ノウハウ:第二新卒

第二新卒で富士通に転職はできるのか? 転職を成功させるポイントを徹底解説!

第二新卒で富士通に転職はできるのか? 転職を成功させるポイントを徹底解説!

国内大手電機メーカーである富士通に転職を考えている方も多いのではないだろうか? 富士通は、日本を代表するエレクトロニクスメーカーである。ITサービスの分野でのシェア率が高く、近年海外での事業展開も積極的な企業だ。

富士通のように知名度が高く転職先として人気の企業は、多くのライバルが存在する。ましてや第二新卒の方の場合は、経験年数が多い社会人の先輩たちと戦っていくため、一筋縄ではいかないだろう。そのため、それ相応の準備と対策を講じていく必要がある。

そこで今回は、第二新卒の方が富士通に転職できるのかについて解説していく。応募方法や面接の攻略法など、転職を成功させるためのポイントをご紹介していくので、最後までお付き合いいただければと思う。

先ほども述べた通り、第二新卒の方が慣れない転職活動を進めていくのは決して簡単なことではない。そこで、おすすめしたいのが転職サイトへの登録だ。登録をすることで、情報収集だけでなく、あなたの市場価値を確認することができるからだ。

なかでもビズリーチは、ハイキャリアの転職を目指す方におすすめしたい転職サイトだ。年収1,000万円以上の求人が約3割を占めており、年収アップを希望する方にぜひ利用してもらいたい。

また多くの非公開案件の情報を抱えているため、レジュメを登録しておくだけで企業からスカウトが受けられるのだ。そのため、転職初心者にとってとても心強い存在となるだろう。

また、多くのハイクラスの求人情報で有名なキャリアカーバーも今人気の転職サイトだ。登録するだけで非公開求人を検索することができると話題だ。ビズリーチと併用することで、優良求人情報を見逃すことなく転職活動を進めていけるだろう。

そして、転職サイトと一緒に利用していただきたいのが転職エージェントだ。転職活動をより効率よく進めていくためにもぜひ活用してほしい。

キャリアアップを目指したい方におすすめなのがリクルートエージェントだ。アドバイザーによる充実したサポートと求人数の多さが魅力のエージェントだ。無料で利用できるとあって、お金をかけずに安心して転職活動を進めていくことができるだろう。

また、グローバルに活躍したいけれども英語に自信がないという方におすすめなのがプログリットだ。科学的なカリキュラムと専属コンサルタントによるフォローで、短期間で英語力が向上できると今話題のコーチングサービスだ。

富士通への第二新卒での転職はできる?

結論から申し上げると、第二新卒の方でも富士通への転職は可能だ。

技術系・事務系ともに専門性の高い職種での募集が多いものの、第二新卒を歓迎している職種も存在する。そのため、大手電機メーカーへの転職を希望している方におすすめの企業だ。

富士通への応募方法

では、富士通の求人に応募する方法はどのようなものがあるのだろうか?

こちらでは、以下の3つの方法についてご紹介する。

  • コーポレートサイトから応募する
  • 転職サイトから応募する
  • 転職エージェントの紹介で応募する

実は、どのように応募するかによって内定率に大きく関わってくるということをご存知だろうか?慣れない転職活動を有利に進めていくために、おすすめしたい転職活動の進め方をご紹介していく。

コーポレートサイトから応募する

はじめにご紹介するのは、企業のコーポレートサイトからの応募する方法だ。公式ホームページなどに設置されているリクルートページから登録をする一般的なエントリーの仕方といえる。

しかし、この方法の場合は多数の応募者が殺到することが予想されるため、かなりの倍率になってしまう。そのため、書類選考を突破するだけでも相当難易度が高くなってしまうので、あまりおすすめできない方法だ。

転職サイトの求人から応募する

次にご紹介するのが転職サイトの求人から応募する方法だ。数多くの企業の情報収集をすることができる便利なツールである転職サイトの登録は、転職活動を進めていくために必須事項といえるだろう。

しかし、富士通のような大手企業になればなるほど、非公開求人として採用募集をかける場合が多いのだ。そのため、転職サイトだけではすべての情報を得ることが難しいため、この方法もあまりおすすめできない。

転職エージェントの紹介で応募する

筆者が一番おすすめする方法が、この転職エージェントの紹介での応募だ。なぜならこの方法が一番内定率が高いからだ。その理由は以下の2つが考えられる。

  • キャリアアドバイザーによる手厚いサポート
  • 非公開求人を紹介してもらえる

キャリアアドバイザーは、様々な面で応募者のサポートをしてくれる。

選考を有利に進めていくために、まず重要になってくるのがエントリーシートなどの書類の書き方だ。多くの応募者たちの中でアピールしていけるように、ご自分の強みを十分にアピールできるように書いていく必要がある。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、必要書類の書き方の指導ならびに添削まで行ってくれるのだ。そして模擬面接などの面接対策も併せて面倒をみてくれる。

転職エージェントで受けられるサポートはそれだけではない。応募者と企業の間に立ち、様々な調整なども行ってくれるのだ。面接日の調整はもちろんのこと、内定後の給与交渉まで総合的にサポートしてくれるのだ。

キャリアアドバイザーが企業に対して推薦をしてくれることによって、他の方法よりも書類選考や面接の通過率がぐんと高まってくるのだ。

無料で利用できるエージェントも数多くあるため、お金の心配をすることなく、安心して転職活動を進めていくことができるのだ。

富士通は、転職先として大変人気のため、転職希望者が数多く存在する企業だ。そのためご自分の良さを最大限に引き出し、そしてあらゆる面でサポートしてくれる転職エージェントはとても心強い存在となるだろう。

富士通へ第二新卒で転職するメリット 

では、富士通に転職するメリットはどのようなことが考えられるだろうか?

以下の3つのポイントに注目してみていこうと思う。

  1. 安定した収入を得ることができる
  2. 時間や場所にとらわれない働き方ができる
  3. 将来性のあるIT業界でキャリアアップができる

安定した収入を得ることができる

富士通は、顧客に官公庁なども多いため、安定した需要を持っている企業だ。上場している国内の電機メーカーの中でも例年上位にランクインしているため、非常に安定性が高い企業といえるだろう。

そのため、安定した収入を得ていきたいと考える方にとっておすすめの企業だ。

時間や場所にとらわれない働き方ができる

富士通では、近年働き方改革を推進しており、「フレックス制度」や「テレワーク制度」の導入を積極的に行っている。

このため、時間や場所に縛られることなく働くことが可能となり、ワークライフバランスを重視したいと考える方にとってとてもよい環境といえるだろう。

将来性のあるIT業界でキャリアアップができる

IT業界は今後の将来性を大きく期待できる分野だ。IT業界は、私たちの生活になくてはならないものであり、その将来性はとても高いものである。

一般的なサラリーマンの平均収入の440万円に比べ、富士通のような総合電機メーカーの収入は529万円と高い水準を保っている。

近年のIT業界内の深刻な人手不足により、富士通でも近年多くの求人募集がされている。そのため、IT業界への転職を目指す方たちにとって、格好の売り手市場といえるだろう。

富士通の事業内容 

富士通は、1935年に設立された日本を代表する総合エレクトロニクスメーカーであり、総合ITベンダーとしても第一線で活躍する企業だ。

ITサービスにおいては、国内でも有数のシェア率を誇っている。そして、理化学研究所と共同開発したスーパーコンピュータ「京(ケイ)」など、高い技術力を誇る企業としても有名だ。

富士通の事業領域は多岐にわたるが、大きく分けて3つの事業から成り立っている。

出典元:富士通公式ホームページ

デバイスソリューション

LSI事業(LSIとはICに比べてより集積度の高い複雑な回路をおさめた集積回路のこと)と電子部品事業から構成される事業

テクノロジーソリューション

法人営業をメインに、ITを駆使したビジネスソリューションの提案をする事業

ユビキタスソリューション

パソコン、携帯電話、モバイルウェアに関わる事業パソコン、携帯電話、モバイルウェアに関わる事業

グローバルな事業展開

富士通は、海外進出をしている日系企業との契約を結んでおり、世界100ヵ国を超える国々でビジネスを展開しているグローバル企業だ。

日本本社には、約300人の外国籍の駐在員が在籍をするなど、グローバルな環境でのキャリアアップを図っていけるチャンスがある環境といえるだろう。

今後の事業計画

出典元:富士通

富士通は、今後の事業計画として以下の3つの事業方針を柱とすると提言している。

  • フィールド・イノベーションにより、自らの革新とお客様への価値提供を追求します
  • すべての事業領域において、地球環境保護ソリューションを提供します
  • グループ各社が相互に連携し、グローバルな事業展開を加速します

このように、富士通は人・プロセス・ICTを一体化し改善していくことで、企業としての革新・新しい価値提供を追及している企業なのだ。

富士通の求人内容(職種・年収など)

こちらの章では、富士通の業種や職種、そして現在募集されている求人についてご紹介していく。

【富士通の業種】
  • 製造
  • ロジスティクス(物流)
  • 公共
  • 自治体
  • ヘルスケア
  • 流通
  • 金融
  • 官公庁
  • 文教
  • ライフサイエンス(医薬品・製薬)

【富士通の職種】

セールス・マーケティング

顧客の課題を見つけ、ICTで解決するソリューション提案をしていく職種だ。

  • ストラテジ/マーケティング
  • アカウントマネージメント
  • ソリューションセールス

ソリューション&サービスエンジニア

ICTに関する知識や様々な知恵を活かし、具体的なシステムとしてかたちにしていく職種だ。

  • コンサルティング
  • デジタルビジネスプロデュース
  • プロジェクトマネジメント
  • 業務アーキテクチャ
  • ITアーキテクチャ
  • サービスマネジメント
  • 品質マネジメント

コーポレート

富士通のものづくりを各方面からサポートする職種だ。

  • 人事・人材開発
  • 財務・経理
  • 法務・知的財産
  • 広報・宣伝
  • 購買
  • サプライチェーンマネジメント
  • 総務

ここからは、この記事を執筆時点で募集されている求人内容についてまとめてみた。どれも第二新卒の方も応募可能なものである。ご自分の職歴などと照らし合わせてみてほしい。

官公庁向けアカウントビジネスプロデューサー

官公庁向けのアカウントビジネスプロデューサーとして、新規ビジネス開拓と既存ビジネスの深耕を進め、働き方改革やDXなどのビジネスチャンスに新たな価値観の創造を目指す役職だ。

必要学歴大学院、大学卒以上
必須条件◆受注管理等の営業経験がある方
◆ICTの知識がある方
歓迎条件◆DXビジネスへの興味関心
◆国の政策への興味関心
◆変革をリードできる人材
勤務地汐留
給与<予定年収>
450万円~900万円(残業手当:有)

<月給>
281,250円~562,500円
基本給:281,250円~562,500円

営業(ICTパートナー)

小売業大手の顧客のメインICTパートナーとして顧客の事業を支えるとともに、DX化の取り組みを推進する職種だ。

必要学歴大学院、大学卒以上
必須条件営業もしくはコンサル等、顧客折衝経験がある方
歓迎条件記載なし
勤務地汐留
給与<予定年収>
450万円~900万円(残業手当:有)

<月給>
230,000円~
基本給:230,000円~

営業(デジタルビジネス)

大手銀行向けのデジタルビジネスの営業を担当する職種だ。アカウント営業として、顧客との関係を構築し、デジタルビジネスを中心としたソリューション検討、ならびに新規ビジネスの企画や実施を行う。

必要学歴大学院、大学卒以上
必須条件◆EXCEL(多少の関数)/Powerpoint
 基本的なオフィスツールが使える
◆IT業界におけるアカウント営業経験
 または金融業界での本部経験 
歓迎条件SEやIT技術者
勤務地汐留
給与<予定年収>
450万円~900万円(残業手当:有)

<月給>
230,000円~
基本給:230,000円~

広報

富士通の社外広報担当として、メディア対応やプレスリリース発信、取材対応などを行う職種だ。

必要学歴大学院、大学卒以上
必須条件◆広報経験
◆マーケティング部門などでの経験
(SNS等オウンドメディアを活用した新たな情報発信)
◆日常会話レベルの英語力(英語中級レベル)
歓迎条件准PRプランナー(1、2次試験合格者)
勤務地東京
給与<予定年収>
450万円~900万円(残業手当:有)

<月給>
281,250円~562,500円
基本給:281,250円~562,500円

アプリケーションの導入・サポート

製薬業・医療機関をターゲットとした富士通のソリューションである「DDworks21シリーズ」の導入、サポートを中心に担当する職種だ。

必要学歴◆学歴不問
必須条件SEとしてシステム導入プロジェクトに参画した経験
歓迎条件◆製薬業界(ライフサイエンス)の経験
◆医療業界(ヘルスケア)の経験
勤務地東京
給与<予定年収>
500万円~800万円(残業手当:有)

<月給>
270,000円~
基本給:270,000円~

これらの職種以外にも、多くの求人が募集されている。IT業界は今絶好の売り手市場のため、転職するのにとてもよいタイミングといえるだろう。

より多くの情報を得るためにも、転職サイトや転職エージェントの登録は必須だ。ぜひこの機会に登録をし、より多くの求人情報をチェックしていただきたい。

富士通への転職で受かりやすい人は? 

こちらの章では、富士通への転職に有利な人材とはいったいどのようなタイプなのだろうか? 有利な業界・職種をはじめ、富士通が求める人物像などについても触れていこうと思う。

富士通への転職で有利な業界・職種は?

富士通の中途採用の場合、どの職種においても専門性の高いポジションでの募集が多いのが特徴といえる。そのため、同職種内での転職が成功するための大きなポイントとなるだろう。

もちろん、異業界からの転入を歓迎している職種も多く存在する。今までのキャリアを活かすためにも、同職種内での転職をおすすめする。

未経験からでも転職できる?

先ほども述べた通り、専門性の高い職種の募集が多くあるため、全くの未経験からの応募は難しいといえるだろう。

それまでのご自分のキャリアや経験を十分に活かせるのは、どのような職種なのかをきちんと精査した上で応募してみてほしい。

富士通が求める人物像は?

では、富士通が求める人物像とはどのようなものだろうか?

富士通は、以下の人材を求めていると提言している。

  1. 未知なるものに対して、楽しんで取り組むことができる人
  2. 志を持って、挑戦・探究し続けることができる人
  3. 困難なことに対して、最後までやり遂げることができる人

これらの要素とご自分の強みを照らし合わせて、自己PRの内容に取り入れていこう。

持っていると有利なスキル・資格は?

スキルや資格は、それぞれの職種によって異なってくるが、すべての職種において共通するのが、英語をはじめとした語学力だ。

海外での事業展開も活発な富士通だからこそ、必須の条件といえるだろう。最低でもTOEIC600点レベルの英語力は持っておきたいところだろう。

ご自分の英語力に自信がない方や、転職する前に短期間で英語力をアップしたいとお考えの方におすすめなのが、英語コーチングサイトのプログリットだ。

科学的なカリキュラムと専属コンサルタントによるフォローで、短期間で英語力がアップすると今話題のコーチングサービスで、国内にいながら留学さながらの英語環境を作ることができるのだ。興味のある方は、オンライン無料カウンセリングに申し込んでみよう。

富士通の選考内容

こちらの章では、富士通の選考内容についてまとめている。

富士通の実際の選考の流れは以下の通りだ。

  • 書類選考
  • 面接(一次・最終)・適性検査
  • 内定

書類選考

富士通の選考では、まず書類選考が実施される。職務経歴書やエントリーシートなど、ご自分の今までの経験やスキル、そして保有資格などについて記載していく。

そのなかでもエントリーシートは、応募者の特性や強みを表現し、他の応募者との差をつけるための重要な役割を果たしていく。些細な経験であったとしても、前職の業務経験や具体的なエピソードなどを積極的に盛り込んでいってほしい。

エントリーシートなどの書類の書き方に悩んでいる方は、ぜひ転職サイトの力を借りながら転職活動をしていこう。

特にビズリーチは、国内の数多くの優良企業や大手上場企業などのハイキャリア向けの求人情報を提供していることで人気の転職サイトだ。年収1,000万円以上の求人が約3割りを占めていることでも有名だ。そのため、年収を上げていきたいと考える方におすすめだ

非公開案件も多数抱えているため、登録しておくだけで企業からスカウトが受けられるのもうれしいポイントだ。転職初心者にはとても心強い存在となるだろう。

また、ビズリーチ以外にもハイクラスの求人が集まることで今話題なのが転職サイトのキャリアカーバーだ。

レジュメを登録するだけでも非公開求人を検索することができることも大きなポイントだ。ビズリーチと併用していくことで、魅力的な求人情報を逃すことなくキャッチしていくことができるだろう。

なかでも転職初心者にとっておすすめの転職エージェントは、ビズリーチだ。アドバイザーによる手厚いサポートが人気の日本最大級の転職エージェントだ。慣れない転職活動を効率よく進めていくために、登録しておいて損はないはずだ。

面接・適性検査

富士通の中途採用の選考では、2回の面接が予定されている。

一次面接は、部長クラスの現場社員との面接が設定される。一次面接のタイミングで、WEBでの適性検査も行われる。

最終面接は、人事部長との面接が予定されている。

出典元:Fujitsu Way

富士通の面接の攻略ポイントは、富士通グループの企業理念であるFujitsu Wayを理解することが大切だ。このFujitsu Wayとは、以下の3つの概念から成り立っている。

  • パーパス(存在意義)
  • 大切にする価値観
  • 行動規範

これら3つの概念のキーワードとして、以下のものが挙げられる。

  • 価値創造
  • 変革
  • 挑戦
  • 信頼
  • 共感

上記のキーワードが、富士通が重要としているポイントだ。そのため、筆者が考えた面接時にアピールすべきポイントは以下の通りだ。

  • 新しい価値観を創造するために変革を恐れず挑戦する姿勢
  • 相手との信頼関係を築くために、コミュニケーションを大切にし、共感する姿勢

これらの要素を面接で伝えていくことで、富士通にマッチした人材であることをアピールできるといえるだろう。

次に、面接での質問内容について触れていこう。実際に質問された内容は以下だ。

  • なぜその職種を選んだのか?
  • なぜ富士通なのか?
  • 前職での経験をどのように活かしていくか?
  • やる気を出す方法は?
  • 面接時に紹介された富士通の商品についてのプレゼン

質問内容は特殊なものではなく、一般的な質問が多い印象だ。ひとつの質問内容に対して深く掘り下げていくパターンも予想されるため、より徹底的な自己分析と企業研究をした上で、面接に挑んでいってほしい。

面接の中では、しっかりとした志望動機をアピールできるかも大きなポイントだ。そのためには、徹底的な競合他社の研究を行っていく必要がある。競合他社との比較をしながら、富士通を選んだ理由についても語れるようにしておこう。

最低限でも以下の企業についてのリサーチをしておこう。

  • NEC
  • SHARP
  • パナソニック
  • 日立製作所
  • 東芝
  • ソニー
  • 三菱電機

富士通へ転職するには転職エージェントがおすすめ

こちらの章では、富士通に転職を希望する第二新卒の方におすすめの転職サイト・転職エージェントについてご紹介しようと思う。

転職活動初心者の方たちの手となり足となって、様々な面でサポートしてくれる心強い存在だ。それぞれの特色や特色について詳しくみていこう。

転職サイトのおすすめその1 ビズリーチ

BIZREACH

筆者が一番おすすめしたい転職サイトはビズリーチだ。

3500人以上のヘッドハンターや人事担当者からダイレクトにスカウトされることで話題となっている。サービスの質も高く、信頼が置ける転職サイトなのだ。

登録するだけでスカウトを受けることができるのが特徴だ。自ら求人を探す必要がなく、魅力的な求人にのみにリアクションすればよいため、早い方で数週間のうちに転職が決まることもある。そのため、時間がない方や短期間に転職を考えている方におすすめだ。

ハイクラスな転職を目指している方にはぜひ登録していただきたい転職サイトだ。

公式サイトはこちら

転職サイトのおすすめその2 キャリアカーバー

CAREER CARVER

転職活動をスタートさせたばかりの方にはビズリーチがおすすめだが、よりハイクラスな転職を望む方にはキャリアカーバーもおすすめだ。

次のような職種に特化しているため、その転職成功率の高さにも定評がある。

  • 金融系
  • マーケティング関係
  • 機械・エンジニア系
  • 各業種に特化したコンサルタント
  • 経営・事業企画全般

また、レジュメを登録するだけで非公開求人を検索することができることも大きなメリットだろう。ビズリーチと併せて活用することで、優良求人情報をより効率的に集めることができ、より充実した転職活動を進めていくことができるはずだ。

公式サイトはこちら

転職エージェントのおすすめその1 リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、完全無料の転職エージェントとしてとても人気だ。無料とは思えないほどのハイクオリティーなサービスが受けられるため、多くの転職者が利用しているエージェントなのだ。

リクルートエージェントの魅力は以下だ。

  • 業界トップクラスの圧倒的な求人数の多さ
  • 面接対策など手厚いサポートが充実
  • エージェントの交渉力の高さ
  • 内定率の高さ

転職活動がはじめての方やまだエージェントに登録していたことがない方におすすめしたい。

公式サイトはこちら

富士通の企業情報

こちらの章では、富士通の企業情報についてまとめている。平均年齢や平均収入、そして気になる福利厚生についても記載してあるので、ぜひチェックしてほしい。

業績(売上・営業利益)

出典元:富士通公式サイト

売上

2015年 ー 47,392

2016年 ー 45,096

2017年 ー 40,983

2018年 ー 39,524

2019年 ー 38,577

(単位:億円)

営業利益

2015年 ー 1,206

2016年 ー 1,288

2017年 ー 1,824

2018年 ー 1,302

2019年 ー 2,114

(単位:億円)

従業員数

129,071名(2020年3月31日現在)

平均年齢

43.6歳

平均勤続年数

男性:20.3年
女性:16.1年

平均年収

798万円

【年代別平均年収】

男性平均年収女性平均年収
20代504万円451万円
30代729万円599万円
40代870万円724万円
50代973万円830万円

平均残業時間

40〜50時間

富士通の福利厚生

休日・休暇休日(2019年度年間休日129日)
休暇:有給休暇(初年度20日)完全週休2日制(土曜日・日曜日)
祝日、年末年始、特別休日

積立休暇、リフレッシュ休暇、育児休職制度、介護休職制度など
保険雇用、労災、健康、厚生年金保険
その他通勤費補助支給、ファミリーアシスト給付、家賃補助、寮(当社規定による)、社員持株、財形貯蓄、各種保養施設 等

まとめ

ここまで、第二新卒が富士通に転職できるかについて解説してきた。近年のIT業界の売り手市場により、大手電機メーカーに転職希望の方にとってよいタイミングといえるだろう。

富士通は、IT業界からの転職希望者にもおすすめだが、IT業界未経験の方たちにもぜひ挑戦していただきたい企業だ。

IT業界未経験の方には、営業職としての転身をおすすめする。営業職での経験を積むことで、IT業界内でのさらなるキャリアアップが望めるからだ。これからの時代を生き抜くためにも、IT業界への転職は早ければ早いほどよいだろう。

中途採用の実績も多い企業だからこそ、多くの転職希望者が集中することが考えられる。慣れない転職活動を成功に導くためにも、ぜひ転職サイトや転職エージェントを活用した転職活動を進めていこう。

ハイキャリアの転職を実現させていくために、ぜひ転職サイトのビズリーチへの登録をおすすめする。企業やエージェントからのスカウトが受けられるため、効率よく転職活動を進めていけるのだ。仕事に忙しい方であっても利用しやすい転職サイトといえるだろう。

また、ビズリーチと併せて活用してほしいのが、ハイクラスの求人が揃うキャリアカーバーだ。幅広い業界とのコネクションがあるため、転職成功率の高さが評判の転職サイトだ。

そしてより充実した転職活動にするために、転職サイトと併せて複数の転職エージェントへの登録も必須だ。

特にリクルートエージェントは、業界屈指の案件数と充実したサポート体制が魅力の日本最大級の転職エージェントである。

転職活動を成功させるためには、しっかりとした事前準備を行う必要がある。事前準備とは、企業分析や業界研究だけではない。徹底した自己分析が最も重要なポイントといえるだろう。

「なぜ富士通でなければいけないのか」という明確な志望動機を伝えられるようにしておこう。

筆者のお勧め転職サービス

ビズリーチ
キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

リクルート キャリアカーバー
ハイクラス・エグゼクティブ限定の転職サイトである。年収800〜2,000万円の求人が多数あり、レジュメ登録するとスカウトを受けることができる。ビズリーチと合わせて使うことで、それぞれの優良求人や非公開求人を逃さず収集できるのでおすすめだ。

リクルートエージェント
日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

アクシスコンサルティング
創業から17年間で約5000人の現役コンサルタントを支援、77%が非公開求人という圧倒的な数字を誇る。平均3年の長期サポートでキャリアアップを支援してくれるので、未経験からコンサル業界に挑戦したい方はまずは挑戦してほしい。