業界研究:スタートアップ

銀行員が転職で求められる時代がやってきた

銀行員からの転職を図る人が増えている。銀行のカルチャーが合わなかった、銀行の業務を定年まで続けていくのは厳しいなど、理由はさまざまである。

以前、銀行員の転職は厳しいということを伝えたが、銀行員の需要がある領域があることをお伝えしたい。

なお、すでに転職を決めている銀行員の方には、まずはいくつかのサービスに登録し直すことをお勧めする。

まず登録すべきなのはビズリーチだ。多くの就職情報を獲得することができる。また、ビズリーチでの情報収集が完了したら、具体的な情報を知るために転職エージェントに相談しよう。

ハイキャリア向けの転職情報を求める方は、JACリクルートメントに相談すると良いだろう。もし、コンサルティング業界に興味がある方がいればアクシスコンサルティングに相談してほしい。

いずれにも当てはまらない方は、日本最大級の実績を有しているリクルートエージェントに相談してほしい。

まずはビズリーチに登録した上で、いくつかの転職エージェントを併用してほしい。

銀行員はスキルが身についていない。

銀行員は転職が厳しいということを聞いている人も少なくないだろう。銀行員は、そもそもスキルセットとして銀行業務に特化しており、他業界で使えるものが少ない。特に支店勤務が長い人だと、銀行の支店以外以外で汎用的に通用するスキルがないと感じているかもしれない。

銀行間の転職は、かなり上のポジションでないと、ほぼ見かけない。

では、銀行員はどこで求められるだろうか。

銀行員が活躍する転職先

ずばり結論から書くと、銀行と提携している企業に転職すると、銀行員の活躍する場所がある。

銀行と提携している企業といえば、フィンテック企業だ。

フィンテック企業と聞いてもピンと来ない方のために具体的に書くと、一例だが、メタップスがある。メガバンク3行が同社の手掛けるスマートフォン決済システムを活用するということで話題になった。

メタップスは佐藤社長が有名だが、大きな事業戦略を描き、大きなところから攻めており、結果としてメガバンクとの提携になった。こうしたところでは、ブロックチェーンや決済の仕組みをはじめ詳しい人材が求められている。

あくまでメタップスは銀行と提携している企業の一例で、ベンチャーマインドを持った社員の方が多い印象なので、メガバンクから転職して活躍できるかは定かではないがご了承いただきたい。

また、クラウドソーシング事業で上場を果たしたクラウドワークスは、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)、大和証券グループと資本業務提携をして、個人に向けた新しい金融サービスの構築をはじめた。

こうしたメガバンクと連携、取引のある事業では、提携、事業推進にあたり銀行の論理が分かる人が求められると想定される。ベンチャーから見ると、銀行の複雑かつブラックボックスなルールの存在の把握が困難だ。

よって、仕事を進めるうえで、銀行のルールを理解しているメンバーが持つ意味は大きい。こうした、銀行との提携が増えてくると予想される企業では、事業推進担当に抜擢される可能性を残している。

このような、具体的な情報については、なかなかイメージが湧かないという方が多いのではないだろうか。特に、普段銀行で勤務しており、事業会社の友人知人との交流が少ないという方であればなおさらだ。

情報を仕入れたければビズリーチに登録するのが一番だ。さらに情報が欲しければ、ハイキャリアに強いJACリクルートメントか、日本一の転職支援実績を持つリクルートエージェントに相談するのが良いだろう。

転職市場を見誤らない

銀行員の方が転職という選択肢を思いつくときには、転職市場で同じ企業格で、同じ年収で、同じくらいの企業規模の転職先を想定して転職活動をスタートしがちである。

だが、そのような転職活動は銀行から転職する場合はうまくいかない。それはなぜだろうか?

企業格に関しては、行内で企業に対して格付けをしている(S&Pなどの格付けとほぼ同じ)。そうした格付けを見ているからこそ、格が劣る企業に転職するのはなかなか受け入れがたいという方もいるだろう。ましてや、「マザーズにすら上場していない、得体の知れない企業」への転職は難しいと言う方もいると推察できる。

銀行は、融資にあたってはリスクをとりづらいため、評価がわからない企業には融資しない。格付けがよく、しっかりお金が返ってきそうな企業にお金を貸すことで利益を得ている。

だが、こうした「同じ企業格で、同じ年収で、同じくらいの企業規模」を想定した転職は危険だ。

転職する際に注意する点

転職のときに注意してほしい点は、市場性と年収だ。銀行は年収がいい部類で、1,000万円の到達も日本企業のなかでは早い。

そこで銀行からあえて転職すると言う場合は、今後伸びる市場を見極めて、伸びそうな業界に行くべきである。

銀行にいると、業務の性質上、すでに伸びた市場にばかり目をいかせるが、伸びた市場に転職するのでは遅い。成長性に注目するのだ。

また、年収は「最低でも維持」で転職しよう。ベンチャーでも外資でも、現年収を出すのがスタンダードになっている。妥協して転職する必要はない。

ただし、超少人数のスタートアップに転職する際は、年収大幅ダウンすることはザラなので、受け入れる必要があることもある。(エンジニアリングなどの特殊なスキルがある場合は別である。)

このあたりの温度感こそ、まさに転職エージェントに相談しながら二人三脚で進めていくべきポイントである。

すなわち、市場性が有望であれば、年収が横滑りでも、将来市場価値が大幅にあがることが期待される。

以上のような具体的な情報や肌感覚は、ビズリーチに登録することで得られるだろう。経歴によっては、自分から動かずとも、エージェントや、ときには企業から、多くのスカウトを獲得することができる。

また、さらに具体的な情報を獲得するためには、転職エージェントに相談するのが良い。JACリクルートメントリクルートエージェントがお勧めだ。

コンサルティングファームは依然として人気

銀行員の転職先として、相変わらずコンサルが人気である。しかし、以前も触れたように、マッキンゼーやBCGのような戦略ファームは競争が熾烈だ。戦略ファームへの転職がかなわず、アクセンチュア、PwC、デロイトといった総合系ファームに転職している人も多い。

総合系コンサルティングファームへ転職した方の中には、メガバンクのシステム周りのプロジェクトに入った方もいるのではないだろうか。銀行からコンサルに転職して、さらに銀行のシステムをやるというのも皮肉なものである。

銀行員からコンサルに転職し、そこからネクストキャリアを歩み始める人も増えてきた。事業会社に転職する人や、自分で事業立ち上げをする人も多く目にする。

間違いなく全員が言っていることは、早く銀行を出てよかったということである。転職を心に決めているのであれば、早めに決断することが正解であった。

主要コンサルティングファームはビズリーチを多く使っているので、興味がある方はとりあえず登録してみると良い。また、コンサルへの転職に専門特化したアクシスコンサルティングの転職コンサルタントは、多くの情報を有しているので、相談してみよう。

f:id:tille:20180522144312j:plain

銀行出身者が活躍する余地があるかもしれない企業

銀行員の方のためにもう少し、企業を紹介しよう。ロボアドバイザリーサービスを運営するWealthnaviも銀行員の方が転職していい企業だろう。資産運用の自動化をしている。登録してみてぜひ検討してみてほしい。

また、オンライン証券で、大きく勝負に出ているFolioも面白い。

しぶいところでいくと、住宅ローンの借り換えをおこなっているMFSという会社も銀行出身者がいる。担当していた業務と近い人もいるだろう。

また、コンサルと銀行の提携もふえはじめているので、フィンテック系の事業のプロジェクトに携われるコンサルティングファームもよいだろう。フィンテック系だとアクセンチュア、PwC、トーマツといったところで銀行員出身者が仕事をしている。

銀行員が転職した後の問題点

銀行員が転職した後によくぶつかる壁は、転職先のスピード感についていけないことだ。稟議書を丁寧に書いている場合ではない。今回紹介した企業のようなベンチャーやコンサルは、一般的な事業会社よりもさらにスピード感が求められる。

本当は能力があったとしても、のんびりしていたら「仕事ができない人」というレッテルを張られる。ベンチャーの中でも、特に、投資銀行や戦略コンサル出身者が経営陣にいると、すさまじい正確さとスピードが求められる。

メガバンクから転職して、投資銀行出身者を上司に持って、エクセルやパワポのスキルで大きな差がついていることに気付いたという知人がいた。というより、自分にまともなエクセル、パワポスキルがないことに気付かされたそうだ。

銀行という組織の論理の理解という点でアドバンテージがあり、転職でも信用を得やすいが、仕事のスキルという点ではゼロからはじめることを覚えておいてほしい。

銀行員出身者が事業会社で結果を残すには

銀行出身者が事業会社で結果を残すには、スピード感を意識して、自分から動く意識をもとう。自ら動く意識がない限り、成功することはない。今までのルールを忘れるようにしよう。多少、雑だなと感じることでも、スピード重視で受け入れる意識が必要だ。

ここまで厳しく書いてしまったが、ではなぜベンチャーが20代の銀行員を採用しているのか?若いからこそ、環境変化に適応する能力があるからこそだ。

逆に、60歳前後で人脈のある銀行出身者は、ベンチャーの社外取締役や顧問として歓迎される。

まず最初にすること

銀行員を求めている企業を知ることが最優先なので、まずはビズリーチに登録して情報収集だ。自分の価値がどれくらいあるか、そして銀行員が活躍できそうな企業はどこにあるか確認しよう。

コンサル、ベンチャーを軸に、「銀行員を採用したいです」という企業からコンタクトがあるかもしれない。もし、行きたい企業があれば、返信をしてみよう。

また、転職エージェントに相談して具体的な情報を集めると同時に、アドバイスをもらった方が良いだろう。

ハイキャリア向けに強いJACリクルートメントか、日本最大の転職支援実績を有するリクルートエージェントに相談すると良い。

コンサルに興味がある場合は、コンサル転職に特化しているアクシスコンサルティングに相談してみると良い。コンサル未経験者のサポート実績が豊富だ。多くの具体的な情報を持っているので、驚かされることだろう。

加えて、銀行員は英語力が低いが、勉強したら伸びる人もいるので、スタディサプリ ENGLISHを使ってほしい。TOEICの点数はすぐに伸びる。優秀な銀行員の方ならなおさらだ。

ビズリーチを登録したあとにぜひ、英語力ものばしてほしい。今日は以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

ビズリーチ
キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

リクルート キャリアカーバー
ハイクラス・エグゼクティブ限定の転職サイトである。年収800〜2,000万円の求人が多数あり、レジュメ登録するとスカウトを受けることができる。ビズリーチと合わせて使うことで、それぞれの優良求人や非公開求人を逃さず収集できるのでおすすめだ。

リクルートエージェント
日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

アクシスコンサルティング
創業から17年間で約5000人の現役コンサルタントを支援、77%が非公開求人という圧倒的な数字を誇る。平均3年の長期サポートでキャリアアップを支援してくれるので、未経験からコンサル業界に挑戦したい方はまずは挑戦してほしい。