ノウハウ:第二新卒

第二新卒でNTTドコモへの転職は可能? 採用方法や選考方法について徹底解説!

第二新卒でNTTドコモへの転職は可能? 採用方法や選考方法について徹底解説!

携帯三大キャリアの中でも幅広い世代から支持を集めるNTTドコモは、転職希望者に大変人気の高い企業だ。

そこで今回は第二新卒の世代の方たちに焦点を当て「第二新卒でNTTドコモに転職できるのか」について徹底解説していく。

面接の内容や現在募集中の職種はもちろんのこと、NTTドコモへの転職を成功させるためのポイントについて深く掘り下げていこうと思う。

この記事を読んで、NTTドコモへの転職が果たしてご自分にあっているのかを確認していただきたい。そして転職を希望される方たちにとって、この記事が内定をつかみとるためのヒントになればと思う。

慣れない転職活動を進めていく上で、非常に役に立つのが転職サイトや転職エージェントの存在だ。

転職活動を行っていく際は、まず転職サイトへ登録することからはじめてみよう。

特にビズリーチは、国内の多くの優良企業や大手上場企業をはじめ、ハイキャリア向けの求人と出会えることで人気の転職サイトだ。

年収1,000万円以上の求人が3分の1以上を占めていることから、年収アップを目指したい方にぜひ利用していただきたい非公開案件の情報があり、登録しておくだけで企業からスカウトが受けられるため、転職初心者にはとても心強い存在となるだろう。

また、ビズリーチ以外にもハイクラスの求人が集まることで人気のキャリアカーバーもおすすめの転職サイトだ。

レジュメを登録するだけでも非公開求人を検索することができることも大きなポイントだ。ビズリーチと併用することで、優良求人情報を見逃すことなく転職活動を進めていけるだろう。

また、転職をさらに有利に進めたいのであれば、自分の志向にあった転職エージェントを併用しよう。

確実にキャリアアップを目指すためにはリクルートエージェントへの登録がおすすめだ。完全無料で利用でき、アドバイザーによる手厚いサポートと求人数の多さが魅力のエージェントだ。

そして、コンサルを目指す方におすすめしたいのが、アクシスコンサルティングだ。コンサル業界出身のキャリアコンサルタントが多く在籍しているのが大きな特徴である。

内定を取るための対策はもちろんのこと、転職後の働き方やキャリアの積み方などについても詳しくアドバイスをしてくれるため、転職活動をしていく上でとても頼りになる存在となるだろう。

あなたの市場価値を知るために、転職サイトや転職エージェントのサービスはとても有効的といえるだろう。記事の後半で、それらの活用方法などもご紹介していくので最後までお付き合いただければと思う。

また、グローバルに活躍できるポジションへの転職を考えているが、英語に自信がないという方にまずおすすめするのはプログリットだ。科学的なカリキュラムと専属コンサルタントのフォローで、短期間で英語力が改善すると今注目のサービスだ。

Contents

NTTドコモへの第二新卒での転職はできる? 

NTTドコモへの転職を考える上で気になるのは、第二新卒世代の転職事情についてだ。結論から申し上げると第二新卒でもNTTドコモへの転職は可能だ

しかし、日系企業の多くがそうであるように、NTTドコモは以前から新卒採用をメインにリクルーティングをしている企業だ。そのため中途募集が出た際は多くの志願者が殺到することが想定される。

また、最近では新規事業であるdポイント関連の求人が増えているため、第二新卒を含めた中途採用にとって絶好の機会といえるのだ。

採用の機会が増えているといっても、第二新卒の若手世代が中堅レベルの応募者と互角に戦っていくためにはそれ相応の対策が必要となってくる。具体的な対策については、これから詳しく解説していくので、ぜひ最後までお付き合いいただければと思う。

NTTドコモへの応募方法 

NTTドコモの転職難易度は、大手日系企業の中では一般的なレベルといえるだろう。しかし、どのような方法で応募するかによって採用確率も大きく変わってくることをご存知だろうか?

そこで、NTTドコモに転職する際の応募方法についてまとめてみた。

  • 企業HPから応募する
  • 転職サイトの求人から応募する
  • 転職エージェントの紹介で応募する

それぞれの応募方法について詳しくみていこう。

企業HPから応募する

まずご紹介するのは、企業のコーポレートサイトよりエントリーする方法だ。

一番スタンダードなエントリー方法であり、多くの志願者がこの方法でエントリーする。そのためNTTドコモのような人気企業の場合、志願者が殺到してしまうため書類選考を突破するのさえも難易度が高くなってしまう。

そのため、この方法はあまりおすすめできない。

転職サイトの求人から応募する

2つ目にご紹介するのは転職サイトからエントリーする方法だ。

転職サイトは、転職活動をする上でなくてはならない存在といってもいい。様々な業界や業種の情報を一気にチェックすることができるため、情報収集するための必須アイテムなのだ。

しかし、NTTドコモのような大手企業の場合は、一般公開しない非公開求人を扱う可能性があるのだ。そのためすべての情報をキャッチできないことも考えられるため、あまりおすすめできない方法といえる。

転職エージェントの紹介で応募する

最後にご紹介する方法は、転職エージェントの紹介でエントリーする方法だ。

実はこの方法が一番内定率が高く、そして効率よく転職活動を進めていくことができるため、筆者が一番おすすめしたい方法なのだ。

その他にも次のようなメリットもある。

  • キャリアアドバイザーの手厚いサポートが受けられる
  • アドバイザーが推薦してくれるため、他の方法より書類選考や面接通過しやすい
  • 非公開求人の情報も発信してくれる

転職サイトのサービスにはない「キャリアアドバイザー」というサポーターがいることが大きなポイントなのだ。

キャリアアドバイザーがあなたの代わりとなり、様々なサポートを行ってくれる。例えば、面接日などの調整や、面接指導や書類添削、そして驚くことに内定後の給与交渉までも担当してくれるのだ。

ありがたいことに、無料で利用できるエージェントも多く存在する。お金をかけずに様々なサポートが受けられるため、慣れない転職活動も安心して取り組んでいけるだろう。

NTTドコモはとても知名度も高く、安定した転職先として大変人気の企業だ。他の応募者との差をつけていくためにも、転職エージェントのサービスをフル活用していってほしい。きっとあなたの転職活動において重要な役割を果たしてくれるはずだ。

NTTドコモへ第二新卒で転職するメリット 

NTTドコモへ第二新卒で転職するメリット

NTTドコモへ転職するメリットは、以下の3つが考えられる。

  • ライフワークバランスが取りやすい
  • 成長機会が多くある社風
  • ボーナスや福利厚生などが充実している

それぞれの内容について詳しくみていこう。

ライフワークバランスが取りやすい

NTTドコモは、ワークライフバランスが取りやすい社風であることで有名な企業だ。

その理由は以下の3つだ。

  • 徹底した残業制限
  • 有給消化率100%
  • 育休取得率が高く、子育て世代も働きやすい

徹底した残業制限により、20時以降の残業は原則的にNGだ。また週に2回の残業自粛日を設けることで、社員のほぼ全員が定時に退社する仕組みができている。

また100%の有給取得率を義務化していることで、他の企業に比べて有給が取りやすい環境といえる。

そしてNTTドコモは、育児休暇取得率が年々増加傾向にある。2018年度の育児休暇取得者は、女性で596人、男性で43人と近年では男性の取得率の増加も顕著だ。

そのほかにも、妊娠中の通勤緩和措置や、育児のために1日2回(各45分以内)の育児時間も取得できる。

このように、NTTドコモは社内全体における働き方改革に取り組むことにより、社員の働きやすい環境を整備するよう心がけているのだ。

成長機会が多くある社風

NTTドコモは、定期的なジョブローテーションを通じて様々な職種を経験できる。経験を積んでいくことで、大きなプロジェクトにも関わることができるため、強いやりがいを感じることができるだろう。

また教育・研修制度もとても充実していることでも知られている。資格取得に対する報酬制度を設けるなど、社員のスキルアップにも力を入れている企業なのだ。

ボーナスや福利厚生などが充実している

NTTドコモの特徴として、年収における賞与の比率が他社に比べて高いことが挙げられる。成果によってボーナスの額も変動するが、あまり上下がない。また住宅購入後に利子を補填してもらえる制度や社宅制度など、福利厚生が充実しているのも魅力のひとつだ。詳しくは後述の「NTTドコモの福利厚生」にて解説しているので参照されたい。

基本的に降格もなく減給もないため、とても安定した環境で働くことができるのだ。

NTTドコモの事業内容 

出典元:NTTドコモ

NTTドコモは1991年に設立され、携帯電話などの無線通信サービスでの知名度が高い通信業界大手の企業であり、NTTの子会社のひとつだ。

主な事業内容は大きく分けて以下の3つがある。

通信事業携帯電話サービス光ブロードバンドサービス衛星電話サービス
スマートライフ事業dマーケットを通したサービス動画配信音楽配信電子書籍サービス金融・決済サービスなど
その他の事業補償サービスシステムの開発・販売など

NTTドコモの事業内容の中核となっているのが通信事業だ。

docomoの名称は “Do Communications over the Mobile network” (移動通信網で実現する、積極的で豊かなコミュニケーション)の頭文字をとってつけられたものだ。それだけ、NTTドコモの通信事業にかける思いが強いといえるだろう。

出典元:総務省HP

総務省の発表によると、国内の携帯キャリアの契約台数が38.1%を維持するなど、そのシェア率はとても高い。最近では格安キャリアが台頭しているのにも関わらず、なお高い水準を保っている。それだけ多くの人たちに信頼され、愛されている企業なのだ。

通信事業以外にも、自社のネットワークを活かした事業を展開している。dポイントサービスや、AIタクシー、そしてICT分野に関する事業にも大変力を入れている。

今後は、5Gの導入に伴う新しいサービスの提供や新規ビジネスへの参入などの事業を展開していくとしている。このようにNTTドコモは、今後も通信分野のリーディングカンパニーとして活躍することがおおいに期待されている企業なのだ。

NTTドコモの求人内容(職種・年収など) 

NTTドコモの主な職種は大きく分けて事務系職種と技術系職種がある。具体的なものについてまとめてみた。

事務系職種
  • 代理店コンサルティング営業
  • 法人ソリューション営業
  • サービス企画・マネジメント
  • コンシューマ企画・法人企画
  • マーケティング
  • 人事など
技術系職種
  • 先端研究開発
  • 法人ソリューション企画・開発
  • コンシューマサービス企画・開発
  • ネットワークデザイン

今回は正社員に的を絞り、求人情報をまとめてみた。(2020年8月28日現在)

今回ご紹介するのは、以下の4つの職種の求人情報だ。

  • ゲームビジネスの戦略立案・企画開発
  • 自社ポイント・決済サービスにおける加盟店開拓営業
  • 【教育業界向け】ICTソリューションの法人営業
  • デジタル広告の企画・マーケティング

ゲームビジネスの戦略立案・企画開発 

ゲームビジネスをテーマに戦略立案・数値管理・事業推進・運営業務を担当する職種だ。ゲーム配信を行うプラットフォーム事業やゲームの企画開発など幅広い分野での活躍が期待される。

【必要学歴】

大学院、大学、短期大学、専修・各種学校、高等専門学校卒以上

【必須条件】 

  • ゲームまたはインターネットサービスの新規企画・開発・運用経験がある方
  • ゲームへの強い関心

【歓迎条件】

  • 協業先への企画提案力および折衝能力
  • 予算管理経験、効果検証を元にしたPDCAスキル
  • 経営企画や事業企画での、営業管理業務や戦略立案業務に関わった経験
  • 事業会社におけるM&A、企業投資等ファイナンス領域での実務経験、法務知識
  • 事業会社における事業開発業務の実務経験

【給与】

<予定年収>
500万円~700万円(残業手当:有)

<月給>
255,000円~
基本給:198,000円~
その他固定手当:57,000円~

自社ポイント・決済サービスにおける加盟店開拓営業 

dポイントならびにd払いの加盟店を中心とした新規開拓、そしてアライアンス運営を担当する職種だ。

【必要学歴】

大学院、大学卒以上

【必須条件】

  • 大手法人ユーザへの営業、コンサルティング経験2年以上
    (法人営業の戦略策定経験、企業内外のプロモーション企画業務経験など)

【歓迎条件】

  • マーケティング、デジタルマーケティングの知見
  • リアル店舗(流通/小売)への販促サービス、決済サービス、広告ビジネスのコンサルティング及び営業経験
  • EC業界への営業経験
  • B2B2Xビジネスの企画、推進経験

【給与】

500万円~700万円(残業手当:有)

<月給>
255,000円~
基本給:198,000円~
その他固定手当:57,000円~

【教育業界向け】ICTソリューションの法人営業

教育タブレットや周辺事業の拡大に向けた営業支援活動や企画業務にあたる職種だ。

主に小中高の教育業界においてICT環境の整備やアプリの提案、アフターサービスを行うことが課題とされている。

【必要学歴】

大学院、大学卒以上

【必須条件】

  • 法人営業経験 2年以上
  • iPadやChromebookなど端末やOSに関する知識
  • 円滑なコミュニケーションスキル

【歓迎条件】

  • 教育ICT分野に関わる営業経験
  • プロジェクトマネージメント経験

【給与】

500万円~700万円(残業手当:有)

<月給>
255,000円~
基本給:198,000円~
その他固定手当:57,000円~

デジタル広告の企画・マーケティング

NTTドコモの広告ビジネスの拡大に向け、新たな広告ビジネスにおける商品企画全般を担う職種だ。

8000万を超える会員データをもとにビジネス企画が行えるため、データ分析のスキルが身につくのが魅力だ。

【必要学歴】

大学院、大学卒以上

【必須条件】

  • webマーケティングの経験(事業会社・代理店不問)
  • データ抽出、分析の経験

【歓迎条件】

  • 自社データを活用したサービス企画経験
  • データエンジニア、データサイエンティストとしての経験

【給与】

<予定年収>
600万円~800万円(残業手当:有)

<月給>
330,000円~
基本給:220,000円~
その他固定手当:110,000円~

それぞれの職種によって必要なスキルや応募条件が異なるため、応募する際には事前によく確認をしておこう。

NTTドコモへの転職で受かりやすい人は? 

では、いったいどのような人がNTTドコモに受かりやすいのだろうか?転職に有利な業界や職種をはじめ、未経験者の採用やNTTドコモが求める人物像などについて詳しくまとめてみた。

NTTドコモへの転職で有利な業界・職種は?

NTTドコモへの転職に有利な業界や職種は、応募する職種によって大きく異なってくる。

職種によっては異業種や異業界も歓迎されているため、ぜひそれぞれの職種の応募条件をチェックしていただきたい。

未経験からでも転職できる?

未経験からでも転職できる?

NTTドコモでは、新規事業における第二新卒向けの職種がいくつか募集されている。そのため、経験が浅い方や未経験の方であっても挑戦できる職種はある。

もちろん、ポテンシャルの高さだけでは採用されない。前職での実績や人間性がとても重要になってくる。NTTドコモが求める人物像を理解した上で、自己分析を重ねていこう。そうすることで、採用への可能性がアップしていくはずだ。

NTTドコモが求める人物像は?

NTTドコモが求める人物像に関するキーワードは以下の3つだ。

  • 挑戦心
  • 行動力
  • 発想力

挑戦心では、新しいコミュニケーション文化を創造していくために発生し得る様々な問題を解決すべくチャレンジしていく姿勢が求められている。

行動力とは、実現したい思いを実らせるために辛いことがあっても最後までやり遂げる力のことを指している。

発想力では、既存の概念にとらわれることなく、柔軟な考えで新しい価値を作り上げていくことが必要としている。

NTTドコモでは、これら3つのキーワードを最大限に発揮し、新しいものや未来を創造していける力強い気持ちを持った人材を求めているのだ。

NTTドコモの選考内容

NTTドコモの選考の流れは以下の通りだ。

  • 書類選考
  • 1次面接
  • 適性検査
  • 最終面接

それぞれの内容について詳しくみていこうと思う。

書類選考

内定を勝ち取るための第一関門が、この書類選考だ。

なかでもエントリーシートは、応募者の特性や強みを表現するためにとても重要な役割を果たす。そのため前職での業務経験やそこで得た知識やスキルなは、積極的に記入していこう

NTTドコモのような大企業の採用の場合、多くの応募が集まることは必須だ。そのため他の応募者との差をつけるためにも、エントリーシートをはじめとした書類の書き方をぜひ工夫してほしい。

そこで活用してほしいのが、転職エージェントだ。転職エージェントでは、書類の書き方の指導や添削などをとても丁寧に行ってくれるのだ。

なかでも、日本最大級の転職エージェントであるリクルートエージェントがおすすめだ。選考におけるサポートがとても手厚いので転職活動を始めたばかりの方は登録して損はないはずだ。

あなたの魅力を最大限引き出すためにも、ぜひ転職エージェントのサービスをフル活用していただきたいと思う。

適性検査

NTTドコモの適性検査は以下の2種類から構成されており、その大半が性格診断のような問題だ。

適性検査A
  • 質問回答形式(約15分)
  • 図形貼付形式(約15分)
適性検査B(webテスティング)
  • 基礎能力検査(約35分)
  • 性格適正検査(約30分)

適性検査の対策としては、基礎能力検査と呼ばれるSPIの問題を事前に解いておくことだ。参考書やアプリを活用しながら、不得意分野の対策を重点的に行っていこう。

また、回答した内容はその後の面接の内容にも関わってくることになるため、記入した内容とかけ離れないように注意していただきたい。

最終面接

NTTドコモの面接は、1次面接と最終面接の計2回設定されることが一般的だ。1次面接では人事担当者と、最終面接では複数の役員との面接がそれぞれ30分〜1時間程度行われる。

NTTドコモの面接で実際に質問された内容は以下の通りだ。

  • 前職の退職理由について
  • NTTドコモへの志望動機
  • 入社後に働いているイメージについて
  • ドコモのサービスで一番好きなもの、そして改善すべきだなと思うもの
  • ドコモの経営課題とは何か?
  • 競合他社との違いとは何か?
  • ドコモショップの店長として働くとしたら、どのようなことに力を入れるか?

実際にNTTドコモで働くイメージに関する質問も多くされている。自分が入社した後のキャリアビジョンはもちろん、働いてみて感じるであろう課題や自分の力が発揮できる分野について事前に掘り下げて考えておく必要がある。

面接を受ける際のポイントとなるのは、競合他社との比較がきちんとできているかということだろう。NTTドコモのサービスや製品情報はもちろんのこと、NTTドコモの取組みや経営課題などについても事前にリサーチをし、自分なりの考えをまとめておいてほしい。

また、NTTドコモの面接では問題解決能力を重視する傾向がある。そのため、以下のポイントにぜひフォーカスしてほしい。

  • 物事を客観的に捉え、課題を明確にすること
  • 課題をどのように解決していくか

例えば、自分の弱みや失敗談に関する質問があった際に、具体的なエピソードを用いながら、論理的に解決方法を見出していくことがとても大切なのだ。そのため、退職理由や志望動機も含めて、事前準備を入念にしておくことが重要だ。

NTTドコモへの転職するには転職エージェントがおすすめ  

こちらの章では、NTTドコモに転職を検討する第二新卒の方におすすめしたい転職サイトと転職エージェントについて紹介していこうと思う。

様々な面でサポートしてくれるアドバイザーの力を借りながら、転職活動をより充実したものにしていってほしい。

転職サイトのおすすめその1 ビズリーチ

BIZREACH

先ほども少し述べたが、転職サイトでおすすめしたいのはビズリーチだ。

3500人以上のヘッドハンターや人事担当者から直接スカウトを受けられる転職サイトである。

レジュメを登録しておけばスカウトを受け取ることができ、魅力的な求人にのみ反応すればよいため、早い方で数週間で転職が決まることも多い。そのため、忙しい方や、すぐに転職したいとお考えの方にぜひ利用していただきたい。

サービスの質も高いので信頼が置ける。ハイクラスな転職を希望している方にはぜひ登録していただきたい転職サイトだ。

公式サイトはこちら

転職サイトのおすすめその2 キャリアカーバー

CAREER CARVER

転職活動をまず始める方にはビズリーチがおすすめだが、よりハイクラスな転職を望む方にはキャリアカーバーもおすすめだ。

次のような職種に特化しているため、その転職成功率の高さにも定評がある。

  • 金融系
  • マーケティング関係
  • 機械・エンジニア系
  • 各業種に特化したコンサルタント
  • 経営・事業企画全般

また、レジュメを登録するだけでも非公開求人を検索することができることも大きなポイントだ。ビズリーチと併用することで、優良求人情報を見逃すことなく転職活動を進めていけるだろう。

公式サイトはこちら

転職エージェントのおすすめその1 リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、完全無料の転職エージェントとして人気だ。無料といっても、かなり質の高いサービスが受けられるとあって多くの転職者が利用しているエージェントなのだ。

リクルートエージェントの魅力は以下だ。

  • 業界トップクラスの圧倒的な求人数の多さ
  • 面接対策など手厚いサポートが充実
  • エージェントの交渉力の高さ
  • 内定率の高さ

転職活動がはじめての方や、まだエージェントに登録していない方などにおすすめしたい。

公式サイトはこちら

転職エージェントのおすすめその2 アクシスコンサルティング

コンサル業界に特化したエージェントとして有名なのが、アクシスコンサルティングだ。

コンサル業界出身のキャリアコンサルタントが多く在籍しているのが大きな特徴である。内定を取るための対策はもちろんのこと、転職後の働き方やキャリアの積み方などについても詳しくアドバイスをしてくれる。

過去にはコンサル未経験者の内定を出したことでも知られており、コンサルに興味のある異業種の方にもぜひおすすめしたいエージェントである。

公式サイトはこちら

NTTドコモの企業情報 

NTTドコモの企業情報についてまとめてみた。業績や気になる勤続年数や残業時間、そして平均年収にいたるまで詳しく載せているので、ぜひチェックしていただきたい。

業績(売上・営業利益)

(単位:億円)

営業収益

2017年:47,623

2018年:48,408

2019年:46,513

2020年(予想):45,700

(単位:億円)

営業利益

2017年:9,870

2018年:10,136

2019年:8,547

2020年(予想):8,800

(単位:億円)

出典元:NTTドコモ公式サイト

従業員数

8,100名(当社グループ27,558名)

平均年齢

40.2歳

平均勤続年数

17.2年

平均年収

会社全体の平均年収:873万円

【世代別の平均年収一覧】

年代平均年収最高年収最低年収
20代425万円554万円305万円
30代600万円700万円450万円
40代800万円985万円600万円
50代1000万円1100万円600万円

【職種別平均年収】

職種グループ 職種 平均年収
営業・ビジネス職 営業 500〜800万円
企画職 企画 500〜700万円
事務・専門職 事務 450〜650万円
開発・エンジニア 開発 700〜800万円
エンジニア 500〜750万円

平均残業時間

15時間

【休日・休暇】

完全週休2日制・年末年始休暇
年次有給休暇(年間20日)
ライフプラン休暇
(リフレッシュ・育児・介護・ボランティアなど)

夏季休暇(5日)
忌引休暇
結婚休暇
介護のための短期休暇
病気休暇
産前産後休暇・育児休暇など
年間休日120日以上

【保険】

各種社会保険完備

【諸手当】

通勤手当・扶養手当など

【その他】

確定拠出年金
企業年金基金・財形貯蓄制度・慶弔金
社員持株会
マイホーム取得支援・住宅補助
退職金制度
カフェテリアプラン
有給100%取得制度

まとめ 

第二新卒がNTTドコモに転職ができるか詳しく解説してきた。多くの人たちの暮らしを支えるためにとても重要な役割を果たすNTTドコモで働くことで、多くのやりがいを感じることができるはずだ。

人気企業であるNTTドコモへの転職を希望する場合は、ぜひ転職サイトや転職エージェントの力を借りながら転職活動を進めていってほしい。様々な情報を得ることができる上、どのように転職活動を進めていけばよいかを指南してくれるからだ。

ハイキャリアの転職を目指したい方は間違いなくビズリーチだ。企業やエージェントから直接スカウトされるため、効率よく転職活動を進めていくことができる。忙しい人にとって気軽に転職活動が始められるのはうれしいポイントだろう。

また、ビズリーチと併せて活用してほしいのが、ハイクラスの求人が揃うキャリアカーバーだ。

そしてより充実した転職活動にしていくために、転職サイトと併せて複数の転職エージェントに登録するのもよいだろう。

日本最大級の転職エージェントであるリクルートエージェントは、案件数やサポート体制の充実度を求める方におすすめだ。そしてコンサルティング業界を目指す方、コンサルティング業界からの転職を目指す方はアクシスコンサルティングへの登録をしてみよう。

転職活動を成功させるためにも、転職活動の軸を明確化することが重要だ。なぜNTTドコモを選んだのかという思いを、競合他社との比較をうまく交えながら伝えていこう。そのためには、まず自己分析・企業分析を念入りに行い、徹底した準備・対策しておこう。

筆者のお勧め転職サービス

ビズリーチ
キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

リクルート キャリアカーバー
ハイクラス・エグゼクティブ限定の転職サイトである。年収800〜2,000万円の求人が多数あり、レジュメ登録するとスカウトを受けることができる。ビズリーチと合わせて使うことで、それぞれの優良求人や非公開求人を逃さず収集できるのでおすすめだ。

リクルートエージェント
日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

アクシスコンサルティング
創業から17年間で約5000人の現役コンサルタントを支援、77%が非公開求人という圧倒的な数字を誇る。平均3年の長期サポートでキャリアアップを支援してくれるので、未経験からコンサル業界に挑戦したい方はまずは挑戦してほしい。