キャリア相談室

38歳で転職できないは嘘!難しい中でも転職成功できる人の特徴とは?

こんな人におすすめ
  • 38歳で転職は遅いのかな…と悩んでいる人
  • 38歳でどう転職活動を進めるべきか知りたい人
  • 家族の理解が得られるか不安な人

この記事を読んでいるあなたは38歳で転職を考えているのではないだろうか?

更なるキャリアアップをしたい一方で、守りの選択に入るべきか迷う人もいるだろう。

また、「もう間もなく40歳だし今更転職なんて遅いのではないか…?」と不安な人もいるはずだ。

だが安心してほしい。実はリクナビNEXTによる調査によれば、30代後半で転職活動を経験した3人に1人が「うまくいっている」と答えているのだ。

スキルや経験があり、しっかり準備すれば38歳で理想の転職も夢ではない。それどころか、将来の管理職候補としてベテランを採用したい企業も多いのだ。

この記事を最後まで読むことで、「38歳のあなたは、今後どのように転職活動をしていくべきか」が具体的にわかるはずだ。

【38歳におすすめ転職サイト・エージェント】

Contents

データで検証!38歳での転職割合はどのくらい?

総務省による労働力調査によると、35歳~44歳の転職者の比率はやや増加傾向にあることがわかる。(以下の図参照)

事業展開のスピードを加速化するために、スキルやノウハウを習得している経験者を中途採用によって入れる動きが広がったことによるものだ。

また、転職サイトdodaによる調査によると転職成功者の35~40歳の割合は、特に企画・管理系に多い。

38歳の転職者は、調整力や提案力、育成能力やマネジメント能力の求められる仕事を任されやすいようだ。

一人で成果をあげるだけでなく、部下やチームメンバー全員が成果をあげられるよう仕組みを作ったり、サポートする能力が求められるのだろう。

38歳での転職は厳しいといわれている理由

以前と比べると30代後半での転職はしやすくなっているが、それでも38歳での転職は厳しいと言われている。

その背景としては以下のような理由がある。

  • 35歳を境目に応募できる求人が減る
  • 転職後に年収や役職が下がることが多い
  • 未経験分野への転職が厳しい

ひとつひとつ確認していこう。

①35歳を境目に応募できる求人が減る

厚生労働省の調査によると、年齢別有効求人倍率の全国平均は25~34歳で1.32、35~44歳で1.15となっている(2019年3月時点)。

つまり、35歳を区切りに求人数は大きく減少しているのだ。

求人数が少なければ、希望の求人を見つけることも難しくなるし、内定の競争率も上がる。

有効求人倍率が35歳以降落ちることは、38歳での転職の大きな障壁となる。

これは客観的な事実として知っておくべきだろう。

②転職後に年収や役職が下がることが多い

38歳で転職する際、年収が下がることは覚悟しておいた方が良いだろう

リクナビNEXTによる調査によると、30代後半で転職した後に年収が下がったと答えた人は54.7%と半分を超えている。

また、前職よりも役職が下がって入社することもある。

年下の上司ができてお互いに遠慮してしまったりなど、これまであまり感じなかった不を感じることもあるだろう。

③未経験分野への転職は基本的に厳しい

38歳から未経験分野への転職は非常に難しいと言わざるをえない。

たとえ資格を持っていても、30代後半は即戦力が求められるため、実務経験がなければあまり意味がないのだ。

もしどうしても未経験分野へ転職したい場合、年収が大幅にダウンすることや、転職活動自体が長期戦になる覚悟を持っておくべきだろう。

なるべくこれまでの経験を活かせる業界・職種を志望する方がスムーズに転職活動が進むだろう。

38歳での転職に求められるスキル・能力は?

若手とは異なり、38歳の転職では高度な専門スキルや実績が求められる。

具体的には次のようなスキル・能力が求められるので、必ずチェックしておこう。

  • マネジメント能力
  • おごらず常に周囲から学ぶ謙虚さ
  • 今までの職場で得た人脈・情報

マネジメント能力

38歳にもなると、自分で考えて成果を出せることは当たり前。

その上で後輩や部下を指導・育成し、かつチームや部署を引っぱっていき結果を残す力が必要とされる。

部下の育成やチームを率いることで出せる成果は、個人で出せる成果の何倍にもなるからだ。

ベンチャー企業で出世してマネージャーになれる環境を除き、マネジメント経験が得られるのは30歳以降が多い。

リーダーやマネージャーが不足している組織において、マネジメントができる人材は非常に重宝される。

マネジメント経験がある人は、リーダーや管理職候補の枠で転職活動を進めても良いだろう。

おごらず常に周囲から学ぶ謙虚さ

38歳ともなればそれなりの経験があるため、「自分なりの仕事のやり方」が確立されているだろう。

そのため、「今まではこうしてた」「自分のやり方はこうだ」とエゴを捨てられず、新しい職場の考え方が受け入れられない人も多い。

だが、この「傲り」こそが中途採用する上で最も大きな足枷になるのだ。

しかし以前とは違う職場なのだから、そこから学べることは十分あるはずだ。

特に転職して1〜2年間は初心に帰って、周りから学んでいこう。

年齢や経験に甘んじず、常に周囲から学ぶ力が求められる。

今までの職場で得た人脈・情報

今までの職場で広い人脈を持っていると転職活動は有利に進められる。

ビジネスにおいて、取引している企業、ライバル企業の情報や関係は非常に貴重だからだ。

これまで培ってきた人脈や情報をフルに活用して活動を成功に近づけよう。

特に業界知識が深く、かつ最新情報にアクセスできる人材は企業で重宝されるので、やはり前職の経験が活かせる業界への転職はおすすめだ。

38歳での転職に「成功」する人の特徴は?

38歳で転職を成功させる人には、ある共通の特徴がある。

先に結論をお伝えすると、以下のような特徴を挙げられる。

  • 会社の求める人物像を理解している
  • 中小・ベンチャー企業を中心に受ける
  • 即戦力で活かせる専門スキルを持っている

あなたはいくつ当てはまるだろうか?

会社の求める人物像を理解している

「なぜその企業は30代後半を採用するのか?」「38歳の転職者に何を求めているのか?」といったことをしっかりと把握することが大切だ。

企業でマネージャーの後任が不足しているならマネジメント能力を、今後海外展開を検討しているなら語学力をアピールしていくなど。

自分を採用したら、能力を活かしてこんな活躍ができる」と自分を売り込んでいくのが転職活動の本質なのだ。

企業の求める人物像と、自分がマッチする部分は何かを、言語化できるように準備しておこう。

中小・ベンチャー企業を中心に受ける

38歳で転職活動をするなら中小・ベンチャー企業を中心に受けるのが良いだろう。

30代後半だと大企業の求人がそもそも少なく、その上非常に受かりづらいためだ。

一方中小企業やベンチャー企業は人材不足に悩んでおり、比較的受かりやすい。

日本の企業の99%は、中小企業であり、なかには大企業以上に良い業績を誇る企業もある。

「絶対に大企業!」というこだわりは一旦捨て、まずは自分の希望に沿う中小企業を探そう。

即戦力で活かせる専門スキルを持っている

即戦力になるスキルを持っていることも、38歳の転職おいては大切な要素だ。

例えば外資系企業や海外進出を考えている企業なら、ビジネス会話レベルの語学力があれば有利だし、エンジニアなら高いプログラミングスキルなどが求められる。

マネジメントスキルも管理職候補の採用なら有効だろう。

また業界歴が長く、その業界について深く理解していることも強みになるだろう。

高い専門スキルがあるのにも関わらず評価されてない人はキャリアアップのチャンスだ。

持っているスキルを使ってどのような成果を挙げてきたのか、転職後はそのスキルを活かしてどのように活躍したいのかまでしっかり話せるようにしよう。

38歳での転職に「失敗」する人の特徴は?

上記の成功する人とは反対に、38歳で転職失敗してしまう人にも、共通して当てはまる特徴がある。それは以下の3つである。

  • 新しい職場の考え方に適応できない
  • 職歴にブランクがある
  • 転職回数が非常に多く、かつ転職理由も曖昧

新しい職場の考え方に適応できない

リクナビNEXTによる調査によれば、30代後半の転職者のうち6割近くが先輩や上司と「上手くいっている」と答えている。

一方、 転職後に新しい職場の社風、人間関係にうまく適応できていない人も少なくないようだ。

38歳での転職はやり直しが効きづらいため、職場にうまく溶け込めないのは深刻だ。

企業の公式サイトはもちろん、転職エージェントや口コミサイトなどからその会社の社風をある程度掴んでおくとよいだろう。

職歴にブランクがある

職歴に一年以上のブランクがある場合、転職活動においてマイナスに働くことが多いと言われている。

「ブランクの期間中にスキルが失われている」「定着しないのではないか」などと思われてしまうからだ。

噓をつくのではなく、正直にブランクができた理由とその間何をしていたかを答え、それが業務に支障が無いことを伝えよう。

転職回数が非常に多く、かつ転職理由も曖昧

30代後半では転職回数が5回を超えると気にする企業もいると言われている。

ただ上記はあくまで気にする企業もいると言われているだけで、転職回数自体はそれほど関係なく、どちらかと言えば「転職理由」が大切である。

毎度人間関係が原因でやめたり、毎回の転職に納得できる理由がない場合「忍耐力がなく継続できない人」と思われてしまう。

一方、転職回数が5回以上であっても、その目的が一貫していたり、転職のビジョンがあれば気にしない企業も多い。

しっかり転職の理由と目的を話せるように準備しておこう。

38歳で転職を成功させるためにやるべきこと

38歳で転職を成功させたいのであれば、以下の3つは必ず守って転職活動を進めて欲しい。

  • 転職サイト・エージェントを上手く活用する
  • 妥協してもよい点を決めておく
  • 過去のキャリアを振り返り、自分の強みを言語化しておく

転職サイト・エージェントを上手く活用する

38歳で転職を成功させたいなら転職サイト・エージェントは必ず活用するべきだ。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の市場価値の診断ができる。

また転職サイトには、登録した求職者の情報を見た一部の企業から、非公開求人を受け取れるスカウト機能のあるというサービスもある。

38歳で受けられる求人数が少ないので、しっかり

元々受けられる求人数が少ない38歳は利用しておきたい。

転職エージェントは、履歴書の添削や面接など様々な面から転職をサポートしてくれるサービスだ。

求人企業の求める人材をよく理解しているため、非常に有益なアドバイスをもらえるし、持っているスキルの活かし方も教えてくれる。

転職サイトと転職エージェントを上手く使えば、転職の成功率はグッと上がるだろう。

妥協点を決める

全ての条件に置いて満足がいく転職はほぼ不可能と思った方が良いだろう。

条件に優先順位をつけ、優先度の低いものは妥協していくことも大切だ。

年収、勤務地、福利厚生など、自分の求める条件を箇条書きにして、A〜Cで優先度をつけてみて欲しい。

上でも触れたが、特に年収については下がることが多いのである程度妥協した方が良いだろう(もちろん入社後の活躍次第で上がるので一時の我慢だ)。

過去のキャリアを振り返り、自分の強みを言語化しておく

38歳にもなると入社後の即戦力が期待される。

その分選考のハードルも高いので、しっかりと自分の強みを言語化してスムーズに伝えられるよう準備しておくべきだ。

強みを言語化するには過去のキャリアを振り返り、これまでうまくいったこと、反対に失敗したことを洗い出そう。

その次に成功体験と失敗体験のそれぞれの中に共通点を見つけ、転職先でどのように活かせるのか考え、企業でアピールできるポイントを整理しよう。

しかし実際には「成功体験が少なく失敗ばかりしてきたから語れるエピソードが少ない…」という方も多いだろう。

そのような方は、ぜひ転職エージェントを活用して欲しい。

転職エージェントのキャリアアドバイザーと一緒に模索することで、アピールポイントがきっと見つかるはずだ。

転職エージェントを探すにはビズリーチを使うのがおすすめだ。

ビズリーチにはヘッドハンターと呼ばれる人が数多く登録しているが、彼らの多くは転職エージェントのキャリアカウンセラーである。

ビズリーチに登録するだけで多くのヘッドハンターからスカウトメールがくるので、その中で進みたい業界や職種に強そうなヘッドハンターを選んで面談しよう。

男性編:38歳の転職において気をつけるべきこと

①家族の理解が何よりも大切

転職は収入や勤務地、労働時間の変化など、今後の生活に直結する重大な決断だ。

もしあなたに家族がいて転職を考えているのなら、家族やパートナーに理解を得ることが非常に大切になる。

今の地位を捨ててわざわざ転職する旨とその理由、今後の展望をしっかり話そう。

そして何よりも、転職して仕事は変わっても、家族のために頑張る気持ちは変わらないと伝えることが大切だ。

家族の同意が得られれば、きっと協力・応援してくれるだろう。

逆に転職についてきちんと話さずに、家庭内の不和を生んでしまえば、転職活動のモチベーション、結果にも影響してくるだろう。

②転職前後は家族サービスに使う時間が減ることもある

リクナビNEXTによる調査によると、転職者の7割以上が転職に3か月以上の時間がかかっている。

転職活動は仕事を続けながら行う場合が多いので、家族サービスの時間は当然減るだろう。

また、転職後も新しい仕事で慣れないことも多く、成果を出すために一定インプットが必要なため、当面は忙しいだろう。

こうした事も家族に納得してもらう必要がある。

女性編:38歳の転職において気をつけるべきこと

①子供がいると不利になることもある

ただでさえ人手不足の時代なので、時間の制約が少なく働ける人材を欲しがる傾向にある。

なので、子供がいて時短勤務を希望すると不利になってしまうことがあるのが実情だ(世の中は変わりつつあるが、やはりフルタイム雇用が有利なようだ)。

家庭と仕事をどのように両立していくかをよく考え、それが実現できる企業が見つかるまで根気強く転職活動を続けよう。

②産休・育休はとれるのか確認する

子供が欲しい場合、産休・育休制度が整備されているかはよくチェックしておこう。

厚生労働省の調査によれば、女性の育休取得率は8割を超えるものの、依然育休取得数が少ない企業もあるのが事実。

入社後の認識のズレがないよう 、企業HPや転職エージェント、口コミなどから情報収集できると良いだろう。

38歳での転職成功談・失敗談を紹介!

転職成功談

ここからは、あなたと同じ38歳で転職活動を経験し、転職に成功した方のコメント(ツイッター)を見ていこう。

今は不安でも、同年代の転職成功例を知れば、きっと励みになるはずだ。

私も38歳、2児がいる状態で転職を経験しています。子持ち女性というだけであからさまに馬鹿にする転職コンサルもいまして、腹が立ちましたが、別会社の良いコンサルの方の紹介で希望を上回る条件で転職できました。

https://twitter.com/rengejibu/status/1228959585026707456

この方は転職コンサル(転職エージェント)を利用して転職成功したようだ。

子持ち女性をバカにする転職エージェントがいるのは信じ難いが、エージェントとの相性問題は実際にある。

この方はその後合うエージェントを見つけ見事転職に成功しているので、相性の良いキャリアカウンセラーと出会うことが大切だとわかるだろう。

転職失敗談

38歳転職活動中。

面接へ行っても

酷い会社やら何やらで・・・

あと面接何連敗中だろう

https://twitter.com/pHPSryVASIf9Svi/status/1238621511956582400

38歳での転職は簡単ではないことがわかる投稿だ。ある程度長引いたり、スムーズに進まないことが多いことも理解した上で転職活動に望もう。

38歳で転職するなら絶対に使いたいおすすめ転職エージェント

ここからは、38歳で転職を志す人におすすめの転職エージェントを紹介していく。

38歳だと中途採用においては年齢を理由に落とされる企業もあるのも事実だ。

特に自己応募だと受かりづらく、せっかく応募しても、あっさり書類で落とされてしまっては意味がないだろう。

自分が受かりやすい企業を効率よく探すにはエージェントの活用が最も効率的である。

エージェントは自分の年齢・キャリアと似た人が、実際どのような企業に転職できたかの事例を大量に持っているため、おおよそ受かりやすい企業がわかった上で受ける企業を決められる

ぜひ登録して、キャリアアドバイザーと相談しながら転職活動を成功させよう。

【38歳の方におすすめの転職サイト・エージェント】

①ビズリーチ:全員におすすめ

30代以上の求人に特に強い転職サイトであるため、まずは登録しておきたい。

優良求人の割合が高いため、年収アップ・キャリアアップを望むなら、ぜひ活用しよう。

ビズリーチには「スカウト機能」があり、企業やヘッドハンター(転職エージェント)からスカウトメールが送られて来る。

どのくらいのスカウトメールが来るのかで、現在の自分の転職市場価値がわかるのがおすすめだ。

非公開求人の数も他のサイトと比べてかなり多いので、登録しておいて後はスカウトを待つのみだ。

公式サイトはこちら

②アクシスコンサルティング:コンサル業界志望者向け

アクシスコンサルティングはコンサル業界に特化したエージェントだ。

受かるための対策はもちろん、コンサル業界の働き方やキャリアなどの「コンサルの内情」にも精通している

未経験からコンサルティング業界への転職実績もあるエージェントなので、コンサルタント志望の人はぜひ登録しておきたい

公式サイトはこちら

③JACリクルートメント:ハイキャリアを目指したい人向け

JACリクルートメントは、グローバルのハイキャリア案件に強い転職エージェントだ。高収入を目指すなら登録しておきたい。

現年収が500万以上あり、さらに年収アップを目指すならおすすめだ。

担当コンサルタントは少数精鋭で、質の高いサポートが期待できる。

また他のエージェントとは違って、各企業ごとに担当のキャリアアドバイザーがつくのが特徴だ。

一人のアドバイザーが求職者と企業の両方とやりとりするため、求職者には役立つ情報を、企業側には求めているぴったりな人材を紹介できるので、マッチングの精度が高いと言われている。

企業の内情を深く理解した上でアドバイスをくれるので非常に為になるだろう。

公式サイトはこちら

まとめ

今回は、38歳で転職を成功させるための方法を紹介した。

最後に、今日の内容を振り返ろう。

【38歳の転職者に求められること】
①マネジメント能力
②おごらず常に周囲から学ぶ謙虚さ
③今までの職場で得た人脈・情報

【38歳の転職で成功する人の特徴】
①会社の求める人物像を知っている
②中小、ベンチャー企業を中心に受ける
③即戦力になる専門スキルを持っている

【38歳の転職で失敗する人の特徴】
①新しい職場の考え方に適応できない
②職歴にブランクがある
③転職回数が非常に多く、かつ転職理由も曖昧

【38歳の転職を成功するためにやるべきこと】
①転職サイト・エージェントを上手く活用する
②妥協してもよい点を決めておく
③過去のキャリアを振り返り、自分の強みを言語化しておく

【男性が38歳で転職するなら気をつけるべきこと】
①家族の理解が何よりも大切
②転職前後は家族サービスに使う時間が減ることもある

【女性が38歳で転職するなら気をつけるべきこと】
①子供がいると不利になることもある
②産休・育休はとれるのか確認する

いかがだろうか?

上記のポイントを抑えるだけで、あなたの転職成功確率はグッと上がるだろう。

「38歳という若くない年齢で、本当に転職できるのか?」と、不安に思う人もいるだろう。

そんな人こそ、転職のプロであるエージェントを活用しよう。

一人で悩まずエージェントと二人三脚で転職活動をすることで、より良い企業に出会えるだろう。

筆者のお勧め転職サービス

ビズリーチ
キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

リクルート キャリアカーバー
ハイクラス・エグゼクティブ限定の転職サイトである。年収800〜2,000万円の求人が多数あり、レジュメ登録するとスカウトを受けることができる。ビズリーチと合わせて使うことで、それぞれの優良求人や非公開求人を逃さず収集できるのでおすすめだ。

リクルートエージェント
日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

アクシスコンサルティング
創業から17年間で約5000人の現役コンサルタントを支援、77%が非公開求人という圧倒的な数字を誇る。平均3年の長期サポートでキャリアアップを支援してくれるので、未経験からコンサル業界に挑戦したい方はまずは挑戦してほしい。