ノウハウ:その他

39歳での転職は遅いのか?30代として転職できるラストチャンスを逃さない

「39歳で転職なんて遅いのでは?」と年齢を考えて悩む人も多いだろう。40代を目前にして、転職活動に不安を抱いている人もいるかもしれない。

しかし、39歳までの年齢制限をかけて募集する企業もある。39歳は30代ラストの転職チャンスとも言えるだろう。

39歳での転職を成功させる人と失敗する人の違いを理解し、希望の企業から内定をもらえるように入念に準備をしてほしい。工夫次第で、理想の転職ができる可能性は確実に高まる。

この記事を最後まで読むことで、「39歳のあなたは、どのように転職活動をしていくべきか」が具体的にわかるはずだ。

Contents

39歳の転職は年齢的に遅いか?

現在の転職市場では、35歳以上を対象とした求人数が、20代から30代前半に比べて格段に少なくなっている。よって、39歳での転職で希望求人を見つけるのは容易ではなく、採用されるまでに時間もかかる。

しかし、総務省による労働力調査によると、35歳~44歳の転職者の比率は多少増加する傾向がある。

それは企業側が、事業展開スピードの高速化に伴い、即戦力の採用を重視する傾向にあるためだ。ある程度の経験を積んだ中途採用者のニーズが高いので、39歳の雇用も需要はある。

確かに20代に比べると、転職活動は男女問わず厳しいだろう。転職活動に、39歳という年齢が影響力を持つことは否めない。

しかし、入念な準備さえしておけば、決して転職するのに遅いことはない。

39歳で未経験の職種・業界に転職はできる?

39歳の転職で、未経験の仕事への転職は厳しいと言える。

30代後半の転職市場では、即戦力になる人材を前提に求人を出す企業がほとんどだ。30代後半で未経験の求職者の採用はほとんどないだろう。

20代での転職は、ポテンシャル採用が多い。しかし、この歳では過去の経験を活かしてどのように会社に貢献できるかが重要視される

とは言え、求職者と企業側のニーズが合えば、未経験への転職に成功する場合もある。業種は未経験でも、前職と職種が同じなら転職はしやすい。

企業側が、今回の採用活動に至った経緯や理由、また目的を理解しておくと活動しやすいだろう

39歳で転職するメリット

30代の募集制限枠での転職活動ができる

求人の条件で、30代までという年齢制限をかける企業は多い。これは長期勤続によるキャリア形成の観点に基づいているためだ。よって、40歳という年齢を境に求人数はさらに少なくなるだろう。

35歳以降の転職は、自分が求める条件も企業の期待値も上がるため、マッチングのハードルはさらに高くなる。

しかし30代という募集枠内で転職を成功させておきたい。自分の理想とする求人を見つけた時は、チャンスを逃さないよう行動し、決断することが重要だ。

キャリアアップが期待できる

仕事を続ける上で、同じ熱量で取り組み続けるのは難しい。転職は、そのような環境を変える1つのきっかけとなる。自身が培ったスキルを新しい環境で活かすチャンスになるだろう。

39歳にもなれば、社会人として十分な経験がある。経験、実績、スキルを確実に積み上げた人にとって転職は、キャリアアップの大チャンスだ。管理職といったハイクラスの求人にもチャレンジしやすくなる。

新しい環境に身を置くことで、新たなスキルも身に付く。変化と共に、自身のスキルをさらに活かし可能性の幅を広げてほしい

転職直後からやりがいを感じられる

企業は、39歳の求職者に対して、過去の経験やスキルを期待する傾向がある。さらにそれが企業のニーズに沿っていれば評価は高くなるだろう。

前職での高い実績などは、即戦力として認められることも多い。採用前から評価されれば、キャリアを伸ばして働けるポジションや役割が用意されるだろう。とりわけマネジメントスキルは大きな強みになるので、年収やポジションがアップする可能性も十分ある。

30代後半は、過去の職務経験、スキル、高いキャリアをすぐに転職先で活かせることが多い。やりがいを感じやすく満足感につながりやすいと言えるだろう。

39歳で転職するデメリット

条件が下がる可能性がある

39歳での転職は、年収や役職が今より下がることも十分に考えられる。給料をアップさせてでも採用しようとする企業はゼロではないが、とても少ない。

今の自分を基準に転職活動を行いがちだが、全ての条件が良い企業を探そうとすると、転職はますます厳しくなるだろう。給料が下がるケースが多いことも、しっかりと頭に入れておきたい。

長期戦になりやすい

35歳以降の求人は増加傾向にあるとはいえ、20代、30代前半と比べると圧倒的に少ない。よって、求人の絶対数が少ないため、転職活動は長期戦を覚悟する必要がある

またこの歳での求人は、専門性が高いものが多く、企業とのマッチングがより大切になる。若い世代の短期戦の転職活動とは違い、新たな企業とのマッチングは最も重要事項の1つとも言えるだろう。

長期的に、無理のない範囲で取り組んでほしい。

未経験分野への転職は難しい

前にも述べたが、39歳の転職で未経験分野への転職は、ハードルが高くなる。

20代や30代前半の中途採用なら、未経験でも入社後に育成するという企業は多い。しかし39歳に育成する時間をかける企業は限りなく少ないだろう。

企業側は、経験を活かし即戦力として会社に貢献してほしいと考えている。よって、異業界や異職種に未経験で転職するのは難しくなることは覚えておきたい。

「こんな39歳なら欲しい!」採用したくなる転職者の特徴は?

高いスキルを複数持っている

39歳ともなると、スキルを持っているのは当たり前とみなされがちだ。そのため、複数のスキルを持っていることは、大切な要素である。

企業が求めるニーズに合ったスキル数が多いほど、採用される確率が高まるだろう。ここで重要なのは、新しい職場で具体的にどう活かすかを含めてアピールすることだ。

マネジメントスキルはもちろんだが、業種や職種が変わっても通用するポータブルスキルなど、即戦力となるスキルを複数掛け合わせて、選考でのアピールポイントにしてほしい

マネジメント経験がある

多くの企業から期待されるスキルの1つが過去のマネジメント経験である。外資系企業ではとりわけ求められる傾向がある。

30代後半の採用では、管理職やそれに類する能力を期待する企業が多い。チームや部下をマネジメントする役割を果たし、組織全体を運営していく立場で働くことが重要だ。個人だけではなくチーム全体として成果を出すことを求められる。

マネジメントに関わる経験や実績を質問された時に積極的に答えられるように、具体的にまとめておくことが重要だ。再現性の高さをアピール出来た分だけ、企業に採用されやすくなるだろう。

転職の目的が明確にある

39歳は、40代に近いようでまだ30代という微妙な年齢だ。身の置きどころに迷うこともあるだろう。

転職を成功させるのは、新たな可能性に突き進む勇気と信念である。転職活動を始めるのであれば、目標を明確にして、次のステップに堂々と進んでほしい。

今の仕事に未練を残しながら転職活動を進めても、どこか中途半端な気持ちが表れ、選考にも影響してしまうだろう。地道に活動を続けることをおすすめする。

「こんな39歳は難しい…」採用を見送られてしまう転職者の特徴は?

こだわりすぎて決断力がない

こだわりを持ち、希望条件を決めておくことは重要だ。しかし、あまりにも多くの条件にこだわり続けると、本来なら活躍できる会社に転職する機会を逃すリスクもあるだろう。

役職や年収といった外面的条件にこだわるのか、仕事の中身ややりがいといった、内面的な自分のやりたいことにこだわるのか考えてみてほしい。これだけは譲れないという何か1つを決めておくことをおすすめする。

こだわる点と、妥協できる点を固めて、転職活動を行うことが大切だ。

転職回数が多い

転職回数が多ければ多いほど、企業は何か問題があるのではと不安を覚え、書類通過は難しくなる傾向がある。転職回数の多さが39歳での転職の足を引っ張る可能性は高い。

半年程度で転職を重ねた経験がある場合は要注意だ。企業に尽くす人材として見られるためにも、転職回数は少ない方がいい。

転職回数が多い人は、企業側が不安にならないように、それなりの理由を説明できるように準備しておきたい

世代間のギャップに対応できない

39歳での転職は、20代や30代に比べると新しい職場に適応するまでに時間がかかるだろう。年齢のプライドが邪魔をしたり、周りの社員が自分より若すぎたりすると、世代間のギャップに対応できない転職者も少なくない。

仕事の進め方が今までと変わったり、人間関係を一から作り上げたりする苦労やストレスを感じることもあるだろう。しかし、過去の経験や自分の考え方は時にリセットする勇気が必要だ

柔軟に対応する考えを持つことで、多世代の人間関係にも馴染めるだろう。転職を成功させるためにも、変化を受け入れる体制を整えておきたい

【男女別】39歳の転職で気をつけるべきこと

【男女共通】必ず現在の職場に在籍しながら行う

39歳で転職活動をする際は、できるだけ現職に在籍しながら転職活動を進めるべきである。

求人数が多くはないことや、採用までの期間が長期化する可能性を考えると、転職活動は長期化する可能性が高い。39歳で、転職活動を無職の状態で行うことは避けてほしい。

ひとつひとつの求人に対して、しっかりと準備した上で、選考に臨むことが大切だ。

ただし、30代後半だと、入社日と退職日の調整で苦労することがあるので、事前に計画を立てることをおすすめする。

企業内で重要な役割を担うことの多い30代後半は、退職の意思を伝えてもすぐに退職できない場合が多い。業務の引き継ぎをスムーズにして、転職先に注力できる環境を整えることが重要である。

【男性】家族に相談する

相談役として最も信頼できる相手は、家族である。家庭を持ち子どもがいる場合は、必ず妻には相談してほしい。子どもの養育費など、転職後の収入について話し合う必要がある。

転職活動中や、転職後しばらくは、自分の時間がとりにくい傾向がある。家族との時間は減少するだろう。そういった意味でも妻やパートナーに理解を得ることが重要だ

家族という存在はあなたの味方になって考えてくれるはずだ。相談することで、転職に対して求めるものも明確になるだろう。

【女性】キャリアプランを明確にする

結婚、出産は、女性にとって大きなライフイベントの1つであるだろう。産休、育休制度などは転職活動をする上で重要なポイントだ。

実際に面接などで「結婚しているか」「出産してすぐ辞めないか」など聞かれることはないだろう。しかし、企業側は今後のライフイベントが控えていると、将来の見通しが不透明と感じてしまい、即戦力を求めている場合は、懸念する傾向もある。

自分のライフイベントと今後の働き方については、入社後に認識のズレがないよう、事前に調べておくべきである。

39歳の転職体験談

ここからは、あなたと同じ39歳で転職活動を経験し、転職に成功した方のコメントを見ていこう。今は不安でも、同年代の転職成功例を知れば、きっと励みになるはずだ。

成功談

私は幸いにして39歳で収入レベルを維持(今後の昇給幅を考慮すればむしろ上がったと言えるかもしれない)して転職に成功しましたが、かなり運に恵まれたと思ってます。よほどの特殊なスキルが無い限り、普通は35歳までですよね。

https://twitter.com/Kumanohito1/status/1022787759105138688

この方のように、自分の具体的なスキルをしっかりアピールすることが重要だ。

39歳で転職活動を成功させるには、よほどの特殊なスキルまでいかなくても複数のスキルなどで自分ならではの価値を明確に打ち出す必要がある。

転職エージェントのキャリアカウンセラーなど、プロのアドバイスを元にオリジナルの価値を考えてみてほしい。

失敗談

私はこれまで短期間での転職が多くなってしまったんだ。なので、それが響いてしまい、あちこち受けては失敗した。39歳。もうどこでも働けないのではないかと不安になってね。食欲も無かった。だから、今の仕事、疲れても何でも頑張ろうと思う。

https://twitter.com/marukyo1979/status/107430018230336307

39歳での転職は簡単ではないことがわかる投稿だ。転職を決める前に事前準備や自分の弱点の対応をしっかりした上で、転職活動をしてほしい。

39歳の転職でおすすめの転職サイト・エージェント

ここからは、39歳で転職活動をする人におすすめの転職サービスを紹介していく。

自分が受かりやすい企業を効率よく探すには、転職サイト・転職エージェントの活用が早い。

ぜひ登録して、キャリアアドバイザーと相談しながら転職活動を成功させよう。

【39歳におすすめ転職サイト・エージェント】

  • ビズリーチ:年収,キャリアアップしたい全ての人におすすめ

①ビズリーチ:年収アップしたい人向け

多くの企業がビズリーチで中途採用をかけているので、まずは登録しておきたい転職サイトだ。

優良求人の割合が高く、年収アップ・キャリアアップを望むなら、ぜひ登録して活用したい。

ビズリーチには「スカウト機能」があり、企業やヘッドハンター(転職エージェント)からスカウトメールが送られて来る。

どのくらいのスカウトメールが来るのかで、自分の転職市場価値がわかるはずだ。

非公開求人の数も他のサイトと比べてかなり多いので、登録しておいて後はスカウトを待つのみだ。

公式サイトはこちら

②JACリクルートメント:ハイキャリアを目指したい人向け

JACリクルートメントは、外資系企業への転職に強い転職エージェントだ。

高収入を目指すなら登録しておきたい。

30代以降がメイン登録者だが、26歳でも登録は可能だ。

現年収が500万以上あり、さらに年収アップを目指すならおすすめだ。

担当コンサルタントは少数精鋭で、質の高いサポートが期待できる。

また他のエージェントとは違って、各企業ごとに担当のキャリアアドバイザーがつくのが特徴だ。

そのため、企業の内情を深く理解した上でアドバイスをくれるので非常に為になるだろう。

公式サイトはこちら

③アクシスコンサルティング:コンサル志望向け

アクシスコンサルティングはコンサル業界に特化したエージェントだ。

元コンサルファーム出身のキャリアコンサルタントが多く在籍しているのが他社にはない特徴だ。

受かるための対策はもちろん、コンサル業界の働き方やキャリアなどの「コンサルの内情」にも精通している。

未経験からコンサルティング業界への転職実績もあるエージェントなので、コンサルタント志望の人はぜひ登録しておきたい。

公式サイトはこちら

まとめ:39歳の転職はタイミングを逃さずに

最後に今回の記事を振り返ろう。

39歳で転職するメリット

  • ①30代の募集制限枠での転職活動ができる
  • ②キャリアアップが期待できる
  • ③転職直後からやりがいを感じられる

39歳で転職するデメリット

  • ①条件が下がる可能性がある
  • ②長期戦になりやすい
  • ③未経験分野への転職は難しい

「こんな39歳なら欲しい!」採用したくなる転職者の特徴は?

  • ①高いスキルを複数持っている
  • ②マネジメント経験がある
  • ③転職の目的が明確にある

「こんな39歳は難しい…」採用を見送られてしまう転職者の特徴は?

  • ①こだわりすぎて決断力がない
  • ②転職回数が多い企業側を不安にさせる
  • ③世代間のギャップに対応できない

39歳の転職で気をつけるべきこと

  • 【男女共通】必ず現在の職場に在籍しながら行う
  • 【男性】家族に相談する
  • 【女性】キャリアプランを明確にする

いかがだろうか。

39歳は、30代として転職ができるラストチャンスである。転職に興味があるなら、この機を逃さずにまずは情報収集を始めよう。

これまでに蓄積して来たスキルや経験を生かして、管理職・マネジメント職としての採用される可能性もある。

選考対策には、転職のプロであるエージェントを活用しよう。自分の適性や希望に合う企業へのマッチングも期待できる。

編集部のおすすめ転職サービスランキング