業界研究:コンサルティング

とりあえずコンサルへ転職の危険性

コンサルティング業界は、ここ10年以上絶大な人気を誇る業界だ。コンサルに就職することは何か特別なことで、転職でふらっと入るなんて簡単なことは誰も考えていなかった。なんせ、これまでは、MBAホルダーなどや、超優秀層の学生のみが入社するなど、オープンに門戸が開かれていなかったのだから。

しかし現在は状況が変わり、多くの人にコンサルへの転職チャンスが開かれている。ただし、とりあえずコンサルティング(コンサル)業界に転職することはリスクも伴う。今回の記事を通じて、それを知ってほしい。

実際、このブログでは筆者の把握している情報を事細かにお伝えはするが、もし本気でコンサルへの転職を考えているなら、求人サイトやエージェントに登録しておこう。

コンサルの窓口が開かれているとはいえ、転職市場は水物だ。いつ何時、どんな企業のどんな求人がオープンするのか分からない。最新の情報を集めるよう心が得てほしい。

なお、まさにコンサルティング業界に興味がある方は、ビズリーチに登録するのが良いだろう。様々なコンサルティングファームや、あるいはコンサルに強いエージェントから連絡が来るので、自分のこれまでの経験がどうコンサル業界で評価されているのかを知ることが出来るだろう。

また、コンサルティングへの転職といえばアクシスコンサルティングだ。コンサルへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。

特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評があり、コンサルに入社する前だけでなく、入社してからも活躍出来るような支援を行ってくれる。

ぜひこの二つのサービスを併用することで、確実に良い企業を見つけること、そして入社してからも活躍できる状態を作ることを実現してほしい。

「とりあえずコンサルに転職すれば良い」は安心の幻想

新卒でもコンサルティング業界に進む人が増えた。非戦略コンサルティングファーム(総合系のデロイト、アクセンチュア、PwC、EY等)をいれると数千人の学生が新卒でコンサルティング業界に就職している。

最近では、もともとシステム系に強かったアビームコンサルティングや野村総合研究所(野村総研/NRI)なども採用を増やしている。戦略に限ると毎年100人もいない、限られた世界だ。

新卒でコンサルティング業界に行く人は優秀な人が多い。「頭を使う仕事に見える、年収が良さそう、様々な業界を俯瞰できる」等のもっともらしい理由をつけて就職する。実際、コンサルティング業界側も志望理由はあまり気にしていないので、そういった学生が多く採用されていく。

しかし、中途採用の段階になると志望理由はある程度問われるようになる。ただ、中途になると目指すべきキャリアが明確になるかというとそうではない。実際は、やりたいことを見つけるためにメーカーをはじめとする事業会社からコンサルティング会社に転職したいという人がほとんどではないだろうか。

あとは現職では満たされない思いがいろいろあるためコンサルに行けばそれが満たされる、もしくはコンサルティング業界にいると後々自分のやりたいことをやるために有利といった志望動機もよく耳にする。事業会社で上層部の考える戦略と自分の方針が合わない場合に、「自分の方が会社全体の利益を合理的に考えられているのに」といった反発も多い。

中途で「とりあえずコンサルに転職する」と考えるのは危険だ

本サイト内のインタビューでも取り上げたが、中途の戦略コンサルタントは活躍できずに去る人が少なくない。

一方、新卒は入社後から戦略コンサルでのbehaviorを習得しているためすぐにキャッチアップできる。 つまり新卒の「とりあえずコンサル」と「中途のとりあえずコンサル」は意味合いが大きく変わってくる。

中途で、将来やりたいことや思考力を養いたいと思っている人は今一度考え直してほしい。友人が新卒からコンサルでやっているからという理由で転職しても同じように活躍できる可能性は低い。

また、コンサルティングと書くとかっこいい響きになるが、若手のうちはエクセルの分析が多くて、論点出しや仮説構築の議論に参加しにくいコンサルティングファームもある。そういった文化を踏まえると、転職前の会社の方が、実は裁量権があることも多いので、コンサルに転職を検討する際には気をつけてほしい。

この辺りの情報はコンサルティング業界への転職に強いアクシスコンサルティングのキャリアアドバイザーとの面談に参加して仕入れると良い。自分がコンサルで求められる能力をどれくらいクリア出来ているのかを冷静に判断してくれるだろう。

また、ビズリーチに登録しているさまざまな転職エージェントやヘッドハンターにヒアリングするのも良いだろう。 会社で求められる能力や文化などを把握し、自分が中途入社してからでも活躍できる環境なのかを見極めてほしい。

コンサルに転職して成長できるのか

活躍できるか否かは人によるが、コンサルに転職することで、成長できる人は多い。一般的にだが、もともと激務の事業会社からコンサルティングファームに転職する人は活躍傾向にある。

いくら売上数千億、有名な東証一部上場の企業といっても飲み会ばかりの会社では、ずっと働き続けるコンサルで生き残ることは難しくなる。 何も整っていないベンチャーであったり、もともと忙しいITコンサルから戦略コンサルへ転職する方は意外と活躍できる。

ベンチャー出身にとっては、事業会社経験が生かせて、コンサル的なフレームワークを学べる環境は、魅力が大きいだろう。フレームワークは事業会社で役に立たないというコンサル出身者もいるが体系的に学んだ自負がある人は明らかに経験を生かしている。

有名大学からベンチャー企業に就職した人たちは、ベンチャーで一定期間働いた後、コンサルティング業界に転職し、活躍している人も少なくない。

ITコンサルから戦略コンサルへの転職の場合は、年収が上がり、コンサルタントとしての新しい業務機会も得られ、成長を実現し良い結果となっている人が多い。

逆に、大手総合商社、大手広告代理店、大手インフラ企業からコンサルティングファームに転職した方の中には、環境に適応できずに去ってしまう例も少なくない。想像とのギャップが大きすぎるのだ。

f:id:sportsmania:20170511200657j:plain

コンサルに転職すべき年齢

コンサルティング業界に転職するときは本当に考えて、自分が転職したいのか、今後のキャリアにつながるのかを考えてほしい。上記の通り、活躍できるか否か、成長できるか否かはあなた自身の経験とこれまでのマインドにかかっている。

一方で、転職してみないと話を聞いてもわからないのも一定の事実だ。ある程度、考え切って、行きたいという気持ちが固まったらチャレンジしてよいだろう。 ただし、できるだけ若い間に転職しないと適応の意味で苦しくなる。20代のうちに転職しておくべきである。

昔は30代中盤の転職もあったが、現在では若いポジションの採用が多いため、コンサルタントになりたいと思ったら早めに行動するべきである。

第二新卒のコンサル転職

近年、第二新卒でも受け入れるファームが増えた。ファームによっては、中途採用の3割を第二新卒が占めるほどだ。

コンサルは、長時間労働な上に、プロフェッショナルとしての振る舞いが求められる。中途ですでに何年も事業会社にいた人よりも、体力があり社会に染まりきっていない若手の方が受け入れられるのも納得である。

第二新卒の採用基準は主にこの3つだ。

  • 1社目のネームバリューや学歴
  • 論理的思考
  • 対人力

第二新卒はポテンシャル採用の傾向が強いので、職歴や学歴といった分かりやすい肩書きが見られることは避けられない。

また、コンサルとなると、ついケーススタディを注力して準備する人が多い。そこで論理的思考をしっかり発揮することも重要なのだが、それ以上に対人力は必要不可欠だ。コンサルは若手のうちから上役と会話して、提言することが多い。上の人に好かれる力や愛嬌は必須なので、選考の中でしっかり意識してほしい。

なお、こういった対策はできるだけプロに任せよう。例えば、アクシスコンサルティングなどのエージェントに登録するのが良いだろう。選考対策を一緒に行ってもらえるのでおすすめだ。ぜひ活用してほしい。

コンサルに転職すると年収はどのぐらい変わるか

コンサルに転職した場合、通常は年収が上がることが多い。転職先の企業や年齢差、転職前の企業の年収など複数の要素が絡むため、必ず年収が上がるとは言いにくいが年収が上がらなかったケースはほとんどない。

給与相場自体が600万~2,000万以上とベース自体が高いため、未経験からの転職をした場合でかつ専門性の高い領域を保有している場合は大きな給料アップが見込める。

一例として本サイトではアクセンチュアの給料に関する記事を掲載しているのでご覧になってほしい。

コンサルに転職するための面接は優秀層には簡単

コンサルの転職したい人は面接があるが、ケース面接であるため比較的容易に面接を通過する人がいる。やりたいことや志望理由よりも地頭を問われるファームもあるためそこで、うまくやれる人は面接が簡単に受かってしまう。

だが転職してから業務と面接は段違いに負荷が違うのでついていけない人がでてくるのだ。

コンサル転職の際の志望動機

結論から言えば、志望動機を聞かれることは少ない。コンサル未経験からの転職となると、そこまで候補者の中で志望理由が突飛になることはないので、ある程度、普通の内容を伝えれば大丈夫だ。

ただし、受験するファームと競合ファームとの違いを理解した上で、論理的に語ることができる状態まで準備してほしい。数あるファームの中から、未経験の状態で志望するからには、なぜそのファームを選んだのかという整合性が必要だ。

志望理由は無難でも良いが、なぜそのファームなのかをファクトベースで論理的に話せる準備には時間を割こう。

未経験者がコンサルに転職するためには

未経験からのコンサル転職の場合大半のファームは「ポテンシャル採用」を実施している。コンサルの仕事はクライアントの収益を上げるための問題解決である。経営課題を解決する経験を積んでいる若者は少数なため、基本的にポテンシャル採用となる。

このポテンシャル採用を判断する材料が問題解決スキルであり、その前提となるのがロジカルシンキングとなるため、世の中一般的にも言われている通り、コンサル業界ではロジカルシンキングが求められる。大抵の場合、志望理由などを深堀りされて、ロジックエラーがないか見られる場合や独自のケース問題などを実施する企業もある。

年齢としては20代後半~32前後までが転職として考えても良い層である。

コンサルに転職して後悔する人の特徴

コンサルに転職する層の中には後悔する層が一定いる。特に以下のような層はコンサルに転職しても後悔するケースが多いので絶対にやめておくべきだ。

コンサル業界では資本が人で、求められるビジネススキルやヒューマンスキル、問題解決スキルが高いため、前職の経験よりもゼロから学ぶ姿勢や一からなんでもやっていく姿勢やスタンスがないとうまくいかないケースが多い。

①自分の前職の経歴を過大評価している

事業会社でどんなに活躍していたとしても、コンサルで活躍できるかはまったく別物である。

スポーツに例えると、プレイヤーとして一人前だったとしてもコーチとして一人前になれるとは限らない。コンサルで必要とされる能力・実績は別物なのだ。

前職での成果に自惚れて、改めて学ぼうとする姿勢がない人は絶対に活躍できない。

②戦略への憧れが強く、戦略以外のことをやりたくない

戦略ファームは確かに花形だ。しかし同時に、実力のある人が配属されるファームでもある。

まだ実績が足りていないにもかかわらず、戦略の仕事しかやりたくないというのは単なるわがままでしかなく、あなた自身の評価を下げてしまう。

若手のうちは、どんなプロジェクトでも誠心誠意勤め上げる覚悟で望んでほしい。

③コンサルのベーススキルを0から学ぶ姿勢がない

例えば、細かいところでいうと、パワポのまとめ方やエクセルのまとめ方も入社したファームで一から学び直す必要がある。

コンサルは高級商材なので、提出する書類一つとっても、プロとしての振る舞いが期待される。どんなに前職で経験があったとしても、コンサルとしての礼儀作法は改めて学び直す必要がある。

それ以外にも、コンサルならではの気をつけるべきポイントは山ほどある。自分の経験があっても、改めて0から学び直す姿勢を持たなければ、成果を出すことはできない。

④クライアントに敬意を持てない

コンサルタントは、若手のうちから経営陣と仕事をする機会が多い。つまり、その業界に精通したプロに対して、未経験のコンサルタントが提言するのである。

どんなにインプット量があったとしても、生意気なコンサルタントの意見を現場は聞いてくれない。クライアントに対して誠意があり、愛されるコンサルタントでなければ、どんなにアウトプットが良くても成果を出せないだろう。

いずれも、以下のページで詳しく述べているので見てほしい。

コンサルに転職して失敗しないために

とにかく、コンサルへの転職後は、厳しい修業期間を経て成長することに集中してほしい。そうすれば、多くの事業会社から求められる人材になる。コンサルは事業会社から求められないという話を聞く人もいるかもしれないが、そんなことはない。多くの企業がコンサル出身者を求めている。

なぜかというとハードワークに耐えることができる精神力、頭を使って考えぬく能力、経営者視点で物事を見ることができる能力など、さまざまな面で強さがあるからだ。だからコンサルタントの採用需要は高い。

コンサルに来て、生き残ることができればば良い未来が開ける。しかし、失敗してしまった時、選択肢の幅は当然せまくなる。

20代であれば失敗してもいくらでもやり直しは効くが、30代は危険だ。30代未経験でコンサルに転職する場合は、非常に気をつけてほしいと思う。

目安として1年半いれば転職市場で評価されるため2~3のプロジェクトは死んでも生き残ろう。クビになった場合、うわさは広まるので注意しよう。

コンサルティング業界へ転職したいなら

それでもコンサルティング業界へ転職したかったら、 ビズリーチに登録してほしい。このときに必ず志望業界をコンサルティング業界にしよう。それだけでスカウトがたくさん届く。現在同サイトでコンサルに転職している人は本当に多い。むしろ登録しなかった人がいないくらいだ。

コンサルに特化しているといっている転職エージェントでも戦略コンサル、ITコンサル、Big4といったくくりで強い領域が異なってくるから気をつけよう。

あと、ビズリーチ上では外資コンサル、戦略コンサルの人事部が直接リクルーティングメールを送ってくることがある。

「俺の経歴では無理だ、、、」と思っている人にも急にメッセージがきて採用になった事例がいくつもある。世界的に有名な戦略系のトップファームが使っていることに私自身最近は驚きを隠せないところだ。企業の人事部のほうが学歴フィルターが緩いので、学歴を気にしている人ほどビズリーチに登録する価値がある。

すでにコンサルティングファームへの志望を決めている場合はおすすめなのがアクシスコンサルティングなので一度キャリアコンサルタントにあってほしい。

余裕があれば、コンサルティングファームへの転職も含めて、ハイキャリアに強みを持つJACリクルートメントにも登録してほしい。面談に参加すればキャリアアドバイザーのレベルの高さが分かるだろう。

コンサル転職を成し遂げた人の声

このブログでは、すでに未経験からコンサルに転職を成功させた人のインタビューを行っている。実体験を知りたいという人にかなりおすすめなので、興味のある記事はぜひチェックしてほしい。

  • 特定のプログラミング言語が書けるだけで評価されて内定が出ることもある
  • 彼の場合、エンジニア職から逃げたく転職したものの、転職後もプログラミングに向き合わなければならなかった。経歴が評価されると、前職と親和性の高い部署に配属される可能性が高い
  • アクセンチュアの場合は、異動先の部署と交渉できていれば比較的異動のハードルは低い
  • コンサルの強みは年収。大手メーカーから転職して年収+150万
  • デロイトの魅力は他のコンサルよりも親しみやすく、議論を活発化しようと促してくれたところ
  • 実際に足を運んで、コンサルごとの違いを学んだ
https://careerhigh.recme.jp/entry/megacon1
  • 銀行にいる危機感から転職活動開始。まだやりたいことがなかったため、広くプロジェクトに関われるコンサルに転職を決意
  • 最初の6ヶ月は順応するのが厳しかったが、仕事の根本(相手が求めていることを提供する)は一緒だと思った
  • 金融での経験を生かしてフィンテック領域の実力を伸ばしていく

コンサルに転職するためにエージェントの上手な使い方

コンサルに転職する際にエージェントをうまく使う方法を考えてみた。

  • ①各コンサルティングファームの面接対策
  • ②自分が転職したいコンサルティングファームの内部事情を知る
  • ③大手コンサル以外の優良コンサルの紹介や情報収集
  • ④エージェントにのみ公開されている非公開求人の収集

①は特に未経験の人の場合、入念にエージェントとの戦略を練った方がいい。ロジックエラーが起きたり、ケース問題が全く対応できないような場合は面接で一発退場になってしまう恐れがあるためだ。

②は各コンサルティングファームの志望動機の肉付けになることや自分との相性をエージェントを通じて知ることができるので絶対したほうがいい。

また、 ③は意外と重要なポイントである。 中小でも優良なコンサルティングファームは多々あるため、業界に詳しいエージェントがいる場合は紹介してもらうといいだろう。

ちなみに、ビズリーチに登録すれば、自分の経歴を踏まえてスカウトしてくれる企業やエージェントを見つけることができる。大手以外のコンサルはビズリーチ経由で結構見つかりやすいので、ぜひ活用してほしい。

④は意外にも多く存在するため、各エージェントにしっかり確認をとると良いだろう。コンサル志望者におすすめなのは、圧倒的にアクシスコンサルティングだ。コンサルへの転職に強く、アクシスコンサルティングにしかない求人が多いので、支援してもらうことをおすすめする。

より多くの情報を集めて、転職活動を成功させてほしい。

今日は以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 アクシスコンサルティング コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。