ノウハウ:その他

37歳でも転職はできる!転職を成功させるコツは準備の質と量

転職を考えていても、「37歳で転職なんて遅い、もう無理なのでは?」と悩む人も多いだろう。

働き盛りの年代で、このまま勤め続けるか、辞めて転職するかの決断は難しいかもしれない。

しかし、サラリーマン人生は定年までまだ20年以上もある。

現状に満足していないのなら、このまま我慢し続けるよりも、勇気を出して転職した方が悔いのない人生を送れるのではないか。

37歳で転職した場合の明暗を分けるのは、準備の質と量である。まずは何より、情報収集に力を入れてほしい。

この記事を最後まで読むことで、「37歳のあなたは、どのように転職活動をしていくべきか」が具体的にわかるはずだ。

【37歳におすすめ転職サイト・エージェント】

【コンサル転職におすすめのサイト・エージェント】

Contents

37歳での転職割合はどのくらいか

総務省による労働力調査によると、35歳~44歳の転職者の比率は多少増加する傾向がある。(以下の図参照)

求めるスキルを既に習得している経験者を中途採用する動きが広がっている。事業展開のスピードを加速化するため、即戦力重視の採用に傾きつつあるといえるだろう。

転職サイトdodaの調査によると、転職成功者の35~39歳は、企画・管理系や専門職系で採用される割合が多い。

37歳の転職者は、過去の経験による調整力や提案力、育成能力やマネジメント能力が求められるようだ。

自分だけでなく、会社やチーム全体が向上するためのスキルを期待されていると言えるだろう。

37歳での転職は難しいと言われている理由

以前と比べると30代後半での転職はしやすくなっているが、それでも37歳での転職は厳しいと言われている。

その背景としては以下のような理由がある。

応募できる求人が20代よりも格段に少ない

厚生労働省の年齢別有効求人倍率の推移を見ても、求人情報の多くは35歳という年齢で区切られていることが多い。

35歳以上を対象とした求人数が少ないため、応募自体のチャンスが少なくなっている。そのため希望求人を見つけることも難しくなり、採用されるのも容易ではない。

企業側が即戦力として期待しているのは言うまでもないが、それ以外に高度なスキルや能力、また過去の実績も要求されるだろう。

どちらにせよ、20代や30代前半とは違い、37歳での転職は、男女問わず容易ではないことは理解しておきたい。

年収や役職などが下がる傾向にある

37歳での転職は、今までの給与や年収から下がる可能性が高いことを覚悟しておきたい。また役職がそのまま与えられることは少なく、前職より下がることも少なくない。

転職先の給与や年収、役職について、今の自分を基準に考えてしまう傾向があるが、全ての条件が良い企業に転職しようとすると、転職活動はさらに厳しくなるだろう。

経験があるからこそ転職に慎重になりすぎる

転職活動では慎重に考えることが重要であり、勢い任せに進めることは避けるべきだ。しかし慎重になりすぎるのも、時に悪影響である。

37歳での転職は、本当に今の会社を辞めてもいいのか、冷静に考えると悩んでしまうのも無理はない。しかし、働きながら行う転職活動の場合、割ける時間も限られる。

また、当たり前だが求人案件には募集期間も存在するし、人気の求人は募集期間前にクローズすることも多い。

目の前のチャンスを逃さないように注意してほしい。

37歳での転職で求められるスキル・能力は?

若手とは大きく異なり、37歳の転職では高度な専門スキルや過去の実績が求められる。

具体的には次のようなスキル・能力が求められるので、必ずチェックしておこう。

育成能力やマネジメントスキル

37歳に求められるのは、若手を育成するリーダーに加え、組織全体のレベルアップを実現していくマネジメント能力だ。

部下の長所や短所をしっかりと理解し、うまく活かし、個人だけではなくチームとしての成果につなげていく力が重要だ。

部下を持ち、マネジメントをした経験があれば、転職活動の際にも優位に働くはずだ。

ポータブルスキル

ポータブルスキルは、業種や職種が変わっても通用する、持ち出し可能とされる能力である。「専門知識・専門技術」「仕事のしかた」「人との関わりかた」の3つに分類される。

37歳の転職では、3つとも総合的に備えていると重宝されやすい。どの業界や業種でも活かすことのできるポータブルスキルは、即戦力としても活躍が期待されるはずだ。

とりわけ企業の求めるスキルとマッチすれば転職成功への近道となるだろう。

経験値を活かして将来の課題に備える力

37歳の転職は、これまでの仕事で結果を出しているのは当然だとみなされる傾向が強い。

ある程度の失敗もそれなりに経験していることで、過去の経験によるさまざまな不測の事態を事前に予測できることを期待されるだろう。経験を活かして、そこから今後どれほど活躍できるかがポイントだ。

過去に培った人脈や、業界に関連する専門情報などを活かしながら、将来に起こりうる課題を予測して、企業やチームを先導する人材は重要視されるだろう。

37歳での転職に「成功」する人の特徴は?

37歳で転職を成功させる人には、ある共通の特徴がある。

あなたはいくつ当てはまるだろうか?

即戦力としてのスキルを持っている

即戦力となるスキルを持っていることは、37歳の転職において大切な要素である。

部下やチームを育てるマネジメントスキルや、ポータブルスキルといった総合的な能力を持っていることが強みになる。

即戦力となるスキルや経験、またすぐ企業で活躍できる能力を具体的に話せる準備をしておくと良いだろう。

会社の求める人材を理解している

37歳の転職者に企業が何を求め、期待しているのかを、しっかりと理解しておくことが重要だ。企業は高いスキルと経験、即戦力を求めているはずだ。

過去の経験やその企業で活かせるスキルなどを具体的にアピールできるようにしておきたい。企業が求めているものと自分がマッチするところを見つけて、自分を売り込むことが大切だ。

中小・ベンチャー企業をも視野に入れて転職活動をする

大企業での37歳の求人となると、格段に少なく、倍率も上がる。

大企業だけに絞らずに、中小・ベンチャー企業も視野に入れて転職活動をするのが良いだろう。

日本の企業の99%は中小企業であり、社数が多い分、求人倍率も低くなりやすい。またベンチャー企業では、新しい事業展開が見込まれるため、即戦力としてすでにキャリアのある人材を求める傾向がある。

大企業でなくてはダメと、いたずらに選択肢を狭めるのではなく、採用ニーズが高い中小・ベンチャー企業でキャリアの可能性を広げてみるのも1つの方法である。

37歳での転職に「失敗」する人の特徴は?

上記の成功する人とは反対に、37歳で転職に失敗してしまう人にも、共通して当てはまる特徴がある。それは以下の3つである。

新しい環境への適応能力がない

転職後にその企業で活躍するためには、いかに早くその企業に馴染めるかが重要だ。

37歳ともなると、ある程度のビジネス経験や人生経験を積んでいるはずである。よって、前職と仕事の進め方が違うと感じることもあるだろう。

しかし、転職先企業へ馴染むことで、自分自身の基盤が作れるのである。新しい環境を受け入れ、適応していく努力をしよう。

転職する理由があいまい

37歳で転職する際に、転職理由はとても重要だ。

あいまいな理由や、後ろ向きな理由ばかりだと転職は失敗しやすい。目的がない転職は、同じことの繰り返しになるだろう。

なぜ自分が転職したいのか、転職することでどうなりたいのかというビジョンを明確にする必要がある。

求める条件が高すぎる

年収、職位、福利厚生といったあらゆる条件を満たす求人と巡り会うことは困難だ。37歳での求人は少なく、収入も前職より下がることがほとんどである。

年収や働きがいなど、絶対に譲れない条件を自分の中で明確化して求人を探すことをおすすめする。

37歳で転職を成功させるためにやるべきこと

37歳で転職を成功させたいのであれば、以下の3つは必ず守って転職活動を進めてほしい。

質の高い転職サイトやエージェントを利用する

37歳で行う転職活動は、転職サイトと転職エージェントの利用が必須である。

転職エージェントは、大手企業の特別求人や非公開求人など紹介してくれ、求人の質も段違いに良い。

その道のプロであり、市場の情報を網羅的に収集することができる。

転職活動を成功させるために、プロの力を借りるのが一番である。

自分のスキルや経験をしっかりと伝えられる準備をしておく

今までのビジネス経験、自分の強みをいかに伝えることができるかが大切だ。37歳の転職者に企業は即戦力を求めているので、熱意だけでは不十分である。

よって、自らのキャリアから自分の市場価値を知り、自己分析を転職活動に活かすことが重要だ。

妥協点を決める

前にも述べてきたが、37歳の転職は容易ではない。求める全ての条件をクリアするのはほぼ不可能であると思っておいた方が良い。

何に重きをおいて転職するのか、優先順位を決めて転職活動を進めて欲しい。年収は前職より低くなることを覚悟して、「ここまでなら」というラインを決めておくのが良いだろう。

ある程度の妥協点を最初から決めておくと転職成功の確率が高まるはずだ。

【男女別】37歳の転職で気をつけるべきこと

男性編:37歳の転職において気をつけるべきこと

家族の理解を得て転職をする

転職は収入や勤務地、労働時間の変化など、今後の生活に直結する重大な決断だ。家族がいる状況で転職を考えているのなら、家族やパートナーに理解を得ることが大切である。

今の地位を捨ててまで転職する理由や、今後の展望をしっかり話すべきだ。家族の同意と協力で、転職活動はよりスムーズに進むだろう。

家庭内の不和を生んでしまえば、転職活動のモチベーションや結果にも影響してしまう。

転職前後は家族との時間が減る可能性がある

リクナビNEXTによる調査によると、転職者の7割以上が転職に3か月以上の時間がかかっている。転職活動は仕事を続けながら行う場合がほとんどなので、家族サービスや時間は減るだろう。

家族の理解を得て、日頃から円滑なコミュニケーションを大切にしてほしい。

女性編:37歳の転職において気をつけるべきこと

子どもがいると転職が不利になることもある

企業は、時間の制約がなく働ける人材を欲しがる傾向にある。子どもがいて時短勤務を希望すると、残念なことではあるが、不利になってしまうことがある。

女性の働き方に対する理解は変わりつつあるが、やはりフルタイム雇用が有利な傾向は続いている。

家庭と仕事をどのように両立していくかをよく考え、自分の理想を実現できる企業を見つけて転職してほしい。

産休や育休は取れるかを確認する

将来、子どもを育てることを考えている場合、産休・育休制度が整備されているかは確認しておきたい。

厚生労働省の調査によれば、女性の育休取得率は8割を超えるものの、依然として育休取得数が少ない企業もあるという。入社後に認識のズレがないよう、入念に調べておくべきである。

企業HPや転職エージェント、口コミなど多方面から情報収集することをおすすめする。

37歳での転職成功談・失敗談をご紹介!

転職成功談

ここからは、あなたと同じ38歳で転職活動を経験し、転職に成功した方のコメントを見ていこう。今は不安でも、同年代の転職成功例を知れば、きっと励みになるはずだ。

私は37歳、病院3年以内で辞めるのだけど…
37歳で転職は無理だ…
3年は勤めないと不利…
思ってました。
しかし、書類選考は全て通り、内定もしっかりもらってます。
蓄積してきたことをしっかりアピールすれば大丈夫。

https://twitter.com/potato_kabocha/status/1217046748230602752

この方のように、自分の蓄積したことをしっかりアピールすることが重要なポイントだ。

転職活動でしっかり自分の良さを伝えられなければ、企業は期待ができず雇用する前向きな決断にはなりにくい。

自分のアピールすべき部分やアピールの仕方に不安がある場合は、転職エージェントのキャリアカウンセラーなど、プロのアドバイスを受けるのが何よりも成功への近道だろう。

転職失敗談

前職は18年ほど勤め、半ば引き抜きのような形で転職しましたが…
残業も多く、一日5時間
休みも少ない…
よりよい人間関係がなかなか構築できない…
やたら気を使い、勤務時間はとにかく体が怠い…
すぐにパニックになる…
休日も業務が気になり休まりません。
気分的に落ち込んでばかりです。

https://realestate.yahoo.co.jp/knowledge/chiebukuro/detail/1086531195/

37歳の転職でおすすめの転職サイト・エージェント

ここからは、37歳で転職活動をする人におすすめの転職サービスを紹介していく。

自分が受かりやすい企業を効率よく探すには、転職サイト・転職エージェントの活用が早い。

ぜひ登録して、キャリアアドバイザーと相談しながら転職活動を成功させよう。

【37歳におすすめ転職サイト・エージェント】

  • ビズリーチ:年収,キャリアアップしたい全ての人におすすめ

①ビズリーチ:年収アップしたい人向け

多くの企業がビズリーチで中途採用をかけているので、まずは登録しておきたい転職サイトだ。

優良求人の割合が高く、年収アップ・キャリアアップを望むなら、ぜひ登録して活用したい。

ビズリーチには「スカウト機能」があり、企業やヘッドハンター(転職エージェント)からスカウトメールが送られて来る。

どのくらいのスカウトメールが来るのかで、自分の転職市場価値がわかるはずだ。

非公開求人の数も他のサイトと比べてかなり多いので、登録しておいて後はスカウトを待つのみだ。

公式サイトはこちら

②JACリクルートメント:ハイキャリアを目指したい人向け

JACリクルートメントは、外資系企業への転職に強い転職エージェントだ。

高収入を目指すなら登録しておきたい。

30代以降がメイン登録者だが、26歳でも登録は可能だ。

現年収が500万以上あり、さらに年収アップを目指すならおすすめだ。

担当コンサルタントは少数精鋭で、質の高いサポートが期待できる。

また他のエージェントとは違って、各企業ごとに担当のキャリアアドバイザーがつくのが特徴だ。

そのため、企業の内情を深く理解した上でアドバイスをくれるので非常に為になるだろう。

公式サイトはこちら

③アクシスコンサルティング:コンサル志望向け

アクシスコンサルティングはコンサル業界に特化したエージェントだ。

元コンサルファーム出身のキャリアコンサルタントが多く在籍しているのが他社にはない特徴だ。

受かるための対策はもちろん、コンサル業界の働き方やキャリアなどの「コンサルの内情」にも精通している。

未経験からコンサルティング業界への転職実績もあるエージェントなので、コンサルタント志望の人はぜひ登録しておきたい。

公式サイトはこちら

まとめ:37歳の転職は、徹底的な情報収集から

最後に今回の記事を振り返ろう。

【37歳での転職は難しいと言われている理由】
①応募できる求人が20代よりも格段に少ない
②年収や役職などが下がる傾向にある
③経験があるからこそ転職に慎重になりすぎる

【37歳での転職で求められるスキル・能力は?
①育成能力やマネジメントスキル
②ポータブルスキル
③経験値を活かして将来の課題に備える力

【37歳での転職に「成功」する人の特徴は?
①即戦力としてのスキルを持っている
②会社の求める人材を理解している
③中小・ベンチャー企業をも視野に入れて転職活動をする

【37歳での転職に「失敗」する人の特徴は?】
①新しい環境への適応能力がない
②転職する理由があいまい
③求める条件が高すぎる

【37歳で転職を成功させるためにやるべきこと】
①質の高い転職サイトやエージェントを利用する
②自分のスキルや経験をしっかりと伝えられる準備をしておく
③妥協点を決める

【37歳で転職を成功させるために気をつけるべきこと】
男性編
①家族の理解を得て転職をする
②転職前後は家族との時間が減る可能性がある
女性編:37歳の転職において気をつけるべきこと
①子どもがいると転職が不利になることもある
②産休や育休は取れるかを確認する

いかがだろうか。

37歳は、転職難易度が20代に比べると高いことは否めない。

しかし、これまでに蓄積してきたスキルや経験、専門知識をしっかり棚卸しし、面談でアピールすることができれば、きっと納得いく活動ができると信じている。

一方で、自分一人で、量・質ともに十分な情報収拾をするのはなかなか難しい。しっかり対策が必要である。

選考対策には、転職のプロであるエージェントを活用しよう。自分の適性や希望に合う企業へのマッチングも期待できる。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 アクシスコンサルティング コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。