ノウハウ:年収アップ

ボーナスをもらって転職したい!後悔しないために確認すべきこと3つ

転職に金銭面の不安はつきもの。余裕を持って転職活動をするためにも、ボーナスはもらってから退職したいという方も多いだろう。

この記事では、ボーナスをもらってから転職したい場合に確認すべきこと3つと、転職の際の注意点を具体的に紹介していく。この記事を読めば、あなたにとって一番得する転職のタイミングはいつか判断できるはずだ。十分に検討し、後悔しない転職を実現しよう。

転職する気持ちが固まっている方はぜひビズリーチに登録をしてほしい。3500人以上のヘッドハンターや人事担当者から直接的に指名を受けられる転職サイトで、多くの人たちから支持されているのだ。

また、ビズリーチと併せて活用してほしいのが、転職サイトのキャリアカーバーだ。ハイクラス・エグゼクティブ限定の転職サイトとして最近多くの転職希望者から注目されている。リクルートが運営するヘッドハンティングサービスで、スカウトを待つだけで転職活動ができるのだ。

ビズリーチキャリアカーバーの両者を上手く使い分けることで、優良求人の情報を確実に収集していけるだろう。

また、転職の際にさらに有利に立ち回りたいのであれば転職エージェントを活用しよう。確実にキャリアアップを目指すためには、リクルートエージェントへの登録がおすすめだ。完全無料で利用することができ、アドバイザーによる手厚いサポートと求人数の多さが魅力のエージェントだ。

ボーナスをもらってから転職するために、確認すべきこと3つとは?

ボーナスをもらってから転職をするために忘れてはいけないのは、現在勤めている会社のボーナスの支払い要件を、事前にしっかりと確認しておくことだ。

ボーナスの支払い要件の確認を怠ってしまうと、退職を申し出るベストなタイミングを選ぶことができず、「受け取れたはずのボーナスをもらい損ねた」という事態にもなりかねない。ちょっとした手間をかけて確認をできるかどうかの違いが、受け取れる金額の大きな差となることもあるので注意しよう。

損をしないために、ボーナスの支払い要件について、確認すべき3つのポイントを押さえておこう。

ボーナスの支払い要件

ボーナスの支払い要件と一口に言っても、その具体的な内容は会社によってさまざまだ。一般的には、以下の3つのポイントが支払い要件として重要となることが多い。

  • ボーナスを受け取るために必要な在籍期間を満たしているか
  • 退職を申し出ている場合にボーナスが支給されるか
  • ボーナスの支給額の評価に影響する期間はいつからいつまでか

ボーナスは、一定の期間在籍をした従業員にしか支払わないという会社は多い。例えば入社から6カ月以上、場合によっては1年以上たっていなければ支給されないこともあり得る。現在の会社に入社してから間もない場合には、ボーナスの支給を受けられる在籍期間を満たしているか、特に注意しよう。

退職を申し出た従業員には、その後のボーナスを支払わないと定めている会社もある。その場合、ボーナスをもらってから退職を申し出た方が得策と言える。

ボーナスの支給額の評価に影響する期間が、いつからいつまでかも重要だ。ボーナスの支給額の評価期間に有給休暇を取得したら、ボーナスが減額された事例もある。退職前に有給休暇の取得を予定している場合には、ボーナスの評価期間を踏まえて取得日を検討するのが望ましい。

確認すべき3つのポイントを踏まえ、在籍する会社のボーナスの支払い要件をチェックしよう。

ボーナスの支払い要件の確認方法

会社ごとに異なるボーナスの支払い要件。確認をしたいが、どのような方法で確認をすればよいかわからないという方も多いだろう。ここでは、在籍している会社のボーナスが払われる要件を確認する方法と合わせて、転職先の会社のボーナスの支給要件を確認する方法についても詳しく解説しよう。

現在在籍している会社のボーナスの支払い要件を知りたい場合、給与や賞与などについて書かれた規定を確認しよう。規定は、就業規則として冊子やファイルにまとめられ職場に保管されていたり、会社のパソコン内にデータ化されていたりする。他にも所属上長や、人事部や労務部などの担当者が把握しているケースもあり、確認方法は会社によって異なる。

規定が周知されていない場合、どのように確認すればよいか信頼できる上司や同僚に相談をするか、担当部署に問い合わせてみるなど、社内のマニュアルを読み調べてみよう。退職を申し出るタイミングは、規定を確認したあとに検討したいところなので、規定を調べる段階では、退職を考えていることは知られないように注意が必要だ。

ボーナスは、労働基準法などの法律で支払いが義務付けられているものではないので、支払い要件については、会社ごとに個別の判断で決められている現状がある。規模の小さい会社や、立ち上げられて間もない会社などは、ボーナスの支払い要件について明文化されていないこともあるようだ。そういったケースでは、ボーナスを支払うかどうかの判断基準がそもそも曖昧で、経営側の考えに簡単に左右されてしまう可能性が高い。退職を申し出たことを理由にボーナスを減額されたり、払われなかったりすることも考えられるので、規定が明文化されていない会社の場合は、より慎重に退職を申し出る時期を判断しよう。

転職先のボーナスの支払い要件についても、可能であれば確認しておきたい。現在の会社からボーナスを受け取ってから退職したいと考える人は多いが、転職先のボーナスに関してはつい忘れがちになる。転職のタイミングによっては、現在の会社からボーナスを受け取りつつ、転職先の会社でもボーナスの支給を受けることを目指せる場合もあるので、合わせて確認しておこう。

確認方法としては、転職先の会社の求人票やホームページなどを見るのが最も簡単だが、求人票やホームページにボーナスの支払い要件が載っていない場合は、採用担当者に問い合わせるほかない。問い合わせる際には、ボーナスなどの条件面ばかり気にしている印象を採用担当者に持たれないように、他の質問を優先して行い、ボーナスについての質問は最小限にするなど工夫が必要になる。

うまく確認できるか心配な場合には、転職エージェントなど、採用担当者とのやりとりに慣れたプロに相談をするのも1つだ。ボーナスや給与面など、気になるけれど聞きにくい部分を確認したいときに、力になってくれる心強い存在だ。

ボーナスをもらってから転職する際の注意点

会社の規定を確認し、ボーナスの支払い要件を満たすタイミングで無事に退職できることになっても、気をつけておきたいことが2つある。1つは、現在の会社の同僚などに、「あの人はボーナスをもらってすぐに辞めた」といったマイナスイメージを持たれるリスクだ。

「辞める会社だから関係ない」と思う方もいるかもしれないが、特に同業他社や関連業界への転職の場合、退職した会社と転職先の会社が接点を持っている場合も多い。転職先の会社でのキャリア形成を考えても、退職する会社とはいえ、極力マイナスイメージを持たれることのない、円満退社を目指したい。

「ではボーナスは諦めなければならないのか」というと、そうではない。ボーナスを受け取りつつ、円満退社を目指す一番の方法は、次の担当者にわかりやすいように、自分の担当した仕事を共有しておくことだ。そのためには、事前に引き継ぎの準備をしたうえで、仕事の引き継ぎ期間を十分に取る必要がある。必要な期間は仕事によって異なるかと思うが、一般的には、1カ月は引き継ぎ期間を用意しておきたい。

面倒かもしれないが、会社や同僚に対しちょっとした気遣いや誠意を見せることが、結果として自分にとってもプラスになることも多い。堂々とボーナスを受け取る権利があると示すためにも、少しの手間を惜しまずに対応しよう。

もう1つの注意点は、ボーナスの支給を受けた後すぐのタイミングでの転職では、同じ求人に応募するライバルが増える可能性があることだ。「ボーナスの支給を受けてから転職したい」という思いを持つ人は多いので、ボーナス支給後の期間には、離職者の数は増えることが予想される。条件の良い求人ほど、競争率は高くなるので、ボーナスの支給を受けてからの転職は、よりスピーディに入念な準備を行うなど、ライバルに負けない工夫が必要になると覚悟しよう。

一番得をする転職のタイミングはいつか

ここまでは、ボーナスをもらった後に転職したい方のために、確認すべきこと3つと確認方法、退職時の2つの注意点について紹介した。最後に、一番得する転職のタイミングはいつなのか、具体的なスケジュールを考えてみよう。

会社によって異なる場合もあるが、一般的にボーナスの支給月は、6月と12月の2回である。仕事の引き継ぎ期間の1カ月間とした場合、6月のボーナス支給後であれば翌月の7月、12月のボーナス支給後であれば1月が、支給後最短で退職する場合のスケジュールの目安だ。

ボーナスの支払い要件の確認と並行して転職活動を行い、内定を得ることができたら、転職先と入社日を相談しよう。内定から入社まで時間がかかり過ぎると、採用を急ぐ会社ほど、すぐに入社できる他の応募者を優先して採用したいとの理由で、内定を取り消されるケースも考えられる。

引き継ぎ後に有給休暇を取得する場合には、有給休暇の取得日数によってさらに退職日が後ろ倒しになる。あらかじめ退職を申し出なければいけない期間が退職日より何カ月前と、会社内の規定で定められていることもある。うっかりしていると、在籍する会社の規定の期間が過ぎるまで退職できないという事態に陥るので、規定を確認したうえでスケジュールを立てよう。

注意したいのは、ボーナスを受け取れるかどうかだけが、損か得かの判断基準ではないことだ。転職は、人生を左右することもある大きな決断。金銭面で損しないための事前準備はもちろん大切だが、ボーナスの支給を受けることにこだわりすぎて、良い求人に応募するチャンスを逃さないようにしたい。場合によっては、現在の会社からのボーナスを諦めても、結果的にボーナス分を上回る収入を得られるような転職先に出会えるかもしれないからだ。目先の利益だけでなく、将来の収入なども考慮ながら総合的に転職のタイミングを考えよう。

<転職スケジュール例1>

6月1日支給のボーナスを受領後に転職したいAさんの場合

3月1日~3月31日:求人探し

4月1日:規定を確認し、退職を申し出る日を判断(退職を申し出た場合ボーナスを減額する規定があったため、退職を申し出るのは6月1日以降にすることに)

5月1日:求人への応募

5月10日:面接

5月20日:内定(内定先に入社日の目安を8月頃と伝える→問題ないと確認)

現在担当している仕事の引き継ぎの準備開始(周囲に知られないよう自分1人でできる整理を進める)

6月1日:現会社のボーナスを受領・現会社に退職を申し出る。引き継ぎ期間・退職日・有給休暇取得日の相談(6月30日まで引き継ぎを行い、7月1日~7月15日を有給休暇消化期間とすることで合意)

内定先に7月16日以降正式に入社できることを報告

6月30日:引き継ぎ完了。最終出社日

7月1日:有給休暇開始

7月15日:有給休暇終了

7月16日:新たな会社へ入社

<転職スケジュール例2>

12月1日支給のボーナスを受領後に転職したいBさんの場合

9月15日:応募したい求人を見つける。現会社の規定を確認(退職の1カ月前に申し出る必要があることが発覚。退職の申し出によるボーナス支給への影響はなかった)

10月1日:応募

10月15日:1次面接

10月30日:2次面接

11月10日:内定

(内定先にできるだけ早く入社してほしいと言われる→現会社と退職日を調整することを伝える)

11月10日:現会社へ退職を申し出る(退職日は12月10日で合意)・引継ぎ開始

(内定先に、12月11日に入社が可能と伝える→問題ないと確認)

12月1日:ボーナスを受領

12月10日:引継ぎ完了・最終出社日

12月11日:新たな会社へ入社

ボーナスをもらってから転職したい場合の準備はぬかりなく

ボーナスをもらってから転職したい場合、社内規定などで、ボーナスの支払い要件をしっかりと確認し、ベストな転職のタイミングを選ぶことが重要だ。在籍する会社と転職先の会社の都合に配慮しつつ、自分の利益もしっかりと守れるよう、必要な確認・準備はぬかりなく行おう。

不安な場合には、転職サイトへの登録や、転職エージェントへの相談も有効な方法の1つだ。さまざまな求人に出会えるだけでなく、ためになるアドバイスを得られ、転職先とのやりとりや調整を任せられる場合もある。人生のターニングポイントでもある転職。頼りになる相談相手を確保しておきたい。

周到な準備とタイミング選びは、転職の成功に欠かせない重要な要素。後悔しないために、十分に検討しよう。

筆者のお勧め転職サービス

ビズリーチ
キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

リクルート キャリアカーバー
ハイクラス・エグゼクティブ限定の転職サイトである。年収800〜2,000万円の求人が多数あり、レジュメ登録するとスカウトを受けることができる。ビズリーチと合わせて使うことで、それぞれの優良求人や非公開求人を逃さず収集できるのでおすすめだ。

リクルートエージェント
日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

アクシスコンサルティング
創業から17年間で約5000人の現役コンサルタントを支援、77%が非公開求人という圧倒的な数字を誇る。平均3年の長期サポートでキャリアアップを支援してくれるので、未経験からコンサル業界に挑戦したい方はまずは挑戦してほしい。