業界研究:コンサルティング

コンサルに転職したい20代に問う。優秀とは何か理解しているか

こんな人におすすめ
  • コンサルに転職したいと考えている20代
  • コンサル、イコール優秀という理由から、転職を検討している人
  • コンサルに関する情報収集を行なっている人

コンサルに転職したい20代が増えている。かつてはコンサルというと、超優秀層や、コンサル経験者にしか門戸が開かれていなかったが、今では、入社難易度もだいぶ下がり、未経験からの転職が増えてきている。

そのため、そこまで大きな覚悟がなくともコンサルに入社出来る時代になった。

また、コンサルというと、優秀な人が集まっていて、入れば短期間で実力が身につくというイメージが強く、そのイメージを理由に転職をする人も多い。
しかし、大事なのは、転職後に活躍出来るかどうかだ。特に外資系のコンサルは、結果の出せない人間に居場所はなく、早々に退職せざるを得なくなる。あらかじめ、企業で求められている優秀さを自分が持っているのか、そして身につけられるのかを考えてから転職した方が良いだろう。

なお、それでもコンサルに転職するか迷っている人、あるいは自信を持って転職活動している人は、必ず求人サイトとエージェントに登録することをおすすめする。

<2020年5月最新情報>

コロナショックにより経済が不透明な中、今年の夏以降企業の中途採用枠が減ることが予見されるので、転職を検討している人は6・7月のうちに動くことをおすすめする。

リーマンショック後の数値(青グラフ)を元に、コロナショック後の有効求人倍率の低下予想(赤グラフ)を作成したので、ぜひ参考にして欲しい。

仮にリーマンショックと同時に景気後退すると、3月にコロナショック→(5ヶ月後の)8月以降一気に有効求人倍率が下がる可能性がある。

本格的に不況になると、元に戻るまで2~3年はかかり、転職チャンスもだいぶ先になるので、今このタイミングで動いて滑り込み転職を決めることをおすすめする。

コロナ禍の転職ではエージェントを活用し、不況時でも採用に積極的な企業を紹介してもらいながら選考を進めよう。

弊社でおすすめしているのはビズリーチだ。ビズリーチは登録するだけで採用企業や転職エージェントから直接スカウトメールが届くので、今採用を強化している業界・企業が自然とわかり、無駄に企業数を受けなくて済むのだ。

またスカウト経由だと、早い人で数週間で転職が決まるので、滑り込み転職するならおすすめだ。

また、転職可能性をあげるには、希望に合わせて複数のエージェントに並行して活用した方が良い。ビズリーチと合わせて以下も登録をおすすめする。

コンサルの入社難易度が低下している

コンサルの入社難易度は、年々低下している。その要因を2つの切り口から説明した。

総合ファームで採用数が増加した

以前だと、未経験からコンサルに転職することはかなり厳しかったが、今では総合ファームのほとんどが未経験からの転職を受け入れている。

総合ファームは、単なる机上の空論でアドバイスするだけでは差別化が図れず、上流工程だけでなく下流工程にもアドバイスができる人材を増やしてきた。

例えば、これまでは経営戦略を練る段階までで終わっていたのが、その企業でその戦略をどう実施するのか、メンバー単位の動きまで考えるようになったのだ。案件の対象とする層が広がり、必要となる人員も増えた。

また、時代の流れから、デジタルやアートといった領域の需要が増した。例えば、アクセンチュアだと、近年多くのベンチャー企業を買収しており、コンサルティングのカバー範囲を広げている。

今の時代だからこそ必要とされる新しい領域の人々が多いため、コンサルという領域が未経験でも採用されているのだ。

優秀層はコンサルに行かない

「将来、起業したいからコンサルに行く」という、学生がよく言いがちなこのフレーズはもう古い。

今では、優秀層はコンサルには行かず、そのまま起業するか、事業会社に行くことが多い。

DeNAの南場会長もおっしゃっていたが、「コーチとしてプロになるのか、選手としてプロになるのかは別問題」だ。選手としてプロになりたい人は、コンサルではなく事業サイドにいく時代なので、そもそもコンサルには集まらない。

こうした傾向が強くなった昨今、採用の基準は落ち、以前よりも容易にコンサルに入社できるようになったのである。

コンサルでの優秀さとは何か

タイトルにも記載したが、コンサルを志す人の多くが、コンサルで求められている優秀さを履き違えている。

スキル面と勘違いされがち

多くの人は、スキル面で優秀なことを、優秀だと定義する。論理的思考力が長けている、知識がある、情報処理能力が高い、英語ができる、などだ。

しかし、スキルというのは陳腐化する。

スキルだけで優秀さを測ろうとすると、一番になるのは難しい。英語ができる人だって上には上がいるし、論理的思考力がある人も上には上がいる。

スキルだけで戦うには、コンサルはあまりにも不利な環境である。

必要なのはコミュニケーション能力と愛嬌

実はコンサルでもっとも求められているのは、クライアントを動かせるコミュニケーション能力と愛嬌である。

そもそも、入社してすぐ、その道で何十年も経験してきた経営陣に対して提言しなければならないのである。単なる思考力だけで通用する世界ではなく、いかに経営陣に気に入られるかも大切なのだ。

実際、コンサルでプリンシパルまで上り詰められる人は、コミュニケーション能力が高い人だと言われている。もし思考力だけで戦おうと思っているのであれば、考えを改めた方が良いだろう。

もちろん、自分がそういう実力を持っているかを客観的に見極めることは難しい。必ず、アクシスコンサルティングJACリクルートメントといったコンサルに強いエージェントに登録し、無料の面談で、経験あるキャリアコンサルタントに自分を評価してもらおう。

優秀さを身に着ける方法

事業会社でプロジェクトを動かす経験を積む

事業会社こそ、常に人を動かす機会に恵まれているはずだ。例えば、あるプロジェクトを動かそうと思ったら、メンバーのモチベーション管理や、上司との関係性構築など、人に向き合う仕事が必ず発生する。

そこで、個人として結果が出せたとしても、チームが破綻してしまったとしたら絶対にコンサルに転職しない方が良い。コンサルは、プロジェクトもチーム単位で動かす上に、常に現場にいる方に提言していく仕事なので、そこの適性は必須なのだ。

もし、今事業会社にいるのであれば、可能な限りプロジェクトを動かす機会を経験しよう。

より上の層と接する機会を増やす

上司に好かれる力というのは、どの企業に行っても役に立つ。

もちろん、ありのままの自分で受け入れられるのがベストであり、ゴマをするのが良いとは思っていない。しかし、コンサルタントとして、何十歳も上の人にアドバイスをしていくためには、一定の「好きになる力、好かれる力」が必要不可欠である。

相手に好かれるために、どんな振る舞いが好まれるのかを徹底的に分析していこう。

提案し物事を進める経験を積んでみる

事業会社でも、自分のプロジェクトや企画を提案する機会は多いだろう。その時に、いかに論理的に、かつ情緒的に意見を伝えられるかを意識して進めると良い。

特に、プレゼンする機会は、能動的に働いている人でないとなかなかない。コンサルに入ると、能動的に行動を起こしていける人しか残らないので、今のうちからそうした実力を身につけておこう。

実は、このように仕事をしていくと、結果として仕事に面白さを見いだすことができ、転職しない方が良いのでは?と思う人も多い。まずは自分の行動を変えて、仕事に向き合ってみよう。

本質的な優秀さを身につけてから転職活動しよう

コンサルというと、スキル面での優秀さばかりに目が行き、なかなか対人面でのスキルがフォーカスされない。しかし、実際にコンサルに入ると、対人力はかなり重要視されるので、ぜひこの機会に身につけてほしい。

なお、こうした実力が身についているかどうかは、プロに判断してもうと良い。具体的には、コンサルに強いエージェントに登録することをおすすめする。

特にアクシスコンサルティングは、未経験からコンサルへの転職をサポートしてくれるので、知識がない段階でも安心して頼ることができる。入社後も活躍できるかどうかを客観的にアドバイスしてくれるので、ぜひ相談してほしい。

ちなみに、年収アップもセットで狙いたいという人は、JACリクルートメントに登録すると良いだろう。JACリクルートメントは、ハイクラス層の転職に強く、年収が高い人のサポートに長けている。年収が重要だという人は必ず登録しよう。

なお、コンサルに興味があるものの、まだまだ広く見たいと考えている人は、リクルートエージェントビズリーチに登録することをおすすめする。

リクルートエージェントは、業界最大級のエージェントなので、広く情報提供してくれる。ビズリーチは企業側からスカウトを受けられるため、自分の経歴やスキルを評価してくれる企業を効率的に見つけることができる。

コンサルに限らず、自分が活躍できそうな企業を知る機会になるので、ぜひ登録してみよう。最大限に使えるサービスを活用して、転職活動を成功させてほしい。

今日は以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

ビズリーチ
キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

リクルート キャリアカーバー
ハイクラス・エグゼクティブ限定の転職サイトである。年収800〜2,000万円の求人が多数あり、レジュメ登録するとスカウトを受けることができる。ビズリーチと合わせて使うことで、それぞれの優良求人や非公開求人を逃さず収集できるのでおすすめだ。

リクルートエージェント
日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

アクシスコンサルティング
創業から17年間で約5000人の現役コンサルタントを支援、77%が非公開求人という圧倒的な数字を誇る。平均3年の長期サポートでキャリアアップを支援してくれるので、未経験からコンサル業界に挑戦したい方はまずは挑戦してほしい。