キャリア相談室

22歳で転職は可能?社会人経験が短くても転職成功できる方法を紹介!

こんな人におすすめ
  • 22歳で転職は早いのかな…と悩んでいる人
  • 転職したいけど実績がなくて不安な人
  • 第二新卒で有利に転職活動を進めたい人


「新卒で就職できたはいいけど、希望した仕事はできないし、上司の理不尽はひどいしストレスばかりが溜まっていく…」

こういった思いをして転職を考える22歳は少なくないだろう。

しかし、「入社早々辞めると、後々社会的に不利になってしまうのではないか」と不安になる人もいるのではないか。

しかし心配はいらない。転職は「早く動けば動くほど有利な時代」になりつつあるのだ。

もちろん、転職すれば全てが解決するわけではないが、若い今だからこそ掴めるチャンスがある

今度こそ理想の職場で働けるよう、早めに行動していこう。

【22歳におすすめ転職サイト・エージェント】

Contents

データで検証!22歳での転職割合はどのくらい?

総務省による労働力調査によると、24歳以下で転職を選ぶ人は増加傾向にあり、2019年には約71万人に達している。(以下の図参照)

終身雇用制度が立ち行かなくなりつつあることや、人手不足に悩む企業が中途採用に力を入れているためであろう。

また、転職サイトdodaによる調査によると転職成功者の24歳以下の割合は、特に販売・サービス系や営業系に多い。

体力や胆力が必要な仕事は、若い人材の需要が多いようだ。

22歳での転職がしやすい理由

22歳という年齢は、高卒の場合は社会人5年め、大卒の場合は社会人1年めに当たるが、いずれにしても転職市場ではまだまだ有利で転職しやすいと言える。

22歳の最大の武器は、ズバリ「若さ」だ。

若ければ経験が少ないし転職が不利なのではと思う人も多いかもしれないがその逆だ。転職は若いほど有利なのである。

ここからは、なぜ22歳という若年齢は転職しやすいのかについて、①高卒・大卒【共通】の場合②【高卒】の場合③【大卒】の場合、の3パターンに分けて理由を解説して行く。

要点のみまとめると以下のようになる。

  • 【共通】人柄や今後の伸び代が評価されやすいから
  • 【共通】新しい社風に馴染みやすいから
  • 【高卒】仕事を一通り経験しており大卒よりも即戦力だから
  • 【大卒】新卒採用枠に応募できる企業もあるから

ひとつひとつ確認していこう。

【共通】人柄や今後の伸びしろが評価されやすいから

22歳は高卒だと社会人5年め、大卒だと社会人1年めに当たるが、この時点で圧倒的なスキルや立派な実績を持っていることは珍しい(ほぼ無いに等しい)

採用企業側もそのことをわかっているため、22歳での転職者は人柄や熱意、ポテンシャルが評価される傾向にある。

よって、わずかな実績やスキルよりもやる気や熱意、人柄があることをアピールすることが重要なのだ。

人柄と今後の伸び代での採用(=ポテンシャル採用)は20代前半の特権なので、使わない手はだろう。

【共通】新しい社風に馴染みやすいから

経験豊富な年配の転職者は、前の会社のルールや自分の仕事のやり方に固執してしまう傾向がある。

一方、22歳という若い人は、前職のルールや社風に染まりきっていないため、新しい環境に馴染みやすい。

ある大手企業では、「経験豊富な人材より素直で吸収力・適応力が高い人材の方が長期的に見ると魅力的だ」として、第二新卒を積極的に採用しているそうだ。

【高卒】仕事を一通り経験しており大卒よりも即戦力だから

高卒で22歳の場合、社会人歴5年めになるので、大卒1年めよりも仕事ができることが多い

さらに上記で説明したように、今後十分に伸び代があり新しい社風への適応も柔軟なため、企業によっては積極的に採用したい対象になり得るのだ。

一部の大卒至上主義企業の場合は転職は難しいかもしれないが、新興ベンチャーなど大卒/高卒問わず採用している企業もあるので、ぜひ受けて見ると良いだろう。

ちなみに筆者は元々IT×人材系のベンチャー(上場企業)にいたが、事業部長クラスのおよそ半数が非大卒(推定年収1000万!)だったので、高卒でも上場企業の中で出世することも十分可能だと言える。

【大卒】新卒採用枠に応募できる企業もあるから

就職後3年以内に離職する人材は第二新卒と呼ばれ、新卒採用の補填として需要が高まっている。

それどころか最近、第二新卒を新卒採用枠に入れる企業が増えているのだ。

新卒と同じ土俵で選考を受けることができれば、ビジネスマナーも何も知らない新卒よりも、多少たりとも社会人を経験している第二新卒の方が有利だ。

今の職場で長く我慢をすることは、理想の転職のチャンスを失うことでもある。

22歳での転職に求められるスキル・能力は?

経験が短いと言えども、一応は社会人を経験しているため、求められるスキル・能力もある。

代表例としては以下があげられる。

  • 基本的なビジネスマナー
  • 新しい職場に早く適応する柔軟性
  • 応募する職種で有用な資格

基本的なビジネスマナー

企業は、22歳の転職者にそれほど高度なスキルや知識は求めないことが多い。

しかしその分基本的なビジネスマナーやエチケットを備えているかチェックされやすいので注意しよう。

TPO(時・場所・場合)を意識した服装や、言葉遣いなど、改めて社会人としての振る舞いを見直しておくとよいだろう。

具体的には以下に挙げるビジネスマナーについては最低限身につけておきたい。

  • 相手の目を見て話す
  • 明るい挨拶
  • 名刺交換方法
  • 尊敬語と謙譲語の使い分け
  • 顧客先ではカジュアルな言葉遣いを避ける
  • 「上座」「下座」など席次のマナー(企業による)

新しい職場に早く適応する柔軟性

上で述べたように、企業は22歳の転職者に「素直に新しい環境に適応してくれる」ことを期待して採用する。

そのため、理不尽にも従えというわけではないが、仕事の基礎が身につくまでは、ある程度の謙虚さが重要になるだろう。

今は未熟でも「素直さ」があれば後からスキルはついてくる、フィードバックは真摯に受け止め改善していこう。

応募する職種で有用な資格

資格の取得は必須ではないが、熱意をアピールする一つの手段になる。

特に新しい分野にチャレンジする場合、資格をとることによって間接的に熱意を伝えることができる。

しかし、その業界や職種に通用する資格や一部の国家資格でないとあまり意味がない。

不動産系なら宅地建物取引士やファイナンシャルプランナー(二級以上)、福祉関係なら介護福祉士など…

そのスキルは自分が志望する業界にどの程度通用するのか、下調べをしっかり行おう。

22歳での転職に「成功」する人の特徴は?

22歳で転職を成功させる人には、ある共通の特徴がある。

先に結論をお伝えすると、以下のような特徴を挙げられる。

①企業分析はもちろん、業界分析まで行っている
②明確なキャリアプランが描けている
③長く働けることをアピールする

あなたはいくつ当てはまるだろうか?

①企業分析はもちろん、業界分析まで行っている

企業とのミスマッチを防ぐためには、綿密な企業分析が必須だ。

「会社の課題は~で、自分が入社したらこんな形で解決できる」など面接で効果的なアピールができるようにしっかり調べておこう。

同時に、その業界の分析も大切だ。

その企業が業界でどんな立ち位置なのかを知ることで、「なぜこの会社でなければいけないのか」をしっかり伝えることができ、内定に近づくことができる。

②明確なキャリアプランが描けている

「~歳までにこのポジションに就き、こんな技術やスキルを身に着け、年収はこれだけアップさせる」といったキャリアプランを描いていることが大切だ。

キャリアプランが描けてないと、企業にとって魅力的な人材に映らないし、 仮に内定をもらえて入社したとしても「やりたい仕事ではない」となり、早期退職してしまうリスクもある。

キャリアプランを描き、それを実現させるために企業に求める条件は何なのか明確にしていくことが転職成功の鍵である。

③長く働けることをアピールする

若い転職者を受け入れるにあたって、企業側の一番の懸念は「転職者が定着しないこと」である。

特に前職を短期間で辞めた場合、「うちでも続かないのでは?」と不安に思われることもあるだろう。

そのため、面接では「今回の転職では長く働ける」とを強調した方が良い。

企業に入った後の長期的なキャリアプランをしっかり伝えられれば、面接官も納得してくれるだろう。

22歳での転職に「失敗」する人の特徴は?

上記の成功する人とは反対に、22歳で転職失敗してしまう人にも、共通して当てはまる特徴がある。それは以下の3つである。

①自己分析が不十分
②仕事を辞めてから転職活動をする
③「今の会社を辞めたい」が第一目的になってしまっている

①自己分析が不十分

自己分析が不十分だと、残念ながら転職活動はかなり苦戦するだろう。

自分はどういった時にモチベーションを感じるのか、どんなことに対して苦手意識があるのか、どういったことが得意なのか。

深く自己理解をすることで、本当に自分に合う企業を見つけやすくなる。

また、他の転職希望者と差をつけるアピールポイントを発見でき、面接の成功率も上がる。

一人で自己分析を行うのが難しい場合(大抵の場合は難しい)、転職エージェントを使うのも一つの方法だろう。

②仕事を辞めてから転職活動をする

会社をやめてしまえば収入が無くなってしまい、転職活動が長引いた際に焦って妥協を迫られてしまうかもしれない。

なので、基本的に転職活動は現職を続けながら行うべきだと筆者は考える。

また離職期間が長引けば、面接官の印象も悪くなってしまうリスクもある。

もし前職の退職から期間が空いてしまった場合、なぜブランクがあるのか質問された時に明確に理由を答えられるように準備しよう。

③「今の会社を辞めたい」が第一目的になってしまっている

「今の会社が嫌で、とにかく辞めたい」という気持ちで臨むと、転職活動はなかなかうまくいかない。

面接官に与える印象も良くないし、不満を引きずっていると、次の企業でもその企業の良くない点ばかりに目が行ってしまうのだ。

「前職のこれが嫌だった」ではなく「前職で出来なかったこれをやりたかった」というように前向きな理由を持つと良いだろう。

22歳で転職を成功させるためにやるべきこと

22歳で転職を成功させたいのであれば、以下の3つは必ず守って転職活動を進めて欲しい。

①転職サイトやエージェントを利用する
②選考を一社にしぼらない
③1月~3月に転職活動を本格化させる

①転職サイトや転職エージェントを利用する

転職を成功させたいなら、転職サイトと転職エージェントは必ず活用しよう。

特にビジネス経験が少ない20代の前半の人こそ、プロのサポートを受けながら転職活動をすべきだと筆者は考えている。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の市場価値の診断ができる。

また、web上に登録した求職者の情報を見た一部の企業から、非公開求人を受け取れる「スカウトサービス」も魅力的である。

当サイトでおすすめしている転職サイトはビズリーチだ。

一方転職エージェントは、履歴書の添削や面接など様々な面から転職をサポートしてくれるサービスだ。(転職サイトとは異なるので、混合しないように)

求人企業の求める人材をよく理解しているため、非常に有益なアドバイスをもらえるし、自分自身では分かりづらい魅力や能力を引き出してくれる。

転職エージェントと話しているうちに本当にやりたいことに気づいた人もいるようだ。

転職サイトと転職エージェントを上手く使えば、転職の成功率はグッと上がるだろう。

②選考を一社にしぼらない

1つ応募して選考に落ちたら、また別に申し込むということをやっていては時間がかかりすぎてしまう。

25歳までの転職者の中で、平均応募社数は13.6社といわれている。

志望順位の低い企業に受かっても後から辞退することもできるので、最低10社は一度に申し込んでおきたい。

もちろん転職の軸を持たず闇雲に受けても内定は取れないので、本当に行きたいと思う企業を10社以上受けるようにしよう。

今の自分が受かりそうな企業がわからない方は、上記の転職エージェントに相談することで悩みが晴れるだろう。

③1月~3月に転職活動を本格化させる

第二新卒向けの求人は1~3月に増える。これは、入社早期に辞めてしまった新卒の補充を行うためだ。

4月に入社できれば、新卒と一緒に新人研修が受けられるのも嬉しい点だ。

今の環境が嫌すぎて(ブラックすぎるなど)今すぐに転職をしたい人は止めないが、急を要さない場合は1~3月に合わせて転職活動を進めることで、内定を取りやすくなるだろう。

22歳での転職成功談・失敗談を紹介!

転職成功談

同じ22歳で転職活動を経験し、転職に成功した方のコメント(ツイッター)を見ていこう。

今は不安でも、同年代の転職成功例を知れば、きっと励みになるはずだ。

22歳編。鍼灸整骨院に嫌気がさした私は同じく地元の訪問マッサージの会社に転職。ちなみに月給手取りで約20万円。訪問のお仕事は常に誰かに見られる事もなく、しかも運転好きな私にとって性に合った仕事だった。

ここでも可愛いがって頂いて、週休2日だし働きやすかった!

https://twitter.com/agent_of_RIELD/status/1209118815696482304

転職失敗談

残念ながら、22歳での転職に失敗してしまった方もいる。

21歳:パートだけど、ホームセンターのペットショップに入社。
22歳:理不尽なパワハラを受け、病む。違う業種に転職。
23歳:職人系によくある『怒鳴って教える』やり方が合わず、より病んでしまう。
24歳:心臓の手術をすることになる。仕事も辞めることになり、薬の効果で止血しにくくなる。

https://twitter.com/LOBO_REIROU/status/1176921941539573760

この方は転職活動自体はうまくいったものの、入社先の教育方針が本人のスタンスと合わず、より精神を病んでしまったそうだ。

内定がゴールではなく、自分らしい働き方ができるかどうかを主眼に置いて転職活動をすることが大切だろう。

22歳で転職するなら絶対に使いたいおすすめ転職サイト・エージェント

ここからは、22歳で転職を志す人におすすめの転職サイト・エージェントを紹介していく。

確かに第二新卒をポテンシャル採用している企業も多いが、経験不足を理由に受かりづらい企業もあるのもまた事実である。

せっかく採用ページから応募しても、あっさり書類で落とされてしまっては意味がない。

自分が受かりやすい企業を効率よく探すには、エージェントの活用が最も効率的だろう。

ぜひ登録して、キャリアアドバイザーと相談しながら転職活動を成功させよう。

①ビズリーチ:年収アップしたい人向け

優良求人の割合が高く、年収アップ・キャリアアップを望むなら、ぜひ登録して活用したい。

ビズリーチは「ハイキャリア向けの転職サイト」のイメージが強かったが、近年では若手の登録も急増しているので、22歳という若い方でもマッチする求人はあるで安心して欲しい。

また、ビズリーチには転職エージェントのヘッドハンターも登録しており、コネクションを作ることも可能だ。

エージェント探しの手間も省けて選考対策に時間を割けるので、ビズリーチには必ず登録しよう。

公式サイトはこちら

②リクルートエージェント:幅広く探したい人向け

リクルートエージェントは業界最大手クラスの総合転職エージェントである。

保有する求人数の多さが最大の魅力で、転職初心者はまずは登録しておきたい。

業界は問わず、幅広く転職を検討したい人にはおすすめだ。

また企業とのコネクションが強く、各企業への交渉力も強いのが特徴だ。

内定の取りやすさはもちろん、年収交渉などにも強い(若年層で転職後に年収が約2倍アップした人もいる)

選考対策も充実しているので、書類や面接に不安がある人はアドバイスをもらおう。

公式サイトはこちら

③アクシスコンサルティング:コンサル業界志望者向け

アクシスコンサルティングはコンサル業界に特化したエージェントだ。

元コンサルファーム出身のキャリアコンサルタントが多く在籍しているのが他社にはない特徴だ。

受かるための対策はもちろん、コンサル業界の働き方やキャリアなどのコンサルの内情」にも精通している。

未経験からコンサルティング業界への転職実績もあるエージェントなので、コンサルタント志望の人はぜひ登録しておきたい。

公式サイトはこちら

まとめ

今回は、22歳で転職を成功させるための方法を紹介した。最後に内容を振り返ろう。

【22歳の転職者に求められること】
①基本的なビジネスマナー
②新しい職場に早く適応する柔軟性
③応募する職種で有用な資格

【22歳の転職で成功する人の特徴】
①企業分析、業界分析をしっかり行う
②明確なキャリアプランが描けている
③長く働けることをアピールする

【22歳の転職で失敗する人の特徴】
①自己分析が不十分
②仕事を辞めてから転職活動をする
③「今の会社を辞めたい」が第一目的になってしまっている

【22歳の転職を成功するためにやるべきこと】
①転職サイトや転職エージェントを利用する
②選考を一社に絞らない
③有利な1~3月に転職活動を本格化させる

いかがだろうか?

上記のポイントを抑えるだけで、あなたの転職成功確率はグッと上がるだろう。

「22歳という若年齢では社会人スキルが足りず、本当に転職できるのか?」と、不安に思う人もいるだろう。

そんな人こそ、転職のプロであるエージェントを活用しよう。

一人で悩まずエージェントと二人三脚で転職活動をすることで、より良い企業に出会えるだろう。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 アクシスコンサルティング コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。