は長くない。

まずは変えるべく動くことが前提

先ほど、自分では変えられない場合は転職した方が良いと説明したが、もし変えられるチャンスがあれば、まずは動いた方が良い。

何もアクションを起こさないまま転職をしてしまうと、逃げ癖がついてしまう。あるいは、次の企業でも同じ目にあってしまうかもしれない。

苦痛が続き、このままで良い方向に進む可能性がないと感じた場合は、積極的に解決策を模索して行動に移そう。

変えられることとは何か

自分の能力不足

自分の能力が足りず、なかなか仕事が面白いと思えていない場合は、転職するよりも自分を変えた方がよい。

仕事の効率が悪いのか、こなしている量が少ないのか、理由を分析し、改善できないか模索した方が良い。

能力が足りないことに向き合わないまま転職しても、また同じことを繰り返す可能性が高いので注意だ。

上司、周囲とのコミュニケーション不全

先ほどの能力不足とも関連するが、周りとの関係性が築けていないがゆえに、うまく仕事を回せていない人も多い。

上司としっかり話したことがないせいで、どんなポイントが評価されていて、一方でどんなところは出来ていても評価対象にならないのかなど、理解できていないと損である。

あるいは、周りとコミュニケーションを取らないあまり、新しいプロジェクトにアサインされづらいことも多い。

周りと会話しないだけで、失うものはかなり大きいので、自分が周りに距離をおいていないか注意して見てほしい。

自分では変えにくいこと

待遇・評価

もともと会社の待遇が悪く、頑張っても評価されない場合や、評価基準が自分の強みとあまりにも異なっている場合は、転職を検討した方が良い。

特に待遇が悪い場合は、努力しても見返りがないので、他の企業で同じだけの努力をした方がましだろう。

上司の人柄・能力

上司の人柄と能力が尊敬できず、働いていて面白くない場合、異動や転職を検討すべきだ。

日本企業は、管理職といってもマネジメントに関する教育はほとんどされておらず、リスペクトできない人が多いのが事実であろう。

そんな中で目指すべき先もないまま働くよりも、一流の人材が集まった企業に身を置く方が良い。

社内の制度

社内制度が自分に合わない場合も同様だ。とあるブラック企業は、内定者の段階から説明会への動員数を競わせ、上位に入った人が入社後も優位になる。

これは極端な例だが、自分が頑張りたいと思えない方法で頑張らざるを得なくなり、その方法なしでは出世が無理な場合、早めに転職した方が良いだろう。

どう動くべきか

周りが変えられるように自分から発信する

もし変えられる範囲内のことで悩んでいる場合は、どうにか周りが変われないか発信していくことが大事だ。

なんだかんだ言っても、自分だけが悩んでいる訳ではなく、多くの人が悩んでいたりもするので、発信することで味方をたくさん見つけられるかもしれない。

会社全体の利益になることを示す

自分の提案が、会社全体にとってメリットだと感じられる場合は、人事や経営陣に発信していく方が良い。

会社にもよるが、ある程度、風通しの良い企業であれば、会社のメリットになる合理的な判断は取り入れてくれる。

自分の提案に意義があると感じられる場合は、どんどん発信していこう。

一方で注意なのは、あなたがどれだけ合理的にメリットがあることを発信しても分かってくれない場合だ。

その理由が、利益が腑に落ちないなどではなく、単にプライド的に受け入れられない、上に忖度して部下の意見を聞かないなどであればすぐに転職した方が良い。

合理的なコミュニケーションで伝わらないなら転職しよう

仕事に対する苦痛を感じ、なんとか解決しようと行動に移しても、全ての企業で受け入れられるものでもない。

日本の古い社風が残っていれば、そもそも部下の意見という時点でまともに取り合ってもらえないかもしれない。そんな時は、早めに転職を決意した方がよい。

ビズリーチに登録すれば分かるだろうが、あなたを求めてスカウトしてくる企業はいくらでも存在するし、年収や待遇が今よりもだいぶ良い企業から求められることも十分にあり得る。

また、エージェントに直接聞いてみると良いが、今は売り手市場なので、ブラックな企業は淘汰され、ホワイトな企業に人が集中するようになる。もし会社都合で苦痛を感じているのであれば、売り手市場のうちに転職活動を進めた方が良いだろう。

なお、もしエージェントに登録するのであれば、自分にあったエージェントを選ぼう。例えば、コンサル出身の人は、アクシスコンサルティング、年収がすでに高く、さらなるアップを狙っている人はJACリクルートメントだ。

あるいは、全く転職に関して知識がなく、一から業界を見ていきたい人は、リクルートエージェントに登録するのが良い。

今苦痛を感じている原因を親身になって分析してくれるので、あなたも納得して転職活動を進めることができるだろう。ぜひ行動に移してほしい。

今日は以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

ビズリーチ
キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

リクルート キャリアカーバー
ハイクラス・エグゼクティブ限定の転職サイトである。年収800〜2,000万円の求人が多数あり、レジュメ登録するとスカウトを受けることができる。ビズリーチと合わせて使うことで、それぞれの優良求人や非公開求人を逃さず収集できるのでおすすめだ。

リクルートエージェント
日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

アクシスコンサルティング
創業から17年間で約5000人の現役コンサルタントを支援、77%が非公開求人という圧倒的な数字を誇る。平均3年の長期サポートでキャリアアップを支援してくれるので、未経験からコンサル業界に挑戦したい方はまずは挑戦してほしい。