キャリア相談室

34歳でも転職は可能?成功・失敗する人の特徴と成功のためやるべきこと

こんな人におすすめ
  • 34歳で転職は遅いのかな…と悩んでいる人
  • 34歳と35歳で、転職のしやすさが違うのか知りたい人
  • 34歳での転職の成功例を知りたい人

この記事を読んでいる人の中には「34歳でも転職はできるのか」「成功している人はどんな人なのか」と思っている人が多いのではないだろうか。

「35歳転職限界説」は崩壊したとよく耳にするが、現実的に34歳と35歳では企業が受ける印象が異なるのも事実だ。

転職に成功した先輩や、キャリアアドバイザーに相談した経験がある人なら「転職は35歳までに」とアドバイスをされた人もいるのではないだろうか。

そのような助言は論理的であり、34歳の転職は、職種や準備次第で成功する可能性は十分ある。

この記事では34歳で転職に成功するため、自分がやるべきことや企業から求められることを解説していく。

また転職に成功する人と、失敗する人の特徴を知ることで、自分と比較し「考え方や行動など、どうあるべきなのか」について参考にしてもらいたい。

最後まで読んでもらうと、転職成功のために何をするべきかが分かり、すぐに取り掛かることができるので前進するきっかけになれば幸いだ。

【34歳におすすめ転職サイト・エージェント】

Contents

データで検証!34歳での転職割合はどのくらい?

では、転職成功者のうち、34歳の割合はどれくらいなのか。

2018年下半期と2019年上半期を対象にdodaが調査した「転職成功者の年齢割合」によると、2018年下半期と2019年上半期共に、30歳~34歳は、25歳~29歳の次に高いことが分かった。

転職成功者全体のうち、25歳~29歳の割合は2018年下半期「38.9%」、2019年上半期「39.6%」に対し、30歳~34歳は2018年下半期「24.3%」、2019年上半期「23.1%」。

さらには、転職成功者の年齢を職種別で見ると、「専門職系」は30歳~34歳が2番目に高いことがわかった。

もちろん、企業は年齢だけで採用を決めている訳ではないが、データから読み取れるように、34歳での転職は多くの可能性を秘めていると言えるだろう。

34歳での転職がしやすいと言われている理由

30歳を過ぎると将来や今後のキャリアアップを考え、転職を決断する人も多い。

その中でも、35歳を過ぎると転職が難しいと言われているため、34歳で転職活動を始める人は少なくない。

では、なぜ35歳になる前のほうが転職がしやすいのか。

ここでは、「35歳に比べ34歳は圧倒的に転職しやすい理由」、「経験を活かせる職場への転職が転職成功率を高める理由」について解説していく。

「35歳転職限界説」は本当?35歳に比べ34歳は圧倒的に転職しやすい

「35歳転職限界説」は本当なのか。「崩壊した」という意見もあるが、それではなぜ35歳に比べ、34歳の方が圧倒的に転職しやすいと言えるのだろうか。

最も転職成功率が高い20代は少子化が進行する現代、採用しにくい傾向が見られ、30代前半までの人材を採用したいと考える企業が増えている。

経費や人材育成にかける時間がない企業にとって、30代前半は20代に比べ、既にある程度のスキルを持っている上、即戦力やリーダー職の可能性も期待できる。

また、35歳を過ぎてから中途社員として入社した場合、年下が上司になるケースや、社内の年齢的なバランスから、採用を敬遠する企業も実在する。

dodaが調査した「転職成功者の年齢割合」にもあるように、35歳~39歳に入ると成功者の割合は下がるが、35歳を過ぎると一気に求人が減ってしまうのが要因だ。

34歳でポテンシャル採用は望めないが、経験を活かせる職場なら転職は可能

34歳は、ポテンシャルだけで採用されることはほとんど無いが、即戦力として貢献できる会社であれば、転職成功の可能性は十分あると言える。

20代であれば、未経験でも今後の伸びしろへの期待値も高く、ポテンシャルのみで採用されるケースも多くある。さらに、同じ未経験なのであれば吸収力と素直さを持ち合わせた20代を採用したいという企業の思いは当然だろう。

逆に言うと、過去の実績や経験、スキルをすぐに活かせる人材であれば、企業にとって、34歳を採用するメリットは大きいと言える。そのため34歳で転職成功率を上げるには、自分の経験やスキルを早期に活かせる職場を選ぶことが重要なのだ。

34歳での転職で求められるスキル・能力は?

34歳で転職する場合は、「今までの経験から得たスキルや能力を活かせる人材か」が重要視される。

では、どのようなスキルや能力が求められるのか。ここでは、34歳だからこそ転職で求められる能力・スキルについて解説していく。

求められる能力やスキルを理解することで、企業が求めることにマッチしたアピールができ採用率が高まるので、ぜひ参考にしてほしい。

即戦力

企業が中途採用をする時点で「過去の経験を活かせる人材かどうか」はとても重要視される。

34歳を採用するにあたり、一から教育が必要な若い世代よりも、「即戦力としてすぐに経験を活かし活躍してほしい」という期待はとても大きいのだ。

さらに、「戦力となり会社に貢献してくれるだろう」という想定の元、採用を決めているケースが多いので、逆に、そのイメージがもてなければ採用は難しいと言える。

「一から頑張って勉強します」「一から覚えます」といったスタイルでは、企業が期待している「34歳の採用」とはかけ離れているのだ。

「自分が積んできた経験から、入社後、この会社でどのような活躍ができるのか?」この点を明確に伝えられなければ採用をもらうことはできないだろう。

どんな仕事をしていたとしても何かしらのスキルは身についているため、そのスキルをどう活かせるのかをしっかり整理し伝えることが重要なのである。

コミュニケーション能力

30代の採用は、「即戦力」と同じくらい「コミュニケーション能力」が重視される。

前職でどんなに仕事ができたとしても、コミュニケーション能力に欠けていれば、転職先に馴染むことができず、能力を発揮することは難しい。

また、柔軟なコミュニケーションが取れなければ、34歳という年齢から、周りに気を使わせてしまいかねない。

わからないことについて質問したり、アドバイスを受けたりする時にも、前職と比較するような発言や、でしゃばる姿勢は避け、円滑なコミュニケーションを心掛けることが重要だ。

コミュニケーション能力があれば「この人ならうちの会社で上手くやっていける」という印象を与えられるので、面接の段階でしっかりアピールしよう。

マネージメントスキル

34歳を採用するにあたり、将来的にリーダーや管理職になる可能性を見越して採用を決める企業は少なくない。

34歳という年齢から、過去にリーダー経験や管理者経験がある人も多く、社会人経験も長ければ「問題解決力」や「論理的思考力」なども期待できるからだ。

将来に期待できる人材であればあるほど、採用率は上がると言える。そのため、前職で「新人教育」や「ノウハウの展開」「メンバーをまとめるために工夫したこと」などの経験があればとても有利になるだろう。

マネージメント経験を通じて、将来的に管理者としても能力を発揮できることに期待が持たれれば、転職成功率は一気に上がる可能性がある。

34歳で転職に「成功」する人の特徴は?

34歳で転職に成功している人はいくつか共通点がある。34歳で転職に成功した人は、どんな考え方で、どんな行動をしているのか、また、どんな理由で転職を決断したのかを紹介していく。

今の自分と比較しながら、転職に成功している人の特徴を確認してほしい。

20代から一貫したキャリアプランを持っている

34歳で転職を成功させている人のほとんどは、20代から一貫したキャリアプランや信念を持って仕事に取り組んできた人だろう。

20代から、自分にとって何が大切かを理解し、取り組んできたことや、将来的にどんな会社で、どんな仕事をしたいのか、なぜそうなりたいのかを明確に言える人は転職成功率が高いと言える。

なぜなら、キャリアプランが一貫していれば、たとえ転職回数が多くても、その理由を具体的に自信をもって伝えられるからだ。

今一度、自分が思い描いてきたキャリアプランや信念を再認識し、転職活動に活かすことが大切である。

自己分析や企業の情報収集を徹底的に行う

転職するにあたり、自分の市場価値を認識することや、入社したい企業の情報収集はとても大切な判断材料となる。

自分の市場価値を誤って認識してしまったり、企業について情報不足のまま転職活動を進めてしまうと、入社後のミスマッチが生じるからだ。

特に34歳となると、「自分の経験から得たスキルが何か」、「自分はそれをどう活かせるのか」などの自己分析をしっかり行うことで、企業が求めているスキルにマッチしたアピールができるのだ。

また、採用をもらうためには企業の情報収集は欠かすことができない。どの企業も採用を決める上で「沢山の企業がある中、なぜ当社がよかったのか」という必然性の部分を重要視する。その必然性を伝えるためには、その企業のことをしっかり理解することが必要なのだ。

また、転職先で「自分は何を叶えたいのか」、「その目標は叶う職場なのか」という点についても、企業分析がおろそかであれば、いずれまた同じ理由で転職を繰り返し兼ねない。

このようなことから、自己分析と企業の情報収集を事前にしっかり行っておこう。

家族やパートナーに相談する

34歳がおかれる環境として、家族を抱えている人や、結婚を控えている人、パートナーがいる人も多いだろう。

転職を成功させるポイントの一つとして、「事前に家族やパートナーに相談する」ということは、意外にも後々とても重要になってくる。

なぜなら、自分にとって「将来性」や「やりたいこと」を重要視し転職を試みたものの、妻やパートナーからの反対で転職を断念するというケースがあるからだ。

自分のキャリアプランを実現するためには、事後報告ではなく、転職を考え始めた段階から、自分のキャリアプランや将来について家族やパートナーにしっかり相談しておこう。

34歳で転職に「失敗」する人の特徴は?

34歳で転職に成功する人と失敗する人には考え方や行動に違いがある。ここでは、34歳で転職に失敗する人の特徴について紹介していく。

何が原因で失敗してしまうのか。そこには必ず理由があることを理解し、参考にしてほしい。

蓄積して来たスキルが生かしづらい職種を選んでしまう

34歳でまったくの未経験の場合、転職成功率は一気に下がる。

異業種だとしても同職種であれば前職の経験を活かせるが、なにも共通点が無ければ、即戦力としての採用は難しいからだ。

たとえば今まで小売業の経理を経験してきた人が、金融業の経理に転職する場合、業種は違えど同職種である分、早期に即戦力として貢献できる。

逆にIT業界のSEだった人が、自動車業界の営業となれば、すべてのノウハウを一から学ぶ必要があり、20代を採用したほうが企業にとってはメリットが多い。

このように、34歳で転職成功率を上げるためには、今まで蓄積してきたスキルを活かし即戦力となれる職種を選ぶことが明暗を分けると言えるだろう。

ハイキャリアのプライドを捨てきれない

ハイキャリアの転職で、意外につまずく人が多いのが「人間関係の構築」である。

今まで、部下がいたり、リーダーだった人にとって、転職先で若手のように振舞うことは容易ではない。

また、自分がどう振舞えばいいか迷いがあったり抵抗を感じたりしていれば、自ずと相手にも伝わり、苦手意識や戸惑いが生じるだろう。

このように34歳の転職は、若手でもなければ上役でもない分、自分の居場所が作りにくいと感じるケースがあるのだ。

しかし、自分に実力があれば時間と共に、周りから認められ自分の存在も確立されてくるものである。どんなに前職でキャリアを積んでいたとしても、焦らずに、「上司に年齢は関係ない」と飲み込み、上司に対する振舞いを心掛け、人間関係の構築に努めることが重要だ。

転職回数が多い理由をうまく説明できない

転職回数が多い場合、その退職理由や一貫したキャリアプランを伝えられなければ「腰を落ちつかせて仕事に取り組む意識が低いのかな?」と捉えられる可能性がある。

転職回数が多くても、それぞれの職場で得た経験やスキルをしっかりアピールでき、退職理由や今後のキャリアプランを明確に伝えられるかが重要だ。

たとえ経験してきた職種が一見バラバラな経歴だとしても、一貫した軸があるなら必ず伝えるべきだ。

例えば、「販売職でのスキルを高めるため、ターゲット層が異なる3つのブランドを経験してきた」。「将来的に営業部門を率いるリーダーを目指し、1社目では個人向け営業、2社目と3社目は違う業種で法人営業を経験した」といったように、自分が大切にしているキャリアプランや信念に基づいた選択だったことを伝えよう。

また、退職理由も、キャリアアップなどポジティブな内容であれば、たとえ勤務期間が短くてもマイナスにはなりにくい。

このように転職回数が多くとも、一貫したキャリアプラン、前向きな退職理由をしっかり伝えられれば、マイナス要素にはならないのだ。転職回数が多い「過去」よりも、今後はどんな目標をもって、そのためにどんなキャリアプランを描いているのかをしっかり語れるかがポイントとなるだろう。

34歳で転職を成功させるためにやるべきこと

実際に34歳で転職活動を開始する際に、何からやればいいのか、どう取り組むべきなのか知りたい人も多いだろう。ここでは、転職を成功させるために何をやるべきなのか、具体的にどう進めると良いのかを紹介していく。

すぐに始められることなので、転職を考えている人はさっそく取り組んでほしい。

自分のスキルや経験の棚卸しをする

転職先でのミスマッチを防ぐためにも、自分はどんな企業であれば活躍できるのか、自己分析をしキャリアの棚卸しをすることは必須事項と言えるだろう。

「今まで自分はどんなことをしてきたのか」を洗い出し、そこから自分が持っているスキルや経験を整理し、自分の強みを認識することで転職活動がスムーズになる。

同じ仕事をしていても、仕事に取り組む意識や工夫は人によって異なる。また、その業務を通じて何を得たのかも人によって異なるだろう。

経験やスキルの棚卸しをすることで、自分でも気づかなかった強みや弱みが把握でき、現状を客観的に把握できるのだ。そうすることで、自分の市場価値が理解でき、マッチ度の高い転職成功率が高まる。

期間を決め、短期決戦で集中して転職活動に取り組む

 
35歳を目前に控えている34歳に言えることとして、転職を成功させるためには、短期決戦で集中して転職活動に取り組むべきということだ。

計画無しに退職してしまい、その後ダラダラと時間をかけて転職活動をしてもなかなか転職先が見つからず、後悔することになる可能性がある。転職先が長期間決まらなければ、経済的にも精神的にもダメージが生じたり、結果的に転職を諦めてしまう人も少なからずいるだろう。

また、転職活動中に35歳を迎えてしまうことにもなりかねないのだ。そのため、転職活動は期間を決めて一気に行動し、決断するタイミングは逃さずスムーズに進めることが重要である。

転職活動をスムーズにかつ、短期間で進める方法としては「転職エージェントに相談する」ことをお勧めしたい。

複数の企業を同時に紹介してくれたり、面接の日程調整をしてくれるので、仕事をしながらでも、転職エージェントが支援してくれる分、転職活動が効率的に進む。

経験を活かせる業界を狙う

転職の際に、自分の年齢と経験からどのような業界が合っているのか考えることはとても大切だと言える。

34歳で職種も業界も未経験の転職では、採用をもらうことは難しいため、今までの経験を活かせる業界にチャレンジすることが転職成功のポイントだ。即戦力と判断されれば、採用率も一気に上がるだけでなく、早期に会社に貢献でき、キャリアアップもより現実的になる。

また、未経験の業界に進んで、何とか採用をもらえたとしても、年収がダウンする可能性が高く、逆に、経験を活かせる業界に進むことができれば年収UPの可能性も期待できる。

34歳での転職成功談・失敗談を紹介!

ここでは、実際に34歳で転職に成功した人、失敗した人の体験談を紹介する。経験談から学べることは多いので、ぜひ転職活動に活かしてほしい。

転職成功談

ここからは実際に、34歳で転職した方の体験談を、twitterから紹介していきたい。

そういえば自分も転職したのは34才だったな。
全然違う業界に来たけど、まぁまぁなんとかなるもんだ(笑)
これからも精進せねば。

https://twitter.com/GCGA_JP/status/1085193890246799361?s=20

未経験の業界で、まさにゼロからキャリアをスタートすることに成功されたようだ。「なんとかなる」というスタンスが、転職を成功に導いたのだろう。

34歳で転職した自分はまさにゼロリセットした。
結果として昇進したが、色々やりたいこともできることもやれている。ドラクエで言えばレベル20くらいだろうか。
いくつになっても常にトライし続けたい。

https://twitter.com/rumblefish_9/status/1009091037157965824?s=20

転職で、昇進を果たし、やりたい仕事もできているという、まさに転職の成功パターンだ。34歳は「若手」と言えないかもしれないが、「トライし続けたい」という意欲を持っていれば、この方のような良い転職先に巡り会えるだろう。

周りの友人は男女ともに「よし!最後の転職だ!」といって34才・35才で本気の転職をしてたりします。色んな会社を経験したからこそ自分が働きたい会社がどんなところなのかが分かってるし、自分にはどんな仕事が合ってるのかも分かってる。良いキャリアプランだなーと思います。

https://twitter.com/SIMONtoNAME/status/1004691668816130048?s=20

34歳の今だからこそ転職がわかり、現時点で最適なキャリアプランを描き直せるというメリットがある。第二新卒で一度転職したものの、しっくりきていない方は、30代で「本気の転職」にチャレンジしてみるのも一つの手だ。

転職して右も左もわからない状況ったほんまつらい。新人に戻ったみたいなリセット感。しかも34歳で。。
でも改めてあと5年後とか、40歳でこの感じやともっと精神的にも周りの目も厳しかったやろなあとも思う苦笑

https://twitter.com/piyo_tana/status/1246027571155709953?s=20

34歳で、新人同様に新たな環境でスタートを切るのは大変そうだ。しかし、「どうせ転職するなら早い方が良い」という事も同時に考えさせられる体験談である。

34歳転職4回です。私はリクナビ、マイナビ、en、doda、@type、しごとナビに登録していました。転職コンサルタントはブラックから優良企業まで、いろいろ紹介してくれて、面接も一緒に出向いてくれましたのでオススメです!

https://twitter.com/tadkinos/status/147127578916958208?s=20

34歳かつ、転職を2回以上経験しているという、一般的にはハードルの高い条件で転職を成功されている。複数の転職エージェントを並行して利用し、一気に情報収集されているのが成功の鍵だろう。

32歳 あまり変わらない日常を続け、スカパーのディズニーチャンネルでアイカツ!と出逢う。
33歳 ようやく自分の将来について考え始める。
34歳 前の仕事の業務環境、6月末の退職からの転職失敗で一生消えない傷を心に負う。
35歳 現在の職場の環境に慣れ初めて行く

https://twitter.com/ZVozn7p/status/1176478407804108800?s=20

この方は34歳での転職失敗で、心に傷を負ってしまったそうだ。しかし、1年経った今は転職後の環境に慣れているようである。転職直後に後悔しても、新しい環境に慣れるよう努力することで、だんだん自分のペースを取り戻せるかもしれない。

男性編:34歳での転職において気をつけるべきこと

34歳男性が転職するにあたって、人によっては家族を養うことや自分のキャリアを考え、転職活動を進めるだろう。

ここでは34歳男性の転職において、気を付けるべき点を紹介していく。

子供の進学や住宅ローンなど…今後のライフプランをしっかり立てておく

男性で34歳の転職となると、年齢から既に家庭を持ち、住宅ローンなどを組む人も少なくない世代だろう。

しかし、一般的に転職前のほうが融資を受けやすいと言える。なぜならローンの審査の際に、勤続年数や年収も申告する必要があるからだ。

このような観点から住宅ローンなどを組むことを検討している際には、転職するタイミングなども踏まえ慎重に進めるべきである。

年収大幅ダウンを避け、正社員にこだわった転職活動を

年齢的に家族を持ち、生活を支える重要な一家の柱として働いている人も多いだろう。

だからこそ転職の際して、家族が不安に感じている「年収面」でリスクが生じないよう、将来性を考え、正社員にこだわった転職が重要となる。

転職することにより、今よりも年収が下がり家計が苦しくなる可能性もゼロではない。また、年収が上がる前提で転職したとしても、その分残業などで家族との時間が減ってしまったりする実例も少なくない。

このような理由から、自身が置かれている状況と、転職条件を見合わせ、転職後に苦しい状況にならないかなどあらかじめリスクを含めて検討することが必要である。

女性編:34歳での転職において気をつけるべきこと

34歳女性が転職するにあたり、男性とは異なった観点でいくつか注意点がある。ここでは34歳女性の転職において、気を付けるべき点を紹介していく。

ライフスタイルの変化が多い歳。私生活とキャリアの優先順位をつけておく

34歳女性の転職となると、企業側としては「結婚、出産についてはどう考えているか」が気になる点と言える。

入社後、時間をかけて研修をし「さあ、これから」というタイミングで、結婚や出産を理由に休職・退職となることは、企業にとってはリスクにもなりうるからだ。

しかし事前に、ライフプランとキャリアプランを明確化し伝えることで、企業側が感じていいる不安要素を払拭することができる。

将来的な結婚・出産を含めたライフプランもしっかり考え、キャリアプランのためにスキルや実績を積み、ポジティブな転職理由であれば、34歳女性でも転職成功の可能性は十分あるだろう。

キャリアアップを望むなら女性の活躍の場があるかしっかりリサーチ

キャリアアップをしたい女性にとって、転職先で女性の活躍の場があるかはとても重要なことだ。

男女雇用機会均等法などにより、性別によって待遇上の差別をすることは禁止されているものの、実際には女性を管理職へ昇格させることに消極的な企業も未だ実在する。

そのため、事前に、女性の活躍の場があるかどうかをしっかりリサーチするべきである。実際に、女性の管理者はいるのか、割合はどのくらいなのかなど、できるかぎり事前にリサーチをし、正当な評価のもとキャリアアップが叶う職場なのかを見極める必要がある。

しかし、求人に「女性が活躍中」など聞こえの良い言葉が並べられていても、実際入社してみると「大きなプロジェクトに関わるのは常に男性だけ」といったケースも少なくない。表面上ではわかりづらい内情について、自力だけで情報収集するには限界があるのだ。

そこで転職エージェントの力を借りる方法にも触れておきたい。優秀な転職エージェントであれば、各社の特色や蓄積された転職ノウハウを熟知しているので、十分な情報の元、「キャリアアップが可能な職場で活躍したい」という女性のキャリアをしっかりと理解し、転職サポートをしてくれるだろう。

【34歳におすすめ転職サイト・エージェント】

①ビズリーチ:全員におすすめ

30代以上の求人に特に強い転職サイトであるため、まずは登録しておきたい。

優良求人の割合が高いため、年収アップ・キャリアアップを望むなら、ぜひ活用しよう。

ビズリーチには「スカウト機能」があり、企業やヘッドハンター(転職エージェント)からスカウトメールが送られて来る。

どのくらいのスカウトメールが来るのかで、現在の自分の転職市場価値がわかるのがおすすめだ。

非公開求人の数も他のサイトと比べてかなり多いので、登録しておいて後はスカウトを待つのみだ。

公式サイトはこちら

②アクシスコンサルティング:コンサル業界志望者向け

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: axis-banner.jpg

アクシスコンサルティングはコンサル業界に特化したエージェントだ。

受かるための対策はもちろん、コンサル業界の働き方やキャリアなどの「コンサルの内情」にも精通している

未経験からコンサルティング業界への転職実績もあるエージェントなので、コンサルタント志望の人はぜひ登録しておきたい

公式サイトはこちら

③JACリクルートメント:ハイキャリアを目指したい人向け

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: JAC-banner.jpg

JACリクルートメントは、グローバルのハイキャリア案件に強い転職エージェントだ。高収入を目指すなら登録しておきたい。

現年収が500万以上あり、さらに年収アップを目指すならおすすめだ。

担当コンサルタントは少数精鋭で、質の高いサポートが期待できる。

また他のエージェントとは違って、各企業ごとに担当のキャリアアドバイザーがつくのが特徴だ。

一人のアドバイザーが求職者と企業の両方とやりとりするため、求職者には役立つ情報を、企業側には求めているぴったりな人材を紹介できるので、マッチングの精度が高いと言われている。

企業の内情を深く理解した上でアドバイスをくれるので非常に為になるだろう。

まとめ

今回は、34歳で転職を成功させるための方法を紹介した。

最後に、今日の内容を振り返ろう。

【34歳での転職で求められるスキル・能力は?】
①即戦力
②コミュニケーション能力
③マネージメントスキル

【34歳で転職に「成功」する人の特徴は?】
①20代から一貫したキャリアプランを持っている
②自己分析や企業の情報収集を徹底的に行う
③家族やパートナーに相談する

【34歳で転職に「失敗」する人の特徴は?】
①蓄積して来たスキルが生かしづらい職種を選んでしまう
②ハイキャリアのプライドを捨てきれない
③転職回数が多い理由をうまく説明できない

【34歳で転職を成功させるためにやるべきこと】
①自分のスキルや経験の棚卸しをする
②期間を決め、短期決戦で集中して転職活動に取り組む
③経験を活かせる業界を狙う

【男性編:34歳での転職において気をつけるべきこと】
①子供の進学や住宅ローンなど…今後のライフプランをしっかり立てておく
②年収大幅ダウンを避け、正社員にこだわった転職活動を

【女性編:34歳での転職において気をつけるべきこと】
①ライフスタイルの変化が多い歳。私生活とキャリアの優先順位をつける
②キャリアアップを望むなら女性の活躍の場があるかしっかりリサーチ

いかがだろうか?

上記のポイントを抑えるだけで、あなたの転職成功確率はグッと上がるだろう。

「34歳、もう転職できるギリギリの年齢なのではないか?」と、焦っている人もいるだろう。

そんな人こそ、転職のプロであるエージェントを活用しよう。

一人で悩まずエージェントと二人三脚で転職活動をすることで、より良い企業に出会えるだろう。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 アクシスコンサルティング コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。