ノウハウ:第二新卒

23歳の転職は可能?未経験から転職成功する人の特徴を紹介!

こんな人におすすめ
  • 23歳で転職は早いのかな…と悩んでいる人
  • 転職したいけどスキルがなくて不安な人
  • 第二新卒で有利に転職活動を進めたい人

目標だった企業から内定をもらい、希望を胸に抱いて入社。

しかしいざ入社してみると「ブラックな環境だった」「やりたい仕事が全くできなかった」など理想とはかけ離れており、23歳という若さで転職を考える人もいるだろう。

一方、まだまだ社会経験が少なく「23歳で辞めても転職できないのでは…」という不安もあるのではないだろうか?

この記事を最後まで読むことで、「23歳のあなたは、今後どのように転職活動をしていくべきか」が具体的にわかるはずだ。

【23歳におすすめ転職サイト・エージェント】

  • ビズリーチ:年収,キャリアアップしたい全ての人におすすめ

データで検証!23歳での転職割合はどのくらい?

総務省による労働力調査によると、15〜24歳以下で転職を選ぶ人の割合は11%を超え、それ以上の年齢層と比べて高いことがわかる。(以下の図参照)

20代前半は高度なスキルが無くても比較的転職に成功しやすく、早期に決断する人が多いためであろう。

また、転職サイトdodaによる調査によると転職成功者の24歳以下の割合は、特に販売・サービス系や営業系に多い。

体力や胆力が必要な仕事は、若い人材の需要が多いようだ。

23歳での転職はしやすいと言われている理由

23歳での転職は比較的成功しやすい。その背景としては

①実績よりもポテンシャルを重視してもらえる
②未経験の職種でも応募できる
③「入社後3年は我慢」という時代ではなくなった

などがある。ひとつひとつ確認していこう。

①実績よりもポテンシャルを重視してもらえる

20代前半は、明確な実績よりも本人の「ポテンシャル」や「熱意」が評価される傾向にある。

20代前半だとまだ誇れるような実績がないことを企業も理解しているため、即戦力ではなく今後の伸びしろに期待するのだ。

つまり高度なスキルや経験が無くても、入社熱意をうまく伝えることができれば採用される可能性は高い。

一方、20代後半からは「即戦力」(=入社してすぐの活躍)を期待されるようになり、相応のスキルも求められるようになる。

そのためポテンシャル採用が効く23歳の転職は、比較的に有利といえるだろう。

②未経験の職種でも応募しやすい

ファーストキャリアの職種が本人の適正とミスマッチなこともあるため、20代前半であれば未経験であっても別職種に挑戦できる機会が多い

年齢を重ねるにつれ職種の専門性は磨かれその分採用基準も上がるので、20代後半になると職種は自ずと固定されてくるが、20代前半のうちは未経験でも大丈夫だ。

例えば、Webエンジニアは需要に対して供給が追いついておらず人手不足である。

プログラミングは独学でも習得可能なのでおすすめだ(金銭的に余裕があれば、プログラミングスクールに通うのが良いだろう)。

営業職や事務職が合わないと感じて、未経験からエンジニア転職する人も実は多い。

若いほど未経験転職はしやすいので、今の仕事が合わずにくすぶっている人は、エンジニア転職を志してみるのも良いだろう。

③「入社後3年は我慢」という時代ではなくなった

一昔前までは、日本には「とりあえず3年(=入社後3年間は辞めるべきではない)」という考え方が普通であった。

しかし、今では終身雇用制度は崩壊しつつあり、若者の転職率も上がってきている。

中には、新卒入社後3年以内にやめた人材を「第二新卒」として積極的に受け入れている企業もある。

このような時代背景の移り変わりも、23歳という若年齢で転職しやすくなった要因のひとつだろう。

23歳での転職に求められるスキル・能力は?

23歳の転職では、スキルよりもポテンシャルが大切だが、最低限のスキルや能力は欲しいところである。具体的には、次のようなスキル・能力が求められている。

①社会人としての常識、ビジネスマナー
②フィードバックを受け止め、改善できる素直さ
③転職先とマッチした資格

①社会人としての常識・ビジネスマナー

繰り返しになるが、企業は23歳の転職者に対して、それほど高度なスキルや知識は求めないことが多い。

しかし、期間は短いとは言えど社会人経験はあるため、基本的なビジネスマナーは身についていることが前提になる。

具体的には

  • 挨拶
  • 言葉遣い
  • 名刺交換の作法
  • TPO(時・場所・場合)に適した服装

などが該当する。

最低限でも上記に挙げたビジネスマナーを守れているか、しっかりと振り返っておこう。

②フィードバックを受け止め改善できる素直さ

人は歳をとればとるほど、自分の仕事の進め方に固執しがちである。

だからこそ、23歳という若手に期待することは、どんな状況からも学び改善できる素直さなのである。

今は未熟だったとしても、「素直さ」があれば後からスキルはついてくる。

フィードバックは真摯に受け止め改善できるようなビジネスパーソンでいよう。

③転職先とマッチした資格

資格の取得は必須ではないが、他の応募者と差をつける有効な手段の一つだ。

特に新しい分野にチャレンジする場合、資格を取ることで熱意を伝えられる可能性もある。

もちろん、職種にマッチした資格でなければほとんど意味がない。

自分の希望する職種は何なのか、それで活かせる資格はどれなのか、改めて明確にしよう。

23歳での転職に「成功」する人の特徴は?

23歳で転職を成功させる人には、ある共通の特徴がある。

先に結論をお伝えすると以下のような特徴を挙げられる。

①明確に企業選びの方針を決めている
②在職中に転職活動を行っている
③中小企業も受ける

あなたはいくつ当てはまるだろうか?

①明確に企業選びの方針を決めている

明確な企業選びの軸を持っている人は転職に成功しやすい傾向にある。

  • 今後どんな人になりたいのか?
  • どのスキルを身につけて活躍したいのか?
  • そのために、転職先の企業で何をしたいのか?

これらをきちんと言語化して伝えられるようにするべきだ。

反対に、転職理由がチグハグだと、企業にとって魅力的な人材に映らない。当然、内定獲得までの道のりも険しいだろう。

また、仮に運よく内定をもらって入社できたとしても、「これは自分のやりたい仕事ではない」と思い、再び早期退職のリスクも出てくるだろう。

そうならないためにも、「次の職場で自分は何を大切にするのか?」をきちんと言語化し伝える必要がある。

②在職中に転職活動を行っている

転職活動は在職中に並行して行うのがおすすめだ。

仕事をしながらの方が収入も安定しており、気持ちの余裕もできるだろう。

退社してから転職活動を行う人もいるが、筆者としてはおすすめできない。

会社をやめてしまえば収入が絶たれるため、転職活動が長引いた際に焦って妥協を迫られてしまうかもしれない。

また離職期間が長引けば長引くほど、採用側にとってネックになることもある。

ブランクが空いてしまっている場合、その理由を質問されたら答えられるように準備をしよう。

③中小企業も受ける

転職市場において、大手企業は依然として人気だ。

しかし、当然倍率が高く受かるのは簡単ではない。

一方の中小企業(あるいはベンチャー企業)の場合、大企業と比べると倍率が下がり受かりやすい

「中小・ベンチャー企業はブラックなのでは…」と心配に思うかもしれないが、優良企業も多数あり、大企業と同等の待遇・やりがいが期待できることもある。

そもそも日本企業の99%は中小企業だ。

「絶対に大企業!」と決めつけず、中小企業で理想に近い働き方ができないか探してみると良いだろう。

23歳での転職に「失敗」する人の特徴は?

上記の成功する人とは反対に、23歳で転職失敗してしまう人にも、共通して当てはまる特徴がある。それは以下の3つである。

①前職への不満が転職理由である
②あまりにも転職回数が多い(3回以上)
③求める条件が高すぎる

①前職への不満が転職理由である

前職の不満がメインの転職理由だと、なかなかうまくいかないと言われている。(パワハラ・セクハラが横行していたり、労働環境があまりにも劣悪な場合は別だが)

マイナスな転職理由を並べられても「他責(人のせい)にする人材」「転職しても満足しないのではないか」とネガティブに思われてしまうだけである。

また、いつまでも不満を引きずっていると、次の企業でもネガティブな点ばかりに目が行ってしまうだろう。

「前職のこれが嫌だった」ではなく「前職で出来なかったことにチャレンジしたい」という前向きな理由を持とう。

繰り返しになるが、23歳の転職者に求められるのは「熱意」と「ポテンシャル」だ。

「入社したら誰よりも頑張ってくれるだろう」と思ってもらえるよう努力しよう。

②あまりにも転職回数が多い(3回以上)

初めての転職であれば問題ないが、あまりにも転職回数が多すぎると「飽きっぽい」「忍耐力がない」という印象を抱かれてしまうだろう。

リクナビNEXTによる調査によると、転職回数が3回を超えると気にする企業が多いようだ。

「ただ転職事情や目的がしっかりしていれば、回数は気にしない」という企業も中にはあるため、退職理由を話せるようにしっかり準備しておこう。

  • なぜ転職したいのか?
  • 次はどんな仕事をしたいのか?
  • どんな環境で働きたいのか?

これらの質問には即答できるよう、考えを固めておこう。

③求める条件が高すぎる

年収や福利厚生、ワークライフバランスなど、転職する上で気になるポイントは多いだろう。

しかし、すべての条件を満たす職場はそう簡単には見つからない

条件に優先順位をつけ、優先度の低いものは妥協していくことも大切だ。

自分の求める条件を箇条書きにして、A〜Cで優先度をつけてみて欲しい。

なかなか思いつかない人は、筆者が以下にあげた項目について「具体的な条件」と「優先度」をつけてみるだけでも良いので、ぜひやってみて欲しい。

  • 年収はいくらか?
  • 残業時間はどのくらいか?
  • 勤務地はどこか?
  • 職種は?
  • 昇進は?
  • 福利厚生の充実度は?
  • 家賃補助の有無は?

23歳で転職を成功させるためにやるべきこと

23歳で転職を成功させたいのであれば、以下の3つは必ず守って転職活動を進めて欲しい。

①転職エージェントを利用する
②企業分析を細かくおこなう
③複数社の選考を受ける

①転職エージェントを利用する

若年層で転職を成功させたいなら、迷わず転職エージェントは活用するべきだ。

多くの転職エージェントでは、あなた専属のキャリアアドバイザーがつく。

キャリアアドバイザーとの面談で、あなたの適正や強み、希望などをすり合わせた上でサポートしてくれるので安心だ。

転職エージェントでは、あなたの適正や希望と合った企業の紹介をしてくれる。

さらに、確実に内定を取るため、履歴書の添削や面接の練習など様々な面から転職の手伝いをしてくれるので心強い味方となるだろう。

忙しくて直接会えない人のために、スカイプなどオンライン面談を行っているところも増えている。

ぜひ一人で悩まず、転職エージェントを積極的に活用してみて欲しい。

②企業分析を細かく行う

転職を成功で終わらせるためには、企業の分析は必要不可欠だ。

「会社の課題は~で、自分が入社したらこんな形で解決できる」と面接でアピールできるよう、企業の下調べはしっかりするべきだ。

また、「有給はとれるのか」「結婚、出産しても働き続けられるのか」「研修制度はどうなっているのか」など、社内制度についてもしっかり調べることも重要だ。

転職会議やOpenWorkなど企業の口コミサイトで情報を探してみても良いだろう。

会社の雰囲気や残業時間、休みの取りやすさなど、貴重な情報が書かれていることがあるので、ぜひ活用しよう。

③複数社の選考を受ける

せっかくの転職のチャンスを棒に振らないためにも、なるべく複数社の選考を受けるべきだ。

20代前半の転職者の平均応募社数は「13社」だと言われている。

データから考えると、少なくとも10社は受けるべきだろう。

もちろん闇雲に社数を増やしても対策が分散してしまうので、転職エージェントのキャリアアドバイザーと相談して、内定の取りやすい企業を中心に受けていこう。

23歳での転職成功談・失敗談をご紹介!

転職成功談

ここからは、あなたと同じ23歳で転職活動を経験し、転職に成功した方のコメント(ツイッター)を見ていこう。

今は不安でも、同年代の転職成功例を知れば、きっと励みになるはずだ。

【環境】サラリーマン時代、ずっと叱られるのが恐くてミスをしないように、人の迷惑にならないように生きてきた。23歳の時に転職して入った会社で人生が変わった。「いいね!」「コースケならやれるよ!」前向きな言葉をかけてくれてそれがきっかけでチャレンジすることが恐くなくなりました。

https://twitter.com/HK56845539/status/1237372368068067330

俺の弟、23歳も大企業からベンチャーに転職したわ。それにしてもいつ会ってもイケメンすぎる。

https://twitter.com/Sherrifish_/status/1207979514954833920

今の会社は本当に入ってよかったと思う。選択。さて、24歳の目標はどうしようかな。。23歳はストレスフリーな生活として転職するってことで出来たわけだしほわっとしてて確実に実現出来るものを決めよう(笑)

https://twitter.com/kyantarose/status/1189102772882247680

転職失敗談

残念ながら、23歳での転職に失敗してしまった方もいる。

23歳の時に、大好きなブランドでキラキラ夢見て転職したアパレルショップの会社(当時50代の女社長、ワンマン)が、思想の偏った宗教のような現場でした。タイムスリップして、当時の私を救ってあげたい。

https://twitter.com/ladyrosemanou/status/1236611783206383617

この方のつぶやきを見るに、好きなアパレルの会社に憧れて転職したものの、社長の思想が偏っており、後悔しているようだ。

やりたい仕事につく選択も素敵だが、その会社の体質やカルチャーなどについても隈なく調べて、入社するべきかどうか決めるべきだろう。

23歳で転職するなら、絶対に使いたいおすすめ転職エージェント

ここからは、23歳で転職を志す人におすすめの転職エージェントを紹介していく。

23歳という若手の場合、中途採用においては経験が足らないことを理由に受かりづらい企業もあるのが事実だ。

せっかく採用ページから応募しても、あっさり書類で落とされてしまっては意味がない。

自分が受かりやすい企業を効率よく探すにはエージェントの活用が最も効率的である。

ぜひ登録して、キャリアアドバイザーと相談しながら転職活動を成功させよう。

【23歳におすすめ転職サイト・エージェント】

  • ビズリーチ:年収,キャリアアップしたい全ての人におすすめ

①ビズリーチ:年収アップしたい人向け

多くの企業がビズリーチで中途採用をかけているので、まずは登録しておきたい転職サイトだ。

優良求人の割合が高く、年収アップ・キャリアアップを望むなら、ぜひ登録して活用したい。

ビズリーチは「ハイキャリア向けの転職サイト」のイメージが強かったが、近年では若手の登録も急増しているので、23歳という若い方でもマッチする求人はあるで安心して欲しい。

公式サイトはこちら

②リクルートエージェント:幅広く探したい人向け

リクルートエージェントは大手の総合転職エージェントで、保有する求人数の多さが最大の魅力。

業界は問わず幅広く転職を検討したい人にはおすすめだ。

また企業とのコネクションが強く、各企業への交渉力も強いのが特徴だ。

内定の取りやすさはもちろん、年収交渉などにも強い。

ビズリーチと合わせて活用したいエージェントだ。

公式サイトはこちら

③アクシスコンサルティング:コンサル志望向け

アクシスコンサルティングはコンサル業界に特化したエージェントだ。

元コンサルファーム出身のキャリアコンサルタントが多く在籍しているのが他社にはない特徴だ。

受かるための対策はもちろん、コンサル業界の働き方やキャリアなどの「コンサルの内情」にも精通している。

未経験からコンサルティング業界への転職実績もあるエージェントなので、コンサルタント志望の人はぜひ登録しておきたい。

公式サイトはこちら

まとめ

今回は、23歳で転職を成功させるための方法を紹介した。

最後に、今日の内容を振り返ろう。

【23歳の転職者に求められること】
①社会人としての常識、ビジネスマナー
②フィードバックを受け止め、改善できる素直さ
③転職先とマッチした資格

【23歳の転職で成功する人の特徴】
①明確に企業選びの方針を決めている
②在職中に転職活動を行っている
③中小企業も受ける

【23歳の転職で失敗する人の特徴】
①前職への不満が転職理由である
②あまりにも転職回数が多い(3回以上)
③求める条件が高すぎる

【23歳の転職を成功するためにやるべきこと】
①転職エージェントを利用する
②企業分析を細かくおこなう
③複数社の選考を受ける

いかがだろうか?

上記のポイントを抑えるだけで、あなたの転職成功確率はグッと上がるだろう。

「23歳という若年齢では社会人スキルが足りず、本当に転職できるのか?」と、不安に思う人もいるだろう。

そんな人こそ、転職のプロであるエージェントを活用しよう。

一人で悩まずエージェントと二人三脚で転職活動をすることで、より良い企業に出会えるだろう。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 アクシスコンサルティング コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。