キャリア相談室

33歳の転職は遅いのか?年齢で諦めないキャリアアップを考える

33years-old-jobchange

33歳の転職は年齢的に遅い?

この記事を読んでいるあなたは、「20代とは異なり、転職可能性は高くないかもしれない」との不安を抱いているかもしれない。

しかし、そのような人も安心してほしい。30代の転職は、一般的である。以下のグラフから同世代の転職者が沢山いるのが分かる。

総務省による労働調査より

生活の変化や新しい興味によって、30前後で転職を決意する人は多いのだ。年齢を基準に遅いと判断するのは、早すぎるといえよう。

これから、33歳で転職をする際のメリット、デメリット、企業が欲しがる人材の特徴、男女別の注意点等を説明していくので、是非参考にしてほしい。

33歳で転職するメリット

33歳で転職するメリットは以下の通りだ。

①自分にあった仕事に就ける
②活躍できる可能性が高い
③キャリアアップが期待できる

一つ一つ確認していこう。

①自分にあった仕事に就ける

33歳の転職者は既に約10年もの社会経験があるはずだ。その過程の中で、自分が得意とするスキルを分かってきているだろう。

つまり、自身の市場価値を理解しているのだ。20代の若者と比較すると、自分の長所を理解しているため、転職に成功しやすいといえる。

ゆえに、自分のあっている仕事を見つけやすい

②活躍できる可能性が高い

「仕事が単純作業でつまらない」「社員数が多くて活躍しにくい」と思っている転職希望者に朗報がある。33歳の転職者は即戦力として雇われるため、思う存分活躍することができる可能性が高いと言える。

とはいえ、即戦力になりうる能力が自分に見についているとみなされなければ採用は見送られてしまう。

自分のスキルや実績を、転職までに磨いておけると、評価をしてもらえるだろう。

③キャリアアップが期待できる

待遇と年収の変化は、多くの転職者が気になるポイントだ。豊富な社会人経験があることから30代の転職者は、20代の転職者と比較すると自分のスキルや経験、適性などをしっかりと把握している人が多い

自分自身の状況を踏まえた転職活動ができるため、前職よりも待遇のよい企業へ転職しやすい傾向にある

もちろん、その分転職先から期待されることも多いため、しっかりと自己分析をする必要がある。

33歳で転職するデメリット

33歳で転職するデメリットは以下の通りだ。あなたは、いくつ当てはまるか確認して欲しい。

①未経験の転職は年齢的に厳しい
②多くの能力が求められる
③実績がないと転職可能性が下がる

①未経験の転職は年齢的に厳しい

残念ながら、33歳での未経験職種への転職は難しい。20代のようなポテンシャルを重視した採用が望めないためだ。

ただ、20代に比べると少ないのは事実だが、30代未経験者可の募集もなくはない。年収が下がる覚悟があれば、挑戦してみてもよいだろう。

その際には、汎用的なスキルや、これまでの実績を見せられることが好ましい。未経験でも挑戦しようとする熱い思いが伝える必要がある。

②多様な能力が求められる

20代とは違い、33歳の転職者には多くの条件が求められる

まずは「即戦力として働けること」だ。転職する業種で必要なスキルが既に備わっていることを示せなければならない。

次に「成長の見込みがあること」である。20代ほど、ポテンシャル採用はされないとはいえ、33歳は社会人としてはまだ立派な若手だ。成長できる要素があることや素直さが求められる。

更には、「マネジメントスキル」も要求される。30代にもなると小さなチームを率いてプロジェクトを回すこともあるからだ。

こうした多くの能力を要求されるため、転職活動が大変であることは間違いない。しかし同様に、これらを強くアピールできれば、同世代の転職者に差をつけることにもつながる。

なぜ、自分が募集ポジションに適任と言えるのかを伝えられるように準備しておけば、心配しすぎることではない。

③実績がないと転職可能性が下がる

33歳で、これまでの職場での実績がない人の転職活動は成功が難しい。繰り返しにはなるが即戦力として働くことが望まれているためだ。

もしも実績がなければ、今の職場で実績を作ってから転職することを薦める。具体的には、成果が定量的にわかりやすいプロジェクトへの配属の希望を出しすなどの対策がとれるだろう。

一方で、そのような機会がそもそもない人もいるだろう。そのような人は、転職エージェントに登録し、キャリアコンサルタントに相談するとよい。面談の内に、あなた自身が気づかなかったスキルに気づけるかもしれない。

「こんな33歳なら欲しい!」採用したくなる転職者の特徴は?

①専門性がある
②キャリアプランが明確
③ソフトスキルをしっかりと持てている

①専門性がある

30代前半の転職者は、自分がいかに即戦力であるかをみせなければならない。そのため専門スキルは採用に直結しやすい。所有している技能を積極的にアピールするべきだ

中には、専門的スキルがないことをコンプレックスのように感じる人もいるかもしれない。しかし、そのような人は、優秀な人と自身を比較して、強みを十分に発揮できていない場合が多い。キャリアアドバイザーへの相談などから客観的な意見を聞くとよい。

②キャリアプランが明確

面接中に、「5年後、10年後にあなたは何をやっていたいですか?」「弊社で実現したいことはなんですか?」と問いかけられることがある。キャリアプランが明確な程、ミスマッチが防げるのに加えて、目標設定と達成能力が分かるためこのような質問をしているのだ。

現段階でキャリアプランが定まっていない人は、作ってみて欲しい。まず自分の過去を振り返るといいだろう。何にやりがいや幸せを感じて来たのか箇条書きし、過去が可視化されると、自己分析が進むだろう。

次に、現在所有しているスキルを持っているか考えることで、売りにできるポイントが分かる。

過去と現在を振り返った後に、10年後の理想とする自分をイメージする。仕事のことだけではなく、どこに住みたいのか、何を所有していたいか、どのような趣味をもっていたいかを具体的に挙げてみるとよいだろう。

そうした希望を実現させるためには、何が必要かを10年後から5年後、3年後、現在と逆算しながら考えると、自然とキャリアプランができていく。

③ソフトスキルをしっかりと持っている

ソフトスキルも評価されやすい能力だ。ソフトスキルとは、コミュニケーション能力やリーダーシップ、ファシリテーションスキルなどの明確な評価基準がない能力である。

専門的なスキルと違い、転職者は軽視しやすい能力だが、面接官にとっては審査基準の一つだ。マネージメントスキルやリーダーシップなどもここに含まれる。

あなたが専門的技術や実績に自信がなかったら、特にソフトスキルをアピールできれば他者との差別化が図れるだろう。

「こんな33歳は難しい…」採用を見送られてしまう転職者の特徴は?

転職が難しい人には特徴がある。以下の3点に陥らないようにしっかりと対策をしてほしい。

①転職前に離職しようとしている
②転職条件があいまい
③自分の価値が分かっていない

①転職前に離職しようとしている

転職に焦りは禁物である。職場環境が転職理由である人は転職前に離職してしまう人が多いが、一度立ち止まってほしい。

残念なことに、先に辞めてしまうと転職が困難になる可能性が高い。「ストレス耐性のない人」や「計画性がない人」とネガティブな印象を持たれてしまうためだ。
はやる気持ちを抑えて、転職までは現在の業務をやり遂げるべきだ。

②転職条件が曖昧

「転職したい一番の理由は何か?」この質問に答えられない人は、転職への成功は難しい。転職自体ができないのはむろん、例え転できたとしても、描いていた理想と違いから、後悔しやすいためだ。

一度、転職理由を整理して欲しい。「給料アップ」「定休」「やりがい」等、転職に求める条件の箇条書きをしてみて、何を一番求めているのか考えると、自分にあった転職先を探し出せるだろう。

③自分の価値を分っていない

自分自身の市場価値が分かっていない人は転職活動に難航する。他者と自分自身を比較して、自己卑下してはいないか思い出してほしい。秀な人程、人と比較する傾向にある。成長しようとする姿は評価できるが、自己否定はすべきではない。自身の能力に対し、盲目になってしまう。

まずは、市場価値を知るために自己分析をして欲しい。自分自身がどのうようなスキル、経験があり、何ができるのか分析できると、おのずと自身の市場価値が分かるだろう。

【男女別】33歳の転職で気をつけるべきこと

男性と女性で、転職に関して気をつけるポイントが少し異なるので、確認してみよう。

【男性】家族に相談するべき
【女性】ライフイベントを考慮するべき
【男女共通】転職サイト・転職エージェントを活用するべき

【男性】家族に相談するべき

転職前には必ず家族への相談を忘れてはならない
収入が減ることや、労働時間が長くなることがある。そうした不安要素もしっかりと相談しながら、本当に転職すべきなのかを一旦考えるのが得策だ。

【女性】ライフイベントを考慮するべき

残念ながら未だに、女性はライフイベントによる仕事の在り方の変化を要求されることが男性よりも多い。

妊娠、出産を考えているのならば、育児休暇などの制度を参考に転職先を見ていく必要がある

【男女共通】転職サイト・転職エージェントを活用するべき

33歳で転職を成功させたいなら、転職サイト・転職エージェントは絶対に活用しよう。当サイトでおすすめしている転職サイトはビズリーチだ。

第一に、他の転職サイトよりも求人の質が良い。さらに、職務経歴書を登録することで企業からスカウトをもらえるので、自分のニーズがある業界や採用強化している企業がわかり、効率よく転職を進めることができる。

転職エージェントでは、あなた専属のキャリアアドバイザーがつき、あなたの適性や強み、希望などをすり合わせた上でサポートしてくれる。さらに履歴書・職務経歴書の添削面接対策、さらには年収交渉までサポートしてくれるので、心強い味方となるだろう。

転職サイトと転職エージェントを上手く使えば、転職の成功率はグッと上がるだろう。

33歳の転職体験談

以下、33歳で実際に転職した人の声を紹介する。

異業種ながらも成功した人もいれば、同業種に転職成功しながらも後悔している人など様々だ。ぜひ参考にしてみて欲しい。

一年前は眺めているだけの会社だった。いいなぁ、この会社楽しそうだなぁ〜と。 一年後の今、その会社へ転職成功した。33歳、未経験からの異業種へ。 動けば必ず変わる。 一気に目的達成はできないけど、まず目の前の小さなことからステップアップをしていくんだ

https://twitter.com/suzuringooo/status/1217736738908434433?s=20

私は33歳でキャリアチェンジしたけど、30代後半〜40代前半頃に年収アップの転職を成功させて、同じ年代のキャリアチェンジ希望者の背中を押す存在になりたい。

https://twitter.com/ayumi_wa04/status/1061582307306291200?s=20

転職以来、サラリーマンとしての仕事のことばかり考えてしまってる。そういう意味では失敗だったかもしれない。 でも、何だか背中を押されているような気もするんだよね。 本当に好きなことをやりなさいと。心の奥の方から聞こえてくる。 33歳。まだまだ若いさ。

https://twitter.com/moto_photo/status/426698344484716544?s=20

33歳の自分。転職して(同ジャンル同職種だが)日々、うまくいかないんだけど つい、誰かや誰かの環境と比べて卑屈になったり、失敗した事を引きずってモヤモヤしたり。

https://twitter.com/jellyfish_nu/status/1072142215298736134?s=20

33歳未経験から、Webエンジニアへの転職に挑戦しています! TechAcademyのWebアプリケーションコースで勉強中です。

https://twitter.com/shinyaeng/status/1273541268191117315?s=20

33歳の転職でおすすめの転職サイト・転職エージェント3つ

ここからは、33歳で転職活動をする人におすすめの転職サイト・エージェントを紹介していく。
自分が受かりやすい企業を効率よく探すにはエージェントの活用が最も効

的である。登録して、キャリアアドバイザーと相談しながら転職活動を成功させよう。

【33歳におすすめ転職サイト・エージェント】

①ビズリーチ:年収アップしたい人向け

多くの企業がビズリーチで中途採用をかけているので、まずは登録しておきたい転職サイトだ。優良求人の割合が高く、年収アップ・キャリアアップを望むなら、ぜひ登録して活用したい。

ズリーチには「スカウト機能」があり、企業やヘッドハンター(転職エージェント)からスカウトメールが送られて来る。どのくらいのスカウトメールが来るのかで、自分の転職市場価値がわかるはずだ。
非公開求人の数も他のサイトと比べてかなり多いので、登録しておいて後はスカウトを待つのみだ。

公式サイトはこちら

②JACリクルートメント:ハイキャリアを目指したい人向け

JACリクルートメントは、外資系企業への転職に強い転職エージェントだ。高収入を目指すなら登録しておきたい。現年収が500万以上あり、さらに年収アップを目指すならおすすめだ。
担当コンサルタントは少数精鋭で、質の高いサポートが期待できる。また

のエージェントとは違って、各企業ごとに担当のキャリアアドバイザーがつくのが特徴だ。そのため、企業の内情を深く理解した上でアドバイスをくれるので非常に為になるだろう。

公式サイトはこちら

③アクシスコンサルティング:コンサル志望向け

アクシスコンサルティングはコンサル業界に特化したエージェントだ。元コンサルファーム出身のキャリアコンサルタントが多く在籍しているのが他社にはない特徴だ。

受かるための対策はもちろん、コンサル業界の働き方やキャリアなどの「コンサルの内情」にも精通している。未経験からコンサルティング業界への転職実績もあるエージェントなので、コンサルタント志望の人はぜひ登録しておきたい。

公式サイトはこちら

まとめ:33歳の転職は遅くない!

最後に、この記事の要点をまとめてみる。

【33歳で転職するメリット】
①自分にあった仕事に就ける
②活躍できる可能性が高い
③キャリアアップが期待できる

【33歳で転職するデメリット】
①未経験の転職は年齢的に厳しい
②多様な能力が求められる
③実績がないと転職可能性が下がる

【採用したくなる転職者の特徴】
①専門性がある
②キャリアプランが明確
③ソフトスキルをしっかり持っている

【採用を見送られてしまう転職者の特徴】
①転職前に離職しようとしている
②転職条件があいまい
③自分の価値が分かっていない

【男女別:転職で気をつけるべきこと】
【男性】家族に相談するべき
【女性】ライフイベントを考慮するべき
【男女共通】転職サイト・転職エージェントを活用するべき

いかがだっただろうか。
33歳でも転職は難しくないのだ。

実際に転職する際には、自分自身のスキルや実績をしっかりアピールできるといいだろう。

まず、転職活動の第一段階として、転職エージェントに登録するといいだろう。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 アクシスコンサルティング コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。