キャリア相談室

年間休日100日は多い? 少ない? 内訳やメリット・デメリットを徹底解説!

年間休日100日は多い? 少ない? 内訳やメリット・デメリットを徹底解説!

求人募集でよく見かける「年間休日100日」だが、果たして十分な日数なのだろうか?

今回は「年間休日100日」の内訳やメリット・デメリットについて解説していく。

こんな方におすすめ
  • 年間休日100日の内訳が気になる
  • 年間休日100日のメリット・デメリットを知りたい
  • 年間休日100日が多い業種や業界は?

年間休日100日の内訳

基本的に年間休日100日が多い職種はシフト勤務が必要なサービス業だ。そのため以下の2つのシフト勤務のパターンを例に挙げ、それぞれの年間休日100日の内訳をみていこう。

パターン①:4週8休でたまに祝日ありのケース

  • 1ヶ月の休み:8日×12ヶ月=96日
  • 会社規定の祝日:4日

会社規定の休日は年末年始や夏季休暇として使われることが多くあるようだ。そのため年末年始以外の時期に連休を取得することが難しい働き方といえるだろう。

パータン②:4週6休で祝日ありのケース

  • 1ヶ月の休み:6日×12ヶ月=72日
  • 会社規定の祝日:28日

毎月の基本的な休日が6日とは、週1休みと週2休みを交互に取得する仕組みだ。

月の休日は少なめだが、国が定める国民の休日や盆休みや年末年始の時期に休みを取得できるというメリットもある。

年間休日100日は多い?少ない?

年間休日100日は多い?少ない?

結論からお伝えすると、年間休日100日は平均的な休日日数と比較して少ない。

暦通りに休日が取得できた場合、年間休日は120日前後となる。また、厚生労働省の「就労条件総合調査結果の概要」によると、国内の年間休日の平均は約113.7日だ。そのため、年間休日100日は平均よりも低い数字ということがわかる。

労働基準法では、1日あたりの労働時間が8時間と定められており、1年間で算出した場合働くことのできる日数を260日としている。

このことから1年間の休日日数の最低ラインは「105日」ということとなり、年間休日100日は労働基準法の水準を若干下回っていることがわかる。

年間休日100日のメリット

こちらの章では年間休日100日のメリットについてみていこう。

①オンシーズンとずらして休日を取得しやすい

一般的な方たちの休日とずらして休みを取得することができるため、混雑を避けて外出することができるだろう。また、オフシーズンに旅行などにも行けるため、コストを抑えてレジャーを楽しむこともできる。

②働いた分だけ給与に反映されることが多い

日給制や時給制の職業だった場合、働いた分だけ給与に反映される仕事も多いこともメリットといえるだろう。そのため、より多く稼ぎたいと考える方におすすめの働き方だ。

③勤務日数が多いため、1日の就業時間が短いことも

勤務日数が多いことから、残業時間が少ない企業も多いようだ。そのため1日の就業時間が短いこともメリットのひとつといえるだろう。残業がないことで体力的にも負担なく働くことができるはずだ。

年間休日100日のデメリット

休日出勤100日のデメリットについて考えていこう。

①休日日数が少ない

年間休日100日のデメリットは、ずばり「休日日数が少ないこと」だ。休日日数が少ないことでの弊害は次の通りだ。

  • 家族や大切な人たちとの時間を確保するのが難しい
  • しっかりとした休息を取ることが難しい

将来家族ができた場合、休日日数が少ないことで関係性がこじれてしまうことも考えられる。また、休日日数が少ないことできちんとした休息を取ることが難しく、身体的にも精神的にも疲労が溜まってしまうこともあるはずだ。

②残業や休日出勤があると体力的につらくなる

もともと少ない休日日数のため、その条件に残業や休日出勤が重なると体力的につらくなるケースもあるだろう。そのため、転職しようとしている企業の平均残業時間や休日出勤の有無について事前に確認をしておくべきだ。

③気分転換ができず、気持ちが塞ぎ込む

休日日数が少ないことでリフレッシュすることができず、気持ちが塞ぎ込んでしまうというケースも多いようだ。最悪の場合、仕事にいくことができなくなったり、引きこもってしまうこともある。

仕事にやりがいや生きがいを感じている方の場合であっても、上手に気分転換をしていくように心がけておくことが重要といえるだろう。

年間休日100日が多い業種・業界

年間休日100日が多い業種・業界

こちらの章では、厚生労働省の「年間休日総数のデータ」をもとに「年間休日110日」が多い業種や業界についてみていこう。

①宿泊業、飲食サービス業

宿泊業、飲食サービス業は全業界の平均年間休日の中で最も少ない「97日」という結果だ。年間休日の平均日数が100日を切るのはこの「宿泊業・飲食サービス業」だけであることからも、かなりのハードワークであることがわかるだろう。

お盆や年末年始が繁忙期となる職種が多いため、暦通りの休みを取りにくい業種といえる。

②鉱業・採石業・砂利採取業

鉱業・採石業・砂利採取業の平均年間休日は「103日」と、年間休日100日より3日上回る結果となった。現場での仕事が多いことから、土曜や祝日勤務をする機会の多い業界なのが原因といえるだろう。

③建設業

最後にご紹介するのが「建設業」だ。建設業の平均年間休日は「104日」という結果だった。先ほどの鉱業・採石業・砂利採取業と同様、土曜や祝日も勤務する機会が多い業界のため、休日日数も少なくなっていると考えられる。

年間休日100日が少ない業種・業界

前章で解説した「宿泊・飲食サービス業」、「鉱業・採石業・砂利採取業」そして「建設業」がすべての業界の中でも休日の少ないトップ3の業界だ。「宿泊・飲食サービス業」だけが年間休日平均が100日を下回っていたが、それ以外はすべて100日を超えている。

そもそも年間休日100日とれない業種・業界は統計上はあまりない。とはいえ、実質年間休日100日とれない職場も存在するため、転職する際の企業選びには注意が必要なのだ。

年間休日100日以上の「嘘」に要注意!

年間休日100日以上の「嘘」に要注意!

年間休日100日以上とうたっている企業があってもそのままの内容を受け取ってはいけない場合もある。以下のようなケースもあるため、企業選びの際には注意していただきたい。

①実際の休日日数よりも少ない可能性も

年間休日100日と記載されていても、実際の休日日数よりも少ないケースもあるようだ。企業側はより魅力的な求人に見せるようにと、実際の内容に色付けしている可能性もあるのだ。

  • 休日のカウント日数の仕方が通常と異なっている
  • サービス残業や休日出勤などが横行している

実態と異なる求人を見抜くことは非常に難しいが、面接時の対応ややりとりの中で少しでも違和感を感じた場合は注意しておくべきといえるだろう。

②有給休暇も年間休日にカウントされている可能性

一般的に、有給休暇と年間休日は別物だ。年間休日に追加して取得できるのが有給休暇なのだ。例えば、有給が20日取得できる企業の場合、年間休日100日に20日追加した120日分の休日を取得できるということになる。

企業側に有給休暇5日の取得義務が課せられたことにより、最低でも5日分の有給が取得できるようになった。しかし、企業によってはその5日を含んだ日数として年間休日を提示している場合があるのだ。

まとめ

年間休日100日の内訳やメリット・デメリットについて解説してきた。

国内の平均的な休日日数よりも下回っているため、決して十分な日数とはいえないだろう。しかし、有給をきちんと取得できる企業であれば、体力的にも精神的にも健康に過ごしていくことができるはずだ。

転職してみて「こんなはずではなかった…」とならないためにも、事前のリサーチを欠かさないようにしてほしい。

筆者のお勧め転職サービス

ビズリーチ
キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

リクルート キャリアカーバー
ハイクラス・エグゼクティブ限定の転職サイトである。年収800〜2,000万円の求人が多数あり、レジュメ登録するとスカウトを受けることができる。ビズリーチと合わせて使うことで、それぞれの優良求人や非公開求人を逃さず収集できるのでおすすめだ。

リクルートエージェント
日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

アクシスコンサルティング
創業から17年間で約5000人の現役コンサルタントを支援、77%が非公開求人という圧倒的な数字を誇る。平均3年の長期サポートでキャリアアップを支援してくれるので、未経験からコンサル業界に挑戦したい方はまずは挑戦してほしい。