キャリア相談室

「英語しかできない」ビジネスマンについてかんがえ

・自分は英語しかできない、と思っている方

・英語ができる人は、英語しか取り柄がないのに活躍していて羨ましい、と思っている方

に向けて「英語しかできない」ビジネスマンについて考えたいと思う。

「英語しかできない人」が活躍する理由

問題なのは英語ができない人間が多すぎることだ。

例えばメーカーは海外進出を積極的に行っているため英語ができないといけないはずである。それなのに、社員の多くが英語ができず、海外派遣の対象になるTOEICの点数の基準がひどく低い、ということがある。

こういった会社では、英語が得意な人は相当に優遇される。英語だけでなく他の能力が伴っていればよいのだが、英語以外には突出したスキルがないのに社内で出世しているように見える人もいるので、英語ができない人から見たら羨ましいということになるのだろう。

「英語ができることだけで生きていける」と、英語を得意とする人たちが思っていることも、ご本人たちにとってもったいない。英語という貯金を使ってビジネス生活を送ることは、企業にも本人にも大きな損失だ。

英語ができないことを恥ずかしがるべき

金融業や通訳業には、ネイティブクラスの英語ができないと通用しない、という仕事も確かに存在する。だが、多くの場合は、上級ビジネスレベルで世界と対等に渡り合えるレベルになる。

そのため、帰国子女でなくても、英語能力はとにかく上げておいて損はない。今すぐに海外転勤や留学を考えていなくても、大手企業にいる方たちは英語力を磨いてほしい。

流暢に話す必要はないが、素早くレスができるレベルにまで一刻も早くひきあげたい。

海外勤務が出世コースになっていない現状

「海外勤務をしたい」「グローバルに活躍したい」と憧れる若手は多いが、必ずしも海外の発展途上国や英語圏の国に行くことが出世コースになっていない現状がある。

アメリカ支社長ですら、出世コースでない会社もある。日系企業のアメリカ支社に20年程度いた方は、英語力はもちろんメンタリティが桁違いに優れており、このような方が日本でどうして出世できないのだ?と感じてしまう。

海外に数多くの社員を送り出しているような企業でも、一回目の駐在は、研修的な意味合いが強いケースがある。下手をすると、語学学校だけで若手の貴重な1年を浪費してしまう。

せっかくの海外駐在なので、もっと現地の現場にほうりこんで、英語は無理やりにでも習得させるような、追い込む環境にしたほうがいいかもしれない。

「英語ができるから外資系に行く!」はやばい

英語ができるから外資系企業に行く、という人を見かける。しかし、外資系企業は英語ができるのが当たりまえで、英語ができることがアドバンテージにならない。

そのため、英語以外の武器がない人は、あっという間にお荷物になる。英語のアドバンテージが生きるのは、実は、海外進出をしている日本企業など、英語だけで十分な武器になる環境だ。

そのような会社にいけば、あなたは「出来る人」扱いされる。そのため英語ネイティブの人は、あえて外資系より日系で活躍できそうなところがないか探した方がいい。

本物のグローバル企業を見定めるべき

大きい単位で論じてきたが、海外で活躍したいのならば、どこの会社がいいかは見定めたほうがいいだろう。

個人の意見としては、東南アジアや欧米でシェアの高い製品を持っている企業に行くことをすすめる。語学習得だけで一年が終わる「なんちゃって駐在」よりも、イ現地企業としのぎを削っている会社のほうが成長できることは間違いない。

もしくは、外資系企業に行き、グローバル感の競争がある中で過ごした後に、再度日系企業にチャレンジしよう。外資系企業では英語力と戦うマインドが身につく。

駐在して満足しているような人間にはならないようにしよう。見ていると情けなく感じてしまう。

f:id:sportsmania:20170510164642j:plain

当たりまえだが、英語は学んでほしい

話がいろいろ飛んでしまったが、英語をとにかく学べという話だ。英語を学ぶにはライザップイングリッシュのようなパーソナルイングリッシュスクールをおすすめする。短期間で学べるのでいい仕組みだ。

下記の英語学習の学校はマンツーマンで英語の勉強する習慣を身に着ける学校だ。一度行ってみたらわかるがとにかくさぼらず勉強ができるようになる。

教材が多数ある日本において教材よりもどうやったら勉強が続くかが大事なのはわかるだろう。

1. ライザップイングリッシュ

かの、有名なライザップの英語版痩せている人がいるのはご存知だろうが英語ができるようになっている人も多数いるのだ。英語を継続する仕組みをトレーナーとともに構築してほしい。

2.プログリット

マッキンゼー出身の講師が直接英語コーチングしてくれる。費用も最も安い。すでにTOEIC700点ある場合は絶対にここがいい。一流ビジネスマンから英語を習える機会はない。生徒も有名企業の学生がほとんどのため講師が求める期待値も高い。

英語ができるようになったら給料が上がる転職もできる

英語の点数が良くなると転職幅と年収の期待値が上がる。もしくはいきなり外資系企業に飛び込んで鍛えてもいい。外資系の転職や、英語力を生かした転職であれば下記のサイトから相談しよう。

英語ができなくても外国人とわたりあえる強靭なメンタルがあれば、外資系企業くらいは入れる。

特にビズリーチは英語の点数がそこそこでもオファーをもらっている人がすくなくない。

転職サイトの【BIZREACH(ビズリーチ)】

BIZREACH

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 アクシスコンサルティング コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。