キャリア相談室

27歳で転職は遅い?未経験でも採用してもらえる理由を徹底解説!

こんな人におすすめ
  • 27歳で転職は遅いのかな…と悩んでいる人
  • 転職したいけどスキルがなくて不安な人
  • 未経験でも採用してもらえるか知りたい人

この記事を読んでいるあなたは27歳で転職を考えているのではないだろうか?

キャリアアップや給料アップを目指して、もう動きだしている人もいるだろう。

一方で、「今更転職なんて遅いのではないか…?」となかなか決断に踏み切れない人もいるだろう。

安心してほしい。27歳での転職は遅くないどころか、転職市場価値も高い年齢なのだ。

ただし、転職ライバルも多いので、しっかりとした対策が必須となる。

この記事を最後まで読むことで、「27歳のあなたは、今後どのように転職活動をしていくべきか」が具体的にわかるはずだ。

【27歳におすすめ転職サイト・エージェント】

  • ビズリーチ:年収,キャリアアップしたい全ての人におすすめ

27歳での転職は年齢的に遅い?

結論から言えば、27歳での転職は遅くない。

ある程度社会人経験を積んでいる20代後半は、企業側のニーズが非常に高い年代なのだ。

これは、将来的にチームリーダーや管理職を担う人材として期待されているためだ。

2019年度、25歳~34歳の転職率はここ10年で最大になっている。(政府の労働力調査より、下の図を参照)

就業人口の減少により、不足した20代~30代前半の若い人材を補充しようとする企業が増えたことが理由としてあげられる。

27歳で転職するメリット

27歳で転職するメリットは以下の通りだ。

①ポテンシャルを見込んで採用してもらえることもある
②年収アップのチャンスも
③職種によっては未経験転職も可能

ひとつひとつ確認していこう。

①ポテンシャルを見込んで採用してもらえることもある

意外に思われるかもしれないが、27歳は(新卒ほどではないが)まだ「ポテンシャル」「やる気」が評価対象になる年齢である。

今現在高度な専門スキルが無くても、将来成果をあげてくれることが期待できれば、十分内定を取れるのだ。

また、将来的にリーダーや管理職になれる素質があることが伝われば、より内定を勝ち取りやすいだろう。

一方30歳以降になると、ポテンシャルが評価されることは少なくなり、高度なスキルや経験が求められるようになる。

今までのキャリアやスキルに自信が無いなら、転職は20代のうちに決断しておきたい。

②年収アップのチャンスも

27歳の転職では、キャリアアップ・年収アップを狙うこともできる。

具体的には、前職よりも規模の大きい会社に転職を狙うと、年収アップが叶う確率は上がる。

もし「今の会社では正当に評価されていない」「もっと自分が活躍できる職場があるはず」と感じているなら、転職による年収アップを狙ってみよう。

年収UPを狙った転職ならビズリーチがおすすめだ。

成長企業の経営陣や大手企業の管理職など、年収アップが期待できるポストの求人が豊富なのが特徴だ。

また、これまでの実績やスキルに自信のある方は、JACリクルートメントも登録してみよう。

年収の高い日系大手企業や外資系の求人が豊富なので、興味があれば登録してみてほしい。

③職種によっては未経験転職も可能

職種や業界によっては、未経験転職も可能なのもメリットだ。

27歳は第二新卒ではないが、若手なので未経験枠で採用してくれる可能性もある。

特に介護や運送業など人材が不足しがちな業種は転職しやすい。

また、IT人材不足が続いているので、未経験エンジニアの転職もおすすめだ。

エンジニアというとハードルが高いイメージを持つかもしれないが、実は未経験からエンジニアにチャレンジする人も多い。

「明確なスキルがなく将来が不安」「今の仕事が向いておらず楽しくない」と悩んでいる人は、エンジニアへの転向もキャリアの一つとして検討してみてほしい。

27歳で転職するデメリット

27歳での転職は、もちろんメリットばかりではなくデメリットもある。

①年収が下がる可能性もある
②転職のライバルも多い
③人間関係がリセットされてしまう

①年収が下がる可能性もある

先ほど年収アップも狙えると述べたが、残念ながら転職後に年収が下がってしまうこともある

基本的には現職(または前職)の年収を基準に転職後の年収は決まるが、未経験職種への転職の場合は収入ダウンすることが多いので覚悟が必要だ。

自分の中で、年収についての優先度を明確にしておかないと、入社後に「やっぱ年収が高い企業に転職すればよかった」と後悔することになるだろう。

②転職のライバルも多い

政府の労働力調査によれば、25~34歳の転職者数は86万人を超え、どの年齢層よりも多い。

つまり同年代の人が転職市場が多く、ライバルが増えるということだ。

なので、必然的にこの年代の求人は倍率が高くなりがちだ。

「他の転職者と比べて、自分にはどのような強みや魅力があるのか」「他の転職者ではなく自分を採用することのメリットは何か」をしっかりアピールしよう。

特に「リーダーシップがある」「前職できちんと成果を残している」「新しい環境に素早く適応できる」などの強みを持っている人は重宝されるので、ぜひ積極的にアピールしよう。

③人間関係がリセットされてしまう

これまで積み上げてきた社内人間関係はリセットされ、ほとんどゼロから信頼を構築する必要がある。

また会社によっては「同い年の同僚がいない」「年下の上司ができる」ということも起こりうるだろう。

新しい環境でも人間関係を円滑にするために、基本的なことだが、笑顔・あいさつなど、話しかけやすい雰囲気を出し、積極的に接点を持つことを心がけよう。

入社してすぐに良好な人間関係を築けるかどうかで、その先の仕事のしやすさに影響するので注意しておきたい。

「こんな27歳なら欲しい!」採用したくなる転職者の特徴は?

企業が採用したくなる人材には、ある共通の特徴がある。

先に結論をお伝えすると、以下のような特徴を挙げられるだろう。

①前職で実績を出している
②リーダーシップを発揮できる
③新しい環境に適応できる

あなたは当てはまるだろうか?ぜひチェックしてみてほしい。

①前職で実績を出している

もしあなたにアピールできる実績があるのならば、他の候補者よりも転職活動を優位に進めることができる。

27歳といってもまだ20代、目立った実績がない人も多いためだ。

実績は「売上○円→売上○円(達成率○○%)」といったように、定量的かつ具体的に伝え、また「結果を出すために工夫したこと」も忘れずに話そう。

②チームをまとめたことがある

30代になるとリーダシップを発揮してチームをまとめるマネジメント職(管理職)を任される機会も増える。

そのため、「小さくでもチームをまとめたことがある」「メンターとして新卒の面倒をしっかり見ていた」などの経験は面接官に刺さるだろう。

様々な企業でマネジメント人材は不足しがちなため、リーダーの素質のある20代後半を採用し、早いうちから育てようとする動きが広がっているのだ。

③新しい職場に適応できる

企業は20代の転職者に「素直に新しい環境に適応してくれる」ことを期待して採用する。

そのため、新しい会社のルールや仕事の基礎が身につくまでは、ある程度の謙虚さが必要となる。

前職の経験を活かせる部分と、新しい会社のルールに従う部分をうまく分けて、柔軟に対応しよう。

反対に、どれだけ能力が高くても、職場に適応できずチームプレーが苦手な人は、採用を見送られてしまうリスクも高いので注意しよう。

「こんな27歳は難しい…」採用を見送られてしまう転職者の特徴は?

採用したいと思われる人がいる一方で、同じ27歳でも採用見送り対象になってしまう人もいる。

求められる27歳像を理解しないまま転職活動をすると、残念な結果に終わってしまうこともあるので、ぜひ以下を参考にして今一度当てはまらないように注意しよう。

①社会人基礎力がついていない
②理想のキャリアが描けていない
③「逃げの転職」をしている

①社会人基礎力がついていない

多くの企業が「社会人基礎力」を重視しており、これが身についていないと転職は苦戦するだろう。

社会人基礎力とは、経済産業省が2006年に提唱した概念で、「前に踏み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」の3つ(と12の構成要素)に分類される。

■前に踏み出す力…一歩前に踏み出し、失敗しても粘り強く取り組む力
┗主体性:自ら動く
┗働きかけ力:周りを巻き込む
┗実行力:目的を設定し行動する力

■考え抜く力…疑問を持ち考え抜く力
┗課題発見力:現状を分析し課題を見つける力
┗計画力:課題解決に向けたプロセスを明確化する力
┗創造力:新しい価値をうむ力

■チームで働く力…多様な人たちと、目標達成のため協力する力
┗発信力:自分の意見をわかりやすく伝える力
┗傾聴力:相手の意見を丁寧に聴く力
┗柔軟性:意見・立場の違いを理解する力
┗状況把握力:自分と周囲の人や物事との関係性を理解する力
┗規律性:社会のルールや人との約束を守る
┗ストレスコントロール:ストレスの発生源に対応する力

社会人基礎力は、どんな環境においても活躍するために求められる力だ。

27歳にもなると、ある程度即戦力での活躍を期待されるので、社会人基礎力は一通り身についていることが理想だ。

ただ「社会人基礎力なのにまだ身についていない…」と思う人も安心してほしい。

これまで社会人経験を積んできた中で、何かしら上記の能力が発揮されたシーンがあるはずだ。

ぜひ、改めてこれまでの仕事の中で活躍した場面を振り返り、新しい環境で活かせないかチェックしよう。

②理想のキャリアが描けていない

27歳はポテンシャルを見込んで採用してもらえる分、今後どのようなキャリアを歩んでいきたいのか明確に言えないと採用は難しい

将来どうなりたいのか?」というキャリアプランが明確なことが好ましいのは、たとえ困難な状況に陥ったとしても、将来の理想の姿に近づくための「試練」と捉えて踏ん張れるからだ。

理想の姿を思い描き、そこから逆算して転職先を選んでいることをアピールできれば、企業側の納得感も高まるはずだ。

また、自分のキャリアが会社の方針とマッチしていることも大切だ。独りよがりな目標ではなく、会社の成長にどのように貢献できるのかについても話せるようにしよう。

③「逃げの転職」をしている

前職に対する不満など「逃げ」の理由だと、転職活動はなかなかうまくいかない(パワハラ・セクハラが横行していたり、労働環境があまりにも劣悪なブラック企業の場合は別だが)。

そもそも100%満足できる環境は、どこを探しても見つからないだろう。

不満があれば、他責にせず自ら変える姿勢が求められるが、それができない人に限って成果を出さないまま転職に逃げてしまう傾向にあるのだ。

「逃げ」の転職は面接官に与える印象も良くないし、何より不満を引きずっていると、転職先の企業でも良くない点ばかりに目が行き、転職を繰り返す”ジョブホッパー”になってしまうリスクがあるのだ。

転職回数が3回を超えていると、すぐにやめてしまう「リスク人材」と見なされる可能性があるので注意しよう。

「前職のこれが嫌だった」ではなく「前職で出来なかったこれをやりたかった」というように前向きな理由を持つと良いだろう。

【男女別】27歳の転職で気をつけるべきこと

27歳で転職を成功させたいのであれば、以下の3つに気をつけるべきだ

【男性】家族を守れるだけの収入を期待できるか
【女性】出産休暇や育児休暇を得られる職場か
【男女共通】転職サイト・転職エージェントを活用するべき

【男性】家族を守れるだけの収入を期待できるか

将来家庭を持つことを考えている場合、転職先で家族を養えるだけの収入が期待できるかが大切となる。

入社と同時に年収アップが叶わない場合は、どのような成果をあげれば昇給できるのかについて、よく確認しよう。

今の時代は共働きがスタンダードになりつつあるので、男性の稼ぎのみで生活するケースは減りつつあるが、それでも依然として家計における男性の収入割合は高い。

一定水準の生活を送るために給与は大切なので、転職先での期待収入をきちんと把握しておこう。

【女性】出産休暇や育児休暇を得られる職場か

将来的に子供が欲しいと考えている場合、転職先に産休・育休制度が整備されているかはよくチェックしておこう。

厚生労働省の調査によれば、女性の育休取得率は8割を超えるものの、依然として育休取得数が少ない企業もあるのが事実だ。

入社後の認識のズレがないよう、企業HPや転職エージェント、口コミなどから情報収集できると良いだろう。

【男女共通】転職サイト・転職エージェントを活用するべき

転職を成功させたいなら、転職サイトは必ず活用するべきだ。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の市場価値の診断ができる。

また、web上に登録した求職者の情報を見た一部の企業から、非公開求人を受け取れる「スカウトサービス」も魅力的である。

当サイトでおすすめしている転職サイトはビズリーチだ。

一方転職エージェントは、履歴書の添削や面接、さらには年収交渉まで様々な面から転職をサポートしてくれるサービスだ。(転職サイトとは異なるので、混合しないように)

求人企業の求める人材をよく理解しているため、非常に有益なアドバイスをもらえるし、自分自身では分かりづらい魅力や能力を引き出してくれる。

転職エージェントと話しているうちに本当にやりたいことに気づいた人もいるようだ。

転職サイトと転職エージェントを上手く使えば、転職の成功率はグッと上がるだろう。

27歳の転職体験談

ここからは、あなたと同じ27歳で転職活動を経験した方のコメント(ツイッター)を見ていこう。

今は不安でも、同年代の転職事例を知れば、きっと励みになるはずだ。

公務員時代には考えられませんでしたが私はベンチャーに転職して3ヶ月目(27歳)に管理職になって、自分より歳上の部下を5人持ちました。マネジメントなんてしたことなかったですが、常にチームとしての成果を一番に考え、部下への感謝の気持ちはちゃんと言葉で伝えています。

https://twitter.com/c5Yumic5/status/1250065200365088769

私も27歳の時に転職しました! 27歳、かなりの売り手市場でしたよ!! 少しでも不安が和らゲバいいなと思います。 深く息を吸ってください、頑張りすぎずに、少しずつ行けば大丈夫です!

https://twitter.com/10syoku_mentorz/status/1250459766888882178

27歳で転職をしたんだけど、この年齢での転職は大切。なぜならば、タイミング的にポテンシャルの枠を使えるラストチャンスになるから。 次に失敗しても良いと安易に思う事は危険な考え方になる。 27歳から30歳へ向けて全力投球できる環境を見つけられると30代も楽しみになると思うよ。挑戦しよう!

https://twitter.com/careerup777/status/1228625392505778176

ツイッターでの投稿を見ても、27歳は転職市場価値が高く、またポテンシャル枠で採用してもらえるチャンスがあることがわかるだろう。

ぜひ今の環境に満足していないなら、積極的に転職活動に挑もう。

27歳の転職でおすすめの転職エージェント

ここからは、27歳で転職を志す人におすすめの転職エージェントを紹介していく。

自分が受かりやすい企業を効率よく探すにはエージェントの活用が最も効率的である。

ぜひ登録して、キャリアアドバイザーと相談しながら転職活動を成功させよう。

【27歳におすすめ転職サイト・エージェント】

  • ビズリーチ:年収,キャリアアップしたい全ての人におすすめ

①ビズリーチ:年収アップしたい人向け

多くの企業がビズリーチで中途採用をかけているので、まずは登録しておきたい転職サイトだ。

優良求人の割合が高く、年収アップ・キャリアアップを望むなら、ぜひ登録して活用したい。

ビズリーチには「スカウト機能」があり、企業やヘッドハンター(転職エージェント)からスカウトメールが送られて来る。

どのくらいのスカウトメールが来るのかで、自分の転職市場価値がわかるはずだ。

非公開求人の数も他のサイトと比べてかなり多いので、登録しておいて後はスカウトを待つのみだ。

公式サイトはこちら

②JACリクルートメント:ハイキャリアを目指したい人向け

JACリクルートメントは、外資系企業への転職に強い転職エージェントだ。

高収入を目指すなら登録しておきたい。

現年収が500万以上あり、さらに年収アップを目指すならおすすめだ。

担当コンサルタントは少数精鋭で、質の高いサポートが期待できる。

また他のエージェントとは違って、各企業ごとに担当のキャリアアドバイザーがつくのが特徴だ。

そのため、企業の内情を深く理解した上でアドバイスをくれるので非常に為になるだろう。

公式サイトはこちら

③アクシスコンサルティング:コンサル志望向け

アクシスコンサルティングはコンサル業界に特化したエージェントだ。

元コンサルファーム出身のキャリアコンサルタントが多く在籍しているのが他社にはない特徴だ。

受かるための対策はもちろん、コンサル業界の働き方やキャリアなどの「コンサルの内情」にも精通している。

未経験からコンサルティング業界への転職実績もあるエージェントなので、コンサルタント志望の人はぜひ登録しておきたい。

公式サイトはこちら

まとめ:27歳での転職は遅くない!

今回は、27歳で転職を成功させるための方法を紹介した。

最後に、今日の内容を振り返ろう。

【27歳で転職するメリット】
①ポテンシャルを見込んで採用してもらえることもある
②年収アップのチャンスも
③職種によっては未経験転職も可能

【27歳で転職するデメリット】
①年収が下がる可能性もある
②転職のライバルも多い
③人間関係がリセットされてしまう

【採用したくなる転職者の特徴】
①前職で実績を出している
②リーダーシップを発揮できる
③新しい環境に適応できる

【採用を見送られる転職者の特徴】
①社会人基礎力がついていない
②理想のキャリアが描けていない
③「逃げの転職」をしている

【27歳の転職で気をつけるべきこと】
①【男性】家族を守れるだけの収入を期待できるか
②【女性】出産休暇や育児休暇を得られる職場か
③【男女共通】転職サイト・転職エージェントを活用するべき

いかがだろうか?

27歳は転職適齢期だ。一定の経験があり、かつ伸び代を期待されて採用もされやすい。

リーダーシップの素質があれば、将来の管理職・マネジメント職候補としての採用可能性もある。

しかしその分ライバルも多く、しっかり対策した上で転職活動に臨む必要がある。

選考対策には、転職のプロであるエージェントを活用しよう。

表には出ていない非公開求人も多く、自分の適性や希望に合う企業にも出会えるだろう。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 アクシスコンサルティング コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。