ノウハウ:第二新卒

24歳の転職!ポテンシャル採用のチャンスを掴んでキャリアアップを目指せる年齢だ

この記事を読んでいるあなたは24歳で転職を考えているのではないだろうか?

第二新卒(新卒入社から3年以内に退職)に当てはまる24歳は、転職適齢期だ。

24歳という年齢は、ポテンシャル採用での需要が多く、加えてスキルや実績があれば転職はますます有利に進むだろう。

この記事を最後まで読むことで、「24歳のあなたは、今後どのように転職活動をしていくべきか」が具体的にわかるはずだ。

【24歳におすすめ転職サイト・エージェント】

  • ビズリーチ:年収,キャリアアップしたい全ての人におすすめ

Contents

データで検証!24歳での転職割合はどのくらい?

昨今、新卒として入社した社員の約3割が3年以内に退職していることから、24歳などの第二新卒での転職は多くなりつつある。

2019年の労働力調査によると、転職者比率は男女共に15~24歳が最も高い。働き始めの年代にもかかわらず、男性は11.1%,女性は13.6%という高い割合を占めている。

企業は、若手をなかなか確保できない悩みを抱えている。よって社会人経験をしている若手の24歳の採用ニーズは、とても高いと言えるだろう。

24歳での転職がしやすいと言われている理由

①柔軟な考え方ができる

24歳という年齢は、社会人としてはまだまだ若手で新しい知識を吸収しやすい状態である。

前職に染まりきっていない状況での転職は、新たな社風やカルチャーに馴染みやすいと、前向きに受け入れられる傾向にある。

同時に、すぐに新しい文化やルールに適応できる年代としても、企業からの需要は高い。若いうちの方が教えも素直に受け入れやすく、伸びしろも大きいと見られる傾向がある。

このように、柔軟な考え方ができる若手を積極的に採用したい企業が増えているのである。

②研修・教育コストがかからない

新卒者を採用するのと違い、24歳の転職者は、すでに1〜3年程度の社会人経験があることがほとんどだ。

よって企業は、基本的な社会人マナーなどの研修や指導の時間やコストを削減できる。これは、企業側から見て採用しやすい理由の1つである。

自社のやり方を教えるだけで、すぐに即戦力として活躍できると見込まれるのだ。研修する負担の少なさから、24歳の転職は成功率が高くなっている。

③プライベートよりも仕事に集中しやすい

平均的に24歳は、結婚や出産といったライフイベントとは重なりにくく、仕事に集中しやすい年齢ともいえる。

結婚や出産といったライフイベントは、仕事へのモチベーションを上げることが多い。しかし結婚による引越しで退職するケース、出産による休職など、時に人材不足というマイナス面にもなりうるため、企業側はライフイベントを慎重に捉えやすい。

ライフイベントが重なりにくい24歳という年代は、長期的な活躍が期待できるため受け入れられやすい。

新しいことを受け入れ、仕事に集中しやすい年代と環境であるため、24歳という人材のニーズは高いと言えるだろう。

24歳での転職で求められるスキル・能力は?

①実務経験がある

24歳は、一通りの実務経験があることが、新卒と大きく異なるところだ。社会人を数年経験して獲得したスキルは、若手の採用で企業が求めるポイントである。

基本的な社会人マナーをすでに身につけて、コミュニケーションを取りながら仕事ができる。

また職種によるが、繁忙期や決算期など、大体の企業の1年間の流れを理解している。

こういった実務経験は、転職の際に企業から求められるスキルの1つである。逆に言うと、社会人経験が浅い24歳の転職者に対し、専門的なスキルが求められることはほぼないので安心して欲しい。

②リーダー資質を持っている

年齢に関わらず、リーダー資質を持った人材の需要は高い。

リーダーシップが取れると、将来の管理職候補として選ばれる可能性が高い。仕事は個人で進める以上に、周りとの協調性や企業としての成長を一番に考えられる力が必要だ。

リーダー経験がある場合は、積極的にアピールすることをおすすめする。高いスキルと同様に、リーダーシップも身につける努力をしていこう。

③伝える力がある

若手の転職はポテンシャル採用が多いが、とりわけ求められるのは伝える力、いわゆるコミュニケーション能力である。

まず身に付けるべきコミュニケーション能力は、基本中の基本である「報連相」だ。報告、連絡、相談は、どれも「伝える」という基本のコミュニケーションである。

上司や同僚だけではなく、取引先に対しても必要になる能力であり、信頼関係にもつながる。

同時に、転職の面接などの際も、自分の言葉で熱意ややる気、過去の経験などをアピールできるよう、「伝える力」をつけておきたい。伝える力、コミュニケーションスキルが高いことで、企業の採用率も高くなるだろう。

24歳で転職に「成功」する人の特徴は?

①企業が求める人材像を理解している

企業が求める人材を事前に理解することは大切だ。転職活動の自己アピールは、企業のニーズに合致している必要がある。

企業の経営方針や経営状況はもちろんのこと、どのような人たちが働いているかできるだけ多くの情報を網羅していたい。

必要なスキルをあらかじめ知ることは、面接時の強い味方にもなるはずだ。インターネットなどを通じて、実際に働く人の声を調べるのもおすすめである。

より多くの情報を集め、企業が求める人材に対して、自分がどのように貢献できるかアピールする準備が重要だ。しっかりと理解する事で面接などでも自信が持てるだろう。

②自己分析ができている

企業に自分をアピールする際、自己分析がしっかりできているかが重要なポイントとなる。まずは、自分の強みと弱みを両方とも理解する事が大切だ。

たとえ社会人経験が浅くても、過去に得たスキルをどう活かすか、しっかり話せるようにしておきたい。転職の目的や自分のアピールポイントを明確にしておく必要がある。

アピールポイントは具体的かつ簡潔に準備してほしい。自己分析をしっかり行う事が転職で成功するポイントになるだろう。

③焦らず計画的に活動する

24歳での転職は焦る必要はない。たとえ転職がなかなか決まらなくても、急ぐと冷静な判断ができず後悔することが多い。十分に時間をかけて準備を進めてほしい。

転職を考える際は、内定をもらってから現職の退職準備を進めてほしい。内定が決まる前に退職すると、収入面などの不安要素が出てくる可能性もあるため、極力避けるべきである。

計画的に転職活動をするためには時間も必要だ。転職の際は、自分の希望条件を満たしているかなど、じっくり納得のいくまで検討していこう。

24歳で転職に「失敗」する人の特徴は?

①自信がなさすぎる

いざ転職活動をすると不安要素も出てくるだろう。しかし自信がないまま活動しても、良い結果にはつながらない。

成功するか分からない間は、メンタルも不安定になりやすい。面接が怖い、アピールできるスキルがないと思い込んでいると、さらに悪循環につながる。企業には、自分と働きたいと思わせることが大切だ。

自信を持って転職活動を行うために、面接などの事前準備をしっかり行うことが重要だ。ポジティブな発言ができるように繰り返し話す練習も良いだろう。失敗を恐れずチャレンジして、満足できる転職活動をしてほしい。

②自力だけで転職活動・情報収集を行う

社会人経験が浅い24歳では、自分のアピールポイントや自己分析をうまくできず、自力で転職しようとすると失敗することが多い。ぜひ転職のプロであるエージェントやサイトを利用してほしい。

エージェントやサイトから、より多くの求人情報を入手することで、企業のニーズが見えるだろう。

また面接対策で、自分の強みや弱みを知ることができれば転職を成功させる近道にもなる。

転職活動を有利に進めるために、転職のプロを必ず活用してほしい。

24歳で転職を成功させるためにやるべきこと

①自分を過度に高く評価しない

前職でトップの成績を出したとしても、それがそのまま転職先で通用すると考えない方が良い。仕事のやり方もメンバーも全く異なる新しい職場で、今までと同じように活躍できるとは限らないからだ。

また、過去の実績は必ずしも自分一人での結果とは限らないことも忘れてはならない。

本当の自分の力はどれくらいか、今後どのくらい活躍できるか、それに見合ったキャリアを考えよう。客観的に判断するために、自分をよく知る周りの人や先輩などに、アドバイスをもらうのも良いだろう。

転職先で思ったよりも活躍できないと、自分が一番苦しい思いをする。自己を過大に評価することなく、冷静に客観的に自分の実力を見直すことが転職を成功させる近道だ。

②前向きな転職理由を伝える

たとえ前職を忙しさや人間関係といったマイナスな理由で辞めたとしても、マイナス面を積極的に伝えることはおすすめしない。企業に後ろ向きの印象を与えてしまえば、企業側も採用していいのかと不安を覚えるだろう。

転職理由を話す時は、自分を売り込むチャンスであることを覚えておきたい。よって、自分の能力を活かしたい、次のステージに進むための転職である、といった前向きな理由を伝えてほしい。

すでに重ねた業務経験や、過去に得たスキルなど今後活かせることを積極的にアピールし転職活動をスムーズに進めてほしい。

③転職エージェントやサイトを活用する

転職活動に慣れていない時は、転職エージェントや転職サイトを積極的に使うべきである。求人の紹介はもちろんだが、内定を勝ち取るための支援や内定後の手続きなど一貫してサポートしてくれるだろう。

転職のプロの手厚い支援を受けることで、転職成功の可能性も高くなる。まずは複数のサイトに登録するところから始めてみよう。

24歳での転職成功談・失敗談を紹介!

ここからは、24歳での転職活動に関するツイートを紹介していく。実際の体験談を見ることで、転職のイメージが湧くはずだ。

ぜひ参考にしてみてほしい。

転職成功談

3回の転職をしてきたけど失敗続きで頑張る事を諦めかけていた過去の自分に言いたい。
「成功は失敗という下積みの上に成り立つ。だから前を見続けろ。」
24歳という年齢で転職を繰り返していた自分に嫌気がさしていたけども、あきらめずに動き続けた結果、自分らしさを出せる会社に入れた。

https://twitter.com/tsukku_job/status/1112236538505551872

転職失敗談

仕事をクビになり転職も失敗し大学中退無資格フリーターのお前に仕事がある訳ないと派遣会社でさえ言われ、藁に縋る思いでハロワやら人材募集広告見て電話しまくって。それが24歳の一年だった気する。

https://twitter.com/ronegray/status/485099236053098496

24歳は企業で働きながら、空き時間で転職サイトや転職エージェントの助けを借りて長期的な目線で活動してほしい。納得する転職ができる可能性が高まるだろう。

男性編:24歳での転職において気をつけるべきこと

①ライフプランをイメージしておく

今後のライフプランをイメージしておくことは、キャリアプランを考えるのと同じくらい重要である。

仕事のことだけを考えて転職するのはおすすめしない。例えば結婚をするなら時期はいつにするか、その後、家族とはどのような人生設計を立てるかなど、具体的に考えてみてほしい。

転職という節目をきっかけに一度仕事以外のライフプランの計画を立ててみよう。

人生の大きな目標を決めてから、24歳で実現したいことに焦点を絞ると考えやすいため、おすすめである。

②実力が評価される職場を目指す

24歳という年齢は、若さゆえに上手くいく場面も多いだろう。そこで見据えるべきは、数年後のキャリアアップである。

今だけを見るのではなく、将来的に自分が成長できる企業を選んでほしい。

1つの基準として、年功序列ではなく実力が評価される職場を選ぶと良いだろう。実力が評価される環境は、モチベーションが上がって努力しやすくなる。数年後、数十年後のキャリア形成がより良い方向に向かっていくだろう。

女性編:24歳での転職において気をつけるべきこと

①理想のワークライフバランスを考えておく

転職の際に、女性が考えるべきことの1つが、理想のワークライフバランスである。結婚や出産を考えているのであれば、仕事を優先できないタイミングを意識して、転職の計画を立ててほしい。

もし産休や育休を取得するのであれば、いつ頃になるか、またいつからどのくらい取得できるかなど具体的に考えてみよう。

理想の人生設計を立ててみる良い機会でもある。パートナーがいる場合は、相談してみるのも良いだろう。

②女性の復職率と満足度を見て選ぶ

転職先で結婚や出産などのライフイベントが重なる確率が高いのがこの年代である。

長期的に働きたい場合は、事前にその職場での働き方をリサーチしておこう。産休からの復職率や満足度なども含めて、できる限り調べておくことをおすすめする。

必要な情報を集めて働きやすい職場にいく努力をしてほしい。

24歳で転職するなら絶対に使いたいおすすめ転職エージェント

ここからは、24歳で転職活動をする人におすすめの転職サービスを紹介していく。

自分が受かりやすい企業を効率よく探すには、転職サイト・転職エージェントの活用が早い。

ぜひ登録して、キャリアアドバイザーと相談しながら転職活動を成功させよう。

【24歳におすすめ転職サイト・エージェント】

  • ビズリーチ:年収,キャリアアップしたい全ての人におすすめ

①ビズリーチ:年収アップしたい人向け

多くの企業がビズリーチで中途採用をかけているので、まずは登録しておきたい転職サイトだ。

優良求人の割合が高く、年収アップ・キャリアアップを望むなら、ぜひ登録して活用したい。

ビズリーチには「スカウト機能」があり、企業やヘッドハンター(転職エージェント)からスカウトメールが送られて来る。

どのくらいのスカウトメールが来るのかで、自分の転職市場価値がわかるはずだ。

非公開求人の数も他のサイトと比べてかなり多いので、登録しておいて後はスカウトを待つのみだ。

公式サイトはこちら

②JACリクルートメント:ハイキャリアを目指したい人向け

JACリクルートメントは、外資系企業への転職に強い転職エージェントだ。

高収入を目指すなら登録しておきたい。

30代以降がメイン登録者だが、26歳でも登録は可能だ。

現年収が500万以上あり、さらに年収アップを目指すならおすすめだ。

担当コンサルタントは少数精鋭で、質の高いサポートが期待できる。

また他のエージェントとは違って、各企業ごとに担当のキャリアアドバイザーがつくのが特徴だ。

そのため、企業の内情を深く理解した上でアドバイスをくれるので非常に為になるだろう。

公式サイトはこちら

③アクシスコンサルティング:コンサル志望向け

アクシスコンサルティングはコンサル業界に特化したエージェントだ。

元コンサルファーム出身のキャリアコンサルタントが多く在籍しているのが他社にはない特徴だ。

受かるための対策はもちろん、コンサル業界の働き方やキャリアなどの「コンサルの内情」にも精通している。

未経験からコンサルティング業界への転職実績もあるエージェントなので、コンサルタント志望の人はぜひ登録しておきたい。

公式サイトはこちら

まとめ:24歳の転職は、徹底的な情報収集から

最後に今回の記事を振り返ろう。

24歳での転職がしやすいと言われている理由
①柔軟な考え方ができる
②研修・教育コストがかからない
③プライベートよりも仕事に集中しやすい

24歳での転職で求められるスキル・能力は?
①実務経験がある
②リーダー資質を持っている
③伝える力がある

24歳で転職に「成功」する人の特徴は?
①企業が求める人材像を理解している
②自己分析ができている
③焦らず計画的に活動する

24歳で転職に「失敗」する人の特徴は?
①自信がなさすぎる
②自力だけで転職活動・情報収集を行う

24歳で転職を成功させるためにやるべきこと
①自分を過度に高く評価しない
②前向きな転職理由を伝える
③転職エージェントやサイトを活用する

いかがだろうか。

24歳は転職市場価値の高い年齢だ。

また、リーダーシップの素質があれば、将来の管理職・マネジメント職候補としての採用可能性もある。しっかり情報収集をして、自分のポテンシャルを最大限レバレッジさせた転職を実現させて欲しい。

筆者のお勧め転職サービス

ビズリーチ
キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

リクルート キャリアカーバー
ハイクラス・エグゼクティブ限定の転職サイトである。年収800〜2,000万円の求人が多数あり、レジュメ登録するとスカウトを受けることができる。ビズリーチと合わせて使うことで、それぞれの優良求人や非公開求人を逃さず収集できるのでおすすめだ。

リクルートエージェント
日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

アクシスコンサルティング
創業から17年間で約5000人の現役コンサルタントを支援、77%が非公開求人という圧倒的な数字を誇る。平均3年の長期サポートでキャリアアップを支援してくれるので、未経験からコンサル業界に挑戦したい方はまずは挑戦してほしい。