ノウハウ:第二新卒

MARCH(マーチ)卒の転職 出世して活躍する人の特徴

MARCH(マーチ)は2chや東京カレンダーを見ると、なぜか東大と比較されていることが多い。しかし、実際の世の中には、MARCH出身で活躍している人がたくさんいる。MARCH出身で活躍している人の特徴を述べていきたい。

MARCH出身で、現在の勤務先で活躍できずに転職を考えている人はまずビズリーチに登録しよう。MARCH出身者が活躍している企業やスカウトメールを受け取ることができるので転職活動がしやすい。

リクルートエージェントも案件が多く、エージェントの質が高いのでおすすめしたい。

他にも高い年収を得たいと考えている人であればハイキャリア向けのJACリクルートメント、コンサルへの転職を考えている人はアクシスコンサルティングが良いだろう。

MARCH(マーチ)とは

MARCH(マーチ)とは説明しておくと、明治、青山学院、立教、中央、法政の5校のことをさす。

学部にもよるが、例えば名門中央大学の法学部では偏差値65を超える。

余談だが、中央大学法学部には、法曹を目指す若者が夜遅くまで勉強している施設がある。中大ローは合格率も高く、学部で早慶、たまに東大卒の人が進学していることもあり、文字通り名門といっていい。

2chでなぜ東大と比較して揶揄されることが多いのか全くわからない。

ちなみに中央大学や立教大学をはじめMARCHは付属高校があり、難関である場合がほとんどだ。

人気企業群に受かっているMARCHの方は、在学中に起業してバイアウトしたり、体育会で日本一になったり、パフォーマーとして活躍したりと一芸に秀でており、明らかに優秀な人が散見される。

”普通”に見えるMARCHの方は、大学の付属校に中学や高校から通っており、地頭がよく、海外含め色々な経験をしていることが多い。

このようにMARCHはわずかな偏差値の違いで、就職活動で苦労し入社後も出世ができにくい大学なのだ。苦労して大学に入ったのに、就職活動で苦労する人は多い。

MARCH(マーチ)卒の転職は、新卒よりもチャンスが大きい

30後半になってくると転職時には完全に実力で評価されるので学歴はほとんど関係ない。

就活では学歴が不利になったと感じた経験がある方もいるかもしれないが、転職の場合は学歴よりも実績や即戦力になれる方が大切だ。

ベンチャー企業だけでなく大手企業においても同じことが言える。

では実際に、MARCH(マーチ)卒の方が活躍している企業を見ていこう。

中央大学、明治大学出身者が活躍している企業

大企業で中大卒、明治卒で活躍している企業を、東洋経済が調べてくれていたのでここに表を張る。

中央大学出身者が出世して活躍できる企業

中央大学は以下のような企業で強い傾向にある。一位の第一実業は機械専門の商社で三菱重工業と緊密の関係にある手堅い大企業だ。また20位圏内まで見ると凸版印刷といった大企業もある。

f:id:sportsmania:20170222230145p:plain

出典:http://toyokeizai.net/articles/-/54292?page=2

明治大学出身者が出世して活躍できる企業

明治大学が強い企業も同様にメーカーや専門商社系が多く連ねている。

f:id:sportsmania:20170222230242p:plain

出典:http://toyokeizai.net/articles/-/54292?page=3

凸版印刷等の大企業から中堅どころまで幅広い。

明治・法政・中央は、転職組でも学閥があることが多い

学閥がある企業は多く、同じ大学卒業生同士の繋がりはとても強いと言える。

各地域に同窓会組織が存在している企業や、各同窓会ごとにイベントを開催したり、箱根駅伝の応援部隊があるなどで繋がりを強めている企業が多々ある。

また、学閥が強いことによって「この企業は◯◯大学が出世しやすい」といったようなものもあるので、しっかり調べると良い。

新卒であれば、企業内に学閥があるかどうかはOB訪問などで確認してみよう。

あなたが社会人で、転職を考えている場合も、学閥を意識して情報蒐集してみるといいだろう。

MARCHにおすすめのキャリア構築

もし、今の勤務先よりも高収入や高待遇を目指すのであれば、役員や幹部が高学歴出身者で占められている企業よりは、実力主義の企業にはいることをすすめる。

MARCHから外資コンサルや外資系金融機関は行けるのか?

外資系金融機関や、外資コンサルであれば海外のTOP MBA(ハーバード大学やスタンフォード大学のMBA)を挟んで入社している方は実際にいる。

一例だが、現在、米国でVCをしている古賀洋吉氏は明治大学卒業後、アクセンチュアを経て、ハーバードビジネススクールに入学している。

MARCHから転職するなら外資系かベンチャーを狙おう

外資系の製薬やメーカーは、新卒/中途ともにMARCH卒の方が少なくないのでぜひチャレンジしてほしい。

また、DeNA、リクルート、アクセンチュアといった企業も、学歴に関係なく採用しているところなので実力さえあれば、入社で力をつけることができる。上記の企業はMARCH出身で活躍したあと、他社でさらに成功している人を何十人も知っている。

特に、営業で成果を出していきやすいところであれば飛び込んでいいかもしれない。営業というのは、マネジメントポジションになるまでは売上さえあがればよいという企業が多いので明快だ。

また、スタートアップや急成長中のベンチャーに飛び込んで後から経営ポジションを獲得するのもよい。

もし大企業の内定を獲得したならもちろん大企業で活躍してもいいのだが、大企業はうけてもだめだった、年収の安い企業になりそう、と悩んでいるのであれば、いっそのことベンチャーに行ってもいいわけだ。どんどんチャレンジしてほしい。

MARCHの先輩たちにチャレンジして大成功している人が多数いることを覚えておこう。

上記のような企業群にまず転職したいと考えているならば、まずビズリーチに登録しておこう。コンサル~ベンチャーまで多くの案件を持っているし、スカウトメールを受け取ることができるので活動しやすい。コンサル業界への転職に特化している<アクシスコンサルティングも併用すると良いだろう。

f:id:sportsmania:20170510170604j:plain

MARCH出身で活躍している人の特徴

さて、本題に戻ろう。MARCH出身で活躍している人をまとめてみた

 1.営業で成果を出している

営業部門で圧倒的な努力と工夫によって、他をしのぐ結果を出したことで業界や社内で認められるようになっている。営業という目に見える結果が出たことで自信をつけている人も多いように感じる。

2.時流にのった転職を行った

先に述べたDeNAや最近だとBIG4系のデジタルコンサルタント、少し前だとネット広告の会社に転職し、企業の成長とともに自己の価値を高めている。転職時に悩まず飛びこんでいる人が成功している。

3.学歴をそもそも気にしていない

個人的にこのメンタルバリアが大きいと感じている。成功している人は学歴という概念すら考えていないことが多い。

そもそも世間一般では上位大学で、信用もあるわけだ。特に実力主義の会社にいれば周りも学歴は気にしていない。

むしろ社会に出てしばらく経ってもなお学歴の話をするのは残念だ。母校が好きというのはいいとは思うが。

英語力は転職で逆転のチャンスになりうる

英語は今の時代においてわかりやすいツールだ。英語ができるだけで学歴に関係なくオファーが簡単にくるようになる。英語ができるようになったことで人生が大逆転した人も少なくない。ぜひ英語は伸ばしてみてほしい。

英語はお金を1か月数千円程度までかけていいなら、スタディサプリ ENGLISHレアジョブ英会話の組み合わせがおすすめだ。特に、英語が苦手な人にはスタディサプリ ENGLISHはばっちりのサイトだ。

また、費用にある程度余裕があるなら、ライザップイングリッシュもしくはトライズを推奨したい。

マーチ出身者が転職で自ら道をきりひらくために

もし、今の勤務先で道が切り開かれていないと思っていたのならば転職を検討していい。転職は基本的におすすめはしていないが、活躍できていないというメンタルバリアをとっぱらうために実力で自信をつける場所にいくのがいい。企業からのオファーをまとう。

今そこそこの大企業にいたら、あなたにベンチャーからオファーは届きやすいと思う。

またベンチャーにいる場合は、時流にのった会社にいけないか画策してみよう。

前者の場合はベンチャーに強い転職サイト、後者の場合は、リクナビ、ビズリーチ等をおすすめする。

転職サイトの場合、学歴に関係なくスカウトが大量に送られてきて、かつ良い案件がくるので登録してほしい。

1.転職サイトの【BIZREACH(ビズリーチ)】

ビズリーチはMARCH層には非常にすすめたい。大企業間の転職、ベンチャーへの転職にしろ、レジュメをしっかり書いている人にはオファーがくる。アピールさえしたらチャンスをつかめる。

また外資系からも直接採用がくる。コンサルの採用実績も多い。

2.アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングはコンサル転職におすすめしたい。特にキャリアチェンジでコンサルティングにいきたい方のサポートに定評がある。

SEからコンサルや事業会社から転職の事例が多く、また、キャリアコンサルタントも王道の経歴ではない人もいて人間味があるためサポートが強い。

先ほども述べたが英語力は必ず鍛えてほしい。英語の点数だけは東大や京大出身者をすぐに追い抜ける。スタディサプリ ENGLISHはすぐにTOEIC対策ができて便利だ。今すぐに登録できる。また、ライザップイングリッシュプログリットはビジネス英語やTOEICをほぼ間違いなく伸ばしてくれる素晴らしい学校だ。

今日は以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 リクルート キャリアカーバー ハイクラス・エグゼクティブ限定の転職サイトである。年収800〜2,000万円の求人が多数あり、レジュメ登録するとスカウトを受けることができる。ビズリーチと合わせて使うことで、それぞれの優良求人や非公開求人を逃さず収集できるのでおすすめだ。

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。